シルイン(FE風花)

ふーん、そう、縁談!そりゃあ願ったり叶ったりな話じゃないか、お前みたいなはねっかえり貰ってくれようなんて男そうはいないはずなんだから。お相手は名家のご貴族様で、身なりも性格も良し。なんてこったイングリット、お前それは運命ってやつだよ。今すぐしつらえた花嫁衣装着て「不束者ですがどうぞよろしくお願いいたします」って言って頭下げてくりゃいい。お前のとこの家族もそれを何より望んでるはずだ、よかったなあ。婚姻はいつ発表するんだ?婚姻の儀には俺も参列するよ、そんで関係者の輪の中で涙ぐんでやる。食い意地張ったお転婆娘がこんなに立派に成長して、ああ幼馴染冥利につきますよって全員の前で話してやるよ。今から楽しみだな、はは。想像しただけで笑えるやら泣けるやら……。
「……それはいい想像図ね。わかったから手を離してくれるかしら」
イングリットの冷水じみた声が俺の頬をぴしゃりと叩いた。顔を上げれば呆れの感情を表情全体であらわした、見慣れた顔が目の前にある。いつもならこういうときすぐ話打ち切ってどこかに行くのに珍しいな、と思っていたらどうやら俺が引き止めていたらしい。自分でも気が付かないまま、この指はイングリットの手を取り強く握りしめていた。
「痛いからせめて力を緩めてくれる?というか何がしたいのかわからなくて不気味よ、シルヴァン」
冷ややかな視線が心臓に氷柱となって刺さる。不気味とはなんだ、けっこうな言い草だなあおい。……さて困った。手なんてすぐに離してしまえばいいしさっさとその背中を押してしまえばいい。幸せになれという言葉を何重もの軽口で包んで、いつもみたいに面白おかしく話を終わらせてしまえばいいんだ。それなのにどうしても自分から離すことができない。言外の感情は毎秒俺にとどめを差した。まさか、そんなことあるわけないのに。
「シルヴァン?もう、なんなの。返事ぐらいして」
うるせえな、いま口なんて開いたら大惨事だ。お前、この状況で引き止めるようなこと言われたいか?絶対嫌だろ、俺だって言いたいわけがない。なのにもう脳みその中にはその言葉しか浮かんでこない。今まで何人もの女を言葉で手玉に取ってきたというのに、こんなのはもう見るに耐えない醜態だ。なあイングリット、お前絶対に笑うぜ、今から俺が言うこと聞いたら。

小ネタ詰め(FE風花)

「あんた正気ですか?」服の釦を全て外した頃にシルヴァンはそう呟いた。正気だと答えると嘆息が返ってくる。「なら尚更問題ですよ。なんで俺なんですかねえ…」そう言って呆れたように笑う男はしかし大した抵抗を見せなかった。「逃げないのか」「逃げてほしいんです?」「いや、居てほしい」「はは」
(レトシル)

「どんな風にあんたに殺されるんだろうなあってこの数節ずっと考えてたんですが、想像よりはマシで良かったですよ」俺の言葉を聞いた男はこの喉元に突きつけた槍の先を少しだけ揺らした、ように見えた。空色の両目がじっと俺を刺す。「シルヴァン、地獄で待っていろ」「おうさ。了解しましたよ、殿下」
(ディミトリとシルヴァン)

悪逆皇帝、ほとんどの人が彼女のことをそう語る。私の歌劇を肯定する者は誰もいない。「エーデルガルト、そなたの仮面は取れぬまま!真実は鎧に頑丈に仕舞われている!」ある日一人の老人が私に言ったの。「皇帝に善良性を見出す歌劇なんて珍しい」ですって。だってこんな現実ってあんまりなんだもの。
(青獅子ルートで生き残った敵側ドロテア)

「先生が俺の学級にいてくれたら、とこの九節で何度も思った」舞踏会を抜け出した先で偶然出会ったディミトリがこちらに向かってそう呟いた。「まあ、ただの夢の話だ。…俺達の歩む道はきっと違っている」緩く微笑むと、男はこちらに手を伸ばす。「先生、一曲だけ踊ってくれないか。俺への餞別として」
(レトディミ)

「ホントに来ちゃいましたねぇ」ああ、と隣の先生は小さく頷いた。水の都デアドラ。諸々が終わったその時は一緒に行かないか、なんて言われた時は完璧に冗談だと思っていたのだが。透明に流れる芸術の中でこの人の姿は妙に映える。「乗り気じゃなかったか」「…いや、嬉しいですよ。あんたと来られて」
(レトシル)

