小ネタ詰め(大逆裁)

表記ないのは龍アソ
-----


「何か、昔こうしてさ、抜け出したよな。講義」「昔といっても一年前だがな」「案外誰も気が付かなかった」「そんなものだ」「……夜明け前には帰らなきゃな」呟いた言葉は微かに響く波音にさえ掻き消されそうだった。亜双義はぼくに振り返り、「まだ月が明るい」と言って笑う。何となく不安になって、その指先を控えめに握った。「どこにも行くなよ」「…何を言う」行き先は同じだろう。そうぼくに語る眼差しが夜の空気に融ける。

玄関先で我慢出来ずに亜双義へ喰らいついて、そこから許されるままに体を貪った。ほとんど一ヶ月ぶりに会ったのも原因だったのかも知れない。ぼくはいろんなことを早急に、思うがまま行ってしまい、ようやく動きを止めたのは亜双義がかくんと膝を折った時だった。「底無しか、キサマ」振り返らずにそうぼくを非難する亜双義の首筋、汗が美味しそうに光っている。「…ちゃんと聞いているのか?」

オレは誰だ?ここは何処だ。「大英帝国へ行け」鏡は無いのか、暗い、ああ出口が「大英帝国へ行け」ある。床が規則的に揺れている。船の上か?どうしてこんな所に寝かされていた?「大英帝国へ行け」枕元にあった花は何だ?オレはこれから何を「大英帝国へ行け」すればいい。オレは「大英帝国へ行け!」
(亜双義)

昔叔父の家に泊まった際、叔父が飼っていた猫が布団へ入り込んできたことがあった。ぼくの布団を捲り中へ潜ろうとする亜双義にそう言ったら、「オレが猫に見えるか」と一笑に付される。「喉でも鳴らしてやろうか?撫でてみろ」暗がりでもぼくの期待をはっきり見抜く精密な夜目、ある意味猫に似ている。

「まっ、待ってくれ、亜双義!」引き倒された畳が背中を擦って痛い。強い力で腕を固定されて身動きの一つも取れはしなかった。亜双義の目がとんでもない温度でぼくを見据えている。「せめて湯浴みをしてから」「黙れ」切り捨てるようにそう言われ首筋に噛みつかれた。後はもう何を言っても無駄だ。

心地の良い波音が鼓膜に響く。ここはどこだという疑問も雄大な海と照る日差しの前には風化してしそうな程、ここはあまりに美しい場所だった。見たことのない大きな木が風で揺れる。先刻道で摘んだ派手な花を見ていると、亜双義がその花弁を一枚千切った。「奇妙な花だ」「そうか?綺麗だと思うけどな」
(ワイハに飛ばされる龍アソ)

「おまえの奥さんって本当に楽しい人だよなあ」「ああ、そうだろう」「何だかすごく話が合うんだよな。この前も落語の話ですごく盛り上がってさ」「そうか」「いい人を見つけたな、亜双義」「ああ」

「帰るのか」そう言ってぼくの開けるべき扉を、亜双義が後ろから押さえている。「帰る、つもりなんだけど」「そうか」と答えつつ扉から手を離す気配はない。それどころか、手首に指が這いはじめる。何度かぼくをなぞったそれは最後に指の隙間を軽く引っ掻いて、思わず体が跳ねた。「帰るのか?」

「加減しろ、成歩堂」「さっさと離せ」「オレが逃げると思うのか?」「おい、何を泣いている」「フフ」「……」

「フフフ…いかがか?オレの相棒の飲み姿は見事に愛らしいでしょう」「二人には本当に申し訳ないのだがボクのミコトバのほうがカワイイ」「キサマ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
(相棒の飲み姿カワイイグランプリ ワールドカップ)

「あたしと《死神》くん、目の色が同じだね」少女はそう言って怜悧の滲んだ瞳を細めた。聡明な瞳の輝きには亡き兄を、目尻に宿る穏和には亡き義姉を思い起こさせる。彼女の中には確かに私の愛した人々の、気高く美しい血液が流れていた。「ホームズくんがいつもアイリスの目は宝石のようだって褒めてくれるの。だからあたし、この色が大好きなんだよ」「《死神》くんの目も、宝石みたいでキレイなの」
(叔父と姪)

『成歩堂』さんと寿沙都ちゃんが、まるで今この瞬間運命を見つけたかのような意味有りげな目でお互いを見つめ合っているところに遭遇して、あたしは思わず足を止めてしまった。成歩堂さんを見つめる寿沙都ちゃんの横顔はあまりにも綺麗だ。あたしは、……あたしは寿沙都ちゃんのことが好きなのかな?
(スサハオ/ルポルタージュ2巻パロ)

