小ネタ詰め

お題お借りしました(shindanmaker.com/587150)


・瀬戸内海(ほぼセトウツ)

僕と想くんは恋人同士だったが、想くんは僕に興味がないようだった。いつか彼がある日突然僕を忘れてどこかへ行ってしまうのではないかと思うと怖くて、そうだ、彼の体に傷を残しておけば彼は僕を忘れないではないかと気がついた。口から血を流す彼がつまらなそうに僕を見つめて呟く。「しょうもな」
(モブウツ)

「首んとこの赤いやつ何?」「ああ、蚊に刺されてん」これを尋ねるまでの緊張を内海が気づいてるかは知らんが、とりあえず杞憂だったらしいので密かに安堵した。にしても鎖骨なんか噛んで血吸えるんか。考えろや、蚊。妙な心配の種を作るな。「今日から蚊取り線香使えよ」「…何でちょっとキレてるん」
(お題/鎖骨に咲いた赤)

父親が僕を殴る時、そこに理由や倫理や正義は存在しなかった。「想くん。お母さんね、想くんには立派な大人の人になってほしいな」これは殴られる僕に今や見向きもしない母が昔言った言葉。「姉さん、大人って見たことある?」「…ん?想くん、お父さんもお母さんも大人やで?」「……そっか。そうやな」
(お題/大人になりたくない)

「最近ちょっといい感じになってる子おるねんけど」「へえ。付き合うん?」「さあなー、向こうどう思ってるかまだいまいちわからんしなあ」こんな感じで話し続けてから30分後、不意に内海が言葉を詰まらせた。沈黙のあと、やたらに小さい声で呟く。「まあ、よかったな」お前そんなに嘘ヘタやったかな。
(お題/素直に言えよ!)

バス逃してまた家帰られへんわ、と話の流れでLINEに書いたら瀬戸が川に来た。べつに来んでええのにと言ったらそれは俺の勝手やと返され、そこからはいつもどおりの会話が始まる。「今日のこと一生忘れへんのやろな」ふと出た本音に一人焦る。瀬戸に聞こえていないように祈るが、たぶん聞こえている。
(お題/朝四時、ランデブー)

『えー、堺市…堺市なん?知らんけどまあどっかからお越しの内海想くん。顔は男前やのに滲み出すネクラが隠しきれてないのが特徴の内海想くん。お連れ様が川でお待ちですよー』「精神攻撃してくる迷子アナウンスってなんやねん。ほんで情報も曖昧やし」放課後に図書室で本を借りようとしていた時、瀬戸からそんな着信があった。『何借りるん?』「…『燃焼学』と『火災の科学』」『チョイスがもうネクラやん』回線の向こうで弾む声を聞きながら、なんとなく借りる気分ではなくなって本棚に本を戻した。「今から行くわ」『おう待ってるわ』
(お題/迷子のお知らせ)

部屋で大学のレポートを纏めている最中、急に瀬戸にキスをされてそのまま押し倒された。腰が痛い。明日休みでよかった。落ちてたで、とメガネを手渡してくる男に非難の目を向ける。「見てこれ」「え?」「メガネゆがんでる。お前がめちゃくちゃするから」「…今のエロいわお前」「は?基準がわからん」
(穂村弘先生のエッセイネタ)

「樫村さんとデートすることになってん」絶対嘘やん、と言おうとして横を向いたが瀬戸の手は事実ですと言わんばかりに小刻みに震えていた。怪訝をとっさに喉の奥に押し込め、別の言葉を用意する。「よかったやん」「緊張で漏らしそうやわ」脂汗をかく瀬戸の横顔を見て少し笑った。うん、これが正しい。
(お題/きっとそれで正解)

「好きな奴がおるねん」内海くんの目は暗く光って、表面のつるつるした感情を無造作に投げつけながら私を見つめるのだった。そういうとこ昔と何も変わってない。久しぶりに会うからってマニキュア塗り直してまつエクした私あほみたいやな。「瀬戸くん?」「ちゃうよ」この期に及んで嘘までつかれるし。
(内海+樫村・お題/運命なんて、くそくらえ)

「なんなんさっきの」「え?」「俺の内海に手ぇ出したら絶対許さんとか言ってたやん」ニダイメに対してまさかの二回目の奇襲をはかってきた犯人をなんとか撃退して縛り上げていた時、内海が不意にそう言ってきた。「…いや、それやったらお前もやん。瀬戸になんかあったら困る、とか言うてたやん」「…それは…」二人とも口を噤む。しばらくの間謎の沈黙が場を支配した。普段みじんも気にせん川のせせらぎがやたら大きく聞こえる。


