龍アソ未完(大逆裁)

何がどうというわけではない。ただ、亜双義の反応を見てみたかった。それだけの話なのだと、今となっては思う。
亜双義が昼飯を食べている音がクローゼットの中にそっと入り込んでくる。かちゃかちゃ、と西洋食器の数々がたまに皿に触れているのだろう音。亜双義は物の食べ方がきれいだ。箸使い、椀の持ち方、食べる順序。どれも手本のようにきちんとしているので、前から昼をともにするたびすごいなあとひっそり感じていた。それは道具や食べ物が西洋式にすり変わっても遺憾無く発揮されている。いっそ規則正しい食器の音を聞きながら、隙間から漂ってくる匂いに腹が翻弄された。もうそろそろ、来るかな。そう思ったまさにそのとき、食器の音はやみ、次に床を鳴らす靴音が聞こえてきた。
「成歩堂」
とんとん、と控えめにクローゼットが叩かれ、おさえ気味の声量で名前を呼ばれる。来た。ぼくの昼飯の時間だ。
「開けるぞ」
亜双義はクローゼットを開け、この船内でのぼくの部屋に光を灯した。急に入るそれにいつも目を細めてしまう。亜双義はぼくの鼻先に海老の半分と豚ひときれだけが乗った皿をつきつけた。味には申し分ないが、量はやはり分がない。ふたりで半分にしているわけだから、仕方がないといえばそうなのだが。亜双義だってきっとひもじい思いに耐えているのだろうな、といつも考えてしまう。
「ありがとう」
そう告げて受け取ると、亜双義はいつも「閉めるぞ」と言ってクローゼットの扉を閉める。そしてぼくは暗闇の中で飯を食らうのが通例だ。
しかし、今日は違った。亜双義は扉を閉めようとはしない。
「……亜双義?」
問いかけると、亜双義はなんだかいつもとは違う顔をしてみせる。うまく言い表すことができないが、まるで申し訳ないと言いたげなそれだ。


2章やり直したらさすがにご飯はテーブルで食べてたんで没で…というか何を書こうとしてたのかまったく思い出せない
あと龍ノ介くん金持ちっぽいにおいがするので食事マナー普通に良さそうな気がしてきました 亜双義のほうが悪かったりしてね どう転んでもかわいいね

龍アソ(大逆裁)

ジリジリと身を焦がす太陽がぼくらの頭に照りつける。いくら手で顔を扇いで涼をとろうとも、それはただの徒労に終わった。汗が顔の輪郭をなぞってそのまま顎から地面へ落ちていく。暑い。それしか言葉が出てこない。ぼくはそれくらいへばっているのに、隣の亜双義はいつもどおりしゃんと立っていた。暑くないのかと訊いても、「キサマが言うほどではない」だなんて余裕の返事。おかしいだろ。というか、ぼくは亜双義の生み出す熱風を隣で受け止めている分で亜双義より暑さが上乗せされているのではないかしら?もしそうならばなんて理不尽な。
そんな風に思いながら非難じみた目で亜双義の横顔を眺めていたとき、ふと一滴の雫が亜双義の首のあたりを流れていくのが偶然目に留まった。それはきらりと光って、ぼくの網膜を刺しながら服の中に滑り込んでいく。そのとき頭に浮かんだのは、やっぱりおまえも汗をかいているじゃないか、というような思いなどではなく、「見てはいけないものを見てしまった」という謎の感想だった。亜双義の首をなぞるただ一滴の汗。たったそれだけのものにぼくはなぜか、男相手にはあまり抱かない類のやたら桃色の気持ちを想起してした。してしまったのだ。つまりぼくは、亜双義の首筋を流れるその汗を、なんだかやけにいやらしいと感じてしまったのだ。
「どうした」
唐突に亜双義がこちらを向いた。ぼくが見つめすぎたからだろう。慌てて目を逸らし、ぼくは「なんでもないよ」と言いながらまた顔を手で扇いだ。扇ぐたびに熱くなっていく。

龍アソ(大逆裁)

