日苗未完(ロンパ)

V3体験版時空
----------

モノクマの仕業で何故かボクと日向クンと赤松さんで共同生活をすることになってしまった。問題がありすぎてもはやどこから手をつければいいのかまったくわからない。部屋に入りなる黙りこくってしまったボク達はしばらくベッドだったり椅子だったり床だったりに座って物思いに耽っていたけど、やがて赤松さんがおもむろに立ち上がり「シャワー浴びてきていいですか」と死にそうな顔で切り出した。え、そんな急に成年向け漫画みたいな……とすごい勢いで日向クンと顔を見合わせたけれど、そりゃまあ普通に考えれば女の子だしお風呂には入りたいよな、とお互いひとまず平静を取り戻す。ここに来ていろいろなことがあったし、そりゃあ一人の空間でゆっくり物を考えたくもなるだろう。
聞こえてくるシャワーの音にいやに耳を澄ましてしまいながら、何故か日向クンと二人ベッドに並んで腰掛けている。日向クンはとても神妙な面持ちで肘を膝に付き指を組んで考え込んでいた。ボクはずっと床を見ている。床のキズの数を数えている。考えることは本当にたくさんあるから、あるだけに、現実がもやもやと形を変えて掴み所がなかった。
「なあ、苗木」
不意に日向クンがボクを呼ぶ。振り返ると、日向クンは眉間に皺を寄せながらボクを見ていた。悲痛な面持ちだ。そうか、日向クンは今の現状や今後のことを逃避せずにきちんと考えているんだ。ボクも前向きだけが取り柄なんだし、逃げずにきちんと考えていかなければならない。こういうところはさすが先輩だな、と思いながら「何?」と返事をする。すると彼はボクから視線を外し、「正直に答えてくれ」と呟いた。
「お前童貞か?」
あ、違った。日向クンはこの現状しか考えていなかった。『男女が一部屋』というこの状況をバリバリに意識してしまっている感じが雰囲気でわかりまくる。言葉の真意を閃きアナグラムで読み取るとつまり「お前こういう経験ある?」といったところだろう。こんなことで推理するのもバカバカしくはあるけど。しかもその目の前の動揺にあてられてか、遠退いていたシャワーの音がまた鼓膜を震わせに戻ってきた。
「俺たち仲間だろ?隠し事は無しだぞ」
「いや、うーん」
何となく答えづらくて曖昧な返事しか出来ない。日向クンの表情はわりと鬼気迫っていた。
「ええっと、そういう日向クンはどうなの?」
「……俺か?」
呟くなり日向クンは俯いてしまい、そこから大きな沈黙がボクたちの間に横たわった。険しい顔は隠しきれない哀愁が漂っている。
「童貞なんだね……」
「勝手に決めるな!!」
希望のカケラ回収イベントで狛枝クンに叫んだが如く吼えた日向クンは、しかしその後意気消沈したかのように項垂れてしまった。日向クンはここ最近まで体も脳味噌も忙しなかったから経験出来ていなくても仕方がないんじゃ?と思うけどそういう話ではないんだろうな。一種男のステータスみたいな問題だし。なんと声をかけるべきか迷っていると、やがてその顔が覚悟を決めたかのようにバッと上がった。日向クンの手がボクの肩を勢いよく掴む。
「苗木、確かに俺たち童貞にこの環境は刺激的過ぎるかもしれない」
「いや日向クンこそ勝手に決めないでよ」
「でもいろんな死地を切り抜けてきた俺たちなら、きっと大丈夫だ!俺たちならきっと理性だって……未来だって創れる!」
名台詞をなんてしょうもないところで使っちゃうんだ。そう言いたいけれど日向クンの眼力の強さにツッコミが飲み込まれてしまう。とりあえず頷くとゆっくりとした首肯が返ってきた。顔の近さから来る圧がすごい。軽く肩を押して距離を取りながら、まあまあ、と苦笑いをした。
「ここで動揺してたらそれこそモノクマの思う壺だよ。ボク達が協力してお互いを監視し合ってれば大丈夫だと思うし、もし本当に我慢ならないときは代わりにボクを襲ってくれればいいし……なんて。アハハ」
場を和ませるべくちょっとした冗談を口にしてみる。お前で興奮できるかよ、なんて言って笑ってくれれば成功だ。笑顔を貼りつけながら日向クンの軽快な笑い声を待った。しかし、笑い声どころか日向クンの顔からふっと表情が消えてしまった。


このあと滅茶ックス未遂

日向と松田未完(ロンパ2)

「お前、ちゃんと薬飲んでんだろうな」
松田がいつもの数倍険しい顔をしてそう言った。視線の先には俺の脳みそのレントゲン写真がある。何がどうなってるのかは素人目ではとうてい分からないが、その雰囲気からして良い傾向にはないのだろう。
「飲んでるよ。朝昼晩欠かさずに」
「じゃあ何でこんなスッカスカになるんだよ。ああ元からか?」
「……そうかもな」
「御託並べてるヒマはねえんだよ」
机を強く叩き、威嚇するように俺を見る。かなりイライラしているらしい。嘘はついてないんだけどな、お互い信頼はゼロということみたいだ。
「じゃあ訊くけど、この薬って本当に副作用を抑えるためのものなのか?飲むたびに頭が痛くなるぞ」
「ああ、それでいいんだよ。効いてる証拠だ」
「おかしいだろ、それって!副作用を抑えるために飲んでるもので体調が悪くなるなんて、それじゃあ……」
「おいグズ」
そう言ってじろりと睨んでくる。松田は絶対に俺の名前を呼ばない。どうしてかと理由を聞いても答えない。自分自身がどんどんあやふやになっていくようで、こいつと喋るのは苦手だ。


