フレユリ(TOV)

「ようフレン。オレは見つかったか?」
橋の欄干に座る見慣れた男の長髪が風に揺らいでいる。彼は僕をゆるやかに見下ろしながらその目をすっと細めていた。夢か幻覚か、何かはわからないがユーリ・ローウェルの形は確かにそこにあった。見つかっていない、と返事をすると彼は口角を上げる。
「あの高さから落ちたんだ、見つからねえなら海の底に沈んじまったって考えるのが自然だと思うけどな」
「ずいぶん諦めが良くなったんだな。君らしくない」
「オレはお前の言う『オレ』じゃねえからな。お前が勝手に作り出したもんだ。……自分で作ったもんにぐらい都合のいいこと喋らせりゃいいのによ」
その瞳が三日月に歪む。水面に彼の姿は映っていない。
「まだオレが生きてると思ってんのか?」
「君があんなことで死ぬはずがない」
「買いかぶりすぎじゃねえか」
「殊勝なことを言うな」
君は生きてる、それだけが絶対であり真実だ。そう言うと彼は目を丸くして僕を見る。次の瞬間ひゅうと突風が吹いて、彼の長い黒髪がその顔を隠した。木の葉や花びらが彼の後ろを通り過ぎていく。やがて風が止んでユーリの表情が露わになったとき、そこには満足げな笑みが浮かんでいた。
「お前、ほんとオレのこと好きな」
「……返答は控えるよ」
はは、と笑って三日月は輝いた。相変わらず水面に彼は映らない。

フレユリ(TOV)

「指輪も用意できねえのか騎士様は」
そう言って声を上げて大笑いする友人の人差し指は僕の手の中の花に向かって指されていた。一輪の黒い花だ。風に揺られながら沿道の日陰にそっと咲いていて、僕の足の先がその花に向いた瞬間に彼が好きだということを自覚した。だから急いで花を摘んで遠征先から彼の元へ帰ってきたのだが、……いざ渡してみればこの反応だ!確かに自分でも驚くほど間抜けだとは思う。20を過ぎた男が息を切らして男に花を差し出しながら告白をしているのだ。それに彼の性格上、こんなこと笑うに決まっている。それでも止められなかった。今回だけは絶対にユーリを逃したくなかったのだ。
「はあ。ここ最近で一番笑ったわ」
「……すごく失礼だぞ、君」
「しゃあねえだろ。イケメンの騎士団長様が肩で息しながらちっこい花持って『君が好きだ』だぜ?下町のガキ共でももうちっとは背伸びした告白できるっつの」
やべえまた笑えてきた、と呟いてユーリは再び大きな声で笑い出す。僕はといえばただただ顔を熱くするばかりだ。やはり思いつきで行動するのは良くない、せめてもう少し頭を冷やしてから伝えるべきだった。そう思い花を差し出す手を引こうとしたとき、ふと彼の白い指が僕の腕を掴みそれを静止した。
「待てよ。もらわねえとは言ってねえ」
ユーリの指は花まで滑り、僕の手をするりとなぞる。漆黒の瞳は真っ直ぐにこちらを見つめていた。
「くれよ」
「……、指輪を買ってくるよ」
「拗ねんなよ、例えだって。指輪は性に合わねえしな」
僕が手を解くとユーリは花を柔らかく掴んだ。花びらを軽くつまみながら笑っている。
「まあこっちも柄じゃねえけど。……悪い気はしねえな」
そう言って上機嫌そうに微笑んだユーリは、その瞳の中に僕をじっと閉じ込めた。そういえば昔から、その目に吸い込まれそうだとよく考えていた。もしかしたら僕はずっと以前からこうして彼に捕われていたのかも知れない。僕の思考を知ってか知らずか、ユーリは静かに目を細めた。
「ありがとよ」
その笑顔はなんだかいつもの彼らしくなく、とても純粋な喜びに溢れているように見えた。まさか、と思いながら僕は息を呑んで次の言葉を待つ。……が、一向に先は紡がれない。
「あの、返事を言ってくれないか」
「言わなきゃわかんねえか?わかるだろ、なんとなく」
「きちんと言葉で聞きたいんだが」
「やだね。言わせたきゃ次は花束持ってきな」
「……君というやつは本当に…」
でも好きなんだろ。そう言われて僕はついに閉口した。昔から口では彼に敵わないのだ。妙に勝ち誇った顔をした彼を見つめながら、僕は一番近くの花屋はどこだったかを懸命に思い出そうとしている。

ノクト一行未完(FF15)

