スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め(逆転)

シリーズごっちゃ
※オドみぬに恋愛要素あり
-----

あの世とこの世の境は本来キッパリと別れているはずなのだが、彼女や彼女を前にしていると境界線が曖昧に映り始める。今ここにいるきみがもうあちらの人だとしても、ぼくはすぐに気づくことができるのだろうか。「んー、よく寝た。…あれ。何やってるの」「きみの脈をはかってるんだよ」「…何それ?」
(なるまよ)

『なるほどくん!あたし彼氏ができたんだよね』盛大にすっ転びしこたま頭をぶつけ病院に搬送された成歩堂さんは持ち前の強運により軽傷で済んだが、その顔色はいつまでも冴えない。「いや、べつにいいんだけどね。なんだろうなあ、妹が嫁に行くようなこの…」「成歩堂さん、今日4月1日ですよ」「…あ」
(なるまよ)

「もし真宵がずっと一人だったら、なるほどくん。あの子を頼んでいいかしら」ある日久々に霊媒で呼び出された千尋さんはぼくにそう言って微笑んだ。その笑み、パッと見は優しげに見えるが謎の威圧感が垣間見えていた。「これは所長命令よ」バッサリとそう言い切られたのをよく覚えている。日に日に姉に似てくる彼女を前に、命令の効力も日に日に強まっているのを感じる。
(なるまよ)

「…そうなんだ。おめでと!」お嫁さんに愛想つかされないようにね、と言って笑っているのは、本当にあの真宵ちゃんなのだろうか。こんな態度を取られては嘘だと切り出しにくくなってしまう。そもそもぼくがそうすんなり結婚なんて出来ると思うのか。何のハプニングにも巻き込まれずに、…きみにも告げずに?「真宵さま、なるほどくんからですか?」「うん。あのねー、なるほどくん結婚するんだって」「…何ですって!?」…電話口の向こうでは地獄が生まれたようだ。
(なるまよ)

「今からここにあるもの全部消しちゃいます」タネも仕掛けもありませんよと言って彼女は笑う。無理だろ、こんな雑然とした事務所でそんなこと。そう思って余裕をかましていたら不意に視界が真っ白になった。視界っていうか頭だな。唇に感じる柔らかい感触、…そんなまさか。「…はい、成功です!」
(オドみぬ)

「彼氏とか作らないんだね」「作ってほしいんですか?」予想外の返答を投げられて言葉に詰まってしまった。べつにオレがどうこう思ったからってみぬきちゃんに関係はないだろう。「みぬきが彼氏連れてきたら嬉しいですか」「いやまあ、喜ばしいことではあるよ」「それ嘘ですよね?」…確かに嘘だけど!
(オドみぬ)

さて、困った。鉄箱の上に置いたのは二人分のコーヒーとトーストだ。今日はボクが当番だ、なんて思って健気に二つ、彼の分まで作ってしまった。口にしてみればコーヒーは泥のように苦くトーストは砂のように味気ない。この部屋はこんなに広かっただろうか。雨すら嫌いになりそうで、少し参る。
(ホームズとミコトバ)

「彼女を取り上げた時のことはよく覚えていますよ。元気よく泣いて、小さな手足を懸命に動かしていた。あの赤ん坊があんなに大きくなったのですね」ミス・スサトとお茶を飲むアイリスを遠巻きに眺めながら友人はそう呟く。良い子だろうと言えば彼は頷きボクに目配せをした。「父親に似て聡明だ」
(ホームズとミコトバ)

朝起きると妙なものが頭に生えていた。見た目だけで言うならば猫の耳のように思える。こんなものを人に見られる訳にはいかず、どうしたものかと考えながら帽子をかぶり検事局へ向かうといつもの如く何処からか私の従者が現れた。そのフードの形が、特徴的に膨れ上がっている。「…貴公もか」
(猫検事達)

「今度大英帝国に留学することになってな…」「そうか…じゃあこれからは遠距離で…」「フィッシュ&チップス!一緒に食べられるな!^^」
引っ越しのサ○イ
(龍アソ)

龍アソ未完(大逆転)

「誰にも見つからずに来られたか」
「ああ……うん。見つかってないよ」
「フフ、上出来だ」


「あれ、亜双義は?」
学友の一人がそう言ったのを皮切りに周りの奴らはきょろきょろと辺りを見回した。特徴的な赤いハチマキとそこに居るだけで身が引き締まるような鋭い眼光の姿は近くには見当たらない。便所にでも行ったのではないかと誰かが呟いた直後、他の奴がそういえば、という前置きと共にぽつりと言った。
「成歩堂もいないな」
「ああ、本当だ」
「あいつら、たまに二人で何処かヘ行ってしまうなあ」
「え、あの二人って仲が良いのか?」
「嘘だろ!知らなかったのか?」
それぞれが思い思いの事を喋って周囲は和やかに騒がしい。しかし亜双義、果たして何処へ行ってしまったのだか。今日はあいつを誘って飲み会でも開こうと考えていたので少し落胆する。亜双義は一緒にいて気持ちの良い男で、しかも尊敬すべき学年首席さまなので共にいるだけで為になるのでこういう席には是非連れ込んでおきたいのだが。



逢い引きしてほしいやん…(?)

