スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

百田と王馬未完(論破V3)

『返してほしくば現金200兆円をDICE総合受付係・組織人員番号506の元に持って来い。ちなみに506の居場所は下記に記載した。頑張って探し当ててね!』
紙面の下に書いてあった暗号を解くと、「嘘だよ!」という意味が浮かび上がった。それをとっても文面をとっても身代金の額をとっても、まさに子供のイタズラとしか思えない脅迫状だ。しかし実際に百田くんはこの脅迫状が送られてきた日から姿を消し、もう三日ほど連絡の取れない状態が続いている。これは王馬くん主導による確かな「誘拐事件」と考えて間違いはないようだった。百田くんは最年少飛行士としてなにぶん世間的に有名なので、すでにテレビやネットでは彼の誘拐がかなりの話題になっている。溢れかえるネットニュースの記事を見ていると自然とため息が漏れてしまい、眉間の皺を揉みながらいったんスマートフォンを机の上に置く。ちょうどそのとき春川さんが扉を開けて事務所内に足を踏み入れた。
「最原、そっちはどう?」
「うん、順調ってわけでもないけど……このまましらみつぶしに探せばなんとか場所が特定できるかもしれない」
座って、と応接用のソファに促すと、春川さんは自分の肩を揉みながら深くそこに座った。彼女もいろいろな人や場所をあたってくれているからかなり疲れている様子だ。雰囲気からなかなかに殺気立っていることがわかる。苦笑しつつ二人分のお茶を淹れ、春川さんの前に湯呑を置く。彼女は礼とともにお茶を一口あおった後、向かいに座った僕に「ねえ」と問いかけてきた。
「なんで王馬は百田をさらったんだと思う?」
「……やっぱりそこが問題だよね」
手口などももちろん謎だが、今回の誘拐での最大の謎はかなり初歩的な部分、王馬くんの動機についてだった。本気でこんな馬鹿げた額の身代金を要求しているわけはないだろうし、なぜ百田くんを標的にしたのかもわからない。そして百田くんが大人しく連れ去られたままであるということの意味も、僕と春川さんにはわからなかった。百田くんのことだ、反撃も反抗せずただじっと捕らえられているだなんて彼の性格上耐えられないだろうし、反撃を出来るだけの力はあるはず。王馬くんは百田くんを誘拐することに何の意味を見出しているのか、それは本当に王馬くんだけが持つ意味なのか。
「最原?」
春川さんの呼びかけにはっと顔を上げる。いつの間にか考え込んでしまっていた。でも今の思案によって、少し真相に近づいたかもしれない。春川さん、と呟いた僕の目に彼女の真っ直ぐな視線が刺さる。僕はソファに浅く座り直してから両手を組み、姿勢を前に傾けた。
「もしかしたらこの誘拐事件の被害者と加害者は、協力関係なのかもしれない」


「王馬、もう満足したか?」
ビーチパラソルの下で悠々自適にプァンタをストローで啜ってやがる男にそう声をかける。そいつはやたらにデカく縁がピンク色のサングラス(無駄にハート型なのがまたカンに触る)をずらすと、あは、と若干乾いた笑いを漏らした。
「それ、オレが百田ちゃんに訊きたいくらいだけどなー。自分の今の格好鏡で見てみたら?」
ほら、と差したその指はオレがつけている花の首飾りに向いている。それも!と動いた指の先は助手達とじいちゃんばあちゃん用に買った土産を持ったオレの手元を示した。ちなみにオレが今着ているのはアロハシャツで、下は動きやすい半パンだ。だがその出で立ちは王馬のほうも対して変わりはない。
「来ちまったからにはめいっぱい楽しむしかねーだろうが!うじうじしてても仕方ねーしな。テメーも家族と組織の奴らに土産買ったか?」
そういう気配りも出来てこそのボスってもんだぜ。言うと、王馬はオレから目を逸らしわざとらしいほど大きなため息を吐く。
「あのさあ百田ちゃん。キミ、いちおう人質なんだよ?なら、それらしい態度ってもんがあるんじゃないのかなー。こんなに全力でバカンス楽しんでる人質オレ初めて見たよ」
「まあ、前人未踏に挑んでこそ宇宙飛行士の器だからな。それにせっかく来たんだから楽しまねーともったいねーだろうが」
「……やっぱり百田ちゃんと会話するのは疲れるなあ。プァンタおかわりしてこよーっと。百田ちゃん、オレが戻るまでここで休んでていいよ」
オメーにだけは言われたくねーよと口にする前に王馬はデッキチェアから飛び降り、グラスを片手に近くの露店へ歩いていった。頭を掻きながら持っていた荷物をシートの上に置き、その隣に腰を据える。ここからだと冗談みてーに透き通るだだっ広い青が目によく映えた。こんな景色、サングラス越しに見るもんじゃねーだろ。投げ出した足の先に触れるクリーム色の砂は適度に熱い。



