創作BL

「抱いてくれないか」

自室。勉強会という名のAV鑑賞会。いま俺はそういった憩いの場で、ものすごく唐突に唯一無二の大親友である男にこう言われてしまった。ウホッ、つってね、即座にそういうネタが頭の中で暴れ回る。しかしそれもこいつの今にも決壊しそうな目の内のダムを見ることによって静まり返りかけた。例によって目の前のこの男はガタイがよくてイケメンというか男前の部類で、つまりいい男だ。つまり、つまりどういうこと?俺は今からこいつに掘られてしまうの?ずっと大親友だと思っていたこいつは俺のことをそういう、くそみそな目で見ていたの?いやしかしこの思考は早計にも程がある。これは冗談だという可能性も十二分にあるのだ。普段こいつこういう冗談だいっきらいだから無闇に本気だと信じ込んでしまったが、こいつもそういうネタに寛容になったのかもしれない。いや、きっとそうだ。そうだよね神様!人生で一番信心深くなった俺は祈りをこめてちらと目前を見やる。その瞬間、俺の神は死んだ。俺の服の裾を控えめに、しかしいやに強く握り、頬を染め目を潤ませ乙女のように身じろいでいる。アウトだ。やけにケツがむずがゆくなってくる。もうだめ、俺のバージンは花とともに散るのね。は、入りましたっつってさ、ああ、次は――

「む、無理な頼みってのはわかってんだ。俺もお前も男だし、お、俺ゴツいし、かわいいとか、全然…。抱いてくれとか、キモいよな、うん、キモい」
「な、中本」
「ごめんな」

いや、聞いてて気がついたのだが、そういやこいつ俺を掘るだとかではなく「抱いてくれ」と言っているのだ。抱く、…抱く?誰が誰を?中本の腕の筋肉が目に入る。俺は実はずっと中本の体を尊敬していたのだ。うわーすげー強そうだな、と。俺もああなりたい、と。それを、俺に抱けと言う。しばらく脳に最大の仕事をさせて、あれとかそれとかを、もうものすごく考えた。長い沈黙が部屋を支配し、その静寂は俺が部屋のドアを開ける音で打ち切られた。トイレに行く。吐いた。そりゃもうゲーゲーと。想像だけで、俺の中の嫌悪という嫌悪が総動員してしまったのだ。中本はまだ部屋で俺を待っている。戻らなければ。けれど俺は便器から離れられない。すこし涙がでた。ごめんな、なんて言う資格さえ俺にはないような気がする。

カルセドニーとバイロクス・小ネタ(TOH)

エロ本を見せられるカル様「…?その本はなんだ?な、なぜ私の目の前で広げる?いったいどういう……………!!!???ば、バイロクス!!バイロクスーーー!!!」

ウォシュレットに初挑戦するカル様「なんだこのボタンは…?僕の部屋のものにはこんな機能はついていないぞ…。……き、騎士たるもの何事も経験だ、押してみようか…。……………………!!!!????ばっ!バイロクス!!バイロクスーーー!!!!!!!!!!!!!!!!????」

カナブンと対峙するカル様「………いつまでも虫を苦手などとしていてはパライバ様を守れはしない…!結晶騎士の誇りにかけ、今こそ虫嫌いを克服してみせる!貴様を我が手中に収めてみせよう!うおおおおお!!……う、うわああああ!!バイロクス!!バイロクスーーー!!!!!!!!!!!」

メイド喫茶?で働くカル様「何故私がこんな格好で働かなければならない!これは女性用の服ではないか!しかも給仕用の服なのに何故こんなに胸元を開けたデザインなんだ!?意味がわからない!…は?ち、ちっぷ?な、なんだその札束は…っておいどこに突っ込んでいる!ば、バイロクスーーー!!!!!」

ゴキブリと対峙するカル様「ええい何がゴキブリだ!こんなものゼロム憑依兵に比べれば非力にも程が…ふわあッ!?なっ、何故だ!何故突然飛んだ!?く、空中戦というわけか…ならばこちらの圧倒的有利!ゴキブリが此方に来た瞬間!すかさず叩き込……はっ、速…ば、ばっ…バイロクスーーー!!!!!」

