スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め

「僕はたぶん君を見たことがないんだろうね」今さら気づいたのね、そうよあなたは本当のわたしなんて見たことがないんでしょうね。だってわたしのことが見えるのは王子様だけなんだもの。多蕗くんだけなんだもの。きっとそういう運命なんだわ。
(晶苹/僕には君が見えない)

「ねえ虎徹さんもし明日僕が交通事故か何かに遭って死んだらすぐ駆けつけてくれますか無理ですよねだって明日は楓さんの結婚式ですもんねええはいわかってます虎徹さん世界で一番愛してます嘘ですだってあなたを一番愛してるのは楓さんですもんね虎徹さん大好きですさようならまた明日」「おまえ怖い」
(兎虎/愛が重いバニちゃん)

「年老いてしわくちゃになっていくあなたに変わらずきれいだと囁きつづける仕事に就きたいんです」「なんか言い回しがめんどくさい感じだからだめ」「誰よりも近い場所であなたの一生を見守りつづけたい」「もうひと声」「ずっと傍にいさせてください」「はい合格」
(兎虎/末爆)

「きみが好きだ」「…紫苑」毎日毎日挨拶のように紫苑はおれにこう囁く。頭が痛くなりそうだ。好きだ好きだとバカの一つ覚えのように紡ぐ言葉のなんと重いこと。「それ言うのやめろ」「じゃあ何を言えばいい、愛してるって言えばいいのか」「あんたはおれにため息をつかせる天才だよ」
(紫ネズ習作)

「俺がジジイになっても好きでいてくれんの?」「え、あなたがおじいさんになるまで傍にいていいんですか…?」「…えっ」「えっ」
(おじさん無意識にプロポーズの巻)

「虎徹さん!」「僕です」「先輩でしたか」「また騙されましたね」「まったく気づきませんでした」「暇を持て余した」「先輩後輩コンビの」「「遊び」」
(ほのぼの兎折)

「はぁ」「今にも死にそうな顔で僕の家に居座らないでください」「あんた先輩も労れないんですか。ダメな後輩を持って僕は悲しいです」「僕だってこんな先輩持って悲しいですよ。ああいや反面教師としては最高なんですけどね」「死ねばいいのに」「軽々しく死ねとか口にするなよヒーロー」
(殺伐兎折)

入道雲が視界を奪う。蝉が忙しなく鳴き声をあげていた。チューペットが美味しかったり麦わら帽子を初めて被ったりだとか新鮮の連続が僕を襲った。夏がすぐ隣にいる。「田舎もいいものですね」「いいもんだろ」縁側の彼が微笑んだ。
(兎虎/虎さんの実家に兎ちゃんが押しかけたよ)

飛び散ったのは濁った同情だしこの人の体に新しい命が宿ることはないしまず愛情なんてものさえない気がしたので僕はただ淡々と後始末を始めるのだった。だから虚しくなるだけだからやめようって言ったのに。鼓膜を揺らしたのは冷めきった彼の低音である。
(兎虎/事後悔)

「僕にはあなたがいればいいんです」「俺はおまえだけしかいないなんてやだよ」
(兎虎)

「君はほんとうはものすごくバカなんだね。バカだから僕なんかに引っかかっちゃったんだろ。ほら、解放してあげるからもう泣くのはやめにしようよ」
(限りなくハッピーエンドに近い主足)

兎虎未完(TB)

目の前が弾けるような感覚に襲われた。ほどよく回っていた酔いさえ吹っ飛んでしまうほど強烈な閃光が瞬く。店内の照明がやけに眩しく思えて、ふと目を細めた。晒すようであり秘めるようでもある指先がライダースジャケットに皺を作る。情けなく固まってしまっている自分が心底情けなくてみっともない。先程まで身近に感じていた喧騒が、こんなにも遠くなる、なんて。

「バーナビーくん、どうかしたのかい?」
「え、あ、いえ、ちょっと酔ってしまったみたいで」

ぼうっとしている僕を気にかけるような言葉が四方からちらほらと降ってきた。慌てて口角をつり上げて取り繕う。その間も彼の手のひらは僕の腕をそっと捕らえていた。直接肌に触れられているわけでもないのに、その箇所がやけに熱い。ちょうど視線の斜め下で上機嫌にワイングラスを傾ける彼の褐色の肌は、りんごのような赤さに染まっていた。とろけたような瞳と艶やかに濡れた唇は目に毒でしかない。

兎虎未完(TB)

つまらないことで怒らなくなった。

「どりゃ」

いつものように虎徹さんは職場のデスク近くのゴミ箱にバナナの皮を投げ捨てる。そしていつものようにバナナの皮はゴミ箱に体当たりをしただけでホールインワンとはいかなかった。あっちゃーと呟く虎徹さんが次にとった行動は、ゴミ箱の前を通る僕を視界に入れること。ああ彼がこれから発する言葉が予想できてしまった。

「わりぃバニー、そのバナナの皮さ、ゴミ箱に捨てといてくんね?」

ほらねやっぱり。少し前の僕なら自分でやってくださいと一喝していただろう場面の訪れ。虎徹さんは頭を掻きながらへらりと笑っている。

「…しょうがない人ですね」
「おーサンキュ」

折砂未完(TB)

真夜中、寮を抜け出そうと言い出したのは珍しくも僕のほうだった。そりゃあ普段真面目なイワンがいきなり不良になったとかなんとか言って彼は驚いていたし、僕だって驚いた。こんな積極性が自分の中に潜んでいたのかと、やたら客観的に自分を見つめて少し頬が緩んだりもした。生温い風が僕らの髪で遊んでいく。どこに行こうか、そう言うとエドワードは場所決めてなかったのかよと快活に笑った。頬を膨らませて遺憾の意を示せば、そうだなイワンくんは夜遊びとかしたことないからどこ行けばいいかわからないんだよな、なんて遊び慣れたかのような台詞をエドワードは紡ぐ。そして軽く辺りを見回したあと、『こっからじゃ俺の行きつけの店までかなり距離ありそうだなあ』と残念そうに嘆息した。寮から出たあと闇雲に歩いたせいでこの場所すらどこなのかよくわからない。

紫ネズ未完(6番)

「きみはぼくの気持ちをただの興味だと言ったな」
「物珍しいものを見て舞い上がっているだけだと言った」
「ぼくはきみに惹かれているわけでもないし、愛しているわけでもない。そう、言ったよな」

埃が舞う室内で男の言葉が共に舞った。そう広くないベッドに男二人分の体重がかかる。ぎしりと軋む音が鼓膜を犯した。視界の端で燃える蝋燭の様は今の紫苑の瞳のようだとぼんやり思う。果たしてその話題は俺の読書を中断してまで話さなければならない重要なものなのか。そう言いたかったはずなのに、何故か喉の奥で言葉がつっかえた。唇が乾いていることに気づいたのはその直後だ。ぺろりと舐めあげると、紫苑の炎が勢いを増した、ような気がした。そこでおれはいま紫苑がとっている行動の意味を少しだけ悟ってしまう。もしかして、あんた。呟こうとして薄く開いた唇に紫苑の指が押し当てられた。白く細い頼りなさげなそれが、つうっと形を確かめるように唇をなぞる。驚いた、あまりにもなまめかしい動きをしてみせるものだから。

「ネズミ、あれからぼくは考えた。本当にぼくはきみに惹かれていないのか、きみを愛していないのか。考え抜いたよ。その結果導き出した答えは、なんだったと思う」
「やっぱり勘違いでしたー、ってか?」
「そう、見えるか」

炎が燃える。あかい炎が、しっかりとおれを捕らえている。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年09月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30