スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

龍アソ未完(大逆裁)

黒く靡く洋風の羽織がぼくの目を覆うように前を通りすぎていく。亜双義、と声を掛ければ、暗い瞳がゆっくりとこちらに振り返った。暖かくぼくを見守っていた以前の目とは比べ物にならないほどただ重く、冷たい。歓迎されていないことは瞼を閉じようと耳を塞ごうと確かに伝わってくる。けれどここで引く気にはどうしてもなれなかった。
「裁判、終わったのか」
「キサマには関係ない」
間髪を入れずそう返されて少し怯んでしまう。煩わしそうに眉間に皺を寄せて嘆息を吐き出す亜双義は全身でぼくを拒絶していた。
この大英帝国、倫敦でぼくは死んだはずの亜双義に再会した。最初は幽霊か何かかと疑ったものだけれどその体は確かに亜双義のもので間違いがないようだった。少し曖昧なのは、亜双義の心が昔とずいぶん違ってしまっているせいだ。まず亜双義はぼくや寿沙都さんのこと、日本での自分の人生を何一つ覚えていないらしい。どうしてそうなったのかの原因は未だ分からないけれど、ともかく今の亜双義はまるで他人のような口振りでぼくを見てぼくと話すのだ。初めて倫敦で再会した時にぼくに向けられた、あの氷のような視線は夢にすら現れてぼくを苦しめる。そしてもうひとつ、亜双義は今、弁護士ではなく検事になっていた。弁護士という職業にあれほど強い思い入れを見せていた亜双義が、弁護士以外の職に従事している。それはぼくの根幹を揺るがすのにあまりにも充分な事実だった。ぼくの弁護士としての始まりにいるのはやはり亜双義だ。その始点が変容するのは、ぼくの中でどうしても大きな違和を生んだ。生まないはずはなかった。けれど、これだけならばまだ受け入れることが出来た。亜双義から受け継いだぼくの意思はすでに強く心の底に根付いていて、ぼくが弁護士を続ける理由はもう亜双義だけではなくなっている。たとえ亜双義が今ぼくと違う道を歩んでいても嫌だなんてことは思わなかった。それに検事という職であれば司法を内側から変えられるし、弁護士と同じように人を救うことが出来るだろう。亜双義はきっと、検事としての新たな志を手に掴んだのだ。最初はそう思っていた。それで終わっていられたら幸いだった。
「裁判所でよくおまえの噂が聞こえてくる」
出そうとしていた声よりも暗いものが出てしまった。亜双義の目はぼくには向けられず、相変わらず違う方向に逸らされている。
「ぼくはおまえを信じているけど、あまりにもああいう噂が絶えないのは何かおかしいんじゃないかと思う」
「何の話だ? 言葉を暈して無駄な問答を増やすな」
ようやくこちらに視線を寄越した亜双義は心底つまらなさそうな顔をしていた。出来る限り目を逸らさないよう努めて、相手に届かせるために言葉を口にする。
「違うならただ違うとだけ言ってくれ。……証拠の捏造をしているって噂は、本当なのか」
ここで即座に否定してくれればただのぼくの杞憂で済んだ。


2であそぴっぴょ闇堕ちしてたらこんなんでしょ!?てのを書こうとしたけど頭いい会話書くの無理でしぴ

龍スサ未完(大逆裁)

「成歩堂さま、お久しゅうございます」
久々に会った彼女の表情は既に母の装い、ぼくが隣で見つめていた少女は少女という礼装を綺麗に畳んで引き出しの奥へしまいこんだ様子だった。お久しぶりです寿沙都さん、と言う自分の声が歪んで鼓膜に響く。こんなにも馴染むのに、どうしてか違和感が抜けない。お元気でしたか。
「健康に暮らしておりますとも」
家の中から子供の声がした。きゃあきゃあと甲高く可愛らしい女の子の声だ。そちらを一瞥し、困ったような顔で「騒がしくて申し訳ございません」と笑う。ずいぶん大人びた目元になったのだな、と思った。

