スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アス+ラム+ソフィ(TOG)

苦しかったろう、とアスベルは紫を帯びていた自身の片目に指先を伸ばした。しわがれた手は震えながらも目の端を優しくなぞり、その動きに呼応するかのようにアスベルの口元が綻ぶ。すっかり色素の薄れた茶色い髪が、窓から出入りする風に乗じてほんの少し揺れ動いた。枕元に置いてあるクロソフィから花びらが一枚散って、ちょうどアスベルの顔の横にはらりと落ちる。ピンク色のそれを見て、ソフィは先ほどのクロソフィのように一粒の涙を散り落とした。しかし、それは悲しみを帯びているわけでもない。かといって喜びに満ち溢れているわけでもないが。ソフィ自身にも、自らが流した涙に含まれている感情がどんなものなのか、知り得てはいなかった。色で表すならば黄緑色に近いだろうと、彼女はぼんやり思考する。しかしソフィがそういった様々なことを考えている間にも、彼女がさきほどから1秒たりとも目を逸らすことなく見つめている、目前のベッドに横たわる父親代わりの老人は実に幸せそうに微笑んでいた。それだけで、もうじゅうぶんだと、ソフィは心の底から思っている。あなたが最後に、そんな風に笑顔でいられる人生を歩めていたなら、わたしはそれで満足だと。彼女は胸中で全身に染み渡らせるように呟いた。そして、アスベルが最後の瞬間までとある一人このとを忘れていなかったことを知れて、彼女は今とても、幸せを感じていた。アスベルの中に、ラムダと呼ばれた一つの存在が未だ強く根づいていることが、ソフィにはたまらなく嬉しかったのだ。

「楽しい人生だったなあ」

若い頃とは大分変わった声だったが、アスベルは自身のこの声が嫌いではなかった。目尻にできた無数のしわも、しわくちゃな両手も。今自分がこうして持ち合わせている体のすべては、自分がしわがれるほど声を出し、笑い、動き、生きてきた証であると。そう思っているアスベルにとって、今の肉体は自慢だった。どうだ俺はこうして生きてきたぞと、全身で生きた証を証明できるのが嬉しかったのだ。そして、それはただ単に周りの人々だけに証明しているわけではない。自分を、人類を守ってくれたラムダに、俺の人生は幸せでしょうがなかったよと証明をしたかったのだ。ありがとう、楽しかったよ、おまえのおかげだと、ラムダに心から感謝することができる体になったことが、アスベルには途方もない喜びだった。しかし、それを直接ラムダに伝えることは、残念ながら叶わない。だから、彼は娘にバトンを渡すことにした。

「なあ、ソフィ」
「なあに?アスベル」
「あいつ…ラムダが起きたら、伝えてくれないか」

アスベル・ラントの人生は輝かしいものだったと、そしてラムダにたくさんたくさん感謝していたと。アスベルは、迷いなくそう言い放った。

「誰にもわかってもらえてなかったとき、あいつは苦しかったと思うんだ、寂しかったと思うんだ。けっきょくまたあいつを一人にしてしまって、たぶん今も苦しくて寂しい思いをさせてしまってる。だからあいつが帰ってきたときに、おまえが今まで請け負ってくれていた苦しみや寂しさの分、幸せになっていた人がたくさんいたんだぞって言ってやりたいんだ。おまえの苦しみは無駄じゃなかったって、言ってやりたいんだ。でも、俺の口から言うことはできそうにないからな。ソフィ、おまえが言ってやってくれ」

それを言ったあとは、ラムダの頭を撫でてやってくれ。発した言葉は、いつまでもどこまでも優しいものだった。ソフィは目尻に浮かぶ涙を拭い、うん、と力強く返事をする。その答えを聞いて安心したアスベルは、ゆるゆると、しかし確実に、瞼を落とし始めた。娘は、そっと右手を握る。ありがとうと、また一つ。感謝の意を紡いだアスベルの表情は、息を飲むほど安らかだった。クロソフィの花がもう一枚、花びらを枕元に飾った。

