スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

龍ノ介(大逆転)

「彼は空洞だ。ああいや、悪い意味じゃなくてね」
ホームズはそう言うと右手で円を作り目で前でそれを覗きこむような仕草をした。
「こうして空洞を覗くと、そこには何が見える?」
「……そりゃあ」
目の前の景色、と私が答えると、そのとおり!と彼は笑う。
「つまり、そういうことさ。彼は目の前にある景色、《真実》をそのまま切り取って見ている。当然のようでいてこれはなかなか難しいことだ。皆この円を狭めたり、そもそも前を見ない者も多いのだからね。でも彼にはそういうずる賢さがない。彼の目は真実とそのまま繋がる澄んだ空洞だよ」

「あの男は光だ。最初こそ微弱ゆえ目視では捉えがたいものだったが、幾度も裁判を重ねるうち少しずつその輝きは頭角を現してきたように思う。……君も見ていただろう。あの奇妙な機械で、女王陛下と共に。あの男は我々の国の司法を目映く照らしつくした。それが良いことだったのか、それは……我々の今後の行い次第で決定するだろう。彼の真実への姿勢に敬意を表し、我々検察は常に真実への誠意ある思想を示していかなければならない。それが私に出来る感謝の表明だ」

「ええ、自分を何かに例えるなら?うううん…難しいね、なかなか。あえて言うなら、餅かな。友人と家族によく「いくつになっても餅のようなほっぺただ」ってからかわれるからね」
「……今までで一番参考にならないの」

さて、私は悩んでいた。今回の情報収集は我が父シャーロック・ホームズの推理に多大なる貢献を果たしてくれた偉大なる日本人留学生、成歩堂龍ノ介をぜひ拙作に恒常的に招きたいと考えた故の行動だったのだが、なかなかどうして我が父とその相棒に張る面白味を持ち合わせているのだ。
「いいんじゃないの?面白いんでしょ?」
「うーん、そりゃあ面白いのは大歓迎なんだけど、主人公はあくまでホームズとワトソンだから」
「ふーん。よくわかんないけど、都合があるわけね」
「うん。なるほどくんはもしかすると、ベツのところでとっくに主人公なのかもしれないの」
「?……ちょっと、あんまりムツカシーこと言わないでよ」
「えへへ。ごめんなの」
そういう訳で、彼を堂々と作品に登場させるのは断念することになった。世間的には密かな彼、成歩堂龍ノ介の大冒險が今後も続くことを願い、私はここでペンを置くこととする。

小ネタ詰め

・大逆転

「成歩堂、久しいな!」快活に笑うその男は明らかにこの場にいるはずのない存在だった。ぼくの上にのしかかり楽しげに目を細める亜双義一真享年二十余歳は、ぼくの肩をばしんと叩ーーきたいのだろうがその手はするりとぼくの体を通過する。「む、触れは出来んか。やはり何かと不都合だな、この体は」
「いや、おまえ、その…何というか…今どういう存在なんだ?」「幽霊、亡霊、怪異、…他に何か言い様はあるか?」「…お、オバケ…ってことか…やっぱり」「ああ、そうだな。キサマの語彙に似せて言うなら、まさしく『オバケ』だ」気が遠くなる。ぼくは今夢を見ているのだろうか?意識に曖昧が過ぎる。
亜双義一真が化けて出ている、という衝撃の事態はひとまず、一旦、どうにか置いておいて、まず自分の根底にあったオバケの定義とこの男の様子があまりにかけ離れていることから驚きを覚えさせてもらいたい。こんな大口を開けて目尻に皺を作って弾んだ声をあげている奴が、本当にオバケだっていうのか?
「やっぱり霊になるとその…うらめしいのか?」「いや、特にうらめしくはない」「お皿を十枚出したつもりが一枚足りなかったり」「そもそも皿を手にする機会がない」「足は…あるしな」「絶賛歩行中だな」「…おまえ霊じゃないんじゃないか?」「キサマの霊に対する固定観念が強すぎるだけだろう」
ぼくの想像していたオバケっていうのはもっとこう、白い三角巾を頭に付けて、土気色の顔をしていて、両手首を力なく胸元まで上げて、何かにつけて「うらめしや」と言う、そういう姿だった。しかし亜双義は頭に何もつけていないし(鉢巻すら無い)顔色は頗る良いし動作がとてもきびきびしている。
(龍アソ/くぅ憑か)