・ロボノ

「先生は1秒をただの1秒にしか感じたことないでしょ?俺にあんたの気持ちはわからないし、あんたにも俺の気持ちはわからないよ。一生」そう言うと八汐海翔はこちらに微笑み、その後すぐ私に踵を返した。私が瞬きをして、間抜けな顔で彼への返答を考えた今の1秒で、私はどれだけ彼を傷つけたのだろう。
(モブ海)

「…アキちゃん、アキちゃん聞こえる?俺だけど。うん、そう、海翔。宇宙に来てもう三日目だ。無重力って変な感じだね、当分は慣れそうにないよ。そっちはどう?みんな元気?ああそう、それはよかった。アキちゃんも元気そうだね。うん、ああ、そうなんだ。また詳しく聞かせてよ。じゃあまた連絡する」
「アキちゃん、久しぶり。なかなか連絡できなくてごめんね。元気?……うん、それならよかった。こっちはね、いま冥王星のあたり。知ってる?冥王星にはハートの形のクレーターがあるんだ。かわいいよ、なかなか。また地球に配信されると思うから、動画見ておいてよ。……うん。じゃあまたね」
「……アキちゃん?ああよかった、繋がった。海翔だよ。元気?……うん、ごめんね。もうずっと連絡してなかったよね。アキちゃんは今……。……そっか、もうそんなに…。アキちゃん、今は何してるの?…うん、うん。……うん。ごめんね。絶対に帰るよ。だから……、……うん。また連絡するから、絶対」
「……アキちゃん。繋がってるかな。今、予定してた航路と大幅にずれてることがわかった。まだ帰れそうにない。帰ったとしても、地球ではどれくらいが経っているかわからない。……アキちゃん。俺は無責任だね。昔からアキちゃんを待たせてばっかりだ。ごめんね。……君が幸せになることを祈ってる」
「もう回線なんて機能してないよな。でも、もし…、いや、繋がってないことを願うよ。…こなちゃん、AIRIについに限界が来た。ただのデブリを新しい惑星だって誤認識するんだ、最近。でもまだ会話機能は動作してるから助かるよ。…アキちゃん、もう結婚はした?見てみたいな、アキちゃんの子供。……」
「……AIRIがほとんど停止しかけてる。……もうすぐ一人だね、俺は。みんなは今どこにいるんだろうな。ああ、なんか懐かしいな。高校生の頃は毎日、うっとうしいくらい騒がしかったな。ロボ部のみんながいて、アキちゃんがいて……いつも何か聴こえてた。静かだな、ここは。……寂しいよ」
(八汐/ちょっとインターステラ―パロ)


・その他

第四次世界大戦の勃発であっという間に人類は滅亡の危機に陥った。独歩はさっきからボロボロに崩れた元職場をじっと眺めている。「派手に壊れちったなぁ」「そうだな。もう電話も繋がらない」だからかかってくることもない。言って、独歩は笑った。「人生は夢だらけだな、一二三」「そーだなー!」
(ヒプマイ/どひふど)

龍アソ未完(大逆転)

「……服を脱がせてもいいか?」
「……だから、いちいち訊くなと言っている」
ごくりと生唾を飲むぼくに亜双義は完全に呆れているが、その体は抵抗もなくぼくを受け入れてくれていた。釦に掛ける紐はすべて外されていたから、それ以外の箇所に手を掛けた。徐々に表れていく肌色に目を奪われる。しっかりとした胸板と腹筋。その所々に古傷があることは知っていたけれど、よく見ると新しい傷も増えているように思える。ぼくの視線に気がついたのかまた思考が漏れたのか、亜双義はその傷について言及してくれた。
「船員をしていた頃は、何分力仕事が多かったからな。客人との揉め事も無い訳ではなかったから、必然的にだ。それに従者になってからは刺客の撃退などもすることがあったからな」
「ああ……新聞にも載っていたな」
「まあ、いろいろと苦労もしたということだ」
「おまえなら大丈夫だったろうと思うけど、無事で良かったよ」
傷を撫でながらそう呟く。その痕がほんのりと赤らんでいるのは、皮膚が薄くなっているからだろうか。耳元では微かに吐息が聞こえてきた。



