スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

セトウツ(瀬戸内海)

「瀬戸」
「なに?」
「お前、したことあるん。こんなん」
「ないよ」
シャツの下に差し入れた手は内海の乳首に触っていた。寒いせいかこの状況のせいなのかわからないがピンと立っている。当たり前だが内海の胸は柔らかくはない。でもそんなことはどうでもよかった。内海のちくびに触っているのだ俺は。内海のちくびに。
「彼女できたことないんやっけ?」
「ないない」
「サッカー部入ってるときモテてたいうてたやん」
「でもほんまに好きやないと付き合いたくなかったからなあ」
「昔も今も純度100%の乙女やな」
いろいろ会話しつつ俺の意識はもう内海の肌とか息遣いとかあったかさとか乳首とか乳首とかに捕らわれていた。めちゃくちゃ擦り合わせて摩擦であったかくしたつもりだが、それでもやっぱり俺の手は冷たいのかさっきから内海がびくびくと体を震わせている。申し訳ないと思いつつそれにすら興奮するから重ね重ね申し訳なかった。暖房いつきくねん、ごめんな内海。乳首いじったら怒られるかな。ごめんな内海。
「っ」
親指の腹で乳首を撫でるように押してみると、内海の体が今日一番大きく跳ねた。震えた吐息が口から漏れる。指はなにかに耐えるようにじゅうたんを引っ掻いていた。頭がぼーっとする。仏像より仏頂面なときのある内海が、俺が触っただけでここまで反応するのか。まゆげが歪んだりまつげが震えたり目の奥が濡れたり、それが全部俺の手柄だというのか。みんな、内海ってこんなにエロエロなんやで知ってる?まあ誰にも教えへんけども。
「痛くなかった?」
「痛くはない」
「気持ちいいとかは」
「わかれへん」
いつもよりずっと子供っぽい口調でその舌がまわる。ちょっと不安そうではあるが嫌がっているという感じではなかった。もう一度乳首を撫でて、次はちょっと摘んでみる。
「あ、それちょっと痛い」
「えっ!ご、ごめんなさい」
なぜか敬語になりながらすぐさま手を離す。内海は軽く息を吐いて、自分の手をシャツの中に滑り込ませた。胸をさすりながら俺をちらりと見てくる。
「……いや、わかれへんわ。もう一回触って」
「え?」
「もう一回触って」
二度目の『え?』を繰り出すがヤクザ漫画の一番怖いヤツみたいな目で睨まれたので大人しく口を噤む。今の録音してたらよかったなあと思いながらまた内海の胸に手を滑り込ませた。無事ちくびまでたどり着き、さっきのリベンジで優しくそこを摘む。
「ん」
「……どう?」
「……」
わかれへん。今日何度目かのそれが飛び出す。頭よくて何でも知ってる内海が、今なんにもわからず戸惑っている。それだけで脳みそと胸のあたりが沸騰しそうになった。怒られるのを覚悟でもう一回触ると、また小さく吐息が漏れる。でも痛そうとか嫌そうとかそんな素振りではないように思えた。むしろ、ちょっと良さそうやけど。さっきよりも目が熱っぽくなったように見える。
「あー……悪くはない?」
「……ていうかさっきから乳首ばっかり触りすぎちゃう?なんで乳首なん」
「ええ?なんでって言われても」
「なんも出えへんで」
「……そんな母乳的なもんは期待してへんけど」
改めて内海の体を正面から見据える。薄く色づいたその二つは、内海の心配になるほど生白い肌の上で際立って見えた。それがどうにも、特別感があるように思える。見てはいけないものを見ているような、非日常的な感覚がする。これは言葉で説明するのは難しい。が、あえて簡潔に言うならばこれしかない。
「お前の乳首さわれるのが幸せやねん」
「……ありがたい壺みたいな扱いやな、俺の乳首」
もうええわ、と言って内海は諦めたように肩の力を抜いた。その乳首は相変わらずぴんと立っている。暖房はすでにきき始めているので、今のこれは寒さのせいではないらしかった。……つぎ、舐めたら怒るかなあ。ごめんな内海。

モブウツ未完(瀬戸内海)

いつものように川の前で座っていると、同じ高校の生徒が声をかけてきた。『おんなじクラスなんやけど、覚えてない?』まったく覚えていない。ごめんわからんわ、と返すとかなり残念そうな顔で眉を下げた。話しかけてきた意図が少しも見えず、何の用なのか尋ねる。すると相手は恥ずかしそうに両手を擦り合わせながら、気持ち悪いかもしれんけど、と前置きをしたあとにこう言った。
「LINE交換してほしいねん」
「なんで?」
「内海と話したいから」
「……なんで?」
男は視線を右往左往させたのち、『友達になりたいから』と絞り出すように呟いた。だからどうして俺と友達になりたいのかがわからない。俺と仲良くして何かこいつにいいことがあるのか。そもそも重大な要素として、俺はこの男に興味が湧かなかった。
「ごめんやけど、無理やわ」
「……ああ、まあ、しゃあないわな」
急にごめんな、と言い残し男は足早に去っていった。