「刑事さん、西洋舞踏を見たことはありますか?」ぬるい風に身をさらしながら、亜双義さまはそのようなことを私に問う。これは何とも、専門とも言える分野を投げかけられてしまった。「実は私、大のバレエ好きでございまして」「なんと!それは素晴らしいことだ」亜双義さまはどこか満悦気にゆるく頷かれる。「良いものですね、あれは」「ええ。あの美しさは、筆舌には尽くしがたいですね」「やはり造詣が深くていらっしゃる。…実は先日、露西亜の西洋舞踏団の日本公演に足を運びまして。そこで見たものにいたく感動してしまった次第です」「ああ!先の公演ですね。あれは確かに素晴らしかった」亜双義さまは風に髪をなびかせながら、ふっと微笑む。居るだけで絵になる方だ。「人が何かを表現することの美しさを垣間見ました。表現は宝だと思い出すのにあれは最適だ」「亜双義さまは、娯楽などもよく嗜まれるのですか?」「ええ、人並みには。寄席にはよく連れられますし、通俗小説なども少々は読みます」「ははあ、成程」「娯楽は良い。凝り固まった頭が程よく解れます。…とある男のおかげで、それが骨身に沁みました」
(亜双義と細長)

"ぷろぽーず"の言葉ならもちろん覚えておりますとも。あの方は少し曇った倫敦でのお昼時、細々と光の差し込む事務所で、ダルマさまの空いた眼に筆を入れたわたしの手を急いた様子で取られたのです。まじめな面持ちでわたしを見つめた成歩堂さまは、やがてこう仰られました。「猫はきっと二匹飼います」
(龍スサ)


・P5(ネタバレあり)

俺に抱かれたあと明智は静かにベッドから出ていったが、俺にこうして気づかれるあたりまだまだ不慣れな子供だと思った。そして出ていくときの絶望したような顔が、昔抱いた女によく似ていた。その女は目鼻立ちがすこぶるよく、しかし要領がすこし悪かった。この男に本当によく似ている。
(獅明)

「お父様、きっとロボット三原則を知らなかったの」「ロボットは人を傷つけちゃいけないし自分を守らなくちゃいけないのに」俺は春の手をそっと握る。俺よりたったひとつだけ歳上の、彼女の心に触れようと躍起になっていたのだ。しかし彼女は俺を一瞥すると諦めたように笑う。「さわらないで…」
(主春)


・その他

「最原ちゃんさあオレがバグってるって決めつけてるけどホントにバグってんの最原ちゃんだからね」「あれ、今日は調子いいの?ちゃんと嘘言ってるね」
(論破V3/最王)

あんまりにも何もない世界になってしまったので、馬鹿らしいねと言ったらクソガキは泣いた。これでやっと安心して死ねるし、その先も生きていけるんだそうだ。俺はその言葉を鼻で笑った。そうする義務があるような気さえした。確か89回目の夜のことだ。
(P4/主足)

最原と王馬未完(論破V3)

