スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め

・FE風花

イグナーツくんの絵が好きだった。いつもこっそり彼が絵を描いているところを盗み見ていたくