小ネタ詰め

お題お借りしました(shindanmaker.com/587150)


・瀬戸内海(ほぼセトウツ)

僕と想くんは恋人同士だったが、想くんは僕に興味がないようだった。いつか彼がある日突然僕を忘れてどこかへ行ってしまうのではないかと思うと怖くて、そうだ、彼の体に傷を残しておけば彼は僕を忘れないではないかと気がついた。口から血を流す彼がつまらなそうに僕を見つめて呟く。「しょうもな」
(モブウツ)

「首んとこの赤いやつ何?」「ああ、蚊に刺されてん」これを尋ねるまでの緊張を内海が気づいてるかは知らんが、とりあえず杞憂だったらしいので密かに安堵した。にしても鎖骨なんか噛んで血吸えるんか。考えろや、蚊。妙な心配の種を作るな。「今日から蚊取り線香使えよ」「…何でちょっとキレてるん」
(お題/鎖骨に咲いた赤)

父親が僕を殴る時、そこに理由や倫理や正義は存在しなかった。「想くん。お母さんね、想くんには立派な大人の人になってほしいな」これは殴られる僕に今や見向きもしない母が昔言った言葉。「姉さん、大人って見たことある?」「…ん?想くん、お父さんもお母さんも大人やで?」「……そっか。そうやな」
(お題/大人になりたくない)

「最近ちょっといい感じになってる子おるねんけど」「へえ。付き合うん?」「さあなー、向こうどう思ってるかまだいまいちわからんしなあ」こんな感じで話し続けてから30分後、不意に内海が言葉を詰まらせた。沈黙のあと、やたらに小さい声で呟く。「まあ、よかったな」お前そんなに嘘ヘタやったかな。
(お題/素直に言えよ!)

バス逃してまた家帰られへんわ、と話の流れでLINEに書いたら瀬戸が川に来た。べつに来んでええのにと言ったらそれは俺の勝手やと返され、そこからはいつもどおりの会話が始まる。「今日のこと一生忘れへんのやろな」ふと出た本音に一人焦る。瀬戸に聞こえていないように祈るが、たぶん聞こえている。
(お題/朝四時、ランデブー)

『えー、堺市…堺市なん?知らんけどまあどっかからお越しの内海想くん。顔は男前やのに滲み出すネクラが隠しきれてないのが特徴の内海想くん。お連れ様が川でお待ちですよー』「精神攻撃してくる迷子アナウンスってなんやねん。ほんで情報も曖昧やし」放課後に図書室で本を借りようとしていた時、瀬戸からそんな着信があった。『何借りるん?』「…『燃焼学』と『火災の科学』」『チョイスがもうネクラやん』回線の向こうで弾む声を聞きながら、なんとなく借りる気分ではなくなって本棚に本を戻した。「今から行くわ」『おう待ってるわ』
(お題/迷子のお知らせ)

部屋で大学のレポートを纏めている最中、急に瀬戸にキスをされてそのまま押し倒された。腰が痛い。明日休みでよかった。落ちてたで、とメガネを手渡してくる男に非難の目を向ける。「見てこれ」「え?」「メガネゆがんでる。お前がめちゃくちゃするから」「…今のエロいわお前」「は?基準がわからん」
(穂村弘先生のエッセイネタ)

「樫村さんとデートすることになってん」絶対嘘やん、と言おうとして横を向いたが瀬戸の手は事実ですと言わんばかりに小刻みに震えていた。怪訝をとっさに喉の奥に押し込め、別の言葉を用意する。「よかったやん」「緊張で漏らしそうやわ」脂汗をかく瀬戸の横顔を見て少し笑った。うん、これが正しい。
(お題/きっとそれで正解)

「好きな奴がおるねん」内海くんの目は暗く光って、表面のつるつるした感情を無造作に投げつけながら私を見つめるのだった。そういうとこ昔と何も変わってない。久しぶりに会うからってマニキュア塗り直してまつエクした私あほみたいやな。「瀬戸くん?」「ちゃうよ」この期に及んで嘘までつかれるし。
(内海+樫村・お題/運命なんて、くそくらえ)