いつかこれで本出したいなー

ひみてん未完(論破V3)

志村貴子先生「すてきなあのこ」パロ
--------

高校三年生になり、気持ちを新たにしたくて今までと違う時間の電車に乗ることにしました。そこで転子は夢野秘密子さんと出会ったのです。今まで見たどの女の子よりも愛らしいルックスは転子の胸に感動すら芽生えさせました。転子は夢野さんの隣に並んで、毎日彼女の横顔を見つめました。ちなみに名前は彼女が電車を降りる瞬間に出した定期券を見て知りました。名前まで愛らしいのです、奇跡のようなお人です!毎日彼女の顔を見ながら電車に揺られる日々はとても幸せでした。
「のう、お主」
ある日のことです。決してこっちに振り向かない、額縁の中の絵のような存在であるはずの夢野さんが、突如転子に視線を向けました。動揺して固まった転子に彼女は一言こう言います。
「そうやってじっと見られると居心地が悪い。やめてはくれんか」
その日家に帰って転子は二時間くらい泣きました。落ち込んんで落ち込んで、もう食事も喉を通らないほどでしたが、でもさんざん泣き明かした末に頭に浮かんだのは「声すら可愛いなんて、本当に奇跡だ」という一言でした。それに、誰かが転子の頭の中でこう囁くのです。気にするな、むしろ話す切っ掛けができたじゃないかと。転子は突き進むことを決めました。毎朝電車で会うたび話しかけ、思いつく限りの言葉で彼女を褒め称えました。夢野さんの表情はいつも同じなので何を考えているかはよくわかりませんでしたが、毎日見ているうちに少しずつ感情の機微を読み取れるようになってきました。もっとも大抵の感情はプラスなものではありませんでしたが。
「お主、いい加減にせんか。お主に構っていられるほどウチは暇ではない。ウチは魔法使いになるための修行で忙しいんじゃ、わかったらとっとと失せい」
またある日のことです。夢野さんは珍しく怒りを露わにしながらそう言い切りました。あまりに自然に言うものなので、最初違和感を覚えなかったほどです。魔法使いになる修行だなんて、突然何を言い出すのでしょうか。「ただでさえ大学受験と魔法の両立で忙しいというに」と呟きながら夢野さんは転子から視線を逸らします。ああ同い年なのだ、とこのとき初めて知りました。
転子はしばらく考えました。魔法使いとはどういう意味なんでしょう。転子を遠ざけるための嘘だったのでしょうか? けれど、嘘という雰囲気ではありませんでした。考えれば考えるほど、やっぱり転子は夢野さんのことが気になって仕方がなくなってしまいました。夢野さんは少し変わった女の子なのかもしれませんが、そんなことは気にならなくなるくらいの眩しさを強く放っていたのです。

最原と王馬未完(論破V3)