モブくんは一年のときから内海が好きです(謎情報)

セトウツ(瀬戸内海)

いつものように川の前で座っていると、同じ制服を着た男に声をかけられた。俺と同じクラスだというその男は唐突にLINEを教えてほしいと言い出し、意味がわからず断ると謝罪の言葉を残し足早に去っていった。なんやねんアレ、とため息をつきながら読みかけの本を開く。すると、すぐに瀬戸の足音が聞こえてきた。顔を上げそっちに視線を向けるとすぐさま目が合う。ずんずんとこちらに近づいてきた瀬戸は、何を考えているのかいまいちわからない仏頂面のまま呟いた。
「今の誰」
今の、とはさっき俺が話していた男のことだろう。眼鏡のアーチを中指で押し上げながら『おんなじクラスの奴らしいけど』と返答する。
「なんかLINE交換してほしいとか言われたけど、する意味が微塵もなかったから断った」
「ほーん」
何故かあまり納得していなさそうな表情を浮かべながら瀬戸は定位置に腰掛ける。そして生まれる沈黙。どちらかが話し出すまではいつもこんなものだ。今日はこっちから話すのが少し億劫だったので、開いていた本に目を戻す。
……。
……。
…………瀬戸はなかなか話し始めない。ちらりと横を向くと、いつから見ていたのかこっちを捉えていた視線とかち合ってしまった。驚きとともに目を逸らす──暇も与えず瀬戸がこう切り出す。
「あんなんたまにあるん?」
「え?あんなんて何」
「なんか、知らん男に連絡先聞かれるみたいなん」
「いや、今日が初めてやけど」
「ふーん」
質問の意図がよくわからない。瀬戸はいったい何が聞きたかったのだろう?長い間合っていた視線がふと逸らされて、その目は微妙に曇った空を見上げる。
「LINE交換してほしい理由とか全然言うてなかったん?」
「なんか『内海と仲良くなりたい』とか言うてたけど。仲良くする意味がわかれへんから」
「……仲良くっていうよりな、アレってたぶん」
言葉の続きを待ったが、瀬戸はそのまま口を閉ざした。たぶん、なんやねん。と催促するが何か考え事をしているのかまったく回答を寄越さない。今日は全体的に態度がおかしい。嫌な事でもあったのか、と思いながらゆっくりと流れる川を見つめる瀬戸に倣って自分もそこに目線を移した。煌きに光る川の向こうにアパートや民家が見える。雨を警戒してかどの家庭でも洗濯物は干されていない。
「なんかなあ」
不意に瀬戸がそう呟いた。あー、と唸りながらトゲトゲの後ろのほうをガシガシと掻いている。やっぱり悩みでもあるのか。
「どうしたん」
「いや、ちゃうねん。べつにな。そんなんええんやけど」
「なんかあったん」
「うーん」
両手で顔を覆った瀬戸は、手の隙間から隣の俺を見る。おそるおそるというか、少し躊躇するような眼差しだった。眉を下げ、トーンの落ちた声を控えめにこの場に響かせる。
「女子やったらこんな感じになれへんのやけどなあ」
「……何が?」
「あーあ。なあ内海」
「うん」
「もしお前が男と付き合うってなってもな」
「急になんやその斜め上方向からの前提条件」
「それやったら俺でいいような気ぃせえへん?」
時間が止まった。……ように思えた。常に一方向に進み続けているはずの時間が。瀬戸がこっちから目を逸らしたことでまた時間は動き出したが、体勢を変えるその動きはスローモーションに見える。遠くからカラスのけたたましい鳴き声が聞こえた。何の話をしていたか思い出せない。言葉の意味も未だ掴めていない。どう言葉を発するべきかわからず、ついに完璧に閉口した。
「帰ろかなあ。今日キャベツ刻まなあかんねん」
我ながら思いきり固まっている俺の横で、ため息をついた瀬戸が鞄を持って立ち上がった。うーんと大きく伸びをしたあと、いつもとまったく同じ軽さで『また明日な』と言ってくる。ゆっくりと遠ざかっていく背中に真意を見出そうとしても、見えてくるのは曖昧と疑問のみだった。
「理屈がまったくわかれへんのやけど」
時間差で呟くと近くにいたニダイメが気だるげにニャーと鳴いた。

セトウツ(瀬戸内海)