ついに近日となった式の準備もとうとう終わり一息をついていたある夜、御琴羽の家にハオリさまが訪れられた。「寿沙都ちゃん、急にごめんね。龍太郎さまに会わせて欲しいの」決意を秘めたようか強い眼差しに押され、わたしは久方ぶりに『龍太郎』の姿に変わる。ハオリさまは目尻に涙を光らせながらわたしの学生帽に手を伸ばすと、宝物のようにその胸へと抱いた。そしてこの肩へと頭を預けられる。「龍太郎さま、肩を抱いてください」言われて、微かに震える肩にゆっくりと手を添えた。ハオリさまの華奢で可愛らしいお体を全て包み込むことさえ、この小さな手には出来なかった。オレやぼくやわたしでは貴女を攫えないけれど、いつか素晴らしい貴女の肩を抱き涙を拭い、幸福へと攫う人物が現れるのだと思う。ハオリさまは顔をあげて、目尻に涙を溜めるとついに『わたし』を見た。「ありがとう、寿沙都ちゃん」
(スサハオ)

小ネタ詰め(大逆転)

 

「顔が晴れ晴れとしてるゾ!さてはいいことでもあったナ?」ふらりと訪れたフレスノ街で偶然にも知った顔と出会った。どうやら彼女はこの近辺を縄張りとしているらしい。「失礼。花火なら間に合っています」「商売目的で話しかけたワケじゃないんだゾ?お兄さんとお話したいなーと思って」「……本当は?」「いいカモ発見!」バチバチ、と弾ける花火を見ながらオレは密かに嘆息した。
(亜双義とビーナスちゃん)

夢の中のボスはすーっごく優しかった。アゲモノもアイスもいっぱい買ってくれるし何をスっても怒らないし仕事サボってアイリスと遊んでても隣でニコニコお茶を飲んでるだけだ。いつものボスもずっとこうならいいのにと思って、その後すぐに悲しくなった。「ボス、ちゃんと怒ってよ」「なんで何も言ってくれないの?」「なんで死んじゃったの…」
(ジーナちゃんとボス)

「亜双義、すまない、財布を忘れてしまって…」「キサマ…今月で三度目だぞ?わざとやっているのではないだろうな」「いやいや、そんなことは!決して!…あっ、そういえばおまえ、またぼくの部屋に本を忘れたよな」「ああ……夜に取りに行く」「今月で三度目だぞ?疲れてるんじゃないのか」「心配するな。それはわざとだ」「…………え?」
(龍アソ)

「ホームズくん、お誕生日おめでとうなの!」家の扉を開けた瞬間、笑顔のアイリスがそう言葉を弾ませた。机には豪勢な食事が並んでいる。「はい、プレゼントなの」手渡された手紙の表には『大好きなパパへ』と可愛らしい文字で書かれていた。……ボクも歳を取った。「毎年泣くよね、ホームズくん」
(ホムアイ)

「きっと天罰が下るわ」廊下ですれ違いざまにそう言ったら、忌々しい英国女はピタリと足を止めた。美しい、優雅な動作であたしに振り返って、そして優しく微笑んでみせる。「威勢が良いわね、お嬢ちゃん。でもあなたただのアヒルでしょう?」……ああ!
(ハオリとジェゼール)

その首筋を伝う汗は扇情的に視界を彩り、龍ノ介は思わず喉を鳴らした。わざと緩慢に動く指が龍ノ介をゆるりと指し、濡れた唇がそっと開く。「成歩堂、分かっているな」理性を焼き、そっと頷いた龍ノ介はめしをこぼしました
#meshiyosoi
https://shindanmaker.com/80808

龍ノ介の顔と手元を見やった亜双義は静かに笑みを浮かべる。「成歩堂。オレはキサマという男を信じている」その言葉に何度救われただろう。そう胸中で呟きながら亜双義に微笑みを返した龍ノ介はメシをこぼしました
#meshiyosoi
https://shindanmaker.com/80808

