スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

アソ龍未完(大逆裁)

※時代考証やりきれてない
-------

昨夜、上との付き合いで花街に赴いた。付き合いというのもなかなか面倒なもので、特に一番の面倒はこれだ。てきとうに女を宛がわれ部屋へ通され、二言三言会話を交わしたあとすぐに女は服を脱ぎはじめる。せっかくなんですから、おさわりになりんす。などと言われ手を剥き出しの乳房に誘われる。柔い感触を手の中で転がしながらも意識はどうにもここひとつに留まらない。そうこうしているうちに、オレの脳内になぜか一人の顔が思い浮かんだ。成歩堂龍ノ介。オレの親友であり相棒である男。……なぜ今、この場に微塵も関係の無いヤツのことを思い出すのか。些か謎ではあったが、思い起こされて仕方がなかった。目を閉じる。手には女の乳房の感触。頭には成歩堂龍ノ介の顔。ぼんやりとしたふたつのそれが、ふと重なった。
(成歩堂の乳房は、柔いのだろうか……)
そう考えた途端、オレの頭とある一点が雷にでも打たれたかのようにはっきりと目覚めた。成歩堂の乳房。そうだ、オレはヤツの乳房をーー揉まなければならない。そして、確かめなければならない。この胸の高鳴りの正体をーー。

「……いや、どういうことなんだよ…」
オレの話を聞いた成歩堂は、困惑の表情をより色濃くするだけだった。そんな相棒の言葉は特に意に介さず、オレは学生服の上からその胸部に両手を置いている。当たり前だがやはり硬い。それに、ひたすらこぢんまりとしている印象ではあったが体格としてはなかなかのものだった。体に筋肉がギュッと詰まっているらしい。
「い、いつまでやる気なんだよ」
「騒ぐな。まだ10分しか経っていないだろう」
「10分もしてればじゅうぶんだよ!」
赤い顔でそう主張される。嫌がっているにしては10分間されるがままだが、確かにずっと服の上から胸を揉まれるのも困るだろうとは思う。きっとーーもどかしいだろう。
「成歩堂」
「……なんだよ」
「このままじっとしていろ」
「へ?」
間抜けな顔をする相棒を尻目に、その制服の釦をひとつ外した。ぎくりと肩がびくついている。それを認めつつ、ひとつ、またひとつと釦を外していった。外されるたびびくりとする成歩堂は、目を点にしてオレを見下ろしている。
「あの、ええと……な、なんで脱がしてるんだ」
「決まっているだろう。直接揉むためだ」
「何を?」
「キサマの乳房だ」
言った瞬間、成歩堂は素早く後ろに飛び退いた。ようやく見せた抵抗らしい抵抗である。うぶな乙女のように胸の前で手を交差させながら、成歩堂はさらに真っ赤になった顔でオレに叫んだ。
「おまえ、絶対今日おかしいよ!」
「おかしくなどない」
「いや、おかしいだろ!なんだよ、ぼくの胸の柔らかさを確認しなきゃいけないって!絶対いらないよ!」
「オレはキサマの乳房の柔さを見極めることが今の最重要事項なのだ」
「意味がわからない!だいたいさっきから、ち、乳房って、ぼくのは乳房じゃなくて胸板って言うんだよ!」
ぎゃあぎゃあと涙目でそう訴えてくる。


龍ノ介くんのおっぱい揉みたくない?揉みたい

龍アソ未完(大逆裁)

講義中、隣に座る亜双義の仕草をつい目で追ってしまうときがある。ペンで文字を書くときの折り曲げられる指だとか、時折教授の言葉を小さく反芻するときの唇だとか、真っ直ぐ前を向きつづける真剣な瞳だとか。そういうものをあらためてじっくり見てしまい、やっぱりカッコいいなあなんて考えてしまう。亜双義はぼくの視線に気づいているのかいないのか、こちらに目を向けることは滅多にない。だからぼくは亜双義を間近でじっくり観察できる。大袈裟かも知れないけれど、それは親友であるぼくのちょっとした特権のようなものだった。
だからその日もぼくは亜双義の横顔をじっと見つめていた。亜双義はいつもどおりぼくの視線には気づいていないのか、じっと教壇に目を向けている。


何書こうとしてたか完璧に忘れたシリーズ

龍アソ龍(大逆裁)

「起きろ成歩堂、世界が終わった」
(おそらく)朝、いつものように洋箪笥が開いたと思えば、いつもとおんなじ顔をして親友がそんな頓狂な言葉を吐いた。果たして亜双義はこんなにも冗談が下手なやつだっただろうか。もうすこし突飛は抑え気味だったと思うんだけれど。そう思いつつまじまじと光を背負った友の相貌に目を凝らす。まったくの真剣な表情。嘘なんて欠片もついていないかのような、ひどく澄んだ瞳。それが音もなくぼくを射抜く。あれ、本当に終わってしまったのかしら。ある日突然、前触れもなく?
「外は最早ただの荒れ地だ。人が出られる状況ではない。この洋箪笥が、いま世界で一等安全な場所だ」
だから決してここから出てはならないぞ。なんて、子に言い聞かせるように話す。ぼくはなんと答えていいかわからず、とにかくひたすら亜双義を見ている。その目は逸らされない。おしまいなのか、本当に。
「わかったよ」
なんとかそう絞り出し、何故かはわからないがぼくは笑った。亜双義も、ぼくに応えるように笑った。いつかは出られるのか。そう訊くと、友は小さく首を振る。
「ここにいてくれさえすれば、オレが未来永劫キサマを守ってやれる。大丈夫だ、生涯離しはしない。死ぬまでオレの傍にいれば、ただそれだけでいい」
そうか。ぼくは呟いて、亜双義から目を逸らした。世界が終わった。もしかしてそれは、ぼくのせいかな。なんとなくそう思った。


終わったのは一真ックスの理性ですという話
確か脳内で相対性理論の小学館をかけながら書いていた
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30