フレユリ(TOV)

目の前に伸びる真っ暗闇の一本道は一生続いてんじゃねえかってほどに際限がなく終わりも見えなかった。まあオレの一生はもう終わったんだが。近くにあった木の看板に目を凝らすとそこには『地獄』と書いてある。あの闊達なじいさんの待ち受ける場所に、予定どおりたどり着いちまったらしい。さて、行き着く先が分かってるならあとは進むだけだ。暗闇を見据えて歩き出す。
「ユーリ」
一歩を踏み出したところで後ろから声がした。よく聞き慣れた声だ、そりゃあもうこの世のどんな音よりも耳によく馴染んでいる。半ば呆れつつ振り返ると、予想したとおりの人間の顔がそこにひとつ、相変わらずの澄んだ青を嵌めてじっと光っていた。
「探したよ」
「わざわざこんなとこまでか?そりゃご苦労」
何の用だよ、とその目を見据えればフレンはオレに向かって手を差し出した。
「僕と共に行こう」
「行くってどこに」
「ここではないところだ」
そう言うとフレンは瞳を上に向ける。つまり、ここと反対の場所か。バカだな、と思わず胸中で呟く。そこはオレに一番無縁の場所だ。
「行かねえよ。つーか行けねえな」
「そうか。分かった」
いやに物分りのいい返事が返ってきて思わず目を丸くした。と思えば奴はきりりと眉を上げて熱心なまなざしでオレを見つめるなりこう一言。「なら無理やり連れて行く」
つい「は?」と口から溢れたのも無理はないだろう。だから行かねえって、と返しても縛ってでも連れて行くの一点張りだった。物分りのいい?とんでもない、こいつが頑固で融通がきかなくて、オレと似て結局は力任せなところをオレほどよく知覚している人間なんてそうそういないってのに。堪えていたため息もついには大きな悲嘆となって零れ出た。なんでオレなんだよ。ほぼ無意識にそう呟けばフレンの奴は真顔のまま言葉を紡ぐ。
「君だからだ、わかってるだろう」
「わかんねえし答えになってねえよ」
「……君が隣にいることがいい時も悪い時もどちらもあったけれど、結局最後には僕は君の姿を探している。大した理由はないのかもしれない。理屈で表すには僕らは長く共に居すぎたよ」
「……何だよ、告白かなんかか?」
「……そうだな、そうかもしれない。理屈を抜いたときに一番明快な答えといえばこれかな。君が好きだ」
思わず面食らう。正直そこまで直球で来るとは思っていなかった。感情の行き場に困り、ハハハと意味もなく笑う。目の前の幼馴染はぴくりとも笑わない。笑えよバーカ。
「好きだから共に在りたいんだ。おかしいかい」
「は、はは。熱烈だな、おい」
「君はどう思ってる?」
勢いの止まらない騎士様はそのままオレに無茶振りをしてきた。言えってか?この状況で。もはや乾いた笑いを抑えることができない。ここでオレも好きだなんて返してこいつに連れられて天国に行ってハッピーエンド、なんてとんだお笑い種だと思わねえか。こんなとこまで来たが、場所が代わったところで本当のことなんか言えるわけがない。いやここまで来たからなおさらだ。……もうこいつにもそのへんバレてる気はしないでもないが。
「悪ぃが返事は無しだ」
その暗闇でもお構いなしに輝く青から目を逸らしつつフレンにそう返す。そしたらあいつはその答えも予測していた、という態度で間髪入れずに口を動かした。
「じゃあ返事を聞くまで追いかけるよ」
君の気持ちなんて関係ない、と言わんばかりの視線だった。矢のようにオレの網膜に飛んで、思いきり刺さる。そりゃそうだ、理屈のなくなったこいつなんか化物みたいなもんだ。今度は心から面白くなってきて、大口開けて笑ったらようやくあいつも笑った。ほの明く光る一番星、こんなとこには冗談みてえに不釣り合いなのに。バカだよなあ、お前。
「なあ。どこまで追いかけて来る気だよ」
「もちろん、地獄の果てまで!」

フレレイ(TOV)

