ジナアイ(大逆裁)

ホームズが言うには、アイリスは怖いらしい。それも凄く。大の大人がそこまでただの子供を怖がるっていうことに、アタシはすごく興味をひかれた。
「どこが怖いの」
「目かな」
目が怖い。ホームズは繰り返す。アタシは少し嬉しかった。子供が大人を怖がらせている。子供が大人の優位に立っている。その事実が、アタシを少しだけ勇気づけた。そして同時にひとつ気づいた。アタシはアイリスの目をじっくり見たことがないかもしれない。向こうがじろじろ見てくるから、つい逸らしてしまうんだ。ああ、アイリスはいったいどんな目をしていたっけ。

「ジーナちゃん、会いたかったの」
裁判後、そっちやあっちでいろんなことをしなくちゃならなくてなんだかんだと忙しかった。今目の前にいるアイリスをちょっとだけなつかしく感じたりするくらいには、全然会えてなかった。いや、べつに会わなくたっていいんだけど。さみしくは、なかったけど。
「ジーナちゃん」
会いたかったの。また、アイリスは言う。なんて言えばいいかわからなくて、ふうん、とだけしか返せなかった。アイリスはにっこりと笑っている。ああ、そうだ、目だ。ホームズが怖がるアイリスの目。それを見てみなきゃ。アタシの勇気のために。
そう思ってアイリスの目を見ようとした瞬間、アイリスがこっちに猛スピードで走り寄ってきた。ぎょっとしている間に、避ける間もなく抱きつかれる。そのままアイリスの精いっぱいの力を込められて、身動きができなくなってしまった。胸に顔を埋められるみたいな形になってしまって、アイリス、って名前を呼んでも、なかなか顔をあげてくれない。どうしちゃったんだろう。アタシは今どうすればいいんだろう?困ってしまう。
アタシが固まっていると、アイリスはようやく顔を上げてくれた。いつもの笑顔がそこにはある。けど、目は。少し違っていた。
「ジーナちゃんは?」
「ジーナちゃんは、あたしに会いたくなかった?」
じっとアタシを見つめるその目は、アタシの表面だけじゃなくて裏側まで見つめるみたいに、光っていた。たとえみたいだけどそうじゃない、本当に光っている。外灯なんかと比べられないくらい、はっきりと。
アタシの奥はきっともう見抜かれていた。隠し事はできない。そんな道は残っていない。アタシはアイリスの目から視線を逸らせないまま、そおっと口を開いた。
「会い、たか……った」
「……そっか!」
うれしい、なんて無邪気に喜ぶ女の子。あのときのホームズの言葉や表情が次々に頭に浮かぶ。怖い。何が怖いの?目かな。目が怖い。ふうん。……アタシは実感した。アイリスの目は怖い。そしてきれいなんだ。だから捕まったらもう目が離せない。アタシたち、牢屋に入れられたのと同じようなものなんじゃない?
「ジーナちゃん、どこにも行かないでね」


アイリスちゃんの目は魔性やね〜という話です

主足(P4)

朝起きたら俺はアルパカになっていたが、さて夢の中で眠るにはどうしたらいい?朝特有の体の怠さは残るものの目はばっちりと冴えちまっていたし、あと重大な問題は、どうやって寝転がればいいのかわからないことである。困った。人間のときと同じような体の動きが出来ない。俺は今アルパカだった。心を取り繕う暇もないほど、ただただアルパカだった。
「……足立さん、何ですかその身なりは」
と、背後から声。振り向くと、そこにはクソガキの姿があった。何故俺の部屋にいるのか?そんな大きな疑問すら聞く気にはなれない。驚くことばかりだ、朝から。
「どうしてそんな姿に?」
「いや、知らないけど。起きたらこうだったし」
言ったあと、不法侵入者も俺も驚いた。喋れるのかよ。なんなんだこの粗末な夢は。
「喋れるんですね。ああ、良かった。……でも困りましたね」
「何が」
「喋れるアルパカなんて、この先生きづらいですよ。奇特な存在すぎて」
「……なんでこの姿のまま生きてかなきゃならないわけ。戻るか死ぬかするよ」
「本当ですか?」
「本当だよ」
「ひとりじゃ死ねないくせに?」
クソガキは気の毒そうに微笑んだ。何だ?不愉快だ。何が言いたいのかがまったくわからない。
「結局どんな生命体になったとしても、あなたはいつも生きづらいんでしょうね。でも自分では死ねない。だから俺がいるんです」
「なんなの?君、僕に何を言いたいわけ。ていうか、今更だけど何でうちにいるの」
「あなたを殺しにきました」
そうしてクソガキは可哀想なものでも見る目をしながら刀を引き抜いた。俺は枕元の銃を手に取ろうとする。が、俺は今どうしようもないくらいにアルパカだった。手が上がらないのだ。
おわり。


