スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

皆兵(絶チル)

ビルの上を浮遊するのは僕の宿敵とも呼べる人物であり、僕がいまもっとも苦手とする男そのものだった。兵部、と叫べば奴は振り向いて、おそらく僕が浮かべているだろう表情と同じそれをしていた。わざわざ兵部に合わせてビルの屋上にいるせいで、風が強く頬を当たる。あいつの髪もばさばさと風に揺れてずいぶんとうっとうしそうだった。


「なんだよ」


奴はじろりと僕を睨む。ほっとけとでも言いたげなその視線はまるですねた子供のそれで、薫たちと変わりがあるようには思えなかった。80超えのくせに。おおかた予測になかった僕との遭遇で気が立っているのだろう。僕は念のため用意しておいたブラスターに手を添え、兵部の目をじっと見つめる。けれどべつに今日は兵部を捕まえようという気はあまり持っていない。兵部も僕の心を読みとったのかそれがわかったらしく、特に構えようとはしなかった。ふんと鼻を鳴らし、僕をただ見下している。いつもとなんら変わりのない態度だ。少し苛立ちはするが、それでも僕の意思を汲んで手を出してこないあたりは有り難かったし、なんだかネガティブの色には属さない感情さえ覚えてしまった。僕はブラスターから手を離し、拳を握りしめる。兵部は僕から目を逸らさない。


「なあ、兵部」
「なんだよ」
「お前、僕のこと好きか?」


面白いくらい綺麗に兵部の顔が歪んだ。不快の色を隠そうともしていない。はあ?と相手を見下すための声色が空から降ってくる。それを聞いて、もちろん腹も立ったが、それより僕は心底安心してしまった。兵部はそうであらなくてはならないし、僕だって、兵部と同じ気持ちでなくてはならない。そうでないと僕らは互いの立場にいられなくなってしまうし、少なくとも僕があいつを闇から引きずり出せない。だから兵部は、これでいいのだ。ムカつくけど。それが確認できてよかった。
兵部は僕を睨みながら眉間にしわを寄せていたが、不意にふと真顔になり、僕をさっきとは違う感情の籠もった瞳で見つめた。そんな姿を見ていると、なんだか笑みがこぼれ出てしまう。


「僕もお前がめちゃくちゃ嫌いだよ」
「…にやけながら言うことかよ」


気色悪い、と兵部は言ったが、あいつもまんざら不愉快なだけではないらしかった。居心地のいい敵対は長くは続かないし、続けたくもない。ただ、次こそは捕まえるだなんて一言をすこし慈しんでしまいそうな自分は、おそらく自らで認識している以上に危険な不安分子だと思った。

皆兵(絶チル)

熱のこもった吐息は僕の知るこいつのものじゃないみたいで、しかし確実に兵部京介の熱そのものだった。白く細い指が懸命にシーツを歪ませている。僕はただ一心に兵部の唇や首や乱暴にはだけさせた学生服の先にあるものに吸いついて、沈黙の中で兵部をじっとりと犯している最中だった。自分でもどうしてこんなに焦っているのか理解できない。けれど、いきなり僕の部屋に現れた兵部のそのどこか切なげな、いつもとはすこし違った憂いの影を垣間見た瞬間に、いてもたってもいられなくなってしまった。おかげでいま僕は行き場のない熱を理不尽な形で兵部にぶつけている。自分でも最低だと心から感じているが、理性を止めることができない。まるで兵部をつなぎとめるかのように、僕はこの細い体を離せずにいた。兵部はずっと無抵抗なままに僕のずいぶん荒い愛撫もどきを受け入れている。ちいさく喘ぐその姿と表情は、僕をさらに焦燥と困惑の海へ誘導する。ESPを使えば僕ぐらいすぐに吹っ飛ばせるはずなのに、どうしてこいつは僕のこんな行為を甘んじているのだろう?頭の隅でなんとか納得のいく結論を導こうとするのに、溜まった熱の肥大はそれさえも阻止してしまった。兵部の肌が、すこしだけ赤く色づいている。その普段は白く冷に徹する頬が、今だけは熱い。細められる瞳はいつものように深淵しか映してはいないが、いつもより意思の暗闇が鈍かった。たまらなく焦れて、兵部の手首を掴む。掴んでみると思っていたより細い手首だ。体は僕よりも若いのだから当たり前なのかもしれないけれど、それでもひとつの組織を統べる存在としてはずいぶん心許ない。これだから僕は何度もこいつを引き留めてしまうんだ。


