スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

龍アソ(大逆裁)

大雪原、のような場所でぼくと亜双義は歩いている。前を歩く亜双義と、半歩ほど後ろを歩くぼく。目測で何度も測ったこの歩幅はもはや懐かしいとすら言える域のものだった。辺りはどこを見据えても、どこまで眺めようとただただ白い。間近ではためく眩しいほど鮮烈な赤に網膜は戸惑っていた。
ざくざくと、互いが歩くたびに音が響く。外套を着込んだぼくたちは確実に寒風から身を守っていて、暫定的に定義してもいいのならここは真冬だった。ただ、先刻からずっと声はよく通る。鼓膜が一つの音も逃さない。「なあ」と言ったら間髪を入れずに「何だ」と返ってくる。もうこんな日は来ないと思っていた。
「成歩堂」
「うん?」
「振り返るなよ」
たまに亜双義はこんなことを言った。振り返るなと言ったって、振り返ったって何もないのに。だってぼくはただの白の中でおまえの後ろを歩いているのだから、いま。……気づかせようとしているのか?いったい、何に。
歩き続けていた時、不意に強い風が吹いた。ぼくは思わず目を瞑る。外套が風に揺られてひらりと翻った。成歩堂、成歩堂。亜双義がぼくを呼ぶ。
「果てが見えたぞ」
そう言って静かに差した指先の向こう、白の中で控えめに煉瓦が光っていた。そのさらに先には洋燈があり、次に大きな建物が一つ。221B、と書いてある。ぼくの足は止まった。ああ、親友。いつものように微笑んでいる。
「振り返るなよ」
念押しのようにそう告げられる。振り返るなと言ったって。……後ろから突き刺さる視線が、ぼくに振り返らせることを許さない。知っているとも。立ち止まったおまえ、ぼくの背中を見ていただろう。
泡のように消えた親友の意志だけを手に、大雪原、のような場所を歩む。その心持ちは新雪を踏みしめた時の感情によく似ていた。ぎゅうぎゅうと地面は鳴るし、大声を出したって誰も気づきはしない。真冬だ、親友。……ここは真冬の英国だ。


悪魔と一真って2文字しか違わんぞ
あーーおんなじのばっかり書いてんじゃね〜〜か???

龍アソ未完(大逆裁)

首筋を強く吸えばはっきりと赤が色づいた。梅のように咲いたそれを指先でなぞると、背に爪を立てられる。痺れを残して離された手はぼくの顔の前へと回り、そのまま勢いよく額を弾かれた。
「痛ッ!」
頭がぐわんぐわんと揺れて、目がちかちかした。亜双義は呆れたような眼差しをぼくに向けながら吐息混じりの嘆息を溢す。
「キサマ……」
「な、何だよ」
「ここだと隠れんだろう」
そう言って首の痕を触る。ああ、確かにこの部分だと詰襟より上に付いてしまっている。虫刺されだとでも言えば妙な噂は立たないと思うけれど、可能性を作ってしまったことが申し訳なくて「ゴメン」と謝った。すると亜双義はゆるりと 表情を綻ばせる。
「厄介な虫に刺された、とでも言っておこう」
「……厄介か、ぼくは」
「存外厄介だ。……目を閉じろ」
言われた後、頬に手が添えられる。素直に目を閉じると、唇に柔い感触が降ってきた。と思えば人差し指で頬を二度叩かれ、なんとなく得心したぼくは薄く口を開く。すると、そのまま舌が差し込まれた。熱くぬめったそれに口内を蹂躙され、頭がぐずぐずとあまく溶かされていく。 さんざん楽しまれたあとに口が離されると、互いの唇の間に粘ついた糸が引いた。情欲に濡れた瞳を携えた亜双義が不敵に口端を歪める。辛抱たまらないとは、まさにこういう気持ちのことだろう。亜双義の胸の突起のあたりに手を伝わせ、ツンと尖ったそこの周りを指に回らせる。喉仏に舌を這わせながら突起をぴんと弾くと、上の唇から微かに息が漏れた。
「……おまえはぼくに痕をつけないよな」
鎖骨に吸い付きながらそう呟く。亜双義はぼくに痕をつけたことがない。ぼくばかりこうして亜双義の色づけて、自分はまっさらな体のままだ。痕か、と、亜双義は口にする。


オチくん涙の脱走

小ネタ詰め

・大逆裁(ほぼ龍アソ)

本当はもっと単純なことだ。ただ手を握って、一言呟けばそれですべては終わる。指先同士が絡まり、ほどけないよう際のぎりぎりで触れあいつづけて、次にぼくがおまえを見るだろ。おまえは、ぼくをじっと見つめているだろ。ぼくたちの時はきっとそこで止まる。聡明なおまえがわからないはずはないのに。