主モナ(P5)

「モルガナ、お願いだ、やめてくれ」
ソファとワガハイに挟まれた状態でぶるぶると首を振る暁は赤いような青いようなよく分からない顔色をしていた。必死に顔を背けようとしやがるので両手(今の姿なら両前足と言ったほうが分かりやすいか)でその顔を挟んでこっちに向けさせる。
「往生際が悪いぞ、ジョーカー!ワガハイとオマエは協力関係にあるんだから、何事も助け合うのが筋ってもんだろーが」
「き……聞けない、これだけは」
何度交渉しようとも暁はかたくなにそればっかりを繰り返した。何だよコイツ、キスの練習台になってほしいってだけの頼みがそんなに嫌なのか。確かにワガハイ今はちょっと猫だから変な感じになるかもしれないが、もし急にニンゲンに戻ってアン殿とお付き合いすることになったときのために感覚ぐらいは掴ませてくれたっていいだろうに。へたくそとアン殿に思われでもしたらワガハイは確実にショック死する。
「オマエけっこう経験あるんだろ?カッコいいやり方とか知ってるんじゃないのか」
ワガハイに伝授しろ、そう告げると暁は目をぱちくりと瞬かせた。そしてすぐさままた顔をへんな色に戻し、さっきまでより激しく首を振る。
「ないっ、ない……!」
「はあ?あるだろ、あれだけモテてたら」
「みんなただの友達だ!俺、あの、本命がいるから、誤解しないでくれ……」
そう話す暁の声量は後半に行くにつれ小さくなっていった。本命?と思わず目を細めながら聞き返してしまう。何とも疑わしい発言だ。昼夜構わずいろんなニンゲンと遊びたおしているコイツが心に決めたただ一人なんて本当に存在するのだろうか?というか、本命がいるのによそで遊び呆けてたらその子の信用を失くすんじゃないのか。コイツのこういうところは未だによく分からない。
「まあこの際ニンゲンなら素人でもいい。暁、観念してワガハイの練習台になれ」
ううっと呻いた暁はしばらくのあいだ押し黙っていた。が、やがて、なぜか目に涙を溜めはじめる。さすがに泣かれるほどとは思っていなかったのでめちゃくちゃ驚いてしまった。
「そ、そんなに嫌なのか」
「いや、そうじゃなくて、モルガナが考えてる意味じゃなくて」
暁の吐露は要領を得ない。落ち着け、と肉球で顔を撫でてやると涙の溜まっていた目尻からひとしずくが零れ落ちていった。暁はなかなか整った顔をしてるので泣き顔もけっこうキレイだ。
「俺、練習じゃなくて、普通に」
「普通に?」
「………」
「?」
駄目だ、わからん。わからんがとにかく暁はワガハイとキスをするのが嫌ということらしい。べつにワガハイだってしたくてしようと言ったわけじゃないが、何となく寂しくなるのはどうしてなのか。しかし泣くほど嫌がらなくても良いんじゃないのか。はあ、とため息をつき暁の顔から前足を引いた。
「わかったよ!そんなにしたくないならしなくてもいい。ユースケにでも頼んでくるとするぜ」
悪かったな、と付け足して暁の腹の上からどこうと動く。その瞬間、がし、と足のひとつを掴まれた。訳が分からず頭に疑問符を浮かべながら振り返ると、ひとしずくどころか号泣の様相を呈した暁がじっとワガハイを見つめていた。ちょっとしたホラーだ。
「モルガナ、やっぱりやろう。いや、やらせてくれ」
「は?嫌なんじゃなかったのかよ」
聞き返すと『いいんだ』とやたら語気の強い一言が返ってくる。やっぱり訳が分からねー。コイツ、変な物でも食ったんじゃないだろうな。
やってくれ、モルガナ!と叫びソファに完全に身を預けた暁はそのまま目を瞑る。相変わらず両目からは涙がとめどなく溢れているのでそんなに気合を入れられてもやりづらかった。しかし、勢いでユースケの名前を出したもののワガハイだって練習相手は誰でもいいわけではない。コイツが一番いいと思ったから声を掛けたわけだから、こう潔く頼みを受けてくれたのは有難かった。暁の胸に前足を乗せ、顔を近づける。胸板の下で心臓がありえないほど脈打っているがやっぱり調子が悪いんだろうか。 
「暁、その、ワガハイが言うのも何だが。調子が悪かったり本気で嫌だったらちゃんと断れよ」
言ったら、暁は泣きながらブンブンと首を振った。本当に大丈夫なのか?と心配しつつ顔をぐっと近づけると、へんな色だった暁のそこは完全な赤になった。
「いくぞ、ジョーカー」
うう、と唸った暁は目をさっきよりきつく瞑った。口も不自然なくらいぎゅっと引き結んでいる。ここにワガハイの口を押し当てれば、キスができるってわけだ。そう意識すると妙に気恥ずかしくなってきてしまった。しかしこんなことじゃ駄目だ、本番でアン殿とキスをするときに備えて、これぐらいはスムーズに出来るようになるべきだ!
心の中で気合いを入れ、ついにワガハイは目を閉じて口を暁の唇めがけて突き出した。瞬間、想像よりも柔らかい感触が伝わってくる。ニンゲンの唇というのはこんなに柔らかいものなのか。それともコイツの唇がものすごく柔らかいというだけなんだろうか。
しばらくして、ワガハイはそっと暁から顔を離した。その涙は未だに顔面をベチョベチョに濡らしている。パチリと瞼を上げた暁の目はすっかり真っ赤になっていた。鼻を一回大きく啜った暁は、モルガナ、とワガハイを呼ぶ。
「キスって、かつお節の味がするんだな」
「……すまん、さっきゴシュジンにもらったんだった」
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年11月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30