お題「信用のない螺旋」でした
アニメで二人いっぱい会話してくれて嬉しかった〜(幻覚)

日狛未完(ロンパ2)

ボクが見る日向クンの姿は、だいたいが走っている姿だった。力仕事も頭を使うこともすべてこなして、その傍らでみんなの相談を受けている。ボクの相談まで受けるなんて言ってきたときはさすがに言葉を失ってしまった。死神だなんて呼ばれ続けて早10数年、ボクの傍にあんな気軽に近寄ってきた存在なんていただろうか。ボクの傍にいたら死んじゃうよと脅してみても、次そんなこと言ったら怒るぞ、なんて言いながらもうすでに怒っていた。日向クンには嫌われたくないから、ボクがその質問をしたのはただ一回きりだ。嫌われたくないだなんて、言う資格がボクにはないのに。

「日向クン。忙しいのはいいけど、あまり無理な力仕事はしないでよ。ボクに近づいてしまった以上、キミに命の危険が迫ってるかもしれないんだ」
「またそんな話かよ。大丈夫だって言ってるだろ」
「でも、もう笑い事じゃないんだよ」
「大丈夫だよ」

ボクが声をかけるたび、いつも日向クンはそう言って笑ってみせる。その姿が逆にボクをより強い心配で締め付けていることにはおそらく気づいていない。

日狛(ロンパ2)

「結婚しよう」


幸せにする、と俺は目前のそいつにこう言い放った。言い放たれた側の男、狛枝はただでさえ無駄に大きい瞳をよりいっそう見開いて、完全に動きを停止する。戸惑いの中にきらりと輝くその光景を、俺は愛していた。狛枝、可哀想できれいなお前を幸せにしてやる。純粋な喜びを教えてやるのだ。俺にはそれができる。根拠なんかないけど、それを言うならできないという根拠だってないのだから。強い風が吹いて、狛枝の髪がふわふわと揺れていた。目を細める狛枝に手を差し伸べる。するとあいつは俺の手を凝視して、何かを言おうと口をちいさく開いた。けれどすぐにそれをつぐんで、静かに俺を見る。その瞳から垂れる雫はおそろしげに俺を脅迫した。狛枝、きれいだ。きれいだぞ。口をついて出たその言葉を受けた狛枝は、眉を下げてうれしそうに口元を歪めた。なんて美しいやつだと思った。


「冗談じゃないよ、予備学科ごときと結婚だなんて」


ああ、狛枝。俺の可愛いドブ。お前はこれからもそうやって、俺を世界にあてはめず生きていくのだろう。愛してるぞ。

日狛(ロンパ2)

俺は狛枝を確信的に想っている。好意的な俺のこの必然的な気持ちは時に狛枝の猜疑的な感情を疑心の闇で確定的に満たし尽くしていくようだが、俺の永続的なこの個を為した想いはあいつが考えているよりきっとずっと真実的で確たる俺の核なのである。つまりあいつが否定的に認識している俺の本能的な想いはあいつが思っているよりももっと美的で根本的な意識的の中に潜んだ完全的なものだということだ。絶対的なこの想いを俺はなんとかしてあいつに持続的な要素を孕ませてその脆弱的な意識下へ叩き落としてやらねばならないのだが、あいつは俺の盲信的にも見受けられるかもしれない想いと接触することを不変的に恐れている。これは俺にとって不都合的な事実だった。俺はただあいつをいとおしい害として肯定的に捉えていることをあいつにせめて部分的なものだけでも知ってほしいだけだというのに。俺はただ、あいつを愛しているだけだというのに。そうだ、これは愛だ。愛だ。愛なんだ。確信的で好意的で必然的で猜疑的で確定的で永続的で真実的で否定的で本能的で美的で根本的で意識的で完全的で絶対的で持続的で脆弱的で盲信的で不変的で不都合的で肯定的で部分的な愛だ愛だ愛だ愛だ愛だ曖だ哀だ藍だ会いだ遭い、あい、愛、?
(もしかしてこれ、妄想なんじゃないか?)


「狛枝、信じなくていいんだ。信じてもらおうだなんて俺はこれっぽっちも思っちゃいない、思っちゃいないんだ。ただお前に聞いてもらいたいから、俺は話すよ。洗いざらいきれいに話すよ。何もかも包み隠さず嘘さえつかず話すよ。話すよ。話したいんだ、話させてくれ。今の俺を普段の日向創だと、早く定義付けさせてくれ。なあ狛枝、俺は、俺はな。俺は確信的に好意的に必然的に猜疑的に確定的に永続的に真実的に否定的に本能的に美的に根本的に意識的に完全的に絶対的に持続的に脆弱的に盲信的に不変的に不都合的に肯定的に部分的に、普遍的に。いつもどおりにお前を、お前のことを、…狛枝、」
「愛してるよ」

そう発した狛枝がどんな顔をしていたか俺はうまく思い出せないのだが、恐らく、泣いていたと思う。たぶん妄想なんかじゃない。俺は狛枝をどうしようもなく愛していて、そして狛枝もどうしようもなく俺の希望と、そして俺を、絶望的に。愛していた。きっとこれはそれだけの話だったのだ。たぶん、妄想なんかじゃない。


ほとばしる厨二臭
とりあえず無計画にものをかくのはやめようと思います…
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31