レトディミ(FE風花)

「先生、これはいったいどういうことだ?」
腕の中に窮屈そうに収まるディミトリが満を持したという様子でそう問いかけてきた。男二人で寝るには明らかに狭い寝床で二人、はみ出るかはみ出ないかのギリギリを保ちながら身を寄せ合っている。そんな現実を疑問に思ったのだろう。
「何でもすると言ったのはお前だろ」
「確かにそうだが……」
しかしな、と言って大きな獅子は眉を下げた。拳一つぶんすらない距離の先で金色の睫毛が眩く輝いている。
昨日のことだ。『何かしてほしいことはないか』とディミトリが唐突に俺に訊いてきた。なぜそんなことを訊くのかと問えば、日頃から世話になっている礼をしたいのだと返事をされる。「本当に何でもいいのか?」「もちろん、なんでも構わない」そんな会話を経たうえで、自分は「明日の夜、部屋に来てくれ」と言った。そして今に至る。こちらに手を引かれるまま寝床に転がったディミトリは、怪訝な表情のまま大人しくこの手に抱きしめられていた。
「ぬくいな、ディミトリ」
「……先生、本当にこんなことでいいのか?遠慮しているんじゃないか」
そう言われても、多忙な生徒に『一緒に寝てくれ』なんて願いを聞き届かせるためだけに呼びつけているのはなかなか厚かましい行為だと思う。そういった感情を込めて「これがいいんだ」と告げると、その口は何か言いたげに一度開いた。だがうまい言葉が見つからなかったのか何も紡がれることはなくゆるゆると閉口していく。金色のかかった頬に手を添えると、目の前の瞳がわずかにゆらめいた。
「その、本当に眠るだけなんだな?」
「? ああ」
「それなら、まあ、いいんだが」
白い肌に少しだけ赤みが差しているように見える。暑いのだろうか?ああ、そういえばディミトリは暑いのが苦手なのだといつか投書に綴られていた。
「もう少しだな、説明をしてくれないか。夜に部屋に来いだなんて言うから俺はてっきり、……おい先生聞いてるのか」
「あ、すまない。聞いてなかった」
「あのなあ、お前は本当に……」
言いかけて、しかし途中でまたディミトリは言葉を押し込める。その後、まあいい、と呟いて目を閉じた。
「もう夜も深い。明日に響くといけないからそろそろ休もう。おやすみ、先生」
穏やかな言葉尻を残してディミトリはそのまま部屋に沈黙を連れ込んだ。夜の空気にさらされるその輪郭はわずかに入る月の光に照らされている。遠くのほうで虫の穏やかな鳴き声が聞こえた。居心地のいい静寂だ、とこちらは思っているが、果たしてディミトリにとってはどうなのだろうか。思いながら、目元の下にあるわずかな隈を親指でなぞった。
「先生、寝ないのか」
少し呆れたような声で、目を閉じたまま男は呟く。すまない、と告げてから頬に添えてあった手を下ろした。
「最近、この時間はいつも散歩しているだろう。よく眠れていないのか」
言うと、ディミトリはぱちりと目を開ける。驚いた様子でこちらを視界に捉えると、困ったように小さく笑った。
「お前は目敏いな。誰も知らないと思っていたんだが」
「今日は眠れそうか?」
「……正直わからない。だが目を閉じて横になっているだけでも体は楽になるし、先生はどうか気にせずに寝てくれ」
言葉の後に目の前の青が細められ、形の良い口元が綻んだ。無理をしているようすはない。が、放っておくだなんてことは教師としても一人の人間としてもできるはずがなかった。
手を伸ばしてその頭を胸に抱えこむ。え、と困惑の声をあげるディミトリをよそに、頭を抱く両手に強い力を込めた。「苦しいぞ先生」と苦笑気味に呟く男の髪を柔らかくかき混ぜる。少し前まで血のにおいしかしなかった男からは、今は静謐な未来のにおいがした。
「昔、どうしても眠れないことがあった。そんなときに父が……ジェラルトが、眠るまで頭を撫でてくれた」
指に絡む金糸は静かに夜闇の中で光る。じっとこちらの手を享受するディミトリの温かな息が首筋にかかった。しばらくそうして身じろぎもなく撫でられていたディミトリは、ふいにその手をこちらに伸ばす。大きなてのひらはゆるやかに背中に添えられた。
「先生の手は本当に温かいな」
なんだか眠れそうな気がする、という言葉の後、瞳が閉じられる。髪を混ぜる手を止めないまま、おやすみとその耳に囁いた。おそろしい夢も際限のない懺悔もすべてここでだけは存在し得ないのだと、この美しい魂が感じていられているといい。祈りに似た気持ちを抱え、その額に口付けを落としてから自分も瞼を下ろした。