「、皆本」


吐息の中に混じって、不意に僕は名前を呼ばれた。兵部の顔を見下ろしてみると、そこにあったのは見たこともない表情だった。下がった眉に蕩けた瞳、乱れた髪は顔にかかって、口は何か言いたげに、なんだか言いようもない魅惑に開かされている感じだった。あまりの顔に不覚にもしばらく見入ってしまう。


「なんなんだ、いきなり…!がっつきすぎなんだよ、このムッツリ!」
「…でも、逃げようと思えば逃げられるだろ、お前。テレポートもできるしサイコキネシスで吹っ飛ばしたっていいし。別にECMが作動してるわけじゃないんだから」
「…あっ」
「…あ?」


兵部はやけに驚いたような表情を作って、それから黙りこくってしまった。あっ、ってなんだ?まさか能力のことを忘れてたなんてわけがないし、突然のことでとっさに能力が使えなかった、なんてのもあり得ないだろうし。じゃあやっぱり何か訳があったとしか考えられない。この驚いているのだって、もしかしたら演技かもしれないしーー
と、ここで僕は壁にめりこんだ。慣れ親しんだ、それでいて懐かしい痛みが全身を襲う。どごんっという壁が破壊される轟音は後から耳に響いて、僕はぎゃあと短い断末魔をあげた。直後その重力の加圧はすっと体を離れ、僕は力なく地面にへたりこんだ。加害者である兵部はぷいと僕にそっぽを向けている。


「ひょ、兵部…、おま、お前なあ…!」
「うるさい。ノーマルのくせに僕に楯突くな」


無駄な時間を過ごした、と兵部は先ほどとは打って変わり心底不機嫌そうにそう吐き捨てる。それから僕へ様々な罵痢雑言を投げつけながら髪と服の乱れを直し、風のようにその場を去ってしまった。突然の行為の終了に僕はしばらく放心し、やがて最近で一番大きなため息をつきながら勢いよくベッドに倒れ込んだ。まだあいつの温もりがありありと残っているのがへんに腹立たしい。けっきょくなんだったんだとつぶやきながら枕をちいさく殴り、シーツを強く握りしめた。僕の脳内に住まい始めてしまった兵部のあの表情が今日中に出ていってくれることを、今はただ願いたい。

皆兵(絶チル)

「君のこと、どうやっても好きになれそうになくてね」
「それはどうも」


だなんて話す僕らは隣りあって夜景を眺めるばかりで、お互いの目なんて見てはいない。突然兵部にこうやって上空まで連れてこられた僕なんて特に、不機嫌を強調するために兵部のほうをまったく見ていなかった。空中から眺める夜景はちかちかと瞬いて、視界を光で埋めつくす。夜だというのに、街は眠る気配を見せない。


「例えば、君は考えないのか」
「何をだよ」
「こうやって僕と空の上にいるいま、不意に落とされるんじゃないか、とかさ。この高さから落ちたらノーマルの君なんて確実に死ぬぜ」


そんなふうに言って、兵部は含み笑いをしてみせる。風が頬を撫でて、さっきから寒くてずっと鳥肌が立っている。減らず口もいいところだと腕をさすりながら嘆息した。


「そんなのあるはずないだろ」
「どうしてそう言い切れる?僕は君が大嫌いなんだぜ?」
「僕が死ねば、薫も死んでしまうんだろ?それを差し引いたって少なくともチルドレンたちにいい影響が出るとは思えない」
「…そういう、馬鹿に冷静なところも嫌いだな」


兵部の声に苛立ちと陰りの色が差す。いまそっちを向けば、おそらく兵部の瞳には混濁した感情が浮かんでいるのだろう。その瞳に吸い込まれてしまわないよう、僕は夜の光に目を落とす。兵部の減らず口も閉じきり、二人の間に奇妙な静寂が訪れた。街の喧噪がかずかに鼓膜を揺らしている。聴覚よりも視覚で感じる騒がしい夜だ。兵部の存在が近くて、遠い。