たぶん前書いた奴の削った部分

龍アソ未完(大逆転)

「亜双義、これ。面白かったよ」
手渡されたのは以前貸した通俗小説だ。愛憎の縺れ故に女が男を殺害してしまう狂気の沙汰を精緻に描いた作品である。そうか、面白かったか。
「ちょっとコワかったけど、人間らしさというのがよく表されてたというか。おまえもこういうの読むんだな」
「参考程度にな」
「参考?」
「事件の事例に似たようなものがあるからな。理解の足がかりになる」
「ああ……。恐ろしいな、人の感情というのも」
眉を下げる成歩堂を見据え、その名を呼ぶ。短く返事をした男の真っ直ぐな瞳はオレの思考を柔く鈍らせた。
「この話の中に正義はあったと思うか」
「……難しい話だな」
オレの表情を見て長くなりそうだと悟ったのか、『続きは牛鍋屋で』と男は柔和な声で言った。そのハラが切実な声を出していることに気がついていたので、笑いながら頷いてやった。

水の入った湯呑みを持ち、部屋の片隅で立ち止まる。何かが頭を殴りつけるような不快な心地が続いている。灯りのひとつもつけていない暗闇だけの部屋の奥には本が鎮座していた。成歩堂に貸したものだった。
いやに明るい月が窓の外から横っ面を差してくる。素足で踏みしめる畳の目の一つ一つをずいぶん過敏に意識することで平静を繕っていた。今、何か一つでも物音が聞こえれば暴れだすだろう、この体は。随分長い間そうして立ち尽くしていたオレは、やがて湯呑みを持つ手から力を抜く。静かに溢れた水が畳に染み込んでいった。



もう上げてたらすまない

龍アソ未完(大逆転)

「亜双義、乳首を吸わせてくれないか」
唐突な成歩堂の言葉に亜双義は目を丸くした。乳首、乳首と言ったか、このオトコは。それに加えて吸わせてくれとも言った気がする。いや待て、己の聞き間違いかも知れぬ、と亜双義は念の為聞き返してみたが、返ってきた答えはやはり「乳首を吸わせてくれないか」というものだった。いったい何を言っているのだコイツは。まさか昼から酒でも嗜んでいるのではあるまいと鼻を動かしてみるがそういった臭いは少しも嗅ぎ取れない。素面で、しかも澄んだ目でこのように素っ頓狂なことを口にする友に亜双義はいっそ感銘すら覚えた。
「まあ、理由を訊いておくとしよう。何故オレの乳首を吸おうとする?」
「詳しくは言えないんだ。でも、のっぴきならない事情で今すぐおまえの乳首を吸わなくてはならない」 
どうのっぴきならなければそうなるのか。詳しくは言えないが乳首を吸わなくてはならない事情とはいったいどのようなものなのか?若くして様々な経験を積んできた亜双義だったが、自身の人生経験に基づいてもそのような状況に陥る場面を想像することは容易ではなかった。酔っているのでなければ寝惚けているのではないかとその目を見つめたが、はっきりと開かれたそれは深刻な色を黒の中に浮かばせている。どうやら成歩堂は本当に真剣に頼み込んできているようだった。
亜双義一真は成歩堂龍ノ介という人間をよく理解している。詳しく言えないとしているその事情がよほど大切なものであるだろうことは成歩堂のその眼差しを認めればすぐに分かった。唯一無二の親友が目の前で困っていて、そして自分を頼ってきている。亜双義にとってそれは首を縦に振るにはあまりに充分すぎる条件だった。
「……仕方がない。キサマにオレの乳首を吸わせてやろう」
「ほ、本当か!」
「ああ。それでキサマが助かると言うならばいくらでも吸うといい」
「ありがとう!恩に着るよ、親友!」
都合のいいときだけ親友呼ばわりをするなと言い返そうとしたが、あまりに成歩堂が喜びの感情を露わにするので亜双義は自分の言葉を喉の奥に押し込めるのだった。