「大変だよノクト!イグニスがご都合謎バステのせいで本音しか喋れなくなっちゃったんだ!」
同人誌の導入のようなセリフがプロンプトの口から飛び出したのは午前9時、ノクティスにとって早朝と呼べる時間帯だった。ほぼ悲鳴とも言える友人の言葉を起床したての頭はすぐに理解しない。ベッドにあぐらをかきぼりぼりと頭を掻くノクティスに代わり、隣のベッドに座って身支度をしていたグラディオラスが「はあ?」と声をあげた。
「わけわかんねえぞ、いったん落ち着け」
「落ち着いてられないって!二人もイグニスに会えばわかるよ」
そう言ってからプロンプトは廊下に視線をやり「イグニス、入って」とおそるおそる件の人物を呼び込んだ。カツ、と常通りの整然とした靴音が廊下に響き、ノクティスの従者たる男がゆっくりと部屋に姿を見せる。涼しげな表情、きっちりと整えられた身なり、彼らを見やる軍師然とした眼差し。ノクティスとグラディオラスから見て、少なくとも見た目には何も変化が見られない。
「イグニス。はよ」
まだ少し寝ぼけ気味のノクティスが親しげな挨拶を寄越す。グラディオラスもそれに続き「よう」と呟くと、しばらくのたっぷりとした間を空けたのちにイグニスの口が開かれた。
「おはよう。ノクト、今日もお前は眩しく美しい。昔から変わらずオレの光だ。おいで、寝癖を整えてあげよう。フフ、髪が妙な跳ね方をしているじゃないか。はぁ〜まぢ尊……オレの王……kiss……」
「ほら!ほらね!?ツラいでしょ!?」
モーテルに響き渡る声でプロンプトがそう叫んだのも無理はなかった。グラディオラスが形容し難い絶妙に微妙な表情を浮かべる。ノクティスはいまだ脳が覚醒しておらず脳天気そうにあくびをひとつするのみだった。
「朝からずっとこの調子なんだよ!口を開ければノクトノクトノクト……いやいつもどおりだけど、いつにも増して言ってることコワイんだよ!」
「ノクトを苛むすべてをこの世から排除したい」
「ほらあ!!」
プロンプトは悲痛な面持ちでノクティスとグラディオラスを見つめる。グラディオラスは「あー」と唸りしばらくイグニスに目をやった。そののち頭をがしがしと掻き、まあ、と呟く。
「聞いてる側はかなりいたたまれねえな」
「でしょ!?早く治してあげたいんだけど薬が効かなくてさ……」
ちら、と二人が横目で見た先ではイグニスが眉間に皺を寄せながら何度か咳払いをしていた。顔色が赤と青の混ざった妙な色になっている。あ、ヤバイこと言ってる自覚はあるんだな、と悟ったグラディオラスはイグニスに対して同情と労りの感情を抱いた。ノクティスはぼうっと自身の爪を見つめている。
「プロンプト、すまないがこの症状が治るまでしばらく喋るのを控えようと思う」
不意にイグニスがそう言って、プロンプトはああ、うんとねぎらいを露わにしながらうなずいた。
「一番辛いのはイグニスだもんね。ごめん、みんなに症状を見てもらうためとはいえ恥ずかしい思いさせちゃって」
「いいんだ、お前の心配りはきちんとわかっている。さすがノクトの親友だ、お前にはいつも感謝している」
「……え、エヘヘ……」
「ただ、近頃の写真だが……ノクトの写真映りがすこぶる悪いな。もう少し光を抑えて、撮る前には声をかけるよりも不意を突いて撮ったほうがいい。ノクトは構えると顔が険しくなったり目を閉じてしまったりするからな。昔からそうだったんだ、だからアルバムに入れる写真を撮る際はシャッター係と照明係と気をそらせる係と最終チェック係が必須で」
「ダメだなんでもロイヤル過保護談義に繋げる体になっちゃってる!!これホント早く治してあげよう!」
プロンプトの言葉にグラディオラスは大きく頷く。次いでノクティスをちらりと見ると、彼は目を擦り大きく伸びをしてから『起きた』という言葉代わりに小さく片手を上げた。そしていつもどおりの調子でこう呟く。
「マジやべーな」

この奇怪な二次創作専用バステを治癒するべく、四人は情報収集に奔走することになった。グラディオラスとプロンプトが各地への聞き込みを申し出たので、ノクティスとイグニスは現在居るレスタルムの図書館で文献を総ざらいすることを決めた。街の図書館にはあまり人が訪れないようで、本を引き出すたびわずかに埃が舞う。『よくわかる状態異常』『マンガで学ぼう!バッドステータス』『男は黙って夜釣り』などの数冊を手に取ったノクティスは事前にイグニスによって拭かれたテーブルにそれらをドサリと置いた。
「何か参考になりそうなものはあったか?」
「んーまあ何冊か」
「すまない、面倒をかけてしまって」
イグニスは少し低いトーンでそう呟く。ノクティスは彼の瞳を見据えながら、いいんじゃね、と短く返した。



最初の三行ぐらいでオチてるから続き特にいらなかった

フレユリ(TOV)