「光」
「え?」
「…いや」


なんでもない、と兵部はつぶやく。その声に青い思いを見出した僕はついに兵部の顔を見た。照らされる横顔は普段の何十倍も閑静だ。その表情は、なんだかこの街のごちゃりとした灯火達に似ている、と思った。すべてを見守るおとなのようでいて、いつまでも夢を追いかけ続けるこどものようにも見えたからだ。愛情や憎しみ、孤独や慈しみ、過去や未来への想い全部が今の兵部を取り囲んでいる。干渉することはきっと許されないし、僕だって今こいつの喧噪に飛び込むつもりは毛頭なかったけれど、それでも、なんだか。今だけは僕の日常よりもっと遠く、高くに行ってもいいかなんて、馬鹿馬鹿しいことが頭をよぎってしまった。兵部の瞳に映り込む大小さまざまな光の粒を捉える。いつかこいつの光になれる日が来るのだろうかなんておかしなことを考えて、僕は自らの手のひらを見つめた。それは相変わらず無力で、悲しいほどに頼りない。


ばっくなんばーさんの青い春をBGMに書いたシコ文

皆兵(絶チル)

朝の木漏れ日が目に痛い。気だるい体をのそりと起こしベッドサイドに放り出していた眼鏡をかける。そこで自分がやけにベッドの端で寝ていたことに気づき、ちらりと隣を見やった。そこで、僕は昨夜の事態についてを一気に脳に蘇らせる。ああ、と漏れでた短い羞恥の具現化は静寂の部屋に反響し、この言いようもない息苦しさにさらなる磨きをかけるばかりだった。僕の隣で持ち主を差し置いてベッドの3分の2を占拠しているのは、兵部京介だ。昨晩、僕とこいつはなんとも不毛に体を重ねてしまった。もう数度目の話になるのだが毎度の朝の辛さは回を重ねるごとに増してきている気がする。自責の念や、チルドレン達への言いようもない後ろめたさも同様にだ。はあと嘆息しまだかすかな寝息をたてて眠っている兵部を見下ろす。兵部はあまり見たことのない表情でただそこにいた。
朝起きて、兵部がまだここにいるのは滅多にないことだった。いつもは起きると隣はもぬけの殻で、温もりさえ残さず兵部は自分の場所に帰る。それが寂しいだなんて思ってはいないけれど、ベッドの端に寄って一人で横たわっていると、なんだかやけに焦りが募った。だけど今日は兵部がいる。これはこれで、勘は狂う。今もなお眠る兵部の顔に視線を与えながら、どうしてこいつは僕と寝るのだろうと今更なことをぽつぽつと考えた。こいつは僕が大嫌いで、僕だってこいつのことを少なくとも好きだなんて気持ちで接してはいない。けれど、こいつは僕にキスをして、ベッドに僕を押し倒した。それからも定期的に奴は僕の部屋を訪れて、僕の理性をなし崩していく。最初はこの行為によってまた何かを仕掛けられたのかと思ったが、今のところ特にそういった仕掛けや変化は僕の体に現れていない。かといって目的もなくこんなことをしているとはとうてい思えなかった。兵部はいったい僕に何をしようとしているのか。そして、僕はなぜこれを拒めないのか。数度に渡る不本意な密会を重ねられても、いまだに糸口はつかめそうもない。まさか兵部は、…だなんて考えそうになってしまう自分が、今は何よりも腹立たしかった。

「朝から面倒くさいこと考えてるんだな、皆本クン」
「兵部、起きたのか」
「少し前にな。夜明け前には帰るつもりだったのに、寝過ごすとは屈辱だよ。やっぱり僕ももう若くないな」

兵部は眉間にしわを寄せ、僕を睨みつけながらもそんな軽口を叩く。そしてのそりとベッドから起き上がり、空間テレポートを使って瞬時に服を着た。もう帰るつもりらしい。相変わらずの淡泊な事後に、僕はなんだか少しだけ安心してしまった。しかしECMを作動しておけばよかっただなんて頭の隅で考えているあたり、我ながらどうかしていると、思う。


「…その、大丈夫か?腰とか」
「別になんともない」
「でもお前老体だし、腰痛が悪化したりとか」
「誰が腰痛持ちだ」

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2013年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30