そこには王馬くんがいた。ちゃんとした姿を保って、相変わらず何を考えているのか分からない笑顔を顔にべたべたと貼り付けて、僕を正面から見据えている。久しぶりと声をかけると彼は返事代わりに僕の名前を呼んだ。
「最原ちゃん。なんでオレはここにいるのかな?」
「わからない。僕が望んだからか、キミの嘘のせいか、そのどちらかだとは思うけど」
「あは、はっきりしないなあ。最原ちゃんは根暗だから回りくどい喋り方しかできないのかな?」
王馬くんの不必要な煽りを無視して、僕は彼に指で「4」という数字を指し示した。眉を少しだけ顰めて怪訝な表情を浮かべる彼に、「あと1イベント」と僕は呟く。
「僕の命のカウントダウンについて、キミが提示したイベント数は全てを合計して5イベントだった。でも僕が体験したのはたった4イベントだ。つまり、残りの1イベント。それをなかったことにするっていう嘘を僕は今キミにつかれていることになる。けど王馬くん、君はこういう『つまらない』嘘が嫌いなんじゃないか?」
王馬くんはしばらくのあいだ音もなく僕をじっと見つめていた。しかしやがて、嘲笑するようにぷっと吹き出す。僕への視線にはわざとらしいほどの哀れみが込められていた。
「最原ちゃん、いいこと教えてあげるよ。それは通信簿、それか絆イベントって言って『ダンガンロンパ』の伝統的なシステムなんだって。2イベント中にオレが宣言した『残り3イベント』って数字もきっかり今までのダンガンロンパが定めてきた通信簿の数字だよ。リアルフィクションに移行してもそのシステムは無意識に参加者に組み込まれてたみたいだねー。あれはキミの意思が肝心なんであって、通信簿を埋められる側のオレの意思は関係ない。あんなのは嘘とは言わないよ」
かわいそうな最原ちゃん、そう言って王馬くんは大きな声で笑う。お前はお前の大嫌いなダンガンロンパに縛られて今ここにいるんだ。きっと彼はそう言いたいのだろう。でもそれは見当違いな見解だった。僕は確かにダンガンロンパを否定したし、ダンガンロンパは終わったのだ。
「つまりキミは、あれはダンガンロンパの中でのゲームだったって言いたいんだろ」
「うん、そう!あれはクソゲーの中でのおまけ要素ってことだよ」
「それは違うよ。あれは他のなんでもなく、キミが僕に与えたゲームだった」
言い切った僕に対して王馬くんはただニコニコと笑みを浮かべる。でも彼の言葉はいま止まった。そこがきっと何より重要な部分だ。
「僕はずっとただの最原終一としてキミに会って、命をすり減らしてきた。今も僕は僕だけの意思でキミとゲームをしに来たんだ。ダンガンロンパが終わってもキミのゲームは終わってない。王馬くん、最後のイベントを始めてもらうよ」
すべてを言い終わったあとに訪れたのは彼のけたたましい笑い声でもそらぞらしい罵倒でもなく、ひたすら透明に澄んだ静寂だった。王馬くんの表情からは何も読み取れない。いっそ、なんの表情もないように感じられる。その紫色の目の中には確かに僕が映っていた。ひそかに息を吐けば何もない空間にそれは大げさに反響する。王馬くんの呼吸の音はいっさい聞こえない。当たり前と言えば当たり前だ、彼にはもう喉も肺も無いのだから。
諦めたように彼が笑ったのはそれから少しした後だった。腕を頭の後ろで組んで、しつこいなあと上機嫌に呟く。
「いいよ、確かに残り1回残してるっていうのはオレ的にも気持ち悪いしね。最後は……そうだなー、ナイフゲームでもしようと思ってたんだけど。ここにナイフなんかなさそうだし、うん」
王馬くんはうーんと唸ったあと、何かをひらめいたのか目をらんらんと輝かせはじめた。そして右手を僕に勢いよく突き出す。
「じゃんけんしようか、最原ちゃん!」
「……ま、また?」
じゃんけんと言えば、4回目の時にさんざんあいこ続きで勝負を延長させられた苦い記憶がある。あれをまたするのか、と思うと急激に億劫になったけど、そんな僕の心でも読んだかのように彼はにししと笑った。
「安心してよ、今回は100回あいこ続きなんてことにはしないからさ。一回限りの真剣勝負ってヤツだよ」
じゃあ始めようか!言って、彼は僕に考える暇すら与えず「最初はグー」と唱え始める。(おそらく)100回も狙ってあいこにできる人間に勝つことなんて可能なのか?と考えながら、僕は慌てて手を構えた。
「じゃーんけーん、ぽん!」
彼の明るい声を合図にお互いが手を繰り出す。策略も立てられずがむしゃらに放った僕の手の形はパーだった。対して王馬くんの手は、……パーだ。
「……王馬くん」
「たはー!またあいこになっちゃったね!いやあ、勝敗つかずかー。残念だったね最原ちゃん」
「…………」
呆れと同時に疲れがどっと肩の上へ降り掛かってきた。なんというか、けっきょく彼はこういう人なのだろう、と思う。ここから何度じゃんけんをしたって彼はきっとあいこを出し続けるのだ。僕がここにいる限り、彼が彼である限り。けれどもう『ここから』は存在しない。僕らの最後のじゃんけんは、あいこで終わったということになる。
「最後なんだから勝てばよかったのに」
苦笑しながらそうつぶやくと、わかってないなあと彼は首を振った。
「最後だからこそのあいこだよ。だって勝敗がついちゃったら、それは最原ちゃんの中で『終わった話』になっちゃうでしょ?でもあいこにしたら、オレは最原ちゃんを簡単に殺せる」
「……言ってる意味がわからないよ」
「最原ちゃん覚えてる?オレはさあ、最後にキミを殺すって言ったんだよ。現にいま最原ちゃんは死んだから、目標は達成!」
まったく意図の掴めない王馬くんの発言に頭をひねりながら、いちおう自分の左胸に手を当ててみた。当然ながらそこはちゃんと規則的に律動している。
「僕は生きてるけど」
言うと、王馬くんは大げさなくらいの大きさであははと笑ってみせた。そして自らの口に人差し指を当て、いたずらをする子供のような表情を浮かべる。
「ううん、死んだよ。キミはあのバカみたいなゲームを終わらせたあともオレとのゲームをずっと覚えてた。そしてそれも今日やっと終わらせようとしたのに、相手のオレが終わらせることを永遠に放棄した。キミは終わりなく続くゲームを死ぬまで抱えて生きていかなくちゃいけない。そこに最原ちゃんの意思は関係ないし、最原ちゃんの心はもうオレのものだ。『王馬小吉を知ろうともしなかったキミ』はもう未来永劫息をすることがないんだよ」
「……つまり?」
「あは。つまり、最原ちゃんはもう一生、オレのことを忘れないよね!それがオレの勝利の印で、最原ちゃんを殺した証拠だよ」
それは輪郭のぼやけた、けれど言葉の淵を追いやすい不思議な単語たちだった。僕は王馬くんに殺された。なんにせよ、そこは彼にとっても僕にとっても確かな事実であるようだ。


