スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

提督と曙(艦これ)

曙ちゃん、と耳障りなトーンで誰かがあたしを呼んでいる。返事をするのもなんだか癪なので、いったん無視してさっきよりも速いスピードで廊下を歩き始めた。後ろからかつかつとあたしを追う足音が聞こえる。
「曙ちゃん」
「……」
「おおい、曙ちゃん」
「……」
「食堂行くんだろ?一緒に行こう」
「……」
「曙ちゃんは今日もお昼ちゃんこ鍋?」
「食べたことないわよ!」
つい振り返って怒鳴ってしまった。クソ提督は満足気ににやにやと笑っている。いけない、また奴のペースに乗っちゃうわ。平常心を保たなきゃ。ごほん、と咳払いをして提督を見上げる。
「ついてこないでよ」
「えー、だって方向同じだし」
「提督はトイレでボーキ食べてりゃいいでしょ!」
「曙ちゃん、提督人間だからボーキは食えないんだ」
「へえ、それは知らなかったわ。失礼」
踵を返してまた先を急ぐ。けれど後ろからはまた絶えず足音が聞こえてきた。あたしが歩く速度を速めると、それに合わせて足音も速くなる。そのぶんあたしのイライラも募る一方だった。
「…ストーカー」
「曙ちゃん専属だけどな」
「ストーカーっていったら普通専属でしょ、バカじゃないの」
「それより曙ちゃん、歩くの速いな。やっぱり日課のしこ踏みで足鍛えられてるの?」
「殴るぞクソ提督!」
しまった、また振り返ってしまった。提督はまた嬉しそうにあたしを見て笑っている。あー、腹立つ!人のペースを崩すのがそんなに楽しいのかしら!決めた、もう無視を決め込もう。何を話しかけられてももう絶対返事はしない。そう心に釘で打ち込んで、クソ提督のにやついた笑みを視界から振り切るようにまた前を向いた。後ろで「あれ」という小さい呟きが漏れる。それも構わず無心で足を進めた。
「曙ちゃん」
「……」
「怒っちゃった?」
「……」
「あー、曙ちゃん?その、俺にぶつかり稽古してもいいぞ?」
「……」
「曙ちゃあん」
「……」
「…曙」
急に雰囲気が変わった。声のトーンや後ろの気配が放つ空気感さえも。あまりの変化に、意識と関係なく足が止まってしまう。今後ろにいるのはいつもあたしをからかっているふざけたクソ提督ではないかもしれないとさえ思えてしまった。提督は二人の距離の分だけ靴音を響かせて、ついに完璧にあたしに追いつく。次にあたしのお腹に両手を回して、ぴったりと距離を埋めた。一瞬何が起こったかわからなくなって、呼吸が止まりそうになる。そのあとどんどんドキドキが追いかけてきて、顔がバカみたいに熱くなった。
「曙」
「な、何よ…」
頭がうまく働かない。落ち着け、あたしは艦なのよ。今現在の状況をもっと巧妙に把握しなきゃ。そう心で念じてみても、考えなんてまとまらない。悔しいことにいっぱいいっぱいなあたしが固まっていると、提督はそっと優しく言葉を紡いだ。
「はっけいよいのこった」
「死ね!!」

提督と曙(艦これ)

※死ネタ
------

海の底には何があるのかな。もう泳ぐことさえできない体を水に投げ出しながら思う。魚はいっぱいいるだろうな。あと、冷たくて寒いのかしら。…鎮守府はいつも暖かかったから、すこし堪えるかもしれないわね。ああ、なんだか焦げ臭い。装備もぼろぼろだし、身だしなみも何もあったもんじゃないわね。みっともないったらありゃしない。
「曙!」
「待ってろ、そこを動くなよ!」
「絶対助けてやるから!」
遠くであたしを呼ぶやかましい声が聞こえる。耳慣れたそれはバカみたいに上擦っていて、さらにすこし涙に濡れていた。なんて声出してるのよ、あなたクソなりにも提督なんじゃないの? いつもお相撲さんだなんだってからかってくるくせに、何真剣になってるのかしら。しかもあたしのこと呼び捨てにするなんて、100万年早いのよ。ああ、この体が動きさえすればその間抜けた顔拝んで悪口のひとつでもふっかけるのに。
海はどんどん荒く波をかき立てた。クソ提督の声が少しずつ小さくなっていく。早く帰ればいいのに。一緒に沈んだりなんてしたら目も当てられないじゃない。あなたにはまだ守るものがたくさんあるでしょう。
「提督、…もう帰りましょう」
「曙!おい、返事しろ!どこにいる!くそ、探知!なにしてんだ、早く探知しろ!」
「提督!」
話聞いてあげなさいよ、せっかくあの漣がふざけずに話してるのに。バカね、だからあんたってクソ提督なのよ。初めて会ったときからずっとそう、意気込んで鎮守府に来たあたしに対しての第一声が「どすこい」とか、どういうことかとびっくりしたもんよ。おかげで変に肩の力抜けちゃって困ったものだったわ。初めての出撃の時もよ。興奮と不安が混じった不思議な気持ちで夜中に月を見てたら、あんた隣にやってきて「明日帰ってきたらちゃんこ鍋食べよう」って。もう相撲ネタはいいのよ。ムードぶち壊しだったわ。あと、あたしと一緒に出撃した艦が沈んだとき、あんたは落ち込んだあたしの頭を撫でたわね。…そのときだけは、よけいな一言は言わなかったっけ。
全部懐かしい思い出だ。走馬燈にはふさわしいわね。いつだってクソ提督だったわ、あんたって。そのせいであたしいつも重荷を背負わなくて済んでた。あたしの記憶の中のあんたは、まるで神様みたいに優しい笑顔で微笑んでくれている。
「曙、曙!嫌だぞ、許さないからな!お前が傍にいないなんて、俺は……」
クソ提督の声が聞き取れないほど小さくなっていく。ついにさよならも言えなかった。けれどいま、あたしの傍には誰の死もない。みっともないところも誰にも見られない。これはこれでいい終わりかもしれない。あたしはあたしの記憶の中の、クソでヘタレで最悪で誰よりもかっこいいたくさんの神に感謝でもしながら海の底で暮らすことにするわ。…すこしだけ寂しいだなんて、柄じゃないよね。こんな気持ちになるのも全部あんたのせいだわ。ねえ、ちゃんと他にいい人を見つけなさいよね。
「愛してるわよ、クソ提督」


-------
曙「GOD'S and DEATH…」←タイトル
正直↑これが言いたかっただけである

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31