龍アソ未完(大逆裁)

あっはっは、と高らかな笑い声がぼくの部屋にこだまする。その声の主は、やたら上機嫌に酒をあおり続けるぼくの親友、亜双義一真だった。いつも前を見据えてぴしりと佇んでいるはずのその凛々しさは鳴りを潜め、今はなんだか非常に柔らかい雰囲気をまとっている。シャツははだけ、顔は赤い。時間は夜中の壱時、場所はぼくの部屋。まさかこんなやたら桃色の状況下で亜双義を目にする日が来ようとは。畳の上に座って向かい合いながら、ぼくはそんな亜双義をつぶさに観察している。安い酒だからか、味がよくわからない。
「成歩堂、呑んでいるか?」
御猪口をゆらゆらと揺らしながらそう問われる。亜双義は先刻からたいへんよく呑んでいた。そのおかげで今こんなにゆるゆるとした姿に出来上がってしまっている。ぼくもそれなりに呑んではいるはずなのだが、どうにもうまく酔いが回らない。亜双義のせいだろうか。


記憶なさすぎィ!

龍アソ未完(大逆裁)

亜双義のまつげが小刻みに震えている。唇は控えめに開いていて、瞳の表面には小さな海ができていた。「成歩堂」とぼくを呼ぶその声色はやたらに甘美な響きを持って鼓膜を叩く。亜双義の全身から、ぼくへの恋慕が滲み出ていた。ああ、これは果たして妄想だろうか?それとも嘘のような現実なのだろうか?
答えはもちろん前者だった。そりゃあそうだ、亜双義がぼくに向けてこんな顔をするわけがないのだから。妄想の中でも一等出来の悪いそれであり、もはや笑みさえ漏れ出ない。
初めてこの妄想が現れたのは亜双義が死んで5日ほど経った頃、波の静かな夜更けだった。未だ寝台を使えず洋箪笥に収まっていたぼくに、ふと外から誰かが声をかけた。それはまるで、亜双義の声だった。慌てて洋箪笥を開けてそのまま足をもつれさせ転がり落ちたぼくに、頭上から「ははは」と声がした。声のほうを向けば、そこにはやけに優しく微笑む男の姿があった。それは紛れもなく亜双義一真だった。
そこから亜双義の幻影はふとした瞬間ぼくに顔を見せるようになった。ああぼくけっこう参っていたんだな。そう感じつつ、ぼくはこのぼくの妄想が作り上げた亜双義とどう接すれば良いのか困っていた。何より困るのが、亜双義のぼくを見る瞳だ。生前には無かった色が宿っている。正確に言葉にして言うならば、ぼくに親友としての親愛以上の感情をはらませているのだ。これ以上の陳腐はなかった。亜双義がそんな顔でぼくを見るわけがない。ぼくらは、そう、最高の親友だったのだから。そこに少しの桃色もありはしなかったのだ。そうわかっていたのに、ぼくはなぜだかこの陳腐をなかなか終わらせられないでいた。
「成歩堂」
ぼくの名を呼ぶその声で、意識が現実に引き戻される。


記憶がない

龍アソ未完(大逆裁)

朝起きて、まず隣にある眉目秀麗な顔に驚く。ばっと上体を起こしてしばらくじっとその顔を見つめるうち、次第に脳が覚醒を始めていった。ああ、そうか。昨日は亜双義がうちに泊まっていったのだった。朝一番に見るには慣れない顔立ちだなあ、と速くなった心臓を肌の上からそっと押さえる。ぼくが飛び起きたことにより少しめくれてしまった布団が、亜双義の肩を外気に晒してしまっている。起こさないようにそっと布団をかけ直し、また亜双義の寝顔をじっと見つめた。ぼくのほうが起きるのが早いなんてあまりないことだ。亜双義はいつもたいていは日の出とともに起きて、それから鍛練をこなしているらしいし。眠っている顔はなんだかいつもより少しだけ幼く見える。頬をつついても撫でても寝息は途絶えない。昨夜はあれだけ動いたのだから、そりゃ疲れるだろうなあ。ぼくだって疲労がまだとれていない。
そう考えたあと、ふと気恥ずかしさが襲ってきた。昨夜の諸々の情景が頭に次々と浮かんでくる。亜双義のヤツ声大きかったなあ、だとか、昨夜もやはりいやらしかったなあ、だとか。……ぼくは朝から何を考えているのかしら。