「お疲れ様、アスベル」


ソフィは今、産湯に浸かる赤ん坊が愛しくて仕方なかった。何代目になるのかわからなくなるほど受け継がれてきたここラント家で、今の当主と妻の間にめでたく長男が誕生したのだ。命の誕生は何度見ても心が温まると感じているソフィだったが、今回の赤ん坊を一目見たとき、ふと感じた。ああ、この子は、ラムダだと。そう断言できた。数えきれないくらいの歳月を過ごしてきた彼女は、ついにラムダとの対面を果たすことができたのだ。どことなくアスベルに似た現当主が、ソフィにその子の名前を決めてもらいたいんだ、と発する。選択肢は一つしかなかった。ラムダっていうのはどうかな、と答えれば、夫婦は笑顔で頷いた。やっぱりソフィに頼んでよかった、いい名前をもらったな、と夫婦は微笑み、ソフィも静かに表情を綻ばせた。泣きじゃくるラムダが、彼女には宝物のように思えた。

「ねえ、ラムダ。苦しかったでしょう、寂しかったでしょう。いろんなことがあったんでしょう。ほら見て、ここがラントだよ。みんな元気そうに、楽しそうにしてるでしょ。これは全部、あなたのおかげなんだよ。あなたの苦しみは無駄じゃなかった。こうしてちゃんと形になって証明してくれているでしょう?アスベルもね、最後は笑ってたんだよ。楽しい人生だったーって言ってた。こんな人生を過ごせたのは、あなたのおかげだって。ありがとう、本当にありがとう。ラムダ、あなたはたくさん泣いてたくさん笑って、いっぱい体を動かして、いっぱい幸せになってね。わたしたちみんなからのお願いだよ。ありがとう、大好きだよ」

ソフィが優しい手つきでラムダの頭を撫でると、泣きつかれた彼は彼女の腕の中で一時の眠りについた。

さや杏未完(まどマギ)

殴るのは、蹴るのは、噛みつくのは、引っ掻くのは、いつもあたしだけだった。痣ができて血が出て傷跡ができるのは、いつもさやかだった。喧嘩をするたび、沸点の低いあたしはすぐに手が出て足が出て、さやかをぼろぼろにしてしまう。それでもさやかは怒鳴ったりするだけで、あたしを傷つけることは絶対にしなかった。どうしてかとこの間訊いてみたら、杏子には傷が残っちゃうでしょ、だって。あんたの肌はまあまあ白くて綺麗なんだから、怪我残したりはしないよ、だって。魔力のおかげですぐに怪我が治るから、そんなことを言ってるんだ、さやかは。いくら魔法が傷を全部治してくれるからって、心はどうにもならないのに。あたしが体につけた傷の分は、きっとそのままさやかの心に傷跡を残してる。治ったなんて嘘なんだ。自分がたまらなく嫌になって、許せない。

静臨未完(drrr!!)

うぜえ。ああうぜえ。俺の部屋に、しかも長年愛用しているベッドの上に陣取っている野郎は明らかに害虫のあいつだった。俺が飛び起きたせいでぐちゃぐちゃになった布団は寝ている間にほとんどこの害虫に横取りされていたらしい。どうりで寒いわけだ。よだれを垂らして布団を手繰り寄せるアホ虫は、にへらにへらと間の抜けた笑みを浮かべている。普段は虫ずが走るほど整えられている黒い髪がぼさぼさに跳ねていて、使い古されているんだろう灰色のスウェットは不格好によれていた。気だるげに腹を掻く姿はおっさんそのものだ。容姿端麗も何もあったもんじゃねえ。こいつの身なり褒めてた奴全員に見せてやりたいザマだった。いや、そんなことを言ってる場合でもない気がする。どうしてこいつがここにいるのかを、まずは考えるべきだろう。寝起きのせいで頭がうまく働かないのかそれが二の次になってしまった。

日音未完(AB!)