「粗茶ですが、よろしければ」
縁側に腰かけるぼくの後ろから盆を持った寿沙都さんが現れる。湯気の立つ薄緑の湯呑みはどこか彼女らしい。
「ありがとうございます」
言うと寿沙都さんは微笑み、ぼくの隣に腰かけ盆を間に置いた。庭にそびえる松の木が池に反射している。湯呑みを手に取り、庭を眺めながら茶を啜った。ずいぶん懐かしい味がする。
「相変わらず美味しいですね。安心します」
感覚に刷り込まれた味だ。毎日これを口にしていた倫敦での日々が体に蘇る。お茶を点てる彼女のかんばせが窓から入る光に照らされて、やけに眩しかった。
「わたしはいつも飲んでいるものですから、たまにお紅茶を恋しく思ってしまいます」
両手で湯呑みを持つ寿沙都さんの視線はどこか遠くを見つめている。言外に含まれた少女の存在を捉え、そうですね、と頷いた。
寿沙都さんの今の面立ちは愛らしさよりも美しさが際立っている。十六の頃から見惚れるほどに美しかったけれど、それがさらに洗練されたように見えた。
「寿沙都さん、とてもきれいになりましたね」


いつ書いたかわからん
人妻の寿沙都さんが性癖なんスわ、、

最百(論破V3)

ベッドに深く沈みこんだ百田くんの体がシーツに皺を作っている。いつもの上着を脱いで露わになっているTシャツの肩口からさらに視線を落とすと、ほぼ白地のそれは胸のあたりまでめくれあがり肌色を露出させていた。綺麗に隆起した彼の筋肉が呼吸に合わせてゆっくりと上下している。どうしてこんな、彼の肌に僕は今向き合えているのだろう、と少し考えて、こうして彼のシャツを胸元までめくりあげたのは自分そのものだと遅れて得心した。もう熱で頭がどうにかなりそうなのだ。今はすでに真冬だというのに、全身が真夏みたいにずっとじわじわと火照りつづけている。
百田くんの顔の横についている自分の手のひらにはもうかなりの汗がにじんでいた。彼は細めた瞳で僕を静かに定めている。触れるたび口から控えめに吐息をもらし体を小さくよじる様はあまりに新鮮で、目の毒にも程があった。今彼は宇宙でも世界でもなく僕の部屋の僕のベッドの中にいるのだという事実が、僕の緊張と彼の姿を根拠とした状態ではっきりとつきつけられている。百田くんの胸の下あたりにそっと口づけて、そのまま唇をへそのほうまでずらす。頭上からは息を詰める気配がした。普段温泉だとかはみんなでよく行くから裸なんて見慣れているはずなのに、触れるとこんな反応をしてくれるだなんて知らなかったから、いつもとまったく別のものに見える。百田くんがこうやって触られると手の甲で口を覆うようにするのを知っているのはきっとこの学園で僕だけだ。だからどうだ、という話ではないけど。……いや、そういう話か。
ベルトを解いてそのズボンの前を勝手に寛げても、百田くんは僕を咎めはしなかった。けれどいざ触れようとしたとき、終一、と柔く名前を呼ばれる。優しい響きではあったけれど、もしかしたらそれは咎めの言葉なのかもしれなかった。ああやっぱり僕が僕である限りは、ここまでは踏み込むことは許されないか。そう思い手を引っ込めようとしたときだった。百田くんが、僕に向かって手招きをする。おそるおそる顔を彼の正面に近づけると、その暖かい手が僕の頬をそっと覆った。
「緊張してんのか?」
百田くんの眼差しはいつもと変わらず力強くて、でもいつもより少しだけ柔らかかった。大丈夫だよ、と言って安心させたかったけれど声すらうまく出せない。百田くんは太陽のような笑顔で僕に笑いかけると、心配すんな、と言い放った。
「オメーはオレの助手なんだぜ?怖がんな、胸を張れ!余計な心配なんかしなくってもオレがオメーの全部を受け止めてやるからよ」
「……うん」
こんなときでも強がられてしまうんだなあ、と少し悔しささえ感じてしまう。でもその態度にひどく安心してしまうのも確かな事実で、ままならないまま僕は彼の手のひらにゆるく頬を擦り付けた。百田くんはなんだか満足気にその口角を緩める。嬉しそうだな、……実際嬉しいんだろうな。そう思うと少しだけ気が楽になって、僕は百田くんの手に自分のそれを重ねた。
「ごめん」
「謝ることなんか一つもねーだろ」
「うん」
懇願を含んだままの眼差しをじっとぶつけると、百田くんはそれをしっかりと受け止めてくれる。ゆっくりと顔を近づけたのちに唇を触れあわせると、柔い感触がそこに伝わってきた。今顔を離してもきっと百田くんは笑ってくれている。三年間彼の傍にいたんだ、彼の優しさも強がりも見栄も僕はもう知っているし、それに付き合うことだってできるのだ。そう思いながら唇を離せば、やっぱり百田くんは笑っていた。あと一月も待てば卒業なのに、僕らは一足はやく春を駆けていく。ここではない桜並木の下でも百田くんが笑ってくれているようにと、だめ押しのように祈りながら僕は彼の深い場所にそっと触れていった。