「なんなんさっきの」「え?」「俺の内海に手ぇ出したら絶対許さんとか言ってたやん」ニダイメに対してまさかの二回目の奇襲をはかってきた犯人をなんとか撃退して縛り上げていた時、内海が不意にそう言ってきた。「…いや、それやったらお前もやん。瀬戸になんかあったら困る、とか言うてたやん」「…それは…」二人とも口を噤む。しばらくの間謎の沈黙が場を支配した。普段みじんも気にせん川のせせらぎがやたら大きく聞こえる。


・ロボノ

「先生は1秒をただの1秒にしか感じたことないでしょ?俺にあんたの気持ちはわからないし、あんたにも俺の気持ちはわからないよ。一生」そう言うと八汐海翔はこちらに微笑み、その後すぐ私に踵を返した。私が瞬きをして、間抜けな顔で彼への返答を考えた今の1秒で、私はどれだけ彼を傷つけたのだろう。
(モブ海)

「…アキちゃん、アキちゃん聞こえる?俺だけど。うん、そう、海翔。宇宙に来てもう三日目だ。無重力って変な感じだね、当分は慣れそうにないよ。そっちはどう?みんな元気?ああそう、それはよかった。アキちゃんも元気そうだね。うん、ああ、そうなんだ。また詳しく聞かせてよ。じゃあまた連絡する」
「アキちゃん、久しぶり。なかなか連絡できなくてごめんね。元気?……うん、それならよかった。こっちはね、いま冥王星のあたり。知ってる?冥王星にはハートの形のクレーターがあるんだ。かわいいよ、なかなか。また地球に配信されると思うから、動画見ておいてよ。……うん。じゃあまたね」
「……アキちゃん?ああよかった、繋がった。海翔だよ。元気?……うん、ごめんね。もうずっと連絡してなかったよね。アキちゃんは今……。……そっか、もうそんなに…。アキちゃん、今は何してるの?…うん、うん。……うん。ごめんね。絶対に帰るよ。だから……、……うん。また連絡するから、絶対」
「……アキちゃん。繋がってるかな。今、予定してた航路と大幅にずれてることがわかった。まだ帰れそうにない。帰ったとしても、地球ではどれくらいが経っているかわからない。……アキちゃん。俺は無責任だね。昔からアキちゃんを待たせてばっかりだ。ごめんね。……君が幸せになることを祈ってる」
「もう回線なんて機能してないよな。でも、もし…、いや、繋がってないことを願うよ。…こなちゃん、AIRIについに限界が来た。ただのデブリを新しい惑星だって誤認識するんだ、最近。でもまだ会話機能は動作してるから助かるよ。…アキちゃん、もう結婚はした?見てみたいな、アキちゃんの子供。……」
「……AIRIがほとんど停止しかけてる。……もうすぐ一人だね、俺は。みんなは今どこにいるんだろうな。ああ、なんか懐かしいな。高校生の頃は毎日、うっとうしいくらい騒がしかったな。ロボ部のみんながいて、アキちゃんがいて……いつも何か聴こえてた。静かだな、ここは。……寂しいよ」
(八汐/ちょっとインターステラ―パロ)


・その他

第四次世界大戦の勃発であっという間に人類は滅亡の危機に陥った。独歩はさっきからボロボロに崩れた元職場をじっと眺めている。「派手に壊れちったなぁ」「そうだな。もう電話も繋がらない」だからかかってくることもない。言って、独歩は笑った。「人生は夢だらけだな、一二三」「そーだなー!」
(ヒプマイ/どひふど)

百田と王馬未完(論破V3)