『やあやあミスター・ナルホドー、せっかく倫敦に来たっていうのに毎日読書とはシメっぽいにも程があるというものだよ。どうせならボクとゲームでもしようじゃないか!モチロンただのゲームじゃあつまらないから罰ゲームも用意しておくよ。そうだなあ……負けたほうは指定された人間の乳首を吸う、というのでどうだい?』
それは成歩堂が人生で体験した『罰"げえむ"』のうちで一番突拍子が無く耐え難いものだった。そもそも、何故『乳首を吸う』なのか?『乳首を吸う』という行為はそんなにさらりと出るほど普遍的な罰"げえむ"なのか?あらゆる事柄を思考している間に成歩堂はホームズとゲームを進め、そして負けた。



三人称視点の文の練習するぞ!と思って書いてたけど内容もうちょっとなんかあるだろと思った

龍アソ未完(大逆転)

龍ノ介の子供と亜双義
龍ノ介まったく出ない
------

ぼくの家にはたまに異国からのお客さんがやってくる。髪がくるくるしてて言うこととやることが子供みたいな探偵さんとか、顔がすこし怖くてあんまり喋らないけどすごく優しい死神さんとか、髪が桃色ですごく賢い小説家の女の子とか、本当にいろいろな人がやってくる。その中でも一番よくやってくるのは、父上の大親友の『あそうぎ』さんだった。
あそうぎさんはぼくをよく散歩に連れて行った。今日は近所のすすきがたくさん生えている野原を散歩しようと言われた。秋の夜なのに今日は夏みたいに風が温かい。丸い月がきれいにあそうぎさんの頭の上に浮かんでいた。ぼくはずっとそれを見ていた。
「前を見て歩け。転びたいのか」
斜め前を歩くあそうぎさんがそう言ったからぼくは前を向いて歩くようにした。あそうぎさんの着物の袖がひらひらと揺れている。あそうぎさんはこっちを振り返ると、すこしだけ口を横に広げた。
「学校はどうだ。楽しんでいるか」
「うん」
「オレの名字はもう書けるようになったか?」
「……亜と双は簡単だけど、義は線がいっぱいだからあんまり書きたくない」
「はは。オレも昔はそう思っていた」
あそうぎさんが笑うのと同時に鈴虫の声が大きく響いた。すすきがざわざわ揺れてすこしうるさい。でもあそうぎさんの声はよく通るから、次の言葉もちゃんと聞き取ることができた。
「だが、義という文字は案外この世に必要なものだ。義理も正義も大義も義がなければなりたたぬ。きちんと覚えておけ、そうすればきっと今後の人生の道標になる」
あそうぎさんの言うことはすこし難しかったけど、何か大事なことを言ってるんだろうな、ということだけはいつも感じた。だからぼくはそれを忘れないようにいつも心の中で何度もあそうぎさんの言葉を唱える。漢字もいっぱい練習しようと誓った。あそうぎさんはぼくをちらと見たあと、機嫌が良さそうに微笑む。
「おまえは父上に似て素直だな」
そう言って彼はぼくの頭をぐしゃぐしゃに撫でた。痛いよと言ったら野原に響くくらい明るい声で笑い出す。あそうぎさんはいつもぼくに優しくて、まるで自分の子供みたいにぼくに接してくれる。ぼくもあそうぎさんがもう一人の父上に思えるときがたまにあるくらい、あそうぎさんは話しやすくて好きだった。
「あそうぎさんは自分の子供をつくらないの?」
ふいに気になって、なんとなくそう質問した。あそうぎさんはしばらくの間なにも言わなかった。ただ、ぼくをじっと見ている。すすきが揺れる音が大きくなったような気がした。少ししてから、あそうぎさんはまたぼくの頭を撫でる。「そうだな」と小さく呟いてからまた大きな声で笑った。
「いい頃合いかも知れぬ」


それから何十年かが経ち、ぼくが「義」を目をつぶっていようと書ける程に歳を取った頃。亜双義さんは多くの家族に囲まれながら静かに息を引き取った。老衰で眠るように、という理想的な絶えかただったのだそうだ。
ある日、遺品を整理していると手紙が出てきた、と亜双義さんの親族の方に知らされた。なんでもぼく宛に手紙が残されていたというのだ。亜双義さんの息子さんから手紙を受け取り、何が書かれているのかと思案しながら帰路へと着く。帰宅してから真っ先に封を切り文面を読んで、最後の文字を読み終わる頃にはぼくはなんだか安堵してしまっていた。彼はぼくが昔から憧れた彼のまま天へ昇った。きっと父も、それを理解している。



マジで誰得なんだよ!俺だーー!!!(宇宙を破壊)
いつかオチかきたいね
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30