しまった、と思った時には自分の手は瀬戸の服の裾を掴んでいた。早く離そうと思っても意思に反して指は少しも動こうとしない。居酒屋の看板の灯りが瀬戸の黒いジャンパーに光を差していた。
「内海?」
驚いた顔でこっちに視線をやる瀬戸の口から白い息が溢れる。アルコールで上気した顔の、ゆるくほどかれた瞳の奥がじっと俺をすがめた。普段ならこいつを前にしていると言葉があふれて止まらないほどなのに、今は何を言うべきかまったく分からない。思考と体がこうも分離しているのは生まれて初めてだった。
「酔ってんのか?……調子悪い?」
様子をうかがうように尋ねられ、とりあえず首を横に振った。べつに心配を掛けたいわけではない。むしろ本当は『またな』と軽く口にしてそのまま自然に帰ってしまいたかった。ごまかしのひとつも出来ない自分に少し失望する。酒で火照っているとはいえさすがに体が冷えてきたし、同じくそうであろう瀬戸を今すぐにでも解放してやりたいのだが。
『次いつ会える?』と訊けてしまえば楽なのだろうか。お互い社会人になってあの頃のように暇を持て余すことはなくなった。今日こうして飲みに来れたのもほとんど奇跡に近い。このまま手を離して別れたあと、また飲みに行くまでどれくらい季節が変わるのだろうか。……らしくない思考に陥っていることは重々承知している。瀬戸が未だに酒を警戒する気持ちもよくわかる。
瀬戸の目は未だ物言わない俺を捉え続けていた。やがて、その眼差しがふっと和らぐ。次の瞬間、『あー』と大きく発すると気だるげにこう呟いた。
「家帰るんめっちゃダルいわ。内海、家近いんやろ?」
「え……まあ近いな」
「泊めてくれへん?」
そう言った瀬戸になぜだか一瞬面食らってしまった。ここで別れるものだと思っていたから、まさかそういう展開に持っていくとは。なあなあ、と餌をねだる猫のような声を出しながら瀬戸は俺を見つめる。自分の手がかすかに震えていることを悟りながら、少しの間のあとに返事をした。
「ええけど」
「おっしゃ。じゃあ行こか」
にへらと笑った瀬戸が俺の手を掴んだ。びくりと体を揺らしてしまったこっちになどまったく構わずその足は歩き出す。瀬戸の手は俺と同じくらい冷たかったが、その中に確かなぬくもりがあった。妙な安堵を覚えながら、瀬戸、とその名を呼ぶ。
「お前、俺の家どこか知らんやろ」
「……ちょうど先陣切ったことに後悔してたとこや」


「さいきん夢見悪くて」
「ほーん。クモとか出てくるん?」
「それアラクノフォビア限定の悪夢やろ」
たまに姉が来るときのために置いている客用布団に瀬戸が寝転ぶ。大きなあくびをひとつしたあと、眠そうな目でベッドの上の俺を見上げてきた。
「どんな夢見るん」
「溺れる夢」
へー、と呟く瀬戸の目尻が融ける。横たえた自身の体もふわふわと浮遊感を持ち始めてきた。寝る前に近くに瀬戸がいるというのはどうにも不思議な気持ちだ。たまに見る良いほうの夢のような。柔い眼差しで瀬戸が俺を見据える。
「じゃあな、内海。また悪い夢見たら夢の中で俺のこと呼んでみい」
お母さんすぐ駆けつけたるわ、と微笑みながら瀬戸が言った。顔の横に置いてあるスマホの光が瀬戸の頬にうすい緑を差している。瞳の中には星が浮かんでいる、ように感じられた。あ、一等星。久々に見つけた。
「いらんねん母性」
「ありがたくもらっとけや。あー、ほんま眠い。内海ふたりに見えてきた」
「俺も寝るわ」
す、と瀬戸の瞼が下りて一等星は隠される。けれど目を開ければそこには変わらず一番明るく光る星があるのだと、心から思うことができた。さてこいつは本当に夢の中まで現れるのだろうか。脳天気そうな顔と声をぶら下げて、内海いけるか、泣いてへんか、寂しかったなあ、と笑いながら俺に駆け寄るだろうか。そして朝起きれば、当たり前のように目の前にいて『よう』と声をかけてくるのだろうか、あの川にいたときのように。どうにもわくわくしている自分がいるのが少し可笑しかった。たぶんすべて当たっている。瀬戸はアホやから。
「おやすみぃ内海」
「……おやすみ」



話ブレた

セトウツ(瀬戸内海)