戦直後のカル様「バイロクス、無事か?私は大丈夫だ。かすり傷程度しかない。私が殺めた彼らの痛みに比べれば、こんなもの…。…バイロクス、ハンカチを借りてもいいか。…違う、泣いてるんじゃない。顔の血を拭くだけだ。彼らのためにも…僕は今、泣くわけにはいかないんだ。そうだろう、バイロクス」

パジャマのボタンを留めるカル様「何を心配そうにしているんだバイロクス。ボタンくらいもう自分で留められる!そんなに心配なら見ているといい、結晶騎士の誇りにかけて5分以内にはすべてのボタンを留めてみせる!まずは一つ目!ふんッ!……!!!は、弾け飛ん……ば、バイロクスーーー!!!!!」

心配性のカル様「バイロクス、結婚はしないのか?お前はきっといい夫になる。いい父親にもなるだろう。僕にばかり目を向けていてはいけない。幼い頃からお前は僕のことばかりで、心配なんだ。僕はお前がいなくたって不自由はない。もう16だ。僕は僕の道を歩いていく。お前の道はどこだ、バイロクス」

幼少カル様「もうぼくはマリンさまをマリンさまってよんじゃいけないんだ。パライバさまってよばなきゃ、ちちうえがおこるから。でも、ほんとはマリンさまのこと、マリンさまってよびたいんだ。…バイロクス、ぼくはわるいこかな?……わるくない?…よかった、バイロクスはいつもぼくのみかただ」

どうしても袖のボタンが取れるカル様「安らかに眠\バツーン/…!?ま、またボタンが!!バイロクス!至急縫いつけてくれ!!…ふぅ、これでひとまず\バツーン/…!?何故だ!?何故なんだバイロクス!?……す、すまないな、何度も\バツーン/!!!バイロクス!バイロクスーーー!!!!」

幼少のカル様「バイロクス、ぼくはしょうらいバイロクスににあうやさしいおよめさんをみつけてくる!…で、でもバイロクスがけっこんしたらバイロクスはぼくのそばからいなくなっちゃう…?い、いやだあ!どこにもいくなバイロクス!!バイロクスーーーー!!!」

まこはる未完(Free)

※ハルちゃんが死んでます
---------

七瀬遙、と深く刻まれた墓石の前で、俺はそっと立ち止まった。年が経つたびに少しずつくすんでいくその表面をじっと眺める。バケツいっぱいに入れた水をすくって、それを墓石に浴びせていった。石を垂れていく水の軌跡が、ハルの湿った頬を流れていくあれらを連想させる。あの頃のように、ハルは今も水が好きなのだろうか。久々に浴びる水を喜んでくれているだろうか。水を垂らし墓石を磨きながら、この石の下にいる彼を想う。制服が汗で張り付く感じがした。彼女にもらった腕時計が午後3時を差している。年月は、かくも残酷でしかない。
「なかなか来れなくてごめんね、ハル」

ハルは2年前、海の中で命を落とした。俺たちが高校1年生になった、すぐ翌日のことだった。ハルがいなくなった直後は何も考えられなくてただ無為に過ごしていただけだったけれど、2年にあがったある日、渚に水泳部に誘われた。そのままあの勢いに乗せられて部長なんてものになってしまい、さらに新入部員とマネージャーも加わった。ハルがいなくても、まるで当たり前に世界は動いていく。けれど俺はいつまで経っても、ハルがいないという違和感を拭いきれなかった。彼女もできたけれど、うまく愛せているのかどうかわからない。
「ハルは2年間、どうだった?」
「ここにずっといて、やっぱり窮屈?」
「ごめん、こんな水しかなくて」
蝉が騒がしい。山の中、水は今流れるこのいくらかしか存在しない。ハルはきっとこんなところから出て、海に還りたいはずだ。
「ちょっと涼しくなった?」
「きれいになったよ」
「…ハルは変わらないね」

アスリヒ未完(TOS-R)