という夢を見たから勢いで書いたけど直後にインポになった

百最未完(論破V3)

「行くぞ終一、宇宙に轟くぜ!」
そう言って百田くんはハッチの開いた宇宙船から勢いよく真空に飛び降りた。もちろん、僕の腕をしっかりと掴んだ状態でだ。まだ心の準備も何も出来ていなかった僕は「うわあ」と間抜けな声をあげながら馴染みのあるはずもない宇宙に躍りだす。まず最初に呼吸の心配をしたけど、心配は杞憂に終わり問題なく息はできた。身もよだつような漆黒の、孔のような深淵ばかりがあたりに広がっている。けれど散り散りに輝く小さな光の粒や川のごとく連なる星の集合体、遠くに見えるひときわ大きな光の固まりのおかげで完全な黒であることはなかった。むしろその絵の具を散らしたような黒と光は現実のものとは思えないほどに美しい。これが百田くんがずっと目指していた宇宙なのか、と 思うと喉の奥が熱くなるような想いがした。宇宙に浮かぶ百田くんの姿は、そこにいるのが当たり前であるかのようによく映える。
絶景に抗うすべもなくしばらく宇宙を眺めていると、宇宙船の横に今時珍しいほど歴史を感じる列車が止まって何かをアナウンスした。よく聞き取れないけど、何か大事なことを言っているような雰囲気がある。けれど百田くんはそれに目もくれやしなかったので、乗らないのか尋ねてみると「あれはオレらしくねーだろ」と明るく笑った。僕は言葉の意味を量りかね、何度か口を開閉させたけれどついにそのまま押し黙る。
「おし、じゃあ行くか。終一、こっからはちっと飛ばすぜ。オレにしっかり掴まっとけ!」
急にそう言われてもどこを掴めばいいのか困る。腰に掴まる……のはなんだか照れくさいし情けなくて嫌だったが、遠慮して服の裾なんて掴んだら「もっとしっかり掴まれ」と怒られそうだ。しばらく逡巡したのち、妥協案としてその腕を掴む。百田くんは満足してくれたようで、にこりと笑ったあとに、行くぞ、と一言つぶやいた。
百田くんが地を蹴るような動作を宇宙の真ん中で行う。すると僕らの体はぐんと前へ進み、一気に前進した。無数の星のなかを身一つでどんどん駆けていく。さらさらとささめくすすきのような不思議なものや馴染みのない花、宝石みたいな輝きがいくらでも目に入っては後ろへと流れていく。怖いくらいに何もかもが恐ろしく美しく、百田くんも何か見つけるたび面白そうに歓喜の声をあげた。 僕はわくわくとした思いを胸に秘めながら、百田くんの腕にいっそう強く力を込める。

「おっ、終一。川があるぜ!」
百田くんはそう言って透き通る川の近くに足を下ろすと、すぐに水のほうへ駆けていった。上着の裏と同じく銀河柄の靴を脱いで、ズボンの裾を二、三度折っている。
「入るの?」
「山がありゃ登る、川がありゃ入る!それが男ってモンだろーが」
そんなジンクスは初めて訊いたけど、百田くんの勢いは止まらず気づいたときには川の浅瀬に足首を浸からせていた。百田くんがすこしでも動くと律儀に水は揺れて波紋をつくる。その川はずいぶん水がきれいで、テレビで見る外国の海のように透き通っていた。よく観察すれば水面に細かい星がいくつも浮いている。こんなに綺麗な川は初めて見たと呟けば、百田くんはたぶん天の川か何かだろうと教えてくれた。
「つーか、ボスが入ってんのに助手が入らなくてどうすんだ。オメーもこっちに来いよ」
そう言って雑に手招きをされる。僕はいいよ、といちおう伝えてはみたが、案の定「良くねえよ」と謎の勢いで却下された。仕方なく靴と靴下を脱ぎズボンを折って、百田くんのほうに近づいていく。川に足を踏み入れると冷たい水がどこかさわやかに足元を冷やした。僕と百田くんの足が水面でぐにゃりと歪むのが見える。冷たくて気持ちがいいね、と百田くんに話しかけようとしたとき、不意にばしゃりと音がしたかと思えば僕の服に少し水がかかっていた。すぐさま百田くんを見やれば、にやりとした顔ですでに第二砲の準備に取り掛かっている。
「ちょっ……百田くん」
「ハハ、水遊びは男の基本だろ?」
「濡れちゃうよ、服が!」
「んなもん乾かしゃいーんだよ」
言うと、その手は即座に構えていた二発目を放ってきた。本格的に上着が濡れて中のシャツにも浸透しはじめる。こうなるともはや引くわけにはいかなかった、僕にも意地というものはあるのだ。腰を曲げて両手を川に沈め、百田くんを見上げる。なんだか少し嬉しそうに僕の視線を受け止める彼にめがけて掬った水を思いきりぶちまけた。百田くんはそれを避けることもせず、ばしゃ、と水をその体で受け入れる。そして「やりやがったな!」と弾けるような笑顔を貼り付けながら僕に対抗するためにまた水を掬った。やりやがったなって、キミがさんざん煽ってきたくせにな。そう心の中で苦笑しながら今度は百田くんの攻撃を腕で防いだ。