今年からアパートで一人暮らしを始めた俺の部屋は、家賃が安い割にけっこう広くて立地条件も良く、自慢の部屋だった。ただ男の性かなんなのか、俺は掃除が苦手だ。脱いだ靴下は脱ぎっぱなしで放置、取りこんだ洗濯物はタンスに片づけもせず部屋の四方八方に散らかっていた。四隅を歩くと埃が舞い、白かったはずの壁は微妙に黄色く変色している。恋人に掃除を頼んでみたこともあるが、向こうも俺と同じぐらい掃除が嫌いらしく丁重に断られた。まあそんな風に散らかり放題だった俺の部屋が、大学から帰ってくると、なんの前触れもなく見違えるほど綺麗になっていたとしたらどうする?
ただし、部屋の中で動物たちの大合唱が行われていることを条件に。

いつものように鍵穴に鍵を差しこんでがちゃりと半回転。開いた扉を引きながら『ただいまー』と告げる。後ろ手で扉を閉めてから靴を脱ぎ散らかして部屋の奥を覗くと、そこはまさにファンタジックな世界だった。

「…なんだこれ」

ネズミ数十匹がモップを手にフローリングを駆け回る。天井には公園でよく見かけるようなハト数羽がくちばしで電球の埃を払い落とし、ちょうど埃が落ちる位置にゴミ袋を構えてスタンバイしているのが…フナムシ数百匹…。

「お、おま、おまえら出てけええええ!!」

何がなんだかよくわからないが、とりあえずこの一風変わった動物園みたいになっている部屋の状況を打破しようと、窓を開けてネズミとハトを追い払う。案外あっさり出ていってくれてほっとしたのも束の間、フナムシが窓枠にうじゃうじゃと寄ってきた。

「うひ…うわぁぁぁぁぁ!!」

ご近所さんへの迷惑も考えずにどでかい声で叫びながら部屋の端に走って逃げる。情けないことに今俺は半べそだった。だってこの状況は泣きたくもなるだろ!なんだよこれ!

「おいおい、なんの騒ぎだよ」

不意に、風呂場から声が聞こえてきた。鈴の音みたいな、綺麗な声。低く落ち着き払っていながらも、人を元気にするような、不思議な声。見ると、ぺたりぺたりと湿りっ気のある足音を響かせる声の主が、風呂場の前に立っていた。
……ああ、そうだ。あったよ前触れ。

昨晩、俺はバイトの帰りに歩道橋にへたりこむ一人の男を見つけた。普段ならすぐさま駆け寄るんだが、何分その男の着ている服や雰囲気がおかしい。シンデレラみたいなフリッフリのドレスに、その手にはガラスの靴。しかし体格はどう見ても男。コスプレかと思いながら遠くから様子を窺っていたが、その男が頬に涙を伝わせたのを見て、ああ困ってるんだろうかと声をかけてしまった。近づいてよくよくその顔を見てみると、いかんせん綺麗な顔で泣いてるんである。更にその男が俺のほうを振り向いたから、不覚にもドキッとしてしまった。いやいや俺には恋人がいるんだぞと邪念を振り切るように頭を小さくぷるぷると振ってから、『どうしましたか』とまた声をかけてみる。すると、その謎の男は言った。

「……もう、歩けないんだ」

想像以上の綺麗な声に、思わず一時停止する。はっと我に返ると途端に熱くなる顔。うわあ俺もうダメかもわからんね。必死に顔を隠しながらちらりと男の足を見てみると、それは痛々しく腫れ上がって、ところどころから出血していた。