「たまに寝床の近くに立っているんだ」「誰が?」「エーデルガルトが」言って男は左肩の辺りに手をやった。その目は地を見ている。「だが何も言わない。赦さないとも言わず、俺の名を呼ぶこともない。ただ俺を見ている。…俺も彼女の名は呼ばない」そうかと返し空を仰ぐ。夕陽は赤く全てを覆っていた。
(ディミトリとエーデルガルトとベレト)

見ろ、火が燃えている。あれが燃えつづけるかぎり俺は進みつづけるんだ、あの方角に。あああちらでも燃えている、そこでもあそこでも。先生、お前は火ではなかったな。お前だけは光だった。一筋のおそろしいほどの、力強い閃光だった。先生、お前が火で在らないことが俺にとってどんなに、……。
(レトディミ)

「抱きしめても構わないか」夜明け前の無人の大聖堂でディミトリはそう言った。頷いて両手を広げると柔らかく抱きしめられる。「本当はずっとこうして触れたかった。軽蔑するか」「しない」「先生は優しいな」男はじっと沈黙を語った。言葉ほど不要なものも今はなかった。明日ディミトリは妻を持つ。
(レトディミ)

朝、欠伸の後に隣の男へ視線を向ける。大きな体を丸め子供のような顔をして眠っている男の頭を撫でてから立ち上がり、陽を浴びるため窓を開けると後ろから「先生」と声がした。「眩しかったか、すまない」「いや、いいんだ。…朝、お前が窓を開ける瞬間が好きだ。俺も今日を生きてもいいんだと思える」
(レトディミ)

レトディミ(FE風花)

「先生、これはいったいどういうことだ?」
腕の中に窮屈そうに収まるディミトリが満を持したという様子でそう問いかけてきた。男二人で寝るには明らかに狭い寝床で二人、はみ出るかはみ出ないかのギリギリを保ちながら身を寄せ合っている。そんな現実を疑問に思ったのだろう。
「何でもすると言ったのはお前だろ」
「確かにそうだが……」
しかしな、と言って大きな獅子は眉を下げた。拳一つぶんすらない距離の先で金色の睫毛が眩く輝いている。
昨日のことだ。『何かしてほしいことはないか』とディミトリが唐突に俺に訊いてきた。なぜそんなことを訊くのかと問えば、日頃から世話になっている礼をしたいのだと返事をされる。「本当に何でもいいのか?」「もちろん、なんでも構わない」そんな会話を経たうえで、自分は「明日の夜、部屋に来てくれ」と言った。そして今に至る。こちらに手を引かれるまま寝床に転がったディミトリは、怪訝な表情のまま大人しくこの手に抱きしめられていた。
「ぬくいな、ディミトリ」
「……先生、本当にこんなことでいいのか?遠慮しているんじゃないか」
そう言われても、多忙な生徒に『一緒に寝てくれ』なんて願いを聞き届かせるためだけに呼びつけているのはなかなか厚かましい行為だと思う。そういった感情を込めて「これがいいんだ」と告げると、その口は何か言いたげに一度開いた。だがうまい言葉が見つからなかったのか何も紡がれることはなくゆるゆると閉口していく。金色のかかった頬に手を添えると、目の前の瞳がわずかにゆらめいた。
「その、本当に眠るだけなんだな?」
「? ああ」
「それなら、まあ、いいんだが」
白い肌に少しだけ赤みが差しているように見える。暑いのだろうか?ああ、そういえばディミトリは暑いのが苦手なのだといつか投書に綴られていた。
「もう少しだな、説明をしてくれないか。夜に部屋に来いだなんて言うから俺はてっきり、……おい先生聞いてるのか」
「あ、すまない。聞いてなかった」
「あのなあ、お前は本当に……」
言いかけて、しかし途中でまたディミトリは言葉を押し込める。その後、まあいい、と呟いて目を閉じた。
「もう夜も深い。明日に響くといけないからそろそろ休もう。おやすみ、先生」
穏やかな言葉尻を残してディミトリはそのまま部屋に沈黙を連れ込んだ。夜の空気にさらされるその輪郭はわずかに入る月の光に照らされている。遠くのほうで虫の穏やかな鳴き声が聞こえた。居心地のいい静寂だ、とこちらは思っているが、果たしてディミトリにとってはどうなのだろうか。思いながら、目元の下にあるわずかな隈を親指でなぞった。
「先生、寝ないのか」
少し呆れたような声で、目を閉じたまま男は呟く。すまない、と告げてから頬に添えてあった手を下ろした。
「最近、この時間はいつも散歩しているだろう。よく眠れていないのか」
言うと、ディミトリはぱちりと目を開ける。驚いた様子でこちらを視界に捉えると、困ったように小さく笑った。
「お前は目敏いな。誰も知らないと思っていたんだが」
「今日は眠れそうか?」
「……正直わからない。だが目を閉じて横になっているだけでも体は楽になるし、先生はどうか気にせずに寝てくれ」
言葉の後に目の前の青が細められ、形の良い口元が綻んだ。無理をしているようすはない。が、放っておくだなんてことは教師としても一人の人間としてもできるはずがなかった。
手を伸ばしてその頭を胸に抱えこむ。え、と困惑の声をあげるディミトリをよそに、頭を抱く両手に強い力を込めた。「苦しいぞ先生」と苦笑気味に呟く男の髪を柔らかくかき混ぜる。少し前まで血のにおいしかしなかった男からは、今は静謐な未来のにおいがした。
「昔、どうしても眠れないことがあった。そんなときに父が……ジェラルトが、眠るまで頭を撫でてくれた」
指に絡む金糸は静かに夜闇の中で光る。じっとこちらの手を享受するディミトリの温かな息が首筋にかかった。しばらくそうして身じろぎもなく撫でられていたディミトリは、ふいにその手をこちらに伸ばす。大きなてのひらはゆるやかに背中に添えられた。
「先生の手は本当に温かいな」
なんだか眠れそうな気がする、という言葉の後、瞳が閉じられる。髪を混ぜる手を止めないまま、おやすみとその耳に囁いた。おそろしい夢も際限のない懺悔もすべてここでだけは存在し得ないのだと、この美しい魂が感じていられているといい。祈りに似た気持ちを抱え、その額に口付けを落としてから自分も瞼を下ろした。