『返してほしくば現金200兆円をDICE総合受付係・組織人員番号506の元に持って来い。ちなみに506の居場所は下記に記載した。頑張って探し当ててね!』
紙面の下に書いてあった暗号を解くと、「嘘だよ!」という意味が浮かび上がった。それをとっても文面をとっても身代金の額をとっても、まさに子供のイタズラとしか思えない脅迫状だ。しかし実際に百田くんはこの脅迫状が送られてきた日から姿を消し、もう三日ほど連絡の取れない状態が続いている。これは王馬くん主導による確かな「誘拐事件」と考えて間違いはないようだった。百田くんは最年少飛行士としてなにぶん世間的に有名なので、すでにテレビやネットでは彼の誘拐がかなりの話題になっている。溢れかえるネットニュースの記事を見ていると自然とため息が漏れてしまい、眉間の皺を揉みながらいったんスマートフォンを机の上に置く。ちょうどそのとき春川さんが扉を開けて事務所内に足を踏み入れた。
「最原、そっちはどう?」
「うん、順調ってわけでもないけど……このまましらみつぶしに探せばなんとか場所が特定できるかもしれない」
座って、と応接用のソファに促すと、春川さんは自分の肩を揉みながら深くそこに座った。彼女もいろいろな人や場所をあたってくれているからかなり疲れている様子だ。雰囲気からなかなかに殺気立っていることがわかる。苦笑しつつ二人分のお茶を淹れ、春川さんの前に湯呑を置く。彼女は礼とともにお茶を一口あおった後、向かいに座った僕に「ねえ」と問いかけてきた。
「なんで王馬は百田をさらったんだと思う?」
「……やっぱりそこが問題だよね」
手口などももちろん謎だが、今回の誘拐での最大の謎はかなり初歩的な部分、王馬くんの動機についてだった。本気でこんな馬鹿げた額の身代金を要求しているわけはないだろうし、なぜ百田くんを標的にしたのかもわからない。そして百田くんが大人しく連れ去られたままであるということの意味も、僕と春川さんにはわからなかった。百田くんのことだ、反撃も反抗せずただじっと捕らえられているだなんて彼の性格上耐えられないだろうし、反撃を出来るだけの力はあるはず。王馬くんは百田くんを誘拐することに何の意味を見出しているのか、それは本当に王馬くんだけが持つ意味なのか。
「最原?」
春川さんの呼びかけにはっと顔を上げる。いつの間にか考え込んでしまっていた。でも今の思案によって、少し真相に近づいたかもしれない。春川さん、と呟いた僕の目に彼女の真っ直ぐな視線が刺さる。僕はソファに浅く座り直してから両手を組み、姿勢を前に傾けた。
「もしかしたらこの誘拐事件の被害者と加害者は、協力関係なのかもしれない」


「王馬、もう満足したか?」
ビーチパラソルの下で悠々自適にプァンタをストローで啜ってやがる男にそう声をかける。そいつはやたらにデカく縁がピンク色のサングラス(無駄にハート型なのがまたカンに触る)をずらすと、あは、と若干乾いた笑いを漏らした。
「それ、オレが百田ちゃんに訊きたいくらいだけどなー。自分の今の格好鏡で見てみたら?」
ほら、と差したその指はオレがつけている花の首飾りに向いている。それも!と動いた指の先は助手達とじいちゃんばあちゃん用に買った土産を持ったオレの手元を示した。ちなみにオレが今着ているのはアロハシャツで、下は動きやすい半パンだ。だがその出で立ちは王馬のほうも対して変わりはない。
「来ちまったからにはめいっぱい楽しむしかねーだろうが!うじうじしてても仕方ねーしな。テメーも家族と組織の奴らに土産買ったか?」
そういう気配りも出来てこそのボスってもんだぜ。言うと、王馬はオレから目を逸らしわざとらしいほど大きなため息を吐く。
「あのさあ百田ちゃん。キミ、いちおう人質なんだよ?なら、それらしい態度ってもんがあるんじゃないのかなー。こんなに全力でバカンス楽しんでる人質オレ初めて見たよ」
「まあ、前人未踏に挑んでこそ宇宙飛行士の器だからな。それにせっかく来たんだから楽しまねーともったいねーだろうが」
「……やっぱり百田ちゃんと会話するのは疲れるなあ。プァンタおかわりしてこよーっと。百田ちゃん、オレが戻るまでここで休んでていいよ」
オメーにだけは言われたくねーよと口にする前に王馬はデッキチェアから飛び降り、グラスを片手に近くの露店へ歩いていった。頭を掻きながら持っていた荷物をシートの上に置き、その隣に腰を据える。ここからだと冗談みてーに透き通るだだっ広い青が目によく映えた。こんな景色、サングラス越しに見るもんじゃねーだろ。投げ出した足の先に触れるクリーム色の砂は適度に熱い。



いつかこれで本出したいなー

小ネタ詰め

・瀬戸内海(だいたいセトウツ)


「出来のいい作り話みたいなやつらじゃったなあ」そう言った蒲生に僕は一瞬同調しそうになってしまった。確かにそうだ、出来のいい作り話のような。救った人間と救われた人間と救われていた人間と救えなかった人間と救えない人間があの場に集って遊んでいて、その中心に、あの二人はいたのだ。
(田中くんとガッちゃん)