どこからか声が聞こえる。おそらくこの扉の向こうから、ふたりぶんのそれが聞こえてくる。ひとりは誰だかわからないけれど、もうひとりは誰だかわかっていた。このぼくの耳にすとんと落ちてくる優しげな声音。亜双義に違いない。まるで子守唄のように響くそれは、ぼんやりとした頭を安らげるかのように紡がれつづけていた。好きだなあ、あいつの声。どんな時でも凛としていて、聴いていると落ち着く。いや、否応なく落ち着かされる。そういう強引さが、好きだ。言ったら変な目で見られそうだし、すごく恥ずかしいから言わないけれど。外ではつらつらと会話が続けられている。少し時間がかかっているようだ。果たしていったい誰なのだろう。どこか他人行儀に敬語を使っているから、御琴羽教授のお嬢さん……寿沙都さんではない誰かか。その丁寧な口調を聴いていると、ぼくの頭はより靄に捕らえられた。もう一度眠ろう。亜双義の声を、子守唄代わりに。そうしてぼくは目を閉じた。
その日見た夢では、亜双義がぼく以外の誰かとずっと話をしていた。相手の顔は見えない。亜双義はまるでぼくと話すときのように穏やかな顔をしていた。ぼくは何度も亜双義の名前を呼ぶのだが、亜双義は一向にぼくの声に気がつかない。そのとき不意に、いやだなと思った。思ってしまった。ただの単純な感情ならばよかったのだが、おそらくそうではない。どうしてだろう、そう確信していた。朝起きて、まず一番に後悔した。

即興二次まとめ

大逆裁※ネタバレあり


(ホムアイ)
ホームズくん、とボクを呼ぶ彼女は夕陽を浴びてオレンジに輝いた。その瞳は今日も正確にボクを定める。なんだいと返事をすると、彼女は部屋の墨で光沢を放つボクの十八番を指差しながら「弾いて」と一言口にした。にっこりと微笑みながら。ボクは頭に浮かんだ一言を彼女に告げようとして、すぐにそれを取り止める。代わりに「お望みとあらば」と恭しく頭を下げた。
演奏を聞きながら、アイリスはうっとりと目を細める。そのまつげが控えめに揺れるのを、ボクは静かに見つめていた。永遠なんて信じちゃいないが、ああ、案外こういう時間の中にヒントは隠されているのかもしれない。そんな似つかわしくない思考を、だらりとぶら下げる。


(龍ノ介)
じわじわと後悔がぼくの首を這っていく。もう戻ることなどできないのに、ぼくは両手を組んで何かに祈りそうになってしまう。依頼人を信じるのが弁護士だと、あの赤は確かに言った。その言葉はとてつもない力を放っていた。そのはずなのに。ぼくは、わからなくなってしまっている。ぼくが自分で見定めるべきであるはずの、「ぼくの正義」とはいったいなんなのだろう。ぼくはこれから、絶対的信頼をきちんと相手に向けられるのだろうか。あの日の、あいつのように。寿沙都さんはただゆるやかに、ぼくの心の決まるのを待ってくれている。彼女のためにも、ぼくはこれから歩いてゆかねばならない。けれど、でも、ぼくはわからないのだ。もやもやと気持ちが曇る。コゼニー・メグンダル。おそらくぼくはその名を一生忘れない。ああ、ぼくは間違っていたのか?ああ、……ああ!亜双義!ぼくは本当に、おまえの意志を引き継げているのか!


(龍アソ)
カチャカチャと食器がぶつかる音が響く。ぼくはそれをなんだか耳障りに感じていた。前はこうではなかった。この音を心地好いとさえ思っていた気がする。肉をふたつに切って、フォークでひとつを貫く。持ち上げて口に持っていくとき、誰かの声が聞こえた気がした。
「行儀が悪いぞ、成歩堂」
「もう少し小さく切って食え」
なんだよ。記憶の中に引っ込んでまで、ぼくに注意してくるのか。そうするぐらいなら直接ここに来て言えばいいじゃないか。
そう呟いてももちろん亜双義はぼくの前には現れない。当然だ。亜双義はもういない。ぼくが殺したも同然だ。
肉を咀嚼するたび、どうしようもない後悔の念ばかりが染みだした。ぼくは行儀よく食べる方法など知らない。だから、この涙を止める術だってもちろん知らないのだ。両手におさめられた銀色は、優しげに微笑む記憶の中の赤を映す。