「眼鏡装着後の時間経過が及ぼす眼鏡の標準のずれへのパターン別対処法について話をしよう」

研究所の地下に小さく設けられた二人のスペース内にある簡易ベッドに腰掛けた休憩中のアステルは、俺を見てなんとも急にそう切り出した。精霊について巡らせていた思考をいったん停止し、研究者特有の回りくどい表現を同じ研究者の持つ翻訳スキルを用いて紐解いてみる。結果、意図がいまいち汲み取れず思わず眉を寄せた。なによりもこいつはいつも唐突がすぎる。アステルは俺の様子からこの困惑を感じ取ったらしく、照れ笑いを浮かべながら実は、と聞いてもいない語りを開始した。

「昔から、眼鏡をかけてる人がずれた眼鏡をかけ直す仕草にどきっとするんだよね。フェティシズムってやつかな?」
「……その手の話題か」


リヒターさんもリリーナも眼鏡だからアステル=眼鏡フェチの可能性ありかなという話

小ネタ詰め

・TOX1-2

ああ兄さん、張りつめた夜の先から俺を咎めるように輝く星屑が瞳の中に滑り込む。ああ兄さん。生きているという実感もないままに吐き出す侮蔑が酸に溶ける。兄さんしかいないのだ。兄さんしかいないのだ。呪文のように呟いていれば、兄さんは急いで俺に駆け寄ってきてくれる。兄さんしかいないのだ。
(クルスニク兄弟)

元タカラジェンヌ・ヴィクトルの我が子のあやし方「ハハハッ、ハハハハッ!私の可愛い天使!見ているんだよ…いないな〜い…ばぁ〜!(ここでエルを正史世界に送る)」
(細かすぎて伝わらないモノマネ選手権inクラン社)

「ラル!産まれた!?なあ!子供!産まれたのか!?」「ええ、産まれましたよ」「そうかあ!俺パパだから!抱っこしなきゃだから!」「ふふふ、そうですね」「もう抱っこしていい!?抱っこ!していい!?」「いいですよ」「可愛いなあ!これからとびきり可愛がってやろうなぁー!」
(ルドラル/犬コピペ改変)

ルドガー「みんな、これが俺のかれぴっぴの兄さんだ」兄さん「ルドガーのかれぴっぴのユリウス・ウィル・クルスニクだ」
(ユリルド)

「エルの全てを返せ、私はお前に何もかもを奪い去られて惨めたらしく生きながらえているというのに、のうのうと兄と生きるお前をどうして私が許せようか、お前に兄の生を促す資格などない、お前の生きる道にこの先祝福など誰も捧げていない、お前は孤独だ、一人だ、ああ、ルドガー…!」
(ルドヴィク)

ローエン「来ますよ来ますよ」アルヴィン「うっせえ!!」ジュード「来たよ!お得意の裏切り!」ミラ「今日も見られるのか!?」アルヴィン「お前ら調子乗ってると…!」レイア「撃つ?撃つの!?くん付けやめちゃうよ!?やめちゃうよー!?」エリーゼ「見てください!首に変なスカーフ巻いてます!」
(コピペネタTOX)

ヴィクトル「お前にエルを救えるか!!」ルドガー「わからない!!だが共に生きることはできる!!!」アルヴィン「はりつめたァァァ ゆみのォォォ」

ヴィクトル「お前に兄さんを救えるか!!」ルドガー「無理そう!!!!!!!!!!!」

真夜中、閉めきった窓の向こうに俺は全てを見た。赤い月が浮かんでいる。どうした、と心配そうな顔で俺を呼ぶ兄に振り返ると、そこには現世の海があった。きれいだ。その上にある昼の日の草原がさらに青を引き立てている。俺が生涯で一度も夜を怖がったことのなかった理由が、やっとわかった気がした。
(クルスニク兄弟)

「兄さん、結婚しよう」「どうでもいい」「ハネムーンとか行こう」「好きにすればいい」「全然興味ないんだなあ」「殺してくれ」「あーはいはい、メシ食べような」「もういいだろう、もうやめよう」「兄さんが死んだら俺も死ぬよ」「…俺はもう嫌だ」「でも俺が死ぬのはもっと嫌だろ。はい、あーん」
(クルスニク兄弟)

コクリコ坂系ユナイティアルドガー「俺、もし本当に俺たちが兄弟だったとしても、ユリウスのことが好きだ!ずっと、ずーっと好きだ!」
アルヴィン「最近完全に夜型になっちまってんだよな。鮭でも飲むか。」レイア「熊の方ですか?」
(コピペネタ)