ああよかった、まだおまえの顔を思い出せる。ぼくはおまえに恋をしていたわけじゃなかったんだ、亜双義、ぼくらはずっと親友だったものな。なあ、……おまえの笑顔だけが思い出せないのは、きっと何かの間違いなんだ。すぐに思い出す。あんなに眩しかったものを忘れるほうがどうかしている、……。

「おまえと一緒にいると変な気を起こしそうになる」成歩堂、それは押し倒しながら言う事ではないだろう。震えながらに言う事でもない。苦渋に歪められた顔を前に全身がどうにも疼く。何をそう怖がる。何にそこまでこだわる。オレとキサマが相棒だということは、今更どう転ぼうが変容などしないだろう。

「おまえはきっと長生きするよ」ぼくの言葉におまえは確かに微笑んだだろう。言われなくとも、なんて返してこの背中を叩いただろう。白い縁取りを前にして、ぼくは立ち竦む。乾いた唇も目も気に留めず、ただ思考だけを働かせる。嗚呼おまえが嘘吐きになってしまった。ぼくも、おまえを騙してしまった。

二人で夜道を散歩していたら川の魚が跳ねて、ぽちゃん、なんて澄んだ音を立てて水中に帰って行った。あの時、ぼくは目前のこの男がわざわざ自分を夜に呼び出した理由について、はっきりと分かってしまった。だってあの魚ったらまるで鯉だったじゃないか。…なんて言ったらあきれるだろうか、おまえは。

「おはよう」朝陽に照らされるその顔を見た瞬間、怒りにも似た恋情が胸の中で激しく燃えるのをはっきりと自覚した。寝起きの頭は完全な覚醒を持って、その暴力的な感情でオレを殴り付けてくる。焦燥が全身に回るのは一瞬だった。湿る手をきつく握る。誰が手離してやるものか、コイツはオレのものだ。

「鼻が低いね」ぼくの顔を散々撫で回したあと、鼻筋に指を這わせながら彼はそう言った。この人のこういう言動にはもう慣れ始めている。「そりゃ日本人ですから」「ふうん」気のない返事をして、また頬や顎を撫でる。その後、うん、いいねと呟いた。「キミ、ボクのものにならないかい」「…いいですよ」
(龍シャロ)

寿沙都さん、出産おめでとうございます。寿沙都さんによく似た可愛い赤ん坊ですね。寿沙都さん、ぼくはずっとあなたのことが大好きでした。もう時効かと思うので、どうしても今日はそれだけ伝えておきたかったんです。……さすが、もう困ってもくれませんね。寿沙都さん、とても綺麗です。
(龍スサ)


・その他

ってしまいました」また泣いてる。いい加減そういうのやめたら?もう見飽きたよ、めんどくさいよ君は。わかってるくせになんでまだ泣くかなあ。そう何度罵ろうとクソガキの涙は止まらない。もう故障だろ。返品できねえかなあ。ていうかまず買った覚えもないんだけどな。「足立さん、俺はまた一人にな
(P4/主足)

「汐ちゃんがね」硬直、みたいな。そんな普通の反応しか僕には出来なかった。入園してきたの、うちに。とか言ってさ。口をつけずに置いたジョッキから水が伝って、机の木の色を変えている。「いい子よ。本当」そりゃ僕の顔は盛大にひきつったね。この話の中で誰がバカかってそりゃ、僕含め全員だろう。
(クラナド/春杏)

龍アソ(大逆裁)