(龍ノ介+亜双義)
生まれ変わったら何になろうかな。つい先日自分の嫁となった女性を胸にかき抱きながら、ふとそんなことを考える。生まれ変わっても、たぶんぼくはこの人と結婚するだろう。そしてこの人との間にできた子供を育てて、毎日楽しく笑っているのだろう。つまるところ、生まれ変わっても今とほとんど変わらぬ人生を歩んでいくだろうと、ぼくはそう思う。それと、弁護士には確実になる。人差し指を突きつけて、いつものあの台詞を高らかに叫ぶはずだ。証人を信じていばらの道を突き進んでいく、心の休まらない人生をずっと歩んでいく。もういっそ、誇らしいほどに。あとは、……あとは。
「成歩堂」
あの鮮烈な赤。たぶん、生まれ変わっても、ぼくはあれに惹かれる。どう足掻いても逃げられないあの光に足をとられ、おそらく幸福に微笑んでいる。たぶんそれを理由に、ぼくは生まれる。あいつがぼくを、『相棒』と呼ぶかぎりは。さて、なんて光を掴んだのだろう。
ぼくは微笑みながら。妻をぎゅうと抱きしめる。妻はすべてわかったような顔をして、ぼくの背中に腕を回した。


TOX2


(ユリルド)
思えば俺は何人の俺を殺してここに立っているのだろう。俺だけじゃなく、兄さんも。いったい何人の亡骸の上で笑っているのだろう。ときおりそんな考えても仕方のないことを深く考え込んでしまう。けれどその俺が殺してきたすべての可能性としての俺に罪悪感など持ったところで、俺はその座を誰にも譲る気などなかった。
「ルドガー」
不意に兄さんが俺を呼ぶ。「柄にもなく考え事か?」
「……柄にもなくってなんだよ」
「はは、睨むなよ」
「まったく……」
仕方がないのだ。俺は兄さんと過ごすこの平穏を愛している。この日常のためならば、いくら『俺』の亡骸を積もうが構いやしないのだ。たとえその亡骸の山の中に、いつか俺が積まれようとも。その時までこの時間を幸福に過ごせるのならば、それで充分だ。そう思いながら目を閉じればどこかの俺が悲しげな目で俺を見ている。

小ネタ詰め

TOX2

ルドガー「兄さんの!ちょっと鬱なとこ見てみたい!そーれビズリー!クラウディア!ユリウスエンド!」兄さん「やめてくれ!やめてくれ!」

兄さん「セックス中にルドガーが「外に出して!」と言ってきたので正史世界から弾き出したんだがあれで良かったのだろうか」
(コピペネタ)


大逆裁※ネタバレあり

朝起きた瞬間に流れる涙がとある真実を教えてくれた。ぼくは亜双義一真が好きなのだ。どこぞの女学生が恋に恋しているのとはとうてい訳が違う、それはもう切実な、偉大で矮小な想いを抱いているのだ。
(龍アソ)

「成歩堂、散歩の時間だ」「え?ああ…もうそんな時間か。…カズワン一匹で行けるんじゃないか?」「キサマに飼い主としての自覚はないのか!とにかく共に来い」「ええ…わかったよ」「帰ったら夕食を頂くぞ。忘れるなよ」「ああ…それならそこの戸棚に入ってるよ」「キサマが入れろ!飼い主!!」
(龍ノ介とカズワン)

「戌歩堂、散歩の時間だ」「ええ…今日はいいよ」「怠慢を貪るな!だいたいキサマ、今日は朝からずっとダラダラしているではないか。少しは御琴ワン法務助士を見習え!!」「うーん…わかったよ」「そうだ、戌歩堂。散歩の前に夕食を食べていけ」「わんッ!!!!!!!!!!!!!!!」「うるさい」
(戌歩堂と亜双義)

