小ネタ詰め

・大逆裁(龍アソ)

頭の中で刻みつけておこうと必死にかき集めた記憶の破片を少しずつ取り零していく。全て覚えていられると思っていた。けれど現実はあまりに酷で、忙しなく、果てがない。あの声が輪郭を無くしていく。忘れたくはない。「またな、相棒」そう言ってぼくの手を握った男の笑顔。大丈夫だ、まだ思い出せる。

普段は柴犬のように愛嬌のある眼差しをこちらに向け穏やかにこちらに着いてくるこの男も、今は大型犬のような荒々しさでオレの首元に顔を突っ込んですうはあと雑な呼吸をしている。どちらにしろ犬には近いが、今が一番それらしかった。首輪でもつけておければ楽なのだが。「がっつくな、行儀が悪いぞ」

もはや口に出してくれたほうがましだ。ぼくの手のひらに口づけを落としたのち手甲の紐を外していく動作ときたら、確実に"そういった"意図を孕んでいる。「亜双義」「どうした」「今ぼく、本を読んでるんだけれど」「そうだな」言ってすぐ、その舌がぼくの指の隙間に滑り込む。……無駄だ、抗えない。
(お題:構え!構え!構え!!)

遺品の底から手紙が出てきたと寿沙都さんに知らされた日から、ぼくの心は宙を漂っていた。読むべきか随分迷ったが、ある朝に今だと思い立ち、手紙を広げた。中には概ね想定内の言葉が並べられていた。後悔というには曖昧なこの感情に、文面では名前が付けられていた。嗚呼ぼくら、漸く通じ合ったのか。
(お題:破られた不可侵条約)

大声で言う必要もないことをとびきりの大音声で叫んでいる。あいつは誰だと周囲の輩が学友に耳打ちをしていた。オレこそが問い質したい事柄だ。奴はいったい何者なのだ。おとうさんおかあさんを、と男が述べる口上の一字一字を吟味する。時が止まっていた。壇上で礼をする男から、視線すら剥がせない。
(お題:願わくばこのまま、)

例えぼくが忘れようとしたとして、それはもう意味がないのだ。あれは物じゃなく刷り込まれた光だ、蓋をしようが溢れてしまう。過去と呼べるほど実体のあるものではなかった。「おはよう」と「おやすみ」の隙間に潜んでいる。ぼくの傍らに立って、笑っている。

「これからキサマをオレのものにする」「耐えられぬ痛みだろうから、オレにしっかり掴まっていろ。爪を立てても肩を噛んでもいい」「ただ最期に一言、オレを愛していると言え」「分かった」まるで契る時のようだな。なんてふざけて呟くと亜双義は頬を赤く染め、ざれ言を、と囁いたのちぼくを殺した。

「すまない亜双義。こんなところまで連れてきて」眼前に広がる野草や野花の名前一つ分からない。死んだように横たわる亜双義(いや、実際死んでいるのだった)の服にはきっと土がついてしまっている。聞いたこともない声の虫が辺りで鳴いていた。亜双義おまえ、もう目覚めないのだな。うそのようだな。


・ヒロアカ

青空がうるさいくらい透き通っていて、肌が汗でべたついていた。7月15日、僕は今日25歳になって、僕は今日、実質的にかっちゃんを追い越した。社会がそうした。僕はオールマイトの再来だと皆が騒いでいる。かっちゃんが静かな目で僕を見る。直視できなかった。太陽のせいだ、馬鹿みたいに眩しいから。「出久」
(出勝)

明日は轟くんの結婚式だというのに、そんな大事な日の前日に僕は彼に呼び出された。夜の公園で白い息を吐いて僕を待っていた轟くんに声をかける。彼は僕を一瞥して、開口一番こう言った。「生まれ変わったらお前の子供になってみたい」「緑谷。今までありがとな」理解出来ず固まる僕に、彼はそっと笑った。
(デクと轟)



お題お借りしました(shindanmaker.com/392860)

龍アソ(大逆裁)

現パロ
-------

コンビニエンスストアから高らかに出店音が響く。AM2:00、眠気を通り越した脳は夜空を瞳に楽しませていたが、反射的に音のほうへとそれを向け直した。開く自動ドアから男が現れる。切り揃え整った利発そうな髪に、寄せられた眉、真っ直ぐに澄んだ瞳、引き結ばれた口元。男前、と評してまったく問題はない。それはぼくの親友だった。そいつがちいさく吐いた息、夜の闇に煙のように漂う。マフラーに首もとを守らせたぼくは、温もりに敏感になっていた。
今日はキサマの家に行く。そう切り出したのは亜双義だった。ぼくは少し考えて、うん、と簡素な返事を投げた。どうして考えたかというと。ぼくは亜双義に、おそらく友情以上の感情を持っていたからだった。亜双義も、見るかぎりはぼくと同じ想いを持っていた。けれど何があったというわけではない、何を起こすというわけでもない。ぼくたちはただ親友なのだ。これまで幾度も互いの家に泊まりあってきた。今さら、なにかが変わるなんてことはありはしない。そう自分に言い聞かせた。
ビニール袋をひとつ手に提げた亜双義がぼくを見ている。コンビニに寄ろうと行ったのはこいつだった。酒を買うのだろう。ぼくたちは普段、毎度必ずと言っていいほどの頻度で互いの家で酒盛りをするから。そう思って待っていた。ビニール袋の中身、果たして何本入っているのだろうな。考えて、茶化してやろうと目を凝らす。凝らすのだけど。
「行くぞ」
亜双義はまるで平常どおりの声でぼくにそう言った。ああ、と、上擦る言葉が宙を漂う。酒だと思っていたその袋の中、見えたのはひとつの大きなパックだった。アップルティー、と書いてあり、大きな林檎の写真が印刷されている。ああ。……酒のせいに、しないのか。そう漠然と思った。