レトディミ(FE風花)

「冗談を言うな、先生」
好きだと言って返ってきた答えはこれだった。逃げられないようにと掴んだ手は力なくこのてのひらに収まっていて、小刻みに震えている。その視線はいつまでも合わない。冗談じゃないと訂正すれば、青白く染まった顔はゆっくりとかぶりを振った。
「いいや、冗談だ。お前は冗談を言うときも真顔だからなかなか嘘か本当かの判断をつけにくいが、今回ばかりはさすがに分かる」
そういう嘘はどうかと思うが、と付け足してディミトリは口角を上げた。まったく上手く笑えていないそれを愛しく思う。 
「本気だ」
「なら正気じゃないんだろう。きっと疲れているんだ、先生」
「正気だし本気だ」
こっちを見ろ、と語気をかすかに強めながら告げる。ディミトリは逸らした視線をわずかな間さまよわせ、やがてすごすごとこちらに目を合わせた。動揺の色がありありと浮かんでいる。笑うのも取り繕うのも本当にずいぶん下手になったものだと思った。嬉しいことだと心から感じる。
「先生、本当に正気か?どうして俺を好きだなんて思うんだ。お前はもっと、ちゃんとした人間を好きになるべきで……」
てのひらの中で震えるディミトリの手はろくな抵抗もなくここに収まり続けていた。ディミトリの力は自分なんて比べ物にならないほどに強い。やろうと思えばこの手なんてすぐに振り払えるはずだった。それでも逃げずにただこちらにそれを委ねている様は、こちらに甘えているようにさえ感じられる。「もっといい相手がいるはずだ」とディミトリは呟く。
「何もわざわざ、俺である必要はひとつもないだろ、先生。……俺の行いも何もかもすべて知っているだろうに。俺の贖罪にお前を付き合わせるつもりは毛頭ない。背負わせたくないんだ、お前には何も」
「なら手を振りほどいて拒絶しろ」
びく、とその手が跳ねて、瞳がわずかに揺れたことを見逃すわけにはいかなかった。平静を取り戻そうと細く息を吐く男に畳みかけるべく言葉を告げる。
「もっとすべてで拒絶できるはずだ、本当に拒みたいなら」
「……違う、先生」
「それにお前はさっきからこっちの感情を無視して正しさを決めつけにかかっている。お前への好意を持つ者としても、教師としても看過できない」
先生、といつもの響きが気品のある唇から危うげに紡がれる。迷子のような目をした男は、困ったように眉を下げていた。どう突き放そうかと逡巡でもしているのだろうが、実質はどこにも行かないでくれとでも言いたげに思えてならない。
「お前は詰めが甘い。ディミトリ」
「…………」
ついに言葉を無くした男は俯き、口をかたく閉じた。ディミトリの手の甲をなぞり、その長くなった髪のうねりを見つめる。お前の本音が聞きたい、と念押しすると、かすかに開いた口から小さな嘆息が漏れた。先生、と呼ぶ声の色は、観念にも懇願にも染まっている。「なあ先生、俺の方が」
「きっと俺の方が、お前のことが好きだ」




マジで耐えられなくなってるうちにいつの間にかかいていた うーん精進しよ…
先生の一人称に悩むな〜
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31