ざ、と腕のあたりに痛みが走る。目を向けるとそこからは鮮血がいくらか垂れて服を汚していた。敵の歯から僕の血が滴っている。……油断した。いくら素早い敵だからといって、遅れをとったのは確実に僕の慢心ゆえだ。ファーストエイドを唱えようかと一瞬考えるが、次の一撃はもうすぐそこまで迫っている。仕方なく剣を構え直し、傷を負った腕を庇いつつ刃を振り下ろした。結果どうにか一閃で仕留められ、安堵に胸を撫で下ろす。
「あーあフレンちゃん、痛いでしょ」
後ろからした声に振り返るとそこにはシュヴァ……レイヴンさんがいた。少し大げさなくらいに眉をしかめて僕の腕を指差している。
「いえ、見た目ほど深くもありませんから。すぐに治療できますし」
「そうなの?そりゃよかったけど」
笑みを返した後、今治します、と呟き詠唱の最初の部分を諳んじる。しかしそれはレイヴンさんの「待った」という一言に制されてしまった。不思議に思い彼を見やるとその目はにこりと細められる。
「フレンちゃん、もう術使うのきついでしょ。オレンジグミの類も今きらしてるしねえ。おっさんが回復したげるよ」
「えっ、しかしまだ一度くらいは使えますし……」
「遠慮しなさんな。協力は大事よん」
ぽん、と肩を叩かれ微笑まれる。その笑顔は紛う事なくレイヴンさんだったが、しかし僕の中に確かに存在している「目の前にいるのはシュヴァーン隊長だ」という意識は強く、ついには閉口を余儀なくされてしまった。彼は黙った僕に対し満足そうな表情を見せる。
「じゃ、行くわよ」
そう呟くとレイヴンさんは僕の胸をとんと人差し指で突いた。瞼がそっと伏せられ、その瞳には静かな光だけがたたえられる。突然の雰囲気の変容に思わず息を呑んでしまった。レイヴンさんは指で僕を突いたまま、こちらの鼓膜にだけ響くようにこう言う。
「愛してるぜ」
いつもの台詞だ、そう気付くのに何故だか数秒かかった。毎日聞いているのに。レイヴンさんの目が僕を捉えてそのまま射る。もはや弓なんていらないのではないか、そう思うほどに視線の矢尻は強烈な引力で僕に刺さった。呼吸も止まるほど騒がしい静寂だ。彼はもう一度僕の胸をとんと押してから、ふ、と微笑んで言った。
「つって俺様もTPなかったわ!嬢ちゃん呼んでくるから待っててねー」
「………わ、わかりました」
バイバイ、と手を振りながら駆けていくレイヴンさんを見つめながら、僕は大きな嘆息を漏らした。

ユリレイ(TOV)

「おっさんなぁんもないのよ。中身空っぽ!空っぽっぽー……」
なんて言っておどけている途中だった。突然青年の重い拳一発が俺様の横っ面にキレイに入る。え、何、ヤダDV?とか言ってふざけてみせるが青年はいつまでも無表情。漆黒の眼差しが死刑執行人みたいな顔で俺を見下ろしていた。あ、いやこれちょっとフキンシンね。見つめられるだけの俺はただただ手持ち無沙汰だ。
やがてユーリは俺の顎をガッと掴んだ。そして──なんと強引に唇を重ねてきた。いや何、そんな流れだっけ?困惑している間にも舌は入り込んでくるし肩を強く抱かれて逃げ道を塞がれるしでさらに頭がパニックを起こす。ぬる、と異物は妖怪みたいに蠢いて俺の口の中をまさぐった。超至近距離でユーリの睫毛が揺れている。髪もつやめきながら俺の顔やら首やらをくすぐった。何食ったらこんなキレーな髪になんのかしら。酒場の女の子が羨ましがってたわよ。……バカらしいことでも考えてなきゃ向こうのペースに飲まれてしまう。
さんざん楽しんだあとにユーリ青年はようやく口を離し俺を解放した。消えない感覚と余韻に参りつつ自分の頬に手を添え「何してくれてんのよ」と精一杯おどけた声を出す。ユーリは涼しげな目で俺を見るなりにやりと笑った。
「愛してるぜ、レイヴン」
「……はい?」
「オレが死ぬまであんたに愛情詰め込んでやるから、あんたはもう空っぽにはなれねえよ」
残念だったな、と言ってユーリはまた俺にキスをした。何だそれは、ちょっとキザすぎない?ていうか『死ぬまで』っつったってもう死んでるんだって。俺はもうここにはいないのだ。でも言ったらまた殴られそうだから言わなかった。最近の子ってコワイわ。

フレユリ未完(TOV)