「成歩堂!オレを信じろ!信じてもらいたいなら!」そう叫んだ亜双義は、高い高い大法廷の頂上から真っ直ぐにぼくを見下ろしていた。顔には不安や疑心などいっさい表れていなくて、ひたすらぼくの目の中から強引に光を引きずり出そうとしている。なんて無茶な奴だ。なんて乱暴な希望だ!
(龍アソ)

ぼくにすべてを捨ててみせろと言ったのは、果たして誰だったか。どうにも思い出せない。亜双義でははない。それは確かだ。亜双義はぼくに、そういう稚拙なことは決して言わない。けれど、では、あのとき吹いた風はなんだったのか。ぼくはどうして今こんなにも、素直にすべてを捨ててみせたいのかしら。
(龍アソ)

夢で見る亜双義の表情は何時も例外無く笑顔であった。ぼくが何と声を掛けようが、泣こうが喚こうが、亜双義は笑顔で在る。それは何故か、というのは、最近になって漸く気が付いた。ぼくが、亜双義の笑顔を見ていたいからであった。ぼくは今も尚、彼に甘えていた。ぼくは只、我儘であった。
(龍アソ)

「ミスターナルホドー!ロシアンルーレットをしよう!ボクが先攻でね!ちなみに弾の装填数は6だ!」「あっ鬱期ですか?早くアイリスちゃんのご飯食べてあったかくして寝てください」
(龍シャロ)

「この角度でナイフを入れると、あっけなく死ねるよ」ホームズさんはぼくの首に指を這わせながら淡々と言った。本当ですかと訊くと嘘はつかない、と一言。確かに目が笑っていない。じゃあ試してくださいとその指を握ると、「生憎だけど、ぼくは今殺したいんじゃなくて死にたいのさ」そう言って笑った。
(龍シャロ)

アイリスの日に日に精緻にボクを見据えるその瞳は、ボクが夢の中にまで持ち込んでしまうほど強烈だった。彼女は目はまだ幼い。けれど、きっと他の誰より「正確」である。ボクは、彼女の瞳に映るボクを見る。目を逸らさずただじっと見る。かつての相棒へ届ける言葉を考えながら、今日もずっと見ている。
(ホムアイ)

↓ここからコピペネタまとめ

初弁護…ども…ぼくみたいに初の裁判で自分を弁護しちゃう腐れ野郎、他に、いますかっていないか、はは 今日の法廷での会話 あの証人怪しいよね とか あの証拠品おかしくない?とか ま、それが普通ですわな かたやぼくは法廷の片隅で叫ぶんすわ 『異議あり!』目が泳いでる?それ、褒め言葉ね。好きな音楽 追及〜大逆転のとき 信頼する人 亜双義一真(抜刀行為はNO) なんつってる間に尋問っすよ(笑)ああ、弁護側の辛いとこね、これ

「ピロートークしよう!」「はぁ、何を話すんだ」「……」「……」「へい亜双義、おまえ好きな人いる?」「キサマだが」
(龍アソ)

龍ノ介「ぼくは顔で笑って心で笑うタイプかな」亜双義「普通に笑ってるだけだな」

龍ノ介:キモいを気持ちいいの略と勘違いしている亜双義「うむ、キモい!やはり風呂はキモいな!成歩堂、キサマも入るといい。キモいぞ!」

龍ノ介:朝起き扉を開けて、ベッドで六法全書を読んでいる亜双義に「おはよう」と言ったら、亜双義が少し寂しそうに笑って「キサマに霊感があるとは、意外だな」

ホームズ「アイリス、ボクのどこが好きなんだい?」アイリス「それこの前も言ったよね?なんでメモとらないの?」

アイリス「あたし、おっきくなったらホームズくんと結婚したいな!そしてこの腐った世界を根元から作り直すの」ホームズ「ボク、必要かなぁ」

アイリス「ご飯くーん!ホームズだよー!」

アイリス「起きてホームズくん!睡眠薬の時間だよ!」

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2015年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30