ぱち、ぱち、と規則的に音が響く。真剣な眼差しで自分の手の爪を見つめる瀬戸は、またひとつ三日月形の白をティッシュの上に降らせた。
「……瀬戸」
「あ、ごめん。もうちょっとで終わるわ」
こっちを一瞥もせず瀬戸はそう呟く。それからまたすぐに沈黙が訪れた。ぱち、ぱち。子守唄の如く響く音は、普段聞くなら心地よさすら感じるだろう。が、今はただただ煩わしい。
瀬戸はセックスの前に必ず爪を切る。理由は、瀬戸いわく「引っ掻かれる痛さを俺はミーニャンに教えてもらったねん。だから己の爪で誰かを傷つけることはしたくない」とのことらしい。無駄にカッコいい言い回しが鼻につく。で、その教訓に則り瀬戸はいくら自分の理性に限界が来ていようと爪を切るのだが、ここで問題なのが相手の感情すら度外視なところだ。瀬戸が自分の信念に基づいて爪を切るのは瀬戸の勝手だ。だが、爪を切る瀬戸を見ながらこっちは何を考えていればいいのか。たいていの衝動は理性でコントロールできる。だから、耐えられないというほどの話ではないが。ただ単純にこの時間がいたたまれない。これから抱かれるという前提で、傷つけないようにと目の前で爪を切られている。それを隣で享受しなければならないのは正直羞恥をあおられた。もちろん瀬戸はこっちの心情など知る由もないだろうが。
「瀬戸」
手持ち無沙汰な声帯でとりあえずまた名前を呼んでみるが、返ってくるのは空返事だけだった。ほんまに抱く気あるんやろなこいつ。と毎回思えどこれが終わるとすぐベッドに手を引かれるから、むしろ抱く気がある故の空返事なのだろう。考えれば考えるほどいたたまれなくなる。爪がティッシュに落ちるのをただ見つめながら、瀬戸の横顔を眺める。……瀬戸のくせに何を一丁前に焦らしとんねん。いよいよ腹が立ってきた。
「瀬戸」
「んー?」
仕返しに少しからかってやろう。そう思い、今度は明確な意思を持って瀬戸の名を呼んだ。相変わらずの空返事を無視し、肩が触れ合う距離まで近づく。次に、爪切りを構えるその右手に自分の手を這わせた。手の甲に指を滑らせると、瀬戸の体がびくりと跳ねる。
「う、内海?どうしたん」
「……あんな。昨日廊下でガッちゃんに会ったときに聞いたんやけど。また二人で金出し合って本買ったんやろ?」
「え、ああ、うん。そう。買った買った」
「でもそれが上下巻ものって買ってからわかったとか言うてたけど」
「あー、そ……そうやねん。買った次の日にガッちゃんがそれ言うてきてな。いやはよ言えや!言うたら『わしも今日知ったんじゃ!』とか言うてき、……て…」
そこそこにどうでもいい日常会話を繰り広げながら、瀬戸の手を柔くなぞる。浮き出た血管を指で辿ったあと、切られたばかりの爪の先端を軽く擦った。やすりで研がれたそこは綺麗に丸くなっている。いくつかの爪の先に触れたあと、もう一度手の甲に指を戻してそこに弱い力で自分の爪を立てた。瀬戸の体が再度びくつき、言葉が詰まる。その顔はすでに面白いほど赤い。
「ほいで、どうするん。下巻も買うん?」
「……いや、買ったんが下巻やから読んでも全然意味わからんくて、絶対上巻買わなあかんねんけど……」
瀬戸の目がうろうろとあたりをさまよう。構えていた爪切りを奪い取りその指の間にこっちの指を滑り込ませていくと、瀬戸の顔はついに耳まで赤くなった。吹き出しそうになるがなんとか笑いを堪える。
「目が四つあってどれも下巻の文字に気づかんのはすごいな」
「いや、う、内海」
「なに?」
手元に落とされつづけていた視線がようやくこっちに向いた。戸惑いを隠しもせずぶつけてくる瀬戸は、あの、と頼りなげに言葉を発する。
「ちょ、ちょっと今あんまり、アレされると」
「アレってなんや」
「ほんまにあの、切られへんくなるから」
「なんで」
「なんでてお前」
顔中にこれでもかというほどの困惑を浮かべながら瀬戸がまた視線を右往左往へ揺らす。なんなん、と一言追い打ちをかけてやると、額に滲んだ汗を光らせながら蚊の鳴くような声でまた喋りだした。
「ええとぉ、あんまりな?あんまり、さ、触られたらな」
「うん」
「我慢がそのー、利かんようなってまうやん」
「我慢てなんの?」
「………ゆ、許してくれ内海」
袋小路に追い詰められた人間の顔を体現した瀬戸を前に、耐えきれずついに吹き出してしまった。そろそろ火でも出そうなその顔を横目に、しゃあない、と呟く。……瀬戸をいじる手はそのままに。
「待っといたるからはよして」
「……全方向に爆弾あるボンバーマンの如く追い詰められてるわ、今」



途中からわけがわからなくなったけど欲望はぶつけられました(作文)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年07月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31