化学やら理論やらのことは何一つ分からないんで子細は省くが、リタの実験に付き合ったフレンが数年前の騎士団見習いの時の姿と精神と記憶に戻ってしまった。……子細省きすぎだろとは自分でもまあまあ感じてるが、これが現実だから受け入れる他はない。勝手なことに他のやつらはみんなギルドの用事がだの明日までにしなきゃいけない仕事がだので誰もフレンの面倒が見れないということなんで、必然的にオレがフレンの傍にいてやることになってしまった。
フレンも今や騎士団長代行というなかなかの地位に就いている人間だ、その顔と名もよく知れ始めているから外に出たら声を掛けられるかもしれない。そしたら未来のことなんて知らない本人は困惑するだろう、そう思いしばらく宿屋の一室で身を潜めておくことにした。リタいわく「長くても明日には元に戻ると思うわよ、理論上」とのことなのでここで大人しく過ごすのは一日ほどで大丈夫そうだ。
「……ユーリ、そろそろ教えてくれないか」
ベッドに寝転がりながら冗談みたいな状況の数々を振り返っていた時、不意に隣のベッドから声をかけられた。もはや懐かしさすら覚える神経質そうかつ陰険そうな棘のある声。振り返ればベッドの端にちょこんと腰掛けた幼馴染がオレをじっと睨んでいた。睨んでいるが、輪郭や目が今より少し丸いので21歳のあいつに睨まれるほどの威圧感は感じない。
「何を教えりゃいいんだ」
「ずっと部屋の中にいる理由だ。ここはどこだ?どうして僕はこんなところにいるんだ。早く宿舎に帰らないと無断外出で懲罰を受けてしまう。こんなところに連れてきて君が何をしたいのかは知らないが、また君の妙な悪ふざけで僕まで罰を受けるのは御免だからな」
1の言葉に10の不満で返され、唐突にとてつもない面倒臭さに襲われた。当時の感覚が鮮明に蘇ってくる。お小言が特に多い時期だったからな、このあたりは。フレンは常にピリピリしてたしオレたちの仲もそんなに良くなかった。そりゃあオレの顔を見てるだけでも不平がすらすら出てくるだろうし、しかもこの状況だから奴のイライラもピークに達しているだろうことは容易に窺い知れた。──簡単に言うと相手するのがめちゃくちゃダルい。
「まあいろいろ理由はあるんだが、明日には元通りになるらしいから今日のところはゆっくり休んどけよ。ここ最近訓練続きでくたくただろ」
「そんな言葉で納得できると思うのか。きちんと説明をしろ、ユーリ」
「……」
まあそりゃそうだろうな、オレでも納得しねえわ。仕方なくベッドから身を起こしフレンに向き合う。不機嫌を隠そうともしない様はいっそ新鮮にも思えた。
「簡潔に説明すると、未来のお前がトンデモ実験に巻き込まれて、そんで過去の姿でここに呼び出されちまったんだ。未来について何も知らないお前が外に出たらいろいろ戸惑うだろ?明日にはお前は元の場所に帰れるらしいから、今日一日はここで大人しく過ごしてろ。わかったか?」
詳しいことは省き宣言どおり簡潔に事実を伝える。フレンはオレの言葉を聞いたあと、今までの小言ラッシュが嘘のように数秒のあいだ静かにその場に固まっていた。そしてしばらくの後、訝しげな顔でこっちを見つめる。
「君、大丈夫か?」
「……まあ予想通りの反応だけどな」
しかしこれ以上説明のしようがないから仕方がない。フレンがキレようが喚こうがこれでいったん状況を飲んでもらう他はないのだ。

フレユリ(TOV)

「じゃあボク、ユニオン本部に行ってくるよ。二時間後にここに集合だからね、忘れないでよ!」
カロル先生がそう言って元気よく本部に駆けていったのが数十分前、オレが宿屋でフレンとばったり出くわしたのも数十分前。任務の空き時間か何かで一、二時間のあいだ暇らしく、いったん落ち着ける場所で休憩しようとしていたらしい。つまりオレと同じ目的だ。どうせ互いに休むだけなんだから同室を取ろうかという話になり同じ部屋に踏み入ったのは十分程前だ。入るなりベッドに寝転んだオレを尻目にフレンは静かに鎧を脱いで黙々と手入れを始めた。
……で、それからさらに数分後。オレは今フレンと同じベッドに腰かけ、口の中に舌を割り入れられている。何がきっかけだったっけ?これといった始点はなかった気がするが、気づけば「そういう」雰囲気になっていた。まあこいつとのあいだではよくあることだ。触れている舌が熱い。
「休憩するんじゃなかったのか?フレン隊長」
ようやく口を離された隙にそう訊いてみると、フレンは「君こそこんなことをしていていいのかい」と返してきた。フ、とわざとらしく笑いながら首に手を回してやる。
「こんなことってどんなことだよ。詳しく言ってくれなきゃわかんねえな」
「……やっぱり君は少し黙っていてくれ」
言うや否やフレンの唇がまたオレの口を塞いだ。舌を強引に絡め取られ言葉を奪われる。口で勝てないからって、代わりに妙な対抗策を覚えちまったもんである。フレンの赤はオレのそれを吸い上げ愛撫すると今度は焦らすように歯列をなぞった。やたらキスが上手くなったのはいったい誰のせいなんだか。
キスを続けながらフレンはオレの胸元に手を滑り込ませた。その手のひらの熱さが肌に直接伝わってくる。暇を持て余していた手で耳の形をなぞってやると、わずかにフレンの指が揺れた。至近距離にある金色の睫毛も少しだけ震える。と思えば瞼がゆっくり開いていった。唇がまた離されて、フレンがぼそりと一言を放つ。
「どうして目を開けているんだ」
「さあ?」
にやにやと笑えば目の前の幼馴染はため息を吐いた。それでもオレの体をまさぐる手は止まるどころか下へ下へと下降していくもんだからなかなかにスケベな隊長さんだと言える。首筋に唇を落とされるのとほぼ同時に腰布を解かれ、その手慣れた様子が妙に可笑しくなってフレンの頭を抱きながらばれないように笑った。
「急げ急げ。時間あんまりねえぞ」
「わかってる」
「優しくされてる暇なんかねえからな」
「……」
察しのいい男は今までよりも荒い手つきで肌に触れてくる。こういう触られ方は嫌いじゃない、それにこいつの余裕をくずすのはいつも楽しい。理性をわざと捨て去った青色の目に射抜かれながら、頭の中で密かに残り時間をカウントした。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30