名前は分かる。でも顔が覚えられない。カズマ・アソーギ検事、24歳、元《死神》のバンジークス検事の従者。こんなに分かっているのにどうしても分からないのだ。「あなたは誰ですか?」不躾を承知でそう問いかけると、彼は意外なほど高らかに笑った。そうして楽しげに呟く。「誰だと思う」
私はある日ついに彼の正体を見つけた。異国からの客人と話す彼の目尻に様々な、安寧と諦観と歓喜と、本当に様々な感情を見据えた。すべてが凝縮されてひとつになり、そして『彼』に成っていることが私には、……。「ああ、資料か?礼を言う」……それでもあなたはもう我が英国のものなのだ。
(亜双義と巡査かなんかのモブ)

とある不可解な事件が身近で起こり、藁にもすがる思いで221Bと刻まれた扉を叩いたのが二日前。名探偵とその相棒のお二方はあっという間に事件を解決してみせた。何とお礼を言ったらよいか。ありがちな言葉でしか感謝を表せない自分を不甲斐なく思う私に、名探偵の相棒である医師の日本人が微笑む。「あなたの悩みが晴れて本当に良かった。彼、少し変わっていますがかなりの切れ者でしょう。ここに駆け込んだのは正解ですね」紳士的な語感とほつれのないクイーンズ・イングリッシュに感心の息が洩れそうになる中ふと名探偵にも視線を向けると、彼もまた少しぼんやりした瞳でこの紳士を見つめていた。そこで私は何気なく、彼の真実を見抜いてしまった。感情の居所が分からないまま外まで見送られる。別れの直前、ホームズ氏は私に言った。「貴女もなかなか聡明なお人のようだ。名探偵に向いているかも知れませんね」驚く私に微笑み彼は続ける。「しかしご心配なく。ああ見えて彼は案外ニブいのですよ」
(ホームズとミコトバとモブ)

小ネタ詰め

・大逆転

「亜双義。実はぼく、お嫁さんを迎えてさ」「子供が産まれたんだ!元気な男の子だ」「孫というのは本当に可愛いものだな。目に入れても痛くないよ」何とも退屈のしない人生だった。キサマもそうは思わないか!互いの子も孫も見せ合い笑いあったな。童の手を撫ぜる嗄れた手を無性に愛おしく感じていた。
(龍アソ)

キサマが笑うたびにどこか、遠い場所へ行きたいと思う、疲れているのだろうか。何故この男は些細なことをこうも楽しげに話すのか。どう世界を見ているのか。空を水を血を、果たして何色だと形容するのか。成歩堂という男から目が離せなくなるのにそう時間は掛からなかった。「亜双義、ほら、入道雲」
(龍アソ)

朝起きると隣に親友の姿がある。亜双義は静かに目を閉じていた。船で過ごした日々でもたまに行った旅行でも、コイツより早く起きたことなんて一度もない。何となくその口元に手をかざすと寝息がぼくの手のひらに当たった。眉間に皺が寄り目尻がかすかにひくつく様をどこか不思議な気持ちで見ている。
「いつ帰るんだ?」「三日後の朝だ」味噌汁を飲みながら亜双義がそう答える。三日後、と鸚鵡返しをしながらぼくは魚の骨を解した。細かい骨が多くて苦労する。亜双義の皿を見ると、綺麗に取り除かれた白い曲線が顔のようにそこに並んでいた。当たり前だけどもう食事は半分ずつにはしていない。
たまに現れる「間」のようなものを感じているのは果たしてぼくだけなのか、それともコイツもなのか。分からないけれど、その間は大切なものだということは分かる。十ヶ月かけて生まれたそれをぼくはこれから何年もかけて解きほぐしていくのだろう。きっとすこやかで丁寧であたたかい時間になる。
(書きたいとこだけ書いた龍アソ)

「美味しいものを食べたり綺麗な景色を見るたびおまえの顔が頭をよぎって、嬉しくても悲しくても情けなくても満足してもおまえがぼくに笑いかけてくる、そういう時期がぼくには確かにあったんだ。十ヶ月、おまえのことばかり考えて過ごした。……そしてそれが今、ぼくの糧になっている」「……キサマのその十ヶ月がオレの十年の意味を変えたのだ」
(龍アソ)

「おとうさま!」頭上から愛娘の弾んだ声がする。急に反転した景色は先刻まで床を見ていた私に天井を見せていた。床が柔らかくて良かった。安堵しつつどうしましたかと返す。「武道の先生に技を教わったのでございま…って、きゃああッ!申し訳ございません!急くあまり、つい!」「"つい"ですか…」
(御琴羽家)