すっかりずぶ濡れになった僕らは上着を小脇に抱えながら川辺をゆっくりと歩いていた。僕の髪からは水が絶えず滴っているけど、百田くんは首から上を重点的にガードしていたおかげでほぼ髪が濡れていないしもちろんセットも崩れていない。これだけ濡れているのにあまり寒くないのをなんだか不思議に思いながら、百田くんの後ろで砂利の擦れる音にじっと耳を傾ける。
しばらく川に沿って歩きつづけていると、遠くのほうで赤く火が燃えているのが見えてきた。近づいていくと、誰が放置していったのか割られた薪の上でひとりでに炎が揺らめいている。酸素が存在していないからかそれはぱちぱちと弾けるようすもなく、けれど手をかざすと確かに暖かかった。


書き直しちまった
蠍の炎は王馬であり百田くんなんだよな
終結

百最(論破V3)

紅鮭
-----

ここを出ても助手だからな、と言って百田くんは気楽な笑顔で僕に手を差し出す。きっとこれは彼の人生の中のほんの一瞬に過ぎないのだろう。じっと僕を待つ手のひらを見つめたあと、ゆっくりと、固くその手を握る。これは僕にとって永遠のような一瞬だった。ここから出ても彼の助手を続けていけることに僕は喜びも誇りも強く感じているし、そうありたいとも思っている。でも、こうして助手という関係の天井を設けてしまったら、ああ百田くん。……キミは分かっているのかな。
僕はいちおう超高校級の探偵で、その性分か他人の細かい仕草や発言には逐一目を配ってしまいがちだ。まして対象が好きな人となれば尚更で、僕はこのおかしなバラエティに参加させられている間、百田くんのことをずっと見ていた。笑うときに大きく開く口や真っ直ぐに相手を見つめる強い瞳、意外に子供のように拗ねたりホラー映画を怖がったりする人間らしい隙や、彼の心の中までもを見た。僕はたくさんの彼を知って、そのうえでもっと彼の深いところ、彼のすべてを知りたいと思った。でも彼のすべてを知ることのできる場所におそらく僕は立っていない。ここを一緒に卒業できるからといって、きっと彼は僕のことを恋愛という感情で好いてくれているわけではないのだと思う。たぶん今もこれからも僕の本当の感情を彼が許すことはない。ここを出ても、助手という隠れ蓑のなかで彼を観察しつづける日々が始まる。いつかキミは宇宙に飛び立ち月や火星に降り立ち星に旗を立てるだろうし、いつかキミには好きな人が出来て、結婚をして子供を作るのだろう。そのすべてを僕は隣で見守らなくちゃいけないんだろうな。そうぼんやり考えた。
「将来オレにガキが出来るだろ?そんとき、父ちゃんは宇宙の全部を知ってんだぜ、って教えてやらなくちゃなんねーからな。一刻も早く宇宙に行って、いろんなモンを見てこねーとな!」
ねえ百田くん、覚えてるかな。この学園に来て間もない頃、キミは夜空の下で僕にそう言ったよね。星空の中に浮かぶ月が静かにキミを照らしていたのがあんまりにもきれいで、僕は本当に必然のように、ああ彼はこの夢をきちんと果たすんだろうなあと思えてしまったのだ。
今すぐここから走り出したい気持ちを必死に抑え、代わりにしっかりと笑ってみせる。
「うん、もちろんだよ」
百田くんは、信頼のありかだとでもいうかのように僕を見つめている。お願いだからそんな風に笑わないでくれ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年03月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31