オチわすれた

龍アソ(大逆裁)

ぼくに対して鋭利な牙をちらつかせる男の存在が脳裏に憧れのようにこびりついている。そいつは赦しとも贖罪ともからかいともつかない笑みを浮かべて、成歩堂、とぼくを呼ぶのだった。名を呼ばれるたび、牙がいっそうあやしく光る。ぼくの胸の中心はそのたびすうすうと風を吹かせた。いつか食い破られるのだろうか、ぼくの心臓は。白く鋭い牙を研ぐおまえという全てに、見るも無惨な姿に変えられてしまうのだろうか。そう思って見ていたけれど、親友の発した言葉を聞くと、ぼくの考えが見当違いだということが分かった。分かってしまった。
「オレ以上にキサマを信じているやつがいるか?」
なんということだ。その牙、ぼくを守るために拵えてあるとでも言うのか、亜双義。腕章がずるりとずれる。狩魔が刀身をまたたかせた。ぼくは、目の前が霞むのを感じている。
本当は、食い破られたって良かったんだ。心臓を、おまえに。それくらいならいつだって受け入れられた。ずっとそう思っていたのに。その目はまるで獣じみていなかったから、ぼくは手のひらに爪を立てるほかに動きを封じられてしまった。ぼくの記憶には狼が住んでいる。それは、確かなのだけど。今日も亜双義はぼくに微笑むし、牙は白く鋭く、そして優しく光るのみだった。


お題「記憶の狼」でした
おんなじようなのばっかり書いてしまう〜〜

小ネタ詰め(大逆裁)


ほぼ龍アソ
-----

ふと起きると、亜双義がさっぱりとした静かな顔でぼくを見ていた。声をかければ、薄氷が割れるように微笑む。「キサマの寝顔が好きだ」「……そうなんだ」初耳だ。言ったら、初めて言ったからな、と答え、冷たい指をぼくの頬に宛がう。あんまり穏やかな顔をしてるもんだから、少し涙が出そうになった。

あまりにも静かな目で見下ろされたものだから、あれぼく殺されるのではないかしら?ととても真剣に考えてしまった。冷や汗が止まらない。亜双義はその目を携えながらぼくに手を伸ばす。そのまま頬を撫でられ、口づけをされた。おまえの照れ隠しの顔、下手人のそれだぞ。言ったら本当に殺されそうだ。

腕章の内側を覗けば、この世の何より残酷な五文字が目に刺さる。この重みが誰のものだったかすぐに思い出せてしまう。ぼくはあまりの重さに項垂れる。頭を垂れる。ああ、亜双義、ぼくは世界を知ったぞ。これ以上何も、知りたくないということを知った。おまえがくれた遺志すら、ぼくは満足に囲えない。

「いつかはぼくを置いていってしまうのか」飼い主は寂しそうに眉を寄せて言った。犬だから理解できないだろうと、そう思ってこんな事を言うのだろう。傍にいられるならそうしている。連れていけるならそうしている。しかしオレは孤独だった。分かり合えていると思っている、その顔が愛しいくらいには。
(犬逆転)

新しい、新しい朝の光。朝起きたら隣にいたから驚いた。でも、当たり前だ。ぼくたち一夜を共にしたのだから。果たしてどちらがどちらに抱かれたか。ふつうなら、たぶんぼくが抱かれる側になる。けれど。吐く息が熱かった。あの大きな手はぼくにすがった。抱いたのだ、ぼくが。この男を。…抱いたのだ。