レトディミ(FE風花)

「冗談を言うな、先生」
好きだと言って返ってきた答えはこれだった。逃げられないようにと掴んだ手は力なくこのてのひらに収まっていて、小刻みに震えている。その視線はいつまでも合わない。冗談じゃないと訂正すれば、青白く染まった顔はゆっくりとかぶりを振った。
「いいや、冗談だ。お前は冗談を言うときも真顔だからなかなか嘘か本当かの判断をつけにくいが、今回ばかりはさすがに分かる」
そういう嘘はどうかと思うが、と付け足してディミトリは口角を上げた。まったく上手く笑えていないそれを愛しく思う。 
「本気だ」
「なら正気じゃないんだろう。きっと疲れているんだ、先生」
「正気だし本気だ」
こっちを見ろ、と語気をかすかに強めながら告げる。ディミトリは逸らした視線をわずかな間さまよわせ、やがてすごすごとこちらに目を合わせた。動揺の色がありありと浮かんでいる。笑うのも取り繕うのも本当にずいぶん下手になったものだと思った。嬉しいことだと心から感じる。
「先生、本当に正気か?どうして俺を好きだなんて思うんだ。お前はもっと、ちゃんとした人間を好きになるべきで……」
てのひらの中で震えるディミトリの手はろくな抵抗もなくここに収まり続けていた。ディミトリの力は自分なんて比べ物にならないほどに強い。やろうと思えばこの手なんてすぐに振り払えるはずだった。それでも逃げずにただこちらにそれを委ねている様は、こちらに甘えているようにさえ感じられる。「もっといい相手がいるはずだ」とディミトリは呟く。
「何もわざわざ、俺である必要はひとつもないだろ、先生。……俺の行いも何もかもすべて知っているだろうに。俺の贖罪にお前を付き合わせるつもりは毛頭ない。背負わせたくないんだ、お前には何も」
「なら手を振りほどいて拒絶しろ」
びく、とその手が跳ねて、瞳がわずかに揺れたことを見逃すわけにはいかなかった。平静を取り戻そうと細く息を吐く男に畳みかけるべく言葉を告げる。
「もっとすべてで拒絶できるはずだ、本当に拒みたいなら」
「……違う、先生」
「それにお前はさっきからこっちの感情を無視して正しさを決めつけにかかっている。お前への好意を持つ者としても、教師としても看過できない」
先生、といつもの響きが気品のある唇から危うげに紡がれる。迷子のような目をした男は、困ったように眉を下げていた。どう突き放そうかと逡巡でもしているのだろうが、実質はどこにも行かないでくれとでも言いたげに思えてならない。
「お前は詰めが甘い。ディミトリ」
「…………」
ついに言葉を無くした男は俯き、口をかたく閉じた。ディミトリの手の甲をなぞり、その長くなった髪のうねりを見つめる。お前の本音が聞きたい、と念押しすると、かすかに開いた口から小さな嘆息が漏れた。先生、と呼ぶ声の色は、観念にも懇願にも染まっている。「なあ先生、俺の方が」
「きっと俺の方が、お前のことが好きだ」