ルドガー「松崎しげるかと思ったらガイアスだった」


・P4

「あなたしかいないんです!あなたしか俺のこと許してくれる人がいないんです!足立さん!足立さん!ああ待てやめろ、やめてくれ!陽介!千枝!早く逃げてくれ!だめだ、もう駄目なんです!こんなところにまでシャドウが、ああ、ああ…俺が全部悪いんです、俺があなたを、『メッセージを再生しました』
(主足)

番長「俺のお彼の足立さんです」足立「」
(主足)

番長「もしかしてだけど〜もしかしてだけど〜俺と足立さんは運命なんじゃないの〜!?」足立「どういうことだろう」ジャンッ(ここでメガネを投げる)
(主足)

「透のバカ!もう知らない!」「テレビでジブリやるたびに電話かけてくるのやめてくれないかな」
(主足)

ひっそりと夏は去った。「足立さん、見てください。ほら、ひまわりの種がこんなに。たくさんとれましたよ」「へえ」「どうしましょうか、これ」「……」生は私をやさしく包んでくれる。「蒔いてやりなよ」「え?」「地面に」「……そうですね」「帰ろうか」「はい」
(ただそれだけでは淋しい主足/アルセーニ―・タルコフスキーの詩)

「足立さん最近なんかよぼよぼしてますね」「お前のせいで精神力すり減ってんだよわかれよ死ねよ」
(主足)

「忘れないよ」忘れてんじゃねーか、バカじゃねーの。春が来ても俺のこと絶対に覚えてるとか言ったの誰だよ。お前はこのあと大変なことに巻き込まれるんだぜ。ペルソナとかいう能力に目覚めて変な化け物と戦っていくんだ。そんでその途中で、俺と付き合うんだぜ?俺だけ覚えててどうすんだよ。
(主花)

「頼む相棒!いっしょーのお願い!」「お前それ何回目だ」「今度はマジのやつなんだって!ビフテキおごるからさあ!」「ビフテキで釣られると思うな。だいたい一生のお願いっていうのはもっと大事な時に使うものだろ。俺と付き合ってくださいとか。そういうので。」「えっ」「えっ」
(2ちゃんネタ)

お前わざわざ俺らの卒業式駆けつけてくれたのは嬉しいけど、教室のアレ、黒板に相棒ハート陽介とか書いてくのやめろよ。もっと綺麗な思い出の残し方ねーのかよ。…え、あれクマが書いたのか?ああなんだ、俺はてっきり…。まあそうだな、お前よりクマ吉のがやりそうか、考えると。…お前、もう帰んの。
(主花)

高校生も残りわずかというときになっても俺は足立さんと会うことはなかった。もう二度と会わないかもしれない。底の見えない絶望に囚われながらも、どこかほっとしている自分が胸中に住んでいた。二日に一回、あなたのことを着信拒否するんです。もはや趣味ですよ。根暗ですよねえ。
(主足)

「陽介ちゃん、ママよ」「そういうノリはマジでクマだけでいい」「おっぱい吸っていいのよ」「はいはい美味しいよママ」「もっと搾乳プレイを楽しめ!!」「えぇ〜キレた…」「気を取り直して最初からだ陽介」「……」「ウザいからって無視はダメだぞ陽介」「……」「なんか反応くれんカニ」「やめろ」
(主花/なんかくれんカニ)


・P3

七夕だから短冊をつったんだけど、それじゃ会えるかっていうとべつにそんなこともないんだよな。散り散りな星が街の灯りに隠されかけている。一番上につった紙っぺらが風でひらひらと揺れた。たまにはあの笑顔が見たい、とか思っても、それは永遠に手の届かないものになってしまった。
(順ハム/七夕)

順平、私のことを思い出すなよ。そこに歓びはない。記憶を葬り去れ。私のことなどはっきりと忘れて生きていけ。目の前にいる守るべきものを守り通すのだ。順平、夜は果てだ。私は今孤独を知る。宇宙にキーホルダーは、とても不釣り合いだ。大好きだった。ただそれだけだったよ。
(順ハム/ユニバース)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2014年08月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31