見慣れた金髪が土埃の中でキラキラと光っている。遠目にもわかる明るさは戦闘中のごたごたの中でもよく目立つから助かった。魔物と間違えて斬っちまわずに済みそうだ。すっとした横顔には海みたいな青さの目が嵌っている。斬るべき敵を見据えて、的確に剣を向ける。昔よりも精度の上がった太刀筋にはひとつの迷いも見当たらない。騎士様然とした佇まいと鋭い視線、その全部に恥じない実力と信念。それが急にこっちを向いたもんだから一瞬剣が揺れかけた。ユーリ、余所見をするな。そう叱りつけてくる幼馴染に笑いを返す。
「わりーな。本気でお前に見惚れてた」
「……また君は!」

小ネタ詰め

・TOX2(ユリルド)

「昔、家に家政婦がいたのですが」「とても美しい女性でした。料理が上手く、控えめで、しかし気丈な人だった」あなたによく似ている、そう呟くと兄さんは俺を真っすぐに見つめてきた。さすがに見過ごせないほどの熱量で「あなたが欲しい」と伝えられている。

「紐を通して着る服なのですけど、一人ではうまく脱げなくて。手伝っていただけませんか」そう言って女は俺に背中を向けた。こんなに明朗とした女だっただろうか、記憶が曖昧だ。紐を外し服を脱がすと、女の腹には傷があった。…あの日俺が刺した箇所だ。「何を見ていらっしゃるんです?ユリウス様」
「また自殺したのか」「…昨日の夜また『ルドガー』を探し始めた。何とか寝かしつけたが、朝起きたらこうなっていた」液体窒素の煙が細々と瓶から立ち昇っている。生者の色をなくした肌に嵌め込まれた瞳が俺を見る。焦点は勿論合わない。「近頃ますます人間に近づいているな。危険な兆候だ」「…ああ」
(惑星ソラリスパロ)

「お前はガラスの家に住む勇気なんてないだろう」そう言ったら目の前の弟はただでさえ丸い瞳をより丸めて俺を見た。その後すぐに、子供のような顔で笑う。そうして緑の目を細めて笑うのだ。笑顔が母親によく似ている。俺にはきっとかけらも似ていない。それだけは救いだと思った。「カーテンがあるよ」
(シングルマンパロ)

あの女か、あの女はな、俺が殺した、どうした、なぜ怯える?なぜ逃げようとする?大丈夫だ、あの日のおかげだ、あれのおかげで俺たちはこうしていられるんだ、大丈夫だ、…なぜ振り返る、大丈夫だ、俺たちは自由だ、あの男もじきに殺してやる、大丈夫だ、振り返るな、俺の愛しいルドガー、大丈夫だ…
「すみません、私は 今まで格好つけていただけなんです。本当はこうして自分の意思で女性にアプローチをしたことがありません。不快でしたらどうかはっきりとそう言ってください」そう口にしたあと、兄さんは眉を下げて俺を見た。初めて出会ったときのルルのような顔をしている。…なあ、ずるくないか?


・ロボノ

「愛理ちゃん?なんでいるの」「ああ、そう」「優しいね」もうアキちゃんもミサ姉も君島コウもみんないなくなってしまった。地球に戻る意味なんてほぼないのかもしれないけど、それでもあそこには俺のすべてがある。「他のところに行ってもいいんだよ」「ばかだなあ」
(ウラシマ効果八汐)

「海翔くんおかえりなさい。今は西暦何年だと思います?なんと2119年です。海翔くんはウラシマ効果に巻き込まれてしまったんですよ。私はAIです。天王寺綯はもうとっくの昔に死んでます」「…あのね綯さん。今俺がいるとこ、壁にカレンダー貼られてるんだよね。設定雑だし」「あ、バレちゃいました?」
(海綯)

個人レッスンなんて言うから何されるのかと思ったら宇宙についてのお勉強会を開いてくれるだけらしい。…いや、変な期待はしてなかったけどね、勿論。「恒星が重力崩壊すると超新星爆発が起こるんです。そして中性子星になったとき、その質量が太陽の30倍以上あるとまた重力崩壊が進行します。そうして最後はブラックホールになるんですよ〜」 「へー。綯さんみたいだね」「それって褒めてます?」「褒めてますよ」
(海綯)


・FF15

「兄さんとはあんまりノクトの思い出話しないの。こうやってノクトの話するのはほんとに久々。私ね、ノクトのこと好きだったよ。たまにそのこと思い出したいの。どこを好きだと思ってたか、どういうとこが素敵だったか一生覚えてたいの。…わかってくれる?」わかるさ。……わからないものか。
(イグニスとイリス)

「オレは最後まで」言わずにすべては終わった。さえぎられた言葉は火の内に粉として消えた。見えたのだ、かんぺきな暗闇に確かに浮かぶ明かりが。
(ノクトとイグニス)

覚えているか?3歳のお前はオレの手を両のそれで、小さくてあたたかいふたつの手で握ったんだ。そのあと笑った。握られた手からはまぶしい光が産まれて、もうどれだけ夜が来ても消えることのない明かりがオレの体の中に灯った。不思議だと思った。魔法だと思った。生まれ落ちた意味と実感が、意識の裏側で透明に輝いた。
(ノクトとイグニス)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31