通信簿の進行度によって最原の王馬に対しての認識はけっこう違うと思うからおもしろいよな〜と思った
個人的に4で止まってるのが一番おもしろそ〜と思う
でも王馬喋らせるのやっぱりくそ難しいなー精進します…またアレだったら続きかくかも…

最天未完(論破V3)


「何書いてるんすか?」
後ろからした声に振り向くと、天海くんが僕の手元を見つめながら柔らかく微笑んでいる。彼はいつもたいてい学校にいないから、こうやって教室にいる天海くんを見るのは少し新鮮だった。机上トラベル紀行だよ。そう答えると、「へえ」とわずかに弾んだ声があがる。
「見てもいいっすか」
「あ……うん。下手な旅行記だけど」
本を手渡すと、天海くんはこっちに礼を言いながらわくわくとした表情でページを開いた。真剣な眼差しが僕の粗削りな紀行を読み解いていく。とてもじゃないけど超高校級の冒険家に読ませられるような内容ではないのでなかなか気恥ずかしいものがあった。
「最原君」
不意に名前を呼ばれて少しドキリとしてしまう。何?と慌てて返事をすると、彼は輝く瞳を僕に向けて子供のような笑顔を浮かべた。
「これ、現実にしないっすか」


え?と返した僕の手を引いて天海くんは教室を飛び出した。そのまま空港へ向かい飛行機に飛び乗って、何だかよくわからないまま今僕はベネチアでゴンドラに揺られている。隣に座る天海くんは上機嫌な様子で流れていく街並みを見つめていた。水面が夕陽に照らされてぴかぴかと光る。
「なんていうか、やっぱり冒険家なんだね。天海くんって」
「はは。やっぱりってなんすか」
「思いついたらすぐ動ける行動力っていうか、前に進むことへの怖さがないことがすごいなと思って」
天海くんは柔らかく僕に笑うと、夕陽に目を向ける。
「怖さは人並みにあると思うっすけど、それより体が動いちまうんすよね。好奇心が人より強いのかもしれないっす」
「好奇心?」
「俺の場合はあれっすね、冒険心」
少し照れくさそうにはにかむ天海くんに僕も笑みを返す。

最原と百田未完(論破V3)

「いやー、ゴメンゴメン。まさかラブアパートの扉が故障しちゃうなんて思わなかったねー。今から修理しても直るのは朝になると思うから、悪いんだけどオマエラ朝までここで待機しといてくれる?」
確実に故意の故障だ。もはや推理なんてしなくても分かる。じゃあそういうことで、と早々と姿を消したモノクマにぶつけ損ねた恨み節を口の中で転がしたまま、さてどうすべきかと漠然と考え始めた。僕の隣にいる彼ーー百田くんが『いつも』の百田くんであれば、不安なんて特に感じないままちょっとした旅行気分で一晩を過ごすことも出来ただろう。けれど今僕の横にいるのは、この空間で作り上げられた普通じゃない百田くんだった。彼はいま僕を理想の相手だと思い込んでいる。そんな相手と朝まで二人きりというのを、どう捉えるのだろうか。その横顔を見やっても感情らしい感情は何も拾えなかった。こんな風にたまにすごくやりにくいところを見せるのは普段でもここでも一緒だな。思いながら、気づかれないように息を呑んだ。気まずいにも程がある。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31