お題「とびだせ紳士」でした
まっっったく書いた記憶なくて草

小ネタ詰め

大逆転


「こんな顔をした男にこれから滅茶苦茶にされるとは、到底信じられんな」深い口づけの余韻にあてられ惚けていたぼくを見ながら、亜双義はそう呟いた。唇を舌で濡らして、なあ、と囁く。頭が熱でどうにかなってしまいそうだ。その瞳に張る水の膜を目に留めながら、名を呼ぶ。声が掠れてしまった。
(龍アソ)

「降ってきた」足の先で窓の外を指し示す亜双義の、ぴんと伸びた脹ら脛を眺める。「亜双義、お行儀悪いぞ」「見逃せよ。キサマのせいで立つのも億劫なんだ」気だるげな視線と笑みを向けられた。その太腿を伝う幾筋もの白を見て、ぼくは反論を失う。「宿代にしては取りすぎだぞキサマ」「…ぼくも思う」
(龍アソ・お題/三時の雨宿り)

「キサマ、講義中に頻りにオレのことを見ていたな」壁に追い込まれ逃げられない状態でそんなことを言われる。反論をしようとしても、昂ったような口調で遮られた。「そんなにオレの体が恋しいか。なら、今夜は好きにさせてやる」待っていろと告げられ、もう頷くことしかできない。まあ、いいんだけど。
(龍アソ・お題/見てないけど)

少女、という表現は捨て置かざるを得ない。『彼女』はこちら側に緩慢に振り向き、何処に向かって微笑んだ。その何処というのは、驚くことに『私』だった。瞳に塗りつけた聡明を細め、水平線の彼方を指差す彼女は、まるで絵画だ。命の灯火を吸いとられてゆくようだった。「…ベニスじゃなくてごめんね」
(アイリスちゃんとベニスに死すごっこしたくない?したい)


逆転


「最近あまり会わないね」緊急の用でもあるのかと急いで取った国際電話、第一声がそれだから盛大にずっこけた。電話越しからじゃらじゃらって聞こえてきそうだわ。「どうやら検事に気に入られる性分みたいでして、今外国で使われてます」「そうなのかい。寂しいなあ」「…お土産買ってきましょうか?」
(響也くんと茜ちゃん)

「悪いナユタ、一週間ぐらい留守にする」そう言って踵を返そうとするホースケの頭に数珠を投げて引き止める。事情を訊いたところ、ある人のため日本に帰りたいという事だった。一人の少女の姿が頭に浮かぶ。成る程、これは彼の日本での家族の話だ。焦るホースケを呼び止め、何だと返す切羽詰まった表情を一瞥する。「パスポートは持ちましたか」「…あッ!」
(オドみぬとナユタ)

「あのなオドロキ。本当に可愛い女の子っていうのは、目の中いっぱいに星があるんだぜ」酒の席でそんな台詞をぶちかましたアオイに対してお前バカだろと大笑いしたのを今になって急に思い出した。アオイ、確かにお前の言うとおりだったよ。宇宙飛行士ってスゴいな。「どうしたんですか?オドロキさん」
(オドみぬと葵)

幾多の経験の末に昔よりもいっそう凛々しく成長なされたその少女は、本日より我が国を統べる女王、立派な女性に成られる。「ナユタ」式典へ赴く途上、彼女は朝陽を浴びつつこちらを振り返り笑った。「たとえ王の座に据わろうと、ワラワはずっとソチの妹じゃ」おにいさま、と。彼女は少女としてそう言った。
(ナユレイ)


その他


原付で風を切れるハードになりましたが、それでもあなたは、……あなたは俺のすべてだったと思うのです。確かに覚えているんです。結局クリア出来なかったこと、もう諦めていたこと、あなたの困ったような顔、全部。でも今回はもう絶対に大丈夫で、失敗なんて有り得なくて、だから……俺は寂しいです。
(P4G/主足)

夢の中でクソデクが高層ビルから降ってくる。ヒーロースーツを着ている俺は、そのスローモーションの景色をただ眺めている。デクは中学の頃の学ランを着ていて、相変わらずぶっ壊れた涙腺を惜し気もなくフル活用している。クソ弱ェクソナード。降ってくる。夢の中でデクが俺に、「助けて、かっちゃん」
(ヒロアカ/出勝)

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年08月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31