亜双義一真が優しい笑みを携えてぼくをきつく抱き締めている。後ろ髪に指を埋め、皮膚の温度を確かめるように指の腹で撫でられる。もう一方の手はぼくの腰のあたりを強く掴んでいた。まるで宝物にでも触れているみたいな、硬く柔い手のひら。ぼくは何をすることもできずに、ただ身を亜双義に預ける他はなかった。
「成歩堂」
耳元で秘密でも囁くように名前を呼ばれる。常では聞かないような声色だった。甘く、重い。ゆるく拘束されているような心持ちを勝手に覚えた。亜双義はぼくの後頭部を撫でながら、ひとこと呟く。
「可愛い」
それを皮切りに、雪崩のようにその言葉は紡がれた。可愛い、可愛い、オレのものだ、可愛い。体ごと溶けてしまいそうなその単語の洪水に、ぼくの脳は面食らう。何が可愛いというんだ。
ひとしきり言葉の雨を降らせた亜双義はやがて一度密着した体を離し、真正面からぼくを捉える。頬に片手を添えられ、じつに優しく撫でられた。そしてまた、呪いのような言葉。
「可愛い」
まるで魂を舌で舐められたような、体を粘ついた綿で包まれたかのような。……いや、ぼくがどう言葉を尽くそうと、きっと表現なんて出来ない。ともかく亜双義はぼくを愛でた。ぼくを心から「可愛い」と、そう評している。このまま包まれていればいつかとり殺されてしまうのではないかしら。そう強く感じた。そういう結末を迎えるならば、べつにそれでも構わないけれど。それよりどうしても訊かなければならないことがある。……ぼくの使命といっても過言ではない。
「亜双義」
「これは夢なんだろう」
「おまえは死んだ」
「一月九日、船上で」
「おまえは、ぼくの前からいなくなった」
靄のような黒を見据えながらはっきりと告げる。亜双義一真は死者だ。今ここに存在している亜双義は夢か幻、どちらにせよぼくの想像上の存在。逃げるわけにはいかなかった。逃げればきっともう、おまえに顔向けできなくなる。
亜双義はぼくの言葉に別段反応するわけでもなく、ただじっとぼくを見つめている。表情はやはり柔らかい。空いていたほうの手も頬に添えられ、ぼくは両頬を亜双義に包まれた。口元がほどける。何より優しい笑みがそこに生まれた。ああ本当の本当に夢だな、と、苦しくなるほどに実感する。亜双義が口を開いた。
「キサマのそんな所が他の何より可愛く、愛おしかった」
真実の味を教えてやろう。そう呟くと、その両手は頬を撫でる。亜双義の顔がぼくの顔の前で影を作った。そのまま距離は完全に消失する。唇が触れあった瞬間、ぼくは胸の奥で何かあたたかいものが爆ぜて広がる音を聴いた。真実の味を舌で転がす。どこまでも苦いのに、少しだけ甘い。やはり亜双義は死者だった。死者はぼくを愛でている。うっすらと透けるその両手に濡れた目尻を拭われた。
「可愛い」
唇を離した途端、またその呪いだ。ぼくはぼやける視界の先の悔恨に微笑む。
「そんなに可愛いかな、ぼくは」
「ああ、可愛い」
「そうだとしたら、きっとおまえのせいだな」
言うと亜双義は爽やかに笑って、「そうだ」なんて口にしてみせるのである。ぼくも思わず笑ってしまった。おまえだって可愛いさ。酔い潰れて眠っている顔だとか、早口言葉が言えなくて悔しがっているときの真っ赤な顔だとか。可愛いと思ったよ。……忘れようがないほどに。
頬に添えられている手に自らのそれを重ね、今度はぼくのほうから唇を重ねた。親友はやはり笑って、可愛いな、と呟いた。こっちの台詞だ。


たまに聞くゆめかわいいってこういうことでいいのか???いいか…(無知)

龍シャロ(大逆裁)

※薬物描写有り
-------

吐瀉物が床に広がっている。鼻を突くのは刺激臭と、香ばしくて落ち着く薫り。喧嘩だ、今この部屋では壮絶な喧嘩が起こっている。安定と不安定がぐらぐらと殴りあっている。
「いや、困ったな」
ぜえぜえと息を荒げて、目の下に濃い隈をこしらえたホームズさんは呟いた。その手には洒落たカップがおさめられている。中身は、アイリスちゃんのハーブティーだ。ほら、不安定。その顔にはもはや死相が出ているのではないかしら。
「ここまでするつもりはなかった」
ぼくに振り向いてホームズさんは笑った。いったい何をどこまでするつもりだったのかは聞かなかった。……視界の端に、不安定の象徴のような代物を認めてしまったからだった。怪しげなその袋は白い粒をいくつかおさめ、ホームズさんの近くにそっと置いてある。ぼくは唇を噛んだ。何故そんな意地悪そうな表情を浮かべているのか。ぼくへの嫌がらせの末で、こんなことを?いや、きっと違う。彼は彼にとっての過去へ、何か伝言を送ろうとしている。そのために、それを伝えるためにしている行為だ。過去に遡るための手っ取り早い倫理の放棄だった。いったい何を伝えたいのかは皆目見当もつかないけれど、誰に言葉を発したいのかははっきりとわかってしまっていた。そうまでして彼に会いたいのですか。だからこんな、馬鹿なものに手を伸ばす。……責めきれない自分が脳の片隅にいるのは勘づいていた。脳裏で赤がたなびく。
「ホームズさん」
「うん?」
彼は微笑みながらも、眉間に皺を寄せている。ぼくもあなたもずいぶん愚かですね。ここは火宅だというのに、見えもしない空の先を見通そうといつまでももがいている。それが贖罪だと思っている。
「殺しましょうか、ワトソン博士」
言うと、彼は微笑んだ。よろしく頼むよ。ボクもキミの親友を殺そう。そんな物分かりのいい大人みたいな二言を吐く。らしくないですよ、ホームズさん。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年04月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30