お題「難しいアルパカ」でした……
た、楽しい

小ネタ詰め

大逆裁(龍アソ)

夕闇に溶けるかのようにたなびく赤をずっと見ていた。半分に折られた五百年を手に、ぼくはぼんやりと考える。まさか、永遠がこんなにも身近なものだとは。今まで知りもしなかった。「またな、親友」その微笑みを思い出し、ぼくもまた笑う。おまえとは、色の褪せない思い出ばかり作りすぎてしまったな。

気が狂う気が狂うと安く口にする連中を理解できぬままここまで来た節があるが、成る程。オレは今現に気が狂っていた。耳がその男の言葉を熱心に拾いたがり、口はその男との繋がりを求める。脳の中身など目も当てられない、乱雑な執着ばかり転がっていた。「相棒」と言われた回数を逐一数える。滑稽だ。

微笑みあうときいつも気を付けるのは、長く目を合わせすぎないことだ。あんまり見つめていたら、何かに落ちてしまうのではないか、という気になる。言わば目の中の落とし穴。はまらないよう目測で距離を測って、なんとか平静を保つ。対して亜双義は、いつも同じ熱量でぼくを見ていた。

「何があった」ずいぶん怖い顔をして。親友がそう訊いてくるのだ。何っておまえ、噂で散々聞いただろう。全部知っているだろう。「キサマは何かしたのか」今度はやたら直接的にそう訊いてくる。ぼくの拳は震えに震え、唇からは儚い一言が零れ落ちるのみだった。「ぼくはやってない」「…ああ」「そんなことはわかっている」だなんて、亜双義。どうしてそんなに真っ直ぐな目をしてぼくを見るのか。巷ではぼくはもうすっかり殺人犯だ。大学でも、その通り名は知れ渡っているだろうに。「成歩堂。オレは、キサマの弁護を担当する。今日はそれを伝えに来た」
(消化不良ホモ)

「…もしかしてぼくはおまえに会うために生まれてきたのか?」初対面の相手を前に何故か開口一番そう口走った。ああ、春よ。時間を戻してくれ。これでぼくはもう学内では確実に変人だ。しかし相手は一瞬驚いたような顔をしたけれどすぐにふっと破顔して、呟いた。「その通りだ、相棒」
(なぞ転生パロ)

ホームズ「この部屋のどこかに密航者がいる!」寿沙都「そんな…!」細長「落ち着いて!こういうときはラマーズ法です、せーの」ホームズ「ヒッwヒッwフッw ヒッwヒッwフッw」細長「ドンドンチャッ(足音」全員「ドンドンチャッ」寿沙都「ウィーウィールウィーウィール」龍ノ介「ロッキュー!」
(コピペネタ)


P4(主足)

ああ、3月が、3月20日が!こんなにすぐ近くまで、ああ、どうしよう俺はまた1年を無駄に不意に、あなたのために、…あなたを救えなかった。いったいいつになればあなたからテレビを奪えるのですか、俺は、俺はヒーローをしなくて済むのですか。足立さん、足立さん……死ね、カレンダー!

「やあ、3月21日だよ。無事に手紙は届いたかな?届いてないなら、それはそれでいいや。君は当たり前の日々を忘れてバカになった時間の中でずっと生きてきたらしいけど。堂島さんも言ってただろ?もう日常は黄金色だ。君も僕も、ついに決別するときが来たらしい。…おはよう、ゴールデン」

龍アソ(大逆裁)

指先から絡め捕られたのは確実に体温だけではなかった。心臓の芯のあたりに住み着いていた獰猛な獣のうなり声を、きっとこの男は聞いたのだ。……聞いてしまったのだ。その瞳は真っ直ぐにオレを見ている。見るな、と口にするのも憚られるほど、直線を引いている。
「ぼく、観察眼だけは自信があるんだ」
常より少し早口にそう呟く。そんなことはとうに知っていた。あの裁判で見せつけられたばかりだ。オレの思考すら軽々と飛び越えて、その目はすべてを視ていた。あの場の人間は、記憶によって成歩堂龍ノ介に視られていた。燃えるまなざしはいったい何人を焼いたのだろうか。
「亜双義、おまえ」
絡んだ指に強く力が込められる。頬がうす赤く染まっている。額に少し汗が滲んでいた。その先を言うなと言って、止めることも簡単だった。ここで引き戻り、また親友として何食わぬ顔で付き合っていくこともあまりに簡単だった。今ならまだ戻ることができる。さあ、どうする。そう自分に言い聞かせた結果、……オレは口を閉ざしていた。
「ぼくのことが好きなんだろう」


お題「暴かれた冬」でした
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年03月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31