「ミコトバ、今幸せかい?」すぐ傍で銃弾が飛び交っている状況でホームズが私にそう問いかけてきた。発砲音と破裂音が続々と鼓膜に押し入る。「何ですか、こんな時に」生死に関わる状況なのだぞ、という意を視線に込めたつもりだったが、ホームズはその視線を捩じ伏せてきた。「こんな時だからこそだ」
(ホームズとミコトバ/ガイリチ版ホームズパロ)


・TOX2

「兄さん、そろそろ違う所に行こうか」そう言って俺の手を引く弟のそれにはたくさんの傷痕が残っていた。俺の手はただ真っ黒で傷も火傷も何も分からない。「どこに行こうか」「お前はどこへ行きたい?」どこでもいいよと笑うルドガーの目尻に皺が寄る。幸せそうなふりをすることに慣れさせてしまった。
(ユリルド/宇宙人の引っ越し)

「エル、旅行に行こうか」パパはけっこうトッピョーシもない。急にエルを連れ出して旅行に行くことがある。旅行はいつも楽しいけど、帰り道でパパはいつも泣く。「また駄目だった」「どうして決心がつかない」「エル、楽しかったかい?」うん、って言うとパパは笑うよ。…あれ?ルドガー、へんなカオ!
(エルとパパ)

「ジュードは…………このまま研究費がうまく集まらなかったらどうするんだ……?」「うーん…枕ですねー」「お金なら!!いくらでも出すから!!!それだけはやめよう!!!???」「わぁーっ、いいんですかぁ!?」
(オムレツ分史ジュルド)

龍アソ未完(大逆転)

十五の頃、神は死んだ。母が仏に成られたからだ。骨壺に納められていく白い破片を見つめながら、人間とはこうも小さくなれるものなのか、とひどく他人事のように考えていた。母は父の元へゆけたのだろうか。天国などというところは本当に存在するのだろうか。もし天国があるならば、地獄も同様に存在し得るのか。父は倫敦で五人の貴族を殺害した赦しがたい悪鬼なのだそうだ。父は地獄へ堕ちたのだろうか。聡明で温厚だった父の笑顔を頭に浮かべ、あのような素晴らしいお方になんと似合わない場所だろうと叫びだしたくなった。そしてオレは遂に決心したのである。絶対に、何をしてでも真実を炙り出そうと。

おとうさんおかあさんを大切にしようではないか諸君、と至極当たり前な主張を大声で吐き出す男に出会ったのは勇盟大学に入学してから少し経った頃の事だった。チョコザイなるヘナチョコ、と我ながら散々たる第一印象を抱いたその男にまさかの歴史的大敗を喫したオレはやがて奴とつるむようになり、今や親友と呼べるほどの仲になっているのだから運命とはおかしなものだ。成歩堂龍ノ介は一見地味でウッカリ者で黒くて冴えない男だが、その実まっすぐで誠実で強い男だった。もしかするとこういった男が一等弁護士に向いているのではないかと思う時もある。酒を嗜んだ際そんなことを溢してみると、「やめてくれよ」と奴は苦笑した。
「人の人生を背負うような仕事、ぼくには荷が重いよ。それにおまえのように優秀な男であればすべて任せたいと思うだろうけど、ぼくみたいな頼りない人間に託そうとしてくれる人なんていないと思うし。優秀な弁護士さまにそんな評価をいただけるのは有り難いけど、おまえはぼくを買い被りすぎだよ」
そう言ってはにかむ男に少しだけ苛立ちを覚えた。


またかくかも

最原と百田未完(論破V3)

「いやー、ゴメンゴメン。まさかラブアパートの扉が故障しちゃうなんて思わなかったねー。今から修理しても直るのは朝になると思うから、悪いんだけどオマエラ朝までここで待機しといてくれる?」
確実に故意の故障だ。もはや推理なんてしなくても分かる。じゃあそういうことで、と早々と姿を消したモノクマにぶつけ損ねた恨み節を口の中で転がしたまま、さてどうすべきかと漠然と考え始めた。僕の隣にいる彼ーー百田くんが『いつも』の百田くんであれば、不安なんて特に感じないままちょっとした旅行気分で一晩を過ごすことも出来ただろう。けれど今僕の横にいるのは、この空間で作り上げられた普通じゃない百田くんだった。彼はいま僕を理想の相手だと思い込んでいる。そんな相手と朝まで二人きりというのを、どう捉えるのだろうか。その横顔を見やっても感情らしい感情は何も拾えなかった。こんな風にたまにすごくやりにくいところを見せるのは普段でもここでも一緒だな。思いながら、気づかれないように息を呑んだ。気まずいにも程がある。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年09月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30