そこには王馬くんがいた。ちゃんとした姿を保って、相変わらず何を考えているのか分からない笑顔を顔にべたべたと貼り付けて、僕を正面から見据えている。久しぶりと声をかけると彼は返事代わりに僕の名前を呼んだ。
「最原ちゃん。なんでオレはここにいるのかな?」
「わからない。僕が望んだからか、キミの嘘のせいか、そのどちらかだとは思うけど」
「あは、はっきりしないなあ。最原ちゃんは根暗だから回りくどい喋り方しかできないのかな?」
王馬くんの不必要な煽りを無視して、僕は彼に指で「4」という数字を指し示した。眉を少しだけ顰めて怪訝な表情を浮かべる彼に、「あと1イベント」と僕は呟く。
「僕の命のカウントダウンについて、キミが提示したイベント数は全てを合計して5イベントだった。でも僕が体験したのはたった4イベントだ。つまり、残りの1イベント。それをなかったことにするっていう嘘を僕は今キミにつかれていることになる。けど王馬くん、君はこういう『つまらない』嘘が嫌いなんじゃないか?」
王馬くんはしばらくのあいだ音もなく僕をじっと見つめていた。しかしやがて、嘲笑するようにぷっと吹き出す。僕への視線にはわざとらしいほどの哀れみが込められていた。
「最原ちゃん、いいこと教えてあげるよ。それは通信簿、それか絆イベントって言って『ダンガンロンパ』の伝統的なシステムなんだって。2イベント中にオレが宣言した『残り3イベント』って数字もきっかり今までのダンガンロンパが定めてきた通信簿の数字だよ。リアルフィクションに移行してもそのシステムは無意識に参加者に組み込まれてたみたいだねー。あれはキミの意思が肝心なんであって、通信簿を埋められる側のオレの意思は関係ない。あんなのは嘘とは言わないよ」
かわいそうな最原ちゃん、そう言って王馬くんは大きな声で笑う。お前はお前の大嫌いなダンガンロンパに縛られて今ここにいるんだ。きっと彼はそう言いたいのだろう。でもそれは見当違いな見解だった。僕は確かにダンガンロンパを否定したし、ダンガンロンパは終わったのだ。
「つまりキミは、あれはダンガンロンパの中でのゲームだったって言いたいんだろ」
「うん、そう!あれはクソゲーの中でのおまけ要素ってことだよ」
「それは違うよ。あれは他のなんでもなく、キミが僕に与えたゲームだった」
言い切った僕に対して王馬くんはただニコニコと笑みを浮かべる。でも彼の言葉はいま止まった。そこがきっと何より重要な部分だ。
「僕はずっとただの最原終一としてキミに会って、命をすり減らしてきた。今も僕は僕だけの意思でキミとゲームをしに来たんだ。ダンガンロンパが終わってもキミのゲームは終わってない。王馬くん、最後のイベントを始めてもらうよ」
すべてを言い終わったあとに訪れたのは彼のけたたましい笑い声でもそらぞらしい罵倒でもなく、ひたすら透明に澄んだ静寂だった。王馬くんの表情からは何も読み取れない。いっそ、なんの表情もないように感じられる。その紫色の目の中には確かに僕が映っていた。ひそかに息を吐けば何もない空間にそれは大げさに反響する。王馬くんの呼吸の音はいっさい聞こえない。当たり前と言えば当たり前だ、彼にはもう喉も肺も無いのだから。
諦めたように彼が笑ったのはそれから少しした後だった。腕を頭の後ろで組んで、しつこいなあと上機嫌に呟く。
「いいよ、確かに残り1回残してるっていうのはオレ的にも気持ち悪いしね。最後は……そうだなー、ナイフゲームでもしようと思ってたんだけど。ここにナイフなんかなさそうだし、うん」
王馬くんはうーんと唸ったあと、何かをひらめいたのか目をらんらんと輝かせはじめた。そして右手を僕に勢いよく突き出す。
「じゃんけんしようか、最原ちゃん!」
「……ま、また?」
じゃんけんと言えば、4回目の時にさんざんあいこ続きで勝負を延長させられた苦い記憶がある。あれをまたするのか、と思うと急激に億劫になったけど、そんな僕の心でも読んだかのように彼はにししと笑った。
「安心してよ、今回は100回あいこ続きなんてことにはしないからさ。一回限りの真剣勝負ってヤツだよ」
じゃあ始めようか!言って、彼は僕に考える暇すら与えず「最初はグー」と唱え始める。(おそらく)100回も狙ってあいこにできる人間に勝つことなんて可能なのか?と考えながら、僕は慌てて手を構えた。
「じゃーんけーん、ぽん!」
彼の明るい声を合図にお互いが手を繰り出す。策略も立てられずがむしゃらに放った僕の手の形はパーだった。対して王馬くんの手は、……パーだ。
「……王馬くん」
「たはー!またあいこになっちゃったね!いやあ、勝敗つかずかー。残念だったね最原ちゃん」
「…………」
呆れと同時に疲れがどっと肩の上へ降り掛かってきた。なんというか、けっきょく彼はこういう人なのだろう、と思う。ここから何度じゃんけんをしたって彼はきっとあいこを出し続けるのだ。僕がここにいる限り、彼が彼である限り。けれどもう『ここから』は存在しない。僕らの最後のじゃんけんは、あいこで終わったということになる。
「最後なんだから勝てばよかったのに」
苦笑しながらそうつぶやくと、わかってないなあと彼は首を振った。
「最後だからこそのあいこだよ。だって勝敗がついちゃったら、それは最原ちゃんの中で『終わった話』になっちゃうでしょ?でもあいこにしたら、オレは最原ちゃんを簡単に殺せる」
「……言ってる意味がわからないよ」
「最原ちゃん覚えてる?オレはさあ、最後にキミを殺すって言ったんだよ。現にいま最原ちゃんは死んだから、目標は達成!」
まったく意図の掴めない王馬くんの発言に頭をひねりながら、いちおう自分の左胸に手を当ててみた。当然ながらそこはちゃんと規則的に律動している。
「僕は生きてるけど」
言うと、王馬くんは大げさなくらいの大きさであははと笑ってみせた。そして自らの口に人差し指を当て、いたずらをする子供のような表情を浮かべる。
「ううん、死んだよ。キミはあのバカみたいなゲームを終わらせたあともオレとのゲームをずっと覚えてた。そしてそれも今日やっと終わらせようとしたのに、相手のオレが終わらせることを永遠に放棄した。キミは終わりなく続くゲームを死ぬまで抱えて生きていかなくちゃいけない。そこに最原ちゃんの意思は関係ないし、最原ちゃんの心はもうオレのものだ。『王馬小吉を知ろうともしなかったキミ』はもう未来永劫息をすることがないんだよ」
「……つまり?」
「あは。つまり、最原ちゃんはもう一生、オレのことを忘れないよね!それがオレの勝利の印で、最原ちゃんを殺した証拠だよ」
それは輪郭のぼやけた、けれど言葉の淵を追いやすい不思議な単語たちだった。僕は王馬くんに殺された。なんにせよ、そこは彼にとっても僕にとっても確かな事実であるようだ。


通信簿の進行度によって最原の王馬に対しての認識はけっこう違うと思うからおもしろいよな〜と思った
個人的に4で止まってるのが一番おもしろそ〜と思う
でも王馬喋らせるのやっぱりくそ難しいなー精進します…またアレだったら続きかくかも…
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年03月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31