マジで耐えられなくなってるうちにいつの間にかかいていた うーん精進しよ…
先生の一人称に悩むな〜

小ネタ詰め

・ヒプマイ


人の金で上海蟹を食らう男の、何の後ろめたさも感じられない瞳を羨ましいと思った。「どこに行きます?それを食べ終わったら」彼は賭場の人間、小生は編集者に追われている。持ち金は少ないので行ける所など限られている。「幻太郎の行きてーとこ行こうぜ」なぜこの男はこんなにも楽しそうなのか謎だ。
(帝幻)

「お前セックスしたことねえだろ」何杯目かの酒をグラスに注ぎながら左馬刻さんがそう呟いた。氷も溶けきってぬるいだろうそれは濡れたグラスの中で不味そうに泳ぐ。「なんすか急に」「顔と態度が童貞丸出しなんだよ。女の一人ぐらいさっさと抱いとけ」「……べつに今そういうの興味ねえんで」「ハ!スカしてんじゃねえぞガキんちょ」笑いながらタバコの煙を吹きかけてくる左馬刻さんはいやに機嫌がいい。マジで興味ないんすよ、と返すとその目は楽しげに細められた。伏せられた睫毛はあんまりにも長い。
(一左馬)


・TOX2

「クラウディア?」朝日を受ける俺を彼女と見間違えたんだろうか、兄さんはずいぶん怯えた目をして俺を見た。直後すぐ、すまないすまないと謝りだす。「俺を殺しに来たのか。そうなんだな。ああ、そうだな、それだけのことを俺はした。だが、待ってくれ、まだ死ねないんだ。俺にはあの子がいるんだ」「兄さん、違うよ」「あの子はまだ小さいんだ、お前も知ってるとおり。俺が守らないといけない。償いならいくらでもする、だから俺に時間をくれ。どうか今だけ俺を許してくれ」壊れた機械のように兄は許しを欲し続ける。ああ、なんか赤ん坊みたいだな、ここ最近の兄さん。……ちょっと可愛い。
(ユリルド)

兄さんあの星いつ落ちるのかな、と弟が指さした先に赤い胎児が浮いている。朝が来る頃にはきっと落ちてるさ、と言ったら安心したように目元を和らげた。可愛い俺のルドガー。星が怖いのだ、きっと。ならば俺が落としてやろう。見たくないものは見なくてもいいんだ。世界はお前のものなのだから。
(ユリルド)

ジュード・マティスという同僚がいけ好かない。いきなりオリジン開発に加わった思えばどんどん結果を出していき、周囲からの期待や信頼をいつの間にか手にしていた。「〇〇さんの説明、すごくわかりやすいです」しかもこうして先輩に媚まで売りやがる。……さらに、顔が可愛い。そんな目で俺を見るな。
(モブとジュード)


・LiS

まただ。俺の目の前に俺の知らないマックスがいる。今の君も素敵だけど、その目を見ると不安でたまらなくなる。君は俺のことを見ているのか?ここにいる俺は、本当に君にとっての俺でいられているのか。訳のわからないことばかり考えるのは昨日観返した映画のせいだろう。……最後二人は他人になった。
(ウォーマク)

「……つまりあの懐中時計はそれこそ時計仕掛けの神だったんだと思う。神にしては結末を悲惨にしていったけどね。信徒を地獄に落とす神だ、祈り甲斐も充分」泣けるなんて言うわりに映画のメタ部分をしっかり皮肉るところはなかなかのオタク気質だと思う。そういう話は嫌いじゃないけど。
(ウォーマク)

マクシーン・Cの眼窩に嵌っている球体の名は"可能性"だ。彼女の写真は日常という数式を感情に変換していて、そこでは現実と空想の融合が淡く可視化されている。「マックスの写真って凄くいいよな」「お世辞はいいよ」「お世辞じゃないって。何かこう、日常なのにSFっぽい。多次元を感じる」「何それ」
(ウォーマク)

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31