「うわ…大丈夫っすか」

思わず顔をしかめる。男は小さく首を振ってまた俯いてしまった。たぶん相当痛いんだろう。今さら見て見ぬフリもできねえし、しゃあねえ、病院まで負ぶっていくか。

「あの、病院まで負ぶっていきますよ」
「…え?」

男は俺のほうを見て、きょとん、という擬音が似合う表情を浮かべた。そのあと首を傾げながらこう言ったのだ。

「病院って、なんだ?」

…え?
一瞬何かの冗談かとも思ったが、男があまりにも不思議そうな顔をしているため、恐らく本気だということが窺い知れた。
ーーえ、病院だぞ?誰もが必ず一度は行かなきゃならない場所だぞ?健康優良児と噂のこの俺でさえ人生で2回以上は行ったぞ?

「病院…聞いたことはあるな……ああ、大勢の人を一人の医者が診るっていう慈善施設か」

このお方、一人でそんなことを呟いておられる。おいおい、嘘だろ。超世間知らずのコスプレイヤーってわけか?意味がわからん。

「あのー…もしかして、病院行ったことないとか…」
「ないな…。俺にはかかりつけの医者がいるから」

つまりどういうことだってばよ?えーと…つまりこの男の家は超のつく金持ち…ってことか…?だからドレスもそんなに凝ってんのか…。いったいコスプレにいくらの金を使ったんだろう。想像するだけで恐ろしい。しかし、それなら世間知らずなのもまあ頷ける。

「まあ、とりあえず病院行くから乗っ…あ」


某映画パロがしたかったんです…
なぜか日向の恋人役が松下五段って設定で書いてました

まどマミ(まどマギ)

3話後
まどかちゃん魔法少女化
------
マミさんマミさん好きですマミさん大好きですマミさん。私の初恋はあなたに持ってかれちゃいました。えへへ、中学2年生でまだ恋も知らなかったなんて子供っぽいでしょう?さやかちゃんにもよく言われるんです、まどかはまだまだお子様だなーって。私も小さい頃から恋を知ってたさやかちゃんがたまにすごく大人びて見えたりして、恋っていいなあって思ってたりしたんです。恋に恋してるって、私みたいなののことを言うんですね。でも、まさか女の人を好きになるだなんて思ってもみませんでした。もっと普通に、クラスメートの男の子たちに恋するのかなってぼんやり考えてたんですけど、私が初恋の相手に選んだのはマミさんでした。それくらい素敵だったんです、マミさんが。綺麗で優雅で強くてかっこよくて、でもほんとうは弱くて脆いところに惹かれちゃいました。ああこの人の傍にいたいって、心からそんなことを思ったのは初めてでした。マミさんに名前を呼ばれるたびに恥ずかしくて、でも嬉しくて。マミさんと目が合ったら顔が真っ赤になりました。いつか、まどかって呼んでほしいなって、ずっと思ってたんですよ?鹿目さん、じゃもの足りませんでした。私は、マミさんって呼んでるのに。ねえマミさん、私ね、魔法少女になりました。あなたみたいにたくさんの人たちを救いたくて、キュゥべえに契約してもらったんです。今なら、私のこと名前で呼んでくれますか?マミさん、マミさん、好きです。大好きです。もっと話したかったし、もっとマミさんの笑顔が見たかったんです。そして、ふられてもいいから、告白したかったです。ちゃんと好きですって、面と向かって言いたかったです。マミさん、マミさん。ごめんなさい、私やっぱり弱い子だ。涙なんて枯れ尽きたと思ってたのに、まだ溢れてきちゃいます。泣き虫でごめんなさい、マミさん。好きです。

「マミさん」

あなたが残したこの部屋と、もう使われないティーカップが今でも愛しいんです。カップの縁に唇を寄せても温もりなんて返ってこないけれど、思い出にすがりつくことは止められません。間接キスですね、なんて言って一人で笑うのももう何度目だったか忘れちゃいました。ああ今日も私は変わらずあなたが大好きです。初恋は実らないって言葉を現在進行形で実感しているんです。マミさん好きです、大好きです。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年03月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31