おまえのために生きたいと言ったとして、おまえ、笑うのか。いつものように変わらない笑顔で。少しは話をしてくれ。思い出にならないでくれ。どうしてそんな寂しいことばかりする。「終わりすらくれないのか」言っても、また笑う。今自分がどんなに酷いことをしているか、おまえ、わかっていないのか。

ならばぼくは頷こう。おまえに匿われた命だ。おとうさんおかあさん、どうか御許しください。祈る手に添えられるのはあたたかな絶望のかけらだった。ぼくの目からは涙がふたつぶこぼれ落ちる。ぼくはおまえに救ってもらえなかった。つまり、おまえを救えなかったんだな。世界は反転する。さらば青天!
(心中ネタ)

「亜双義!なんで!?なんで洋箪笥閉めるんだ!?」「キサマを隠すためだぞ」「なんで隠すんだ!?なんで!?」「キサマは密航しているからだぞ」「ずっと!?ずっとここにいればいいのか!?」「ああ、ずっとここにいればいいぞ」「そうかあ!ぼく犬だから!密航とかよくわかんないから!」
(犬コピペネタ)

戌歩堂「亜双義!弁護!弁護する!?」亜双義「ああ、するぞ」戌歩堂「ホント!?無罪!?無罪になる!?」亜双義「ああ、無罪にするぞ」戌歩堂「そうかあ!ぼく犬だから!裁判とかわかんないから!」亜双義「ああ、そうだな」
(犬コピペネタ2)

寿沙都:お酒を飲んだ一真さまが途中で迷い犬を保護してうちを訪ねられました。耳の所の毛や半端に巻いた尻尾や、こうやって人懐っこいところなんて戌歩堂そっくりでしょうと迷い犬を撫でまわしながら一真さまが嬉しそうに仰っていましたが、一真さま、それはどう見ても戌歩堂さまです。
(コピペ改変)

亜双義「成歩堂、オレと大英帝国に来てくれ。密航という扱いになってしまうから無理強いする気はないが。ちなみにキサマの休学届けはすでに出しておいたしキサマのご両親にも話はつけてある。あとこのトランクにキサマの替えの下着や学生服をあらかた入れておいた」龍ノ介くん「外堀の埋め方がスゴい」

「アイリス、カルピスはどうやったらできるんだい?」「うーんとね。乳酸菌があたしで、ホームズくんが牛乳だとするでしょ?で、乳酸菌のあたしと牛乳のホームズくんがこうやってぎゅーっとするの。こうしてあたしたちだんだんカルピスになるんだよ!」「なるほど!アイリスは賢いなあ!」
(ホムアイカルピスCMネタ)

「なあ亜双義。カルピスってどうやって出来るんだ?」「知らんのか?なら教えてやろう」そう言うと亜双義は腰に差した刀を鞘から引き抜いた。次に、もっと近くに来いと言う。促されるまま近づくと、腹に刃が突き立てられた。亜双義の腹にも、刃が。「こうしてオレ達は、だんだんカルピスになるんだ」
(龍アソカルピスCMネタ)

「時に諸君、ボクは考えたのだよ。生と死はどちらが崇高か?とね。そして思ったのさ。死の崇高さに勝るには生はあまりに惰性に満ちているとね。やはり死こそ神がボクらにもたらした至上の幸福なのさ。我々人類はその恩恵に感謝し誇りを持って死に急ぐべきだと」「ホームズくん、プリンだよ」「わーい」
(ホムアイ/幼女コピペネタ)

成歩堂龍ノ介(23)「とのしゃまーん!がんばえー!」
成歩堂龍ノ介(23)「とのしゃまんまけるなー!」
成歩堂龍ノ介(23)「あしょーぎ!とのしゃまんがまけちゃう!とのしゃまんがまk」
携帯「prrrrrr」
成歩堂龍ノ介(23)「お世話になっております」
(コピペ改変)

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年02月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29