スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

順ハム(PQ2)

「私ぜんぜん普通の人間だよ」
そう言って公子はポロポロと泣き出してしまった。ヤッベー地雷踏んだ多分。どうすんだこれ。つか何が地雷だったんだ?いちおう恋愛経験は付け焼き刃ながらあるってのに、どこがどうなって自分が女の子を泣かせたのかがまるでわからなかった。オレはただ『公子ちゃんは強いねえ』と言っただけなんだが。え、もしかして女の子に『強い』って褒め言葉じゃないのか?このヒトけっこうな戦闘狂だしレベルアップとかのたびにウキウキしちゃってるから嬉しいもんだと思ったんだが。……いや冷静に考えたらなんも褒めてねーか、チドリに言ってもビミョーな顔されそうだわ。
「あ、あのさ、公子。悪い。オレが悪かった、よな?」
おそるおそる尋ねてみると、公子は相変わらずボロボロ涙を流しながらも俺に視線を向けてそのまま微笑んだ。
「ああごめん。なんかおかしな感じになっちゃったね。順平のせいじゃないから気にしないで」
「いやいや、そう言われましても……」
目の前で急に泣かれて平気な顔してられる男なんざいるのだろうか。……うちのリーダーは案外平気な顔するかも知れねーが。日本男児として侍スピリットを掲げるオレとしちゃ少なくとも女子を泣かせといて平常心なんて掲げられないのが実情だ。赤くなった目が痛ましくて見てて心苦しい。ハンカチかティッシュなかったっけな、とポケットを探ってみたがポケットというポケットをいくら裏返そうが当然そんなものは出てこなかった。
「フフ」
大パニックの様相を呈しているオレの横で、不意に公子が控えめに吹き出した。その後もくすくすと笑っていたが、やがて本格的に笑い出しついには大口を開けてあはははと笑い出す。ピエロよろしくのオレがめちゃくちゃツボにハマったらしい。いや、結果オーライで良かったけどさ、なにこの行き場のない羞恥心は。
「な、何してるの、さっきからずっと……あーダメおもしろい」
「あのお、笑いすぎじゃあありませんこと?お嬢さん」
「だって、横でずっとバタバタしてるんだもん。なんかすっごいハマっちゃって……フフフ」
口元をだらしなくにやにやさせっぱなしの公子サンは、おそらくさっきとは別の意味で滲み出た涙を拭いながらオレを見つめた。順平、と呼ぶ声が柔らかく耳に馴染む。今のはオレを呼んだというよりは、オレではない『オレ』を呼んだという気がした。だってこれは旧友に向ける笑顔だ。
「ありがとう。すっごい元気出ちゃった」
オレは女の子の笑ってる顔がスキだなー、とつくづく思うわけだ。チドリの笑ってる顔を見たら何もかもの悩みが吹っ飛んでいくし、今だってホラ。すべての労力が一瞬で報われてしまう。単純だとは自分でも自覚してるぜ、ホント。……あとチドリンになんとなく罪悪感を感じてるのはナイショだ。
「なんか泣いたり笑ったりしてたらお腹すいたなあ。女子のみんな集めて一緒に料理でもしようかな」
「……平和的な人選で頼むぜ」
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31