「東京どう?」「まあぼちぼち」「さみしない?俺に会いたいんちゃうん」「うん」回線の向こうで瀬戸が思いきり噎せた。はあ、と息を整えたあと上擦った声が『えーと』と呟く。「……ど、土日ヒマ?」「暇やけど」「ほんならまあ…行くわ」「無理せんでええよ」「無理させろやボケコラ!!」「怖っ」

そういえば死ねば自由やな。と思っはいいが月が明るいし瀬戸が抱きついきて身動きが取れないので隠れて手首すら切れなかった。「寒いなあ」「そうやな」「俺はな、ぬっくい日に死にたいねん。寒い日に死にたい奴なんかおらんやろ」「おるんちゃうん、べつに」「おらんわ」なんや否定モードか今日は。

ぐらりと足元から崩れるような感覚がして、どうにか逃れようともがいた後、気がつけば瀬戸に跨りその目をじっと見下ろしていた。この両手の親指は、大きな喉仏の上に二つ添えられている。「どうしたん」「……」何も答えない僕に瀬戸もまた何も言わない。多分このまま、首を絞めても、瀬戸は逃げない。

しまったと思った時には瀬戸は目を見開いていた。使う単語、間の空け方、視線を合わせる時間、全てを間違えた。普段はもう少し言葉を尖らせつつ適切な間を置いて、視線は合ったとしても一瞬。なのに今日は何もかも狂った。祈るような心地で瀬戸を見つめる。目を逸らしてくれる時を、じっと待っている。

少年Sの事件は今や世間で一番注目を浴びているニュースとなっていた。周りの噂もネットニュースも全てが少年Sの話。「将来棒に振って、アホやねえ」どこかの誰かが言っていた。鈍く響く頭痛が収まらない。お前らの誰があいつのことを語れようか。定義できようか。正しい言葉の使い方も知らないくせに。

「想くん、どこ行くん?」「…花火しに行く」「瀬戸と?」「うん」「…帰ってくるときお父さんに見つからんようにね」そう言って姉はぎこちなく微笑んだ。母のいるリビングからはテレビの音だけが聞こえてくる。手に持ったライターがやけに重く、それでいて手に馴染むように思えた。…二月はまだ遠い。

「ちゃんと起きれてえらいねえ想くん」朝、自室と違う旅館の空気に若干の違和を感じながら目を開けると瀬戸が俺を見下ろしていた。そしてそう呟く。なんやねんと返すと奴は楽しげに笑った。「昨日夜遅かったのに起きれるんやな」「お前も起きてるやん」「俺旅行のときだけ異常に早起きなタイプやねん」


・その他

「許してほしいという考えがそもそも傲慢なのだとようやく気がついた」「俺はお前からすべて奪ったんだ。はじめに母親を奪い、そこからずっと奪い続けてきた。これからも奪い続けるだろう。その前に、ルドガー、俺から逃げなさい」笑ってしまいそうだった。逃げるってどこに?…時計が一分ずれている。
(TOX2/ユリルド)

君が俺に向かって微笑んだその瞬間、頭の中にあるすべての色が飛び散る。それは混ざり合うとやがて見たことのない色になった。君の瞬きは映画のようにスローで、その一瞬がこの胸に焼き付くことなどあまりに容易く、永遠を思わせるには充分すぎるほど美しい。深海のような瞳はやがて三日月に歪んだ。


(P5/主喜多)

セトウツ(瀬戸内海)

