ナルオド(逆裁4)

「みぬきはねえ、ぼくが二日酔いのときはいつもおデコにキスして早く治るおまじないをしてくれるんだよ」
何を言ってんだこの人は。近寄りたくないなとしか思えないが、時はすでに遅かった。この場から去ろうと背を向けた瞬間、ソファーに座っていた成歩堂さんに後ろから捕まえられてしまったのだ。力が強くていくら抵抗しても振り払えない。こんなことならもっと鍛えておけばよかった。
「でもそうだな、ぼくはオドロキくんほどおデコに自信がないからなあ。わざわざさらけ出すのもいやだな」
「まだ酔ってるんじゃないですか成歩堂さん」
「そう見えるかい」
見えますけど、むしろそうにしか見えませんけど。思いながら携帯をポケットから探しあて二日酔いについてネットで検索する。指が震えてボタンが押しにくい。背後で成歩堂さんが頭をぐりぐりと押し付けてくるのを感じながら何とか検索結果にたどり着いた。
「成歩堂さん、二日酔いにはオレンジジュースとチョコがいいらしいですよ。オレ買ってくるんで離してください」
「まだグレープジュースが残ってるからいらないなあ」
「いや、オレンジジュースじゃないと意味ないです」
「知らないのかいオドロキくん、グレープは万能なんだよ」
「じゃあグレープジュース飲んで治せばいいじゃないですか!」
彼の言葉は支離滅裂だ。いつも以上に意味がわからないしとりつく島もない。頼むから早く離してくれ、と祈りにも似た気持ちで軽く成歩堂さんの腕をはたく。しかしそのせいでさらに強く抱き締められていい加減泣きたくなった。いったいこの人はオレに何をさせたいんだ。
「そうだなあ、オドロキくんにはおデコじゃなくて唇にしてほしいかな、おまじない。してくれるだろ?」
冗談のような口調でも、冗談のような行動をこっちがしなければ離してはくれないということはよく分かった。やっぱりこの人は変わっていない、弁護士時代の映像で見たときのまま強引でズルくて怖い。オレは体の力を抜いて、彼の名前を呼んだ。
「何が見えてるんだか知りませんけど。もう全部分かってるならはっきり言ってくださいよ」
鎖だか鍵だかがどうせずっと表れていたんだろう。ハッタリでこの人に勝つことなんか当分は不可能だ、そんなことはとっくに分かっていた。
「おや。いいの?」
「はい」
もう半ばヤケクソで、暴くなりなんなり好きにしてくれとすら思っていた。どうせどこ行ってもこの人の前じゃオレは被告人だ、この人を好きになるというのはそういうことだ。ただこれが原因で事務所を辞めさせられて無職になったらどうするかとか、今はそんな心配ばかりをしていた。成歩堂さんはオレの背後で呑気に笑い声をあげ、オドロキくん、とオレに呼び掛ける。
「試して悪かったね。ぼくもきみが好きだよ」
「……殴っていいですか」
「二回目はいやだなあ」

王響(逆裁)

よくよく考えれば兄貴って何回俺の目を見たことがあっただろうか。覚えてないな。当たり前だ、数えたことなんてなかったからね。やあおデコくん、君は誰の目でもとてもまっすぐに見つめるね。こわいくらいに、困ったくらいにさ。その目で何人を殺してきたのだろうね。君の目を見るたびに僕はとても居心地が悪くなって、次に緊張して、最後にときめくよ。今も、どうだい。腕輪が反応してるだろう。僕の緊張が君にうまく伝わっていると嬉しい。おデコくん、好きだよ。愛してる。君さえいればきっともう何もいらないのさ。仲間も、音楽も、法律も、…兄貴も!法廷での兄貴の技をうまく身につけられたかい、おデコくん。たまに君はあいつにそっくりな目をしているよ。不愉快かな?でも怒らないでくれ、それは僕ができない瞳だ。僕が学んだものはあまりに不完全だった。その点君のものは、君によって研究された確実性で完璧に構築されているよ。僕はそんな君からこれからすべてを学ぶんだ。だからもう、兄貴はいらない。それどころか、君さえいれば何もいらない!よし、ドライブに行こう!海かな、山かな、どちらがいい?君の好きなようにしよう!君の望むとおりのすべてに僕がなってみせようじゃないか!ああクソ兄貴、獄中でいまどんな気分だ?もう泣いて詫びようが俺は俺としてお前を見下ろしてやろう!ファッキンブラザー!イエス!ファックトゥーザフューチャー!ははは!
「…あー、みぬきちゃん、冷水持ってきて」


------
たまにメンヘラな検事のなだめ方を1年で習得したおデコくん

王泥喜とみぬき(逆裁4)

もういいんじゃないかなとあなたが言った。優しい顔つきでそう言った。これを言われたのは初めてじゃない。昨日パパが丁寧にゆっくりとこれまで起こったすべてを語ってくれて、それからわたしに言ったことば。そのときわたしはわたしがぜったいにしたくなかったことをしてしまった、つまりは泣いてしまったけれど、今はもう大丈夫だと胸を張って言える。もう泣いてもいいし無理もしなくていい、あなたはもう一度そう言った。わたしは大丈夫ですよといつもどおりに笑う。わたしの涙をおさめるところはまだあなたの胸じゃないの。まだわたしはパパの胸の中でしか泣けないの。ごめんなさいオドロキさん。オドロキさんはわたしを見てふわっと笑った。もう泣けたんだね、そう言った。見透かされてたなんて思わなかった。

「いつかはオレのことも頼ってくれよ」

はいと返事をしたらまたオドロキさんは笑うのでわたしも自然と笑顔になった。あなたにあえてよかったと心から思った。


この二人が好きすぎてつらい
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30