「瀬戸」
「なに?」
「お前、したことあるん。こんなん」
「ないよ」
シャツの下に差し入れた手は内海の乳首に触っていた。寒いせいかこの状況のせいなのかわからないがピンと立っている。当たり前だが内海の胸は柔らかくはない。でもそんなことはどうでもよかった。内海のちくびに触っているのだ俺は。内海のちくびに。
「彼女できたことないんやっけ?」
「ないない」
「サッカー部入ってるときモテてたいうてたやん」
「でもほんまに好きやないと付き合いたくなかったからなあ」
「昔も今も純度100%の乙女やな」
いろいろ会話しつつ俺の意識はもう内海の肌とか息遣いとかあったかさとか乳首とか乳首とかに捕らわれていた。めちゃくちゃ擦り合わせて摩擦であったかくしたつもりだが、それでもやっぱり俺の手は冷たいのかさっきから内海がびくびくと体を震わせている。申し訳ないと思いつつそれにすら興奮するから重ね重ね申し訳なかった。暖房いつきくねん、ごめんな内海。乳首いじったら怒られるかな。ごめんな内海。
「っ」
親指の腹で乳首を撫でるように押してみると、内海の体が今日一番大きく跳ねた。震えた吐息が口から漏れる。指はなにかに耐えるようにじゅうたんを引っ掻いていた。頭がぼーっとする。仏像より仏頂面なときのある内海が、俺が触っただけでここまで反応するのか。まゆげが歪んだりまつげが震えたり目の奥が濡れたり、それが全部俺の手柄だというのか。みんな、内海ってこんなにエロエロなんやで知ってる?まあ誰にも教えへんけども。
「痛くなかった?」
「痛くはない」
「気持ちいいとかは」
「わかれへん」
いつもよりずっと子供っぽい口調でその舌がまわる。ちょっと不安そうではあるが嫌がっているという感じではなかった。もう一度乳首を撫でて、次はちょっと摘んでみる。
「あ、それちょっと痛い」
「えっ!ご、ごめんなさい」
なぜか敬語になりながらすぐさま手を離す。内海は軽く息を吐いて、自分の手をシャツの中に滑り込ませた。胸をさすりながら俺をちらりと見てくる。
「……いや、わかれへんわ。もう一回触って」
「え?」
「もう一回触って」
二度目の『え?』を繰り出すがヤクザ漫画の一番怖いヤツみたいな目で睨まれたので大人しく口を噤む。今の録音してたらよかったなあと思いながらまた内海の胸に手を滑り込ませた。無事ちくびまでたどり着き、さっきのリベンジで優しくそこを摘む。
「ん」
「……どう?」
「……」
わかれへん。今日何度目かのそれが飛び出す。頭よくて何でも知ってる内海が、今なんにもわからず戸惑っている。それだけで脳みそと胸のあたりが沸騰しそうになった。怒られるのを覚悟でもう一回触ると、また小さく吐息が漏れる。でも痛そうとか嫌そうとかそんな素振りではないように思えた。むしろ、ちょっと良さそうやけど。さっきよりも目が熱っぽくなったように見える。
「あー……悪くはない?」
「……ていうかさっきから乳首ばっかり触りすぎちゃう?なんで乳首なん」
「ええ?なんでって言われても」
「なんも出えへんで」
「……そんな母乳的なもんは期待してへんけど」
改めて内海の体を正面から見据える。薄く色づいたその二つは、内海の心配になるほど生白い肌の上で際立って見えた。それがどうにも、特別感があるように思える。見てはいけないものを見ているような、非日常的な感覚がする。これは言葉で説明するのは難しい。が、あえて簡潔に言うならばこれしかない。
「お前の乳首さわれるのが幸せやねん」
「……ありがたい壺みたいな扱いやな、俺の乳首」
もうええわ、と言って内海は諦めたように肩の力を抜いた。その乳首は相変わらずぴんと立っている。暖房はすでにきき始めているので、今のこれは寒さのせいではないらしかった。……つぎ、舐めたら怒るかなあ。ごめんな内海。

モブウツ未完(瀬戸内海)

いつものように川の前で座っていると、同じ高校の生徒が声をかけてきた。『おんなじクラスなんやけど、覚えてない?』まったく覚えていない。ごめんわからんわ、と返すとかなり残念そうな顔で眉を下げた。話しかけてきた意図が少しも見えず、何の用なのか尋ねる。すると相手は恥ずかしそうに両手を擦り合わせながら、気持ち悪いかもしれんけど、と前置きをしたあとにこう言った。
「LINE交換してほしいねん」
「なんで?」
「内海と話したいから」
「……なんで?」
男は視線を右往左往させたのち、『友達になりたいから』と絞り出すように呟いた。だからどうして俺と友達になりたいのかがわからない。俺と仲良くして何かこいつにいいことがあるのか。そもそも重大な要素として、俺はこの男に興味が湧かなかった。
「ごめんやけど、無理やわ」
「……ああ、まあ、しゃあないわな」
急にごめんな、と言い残し男は足早に去っていった。



モブくんは一年のときから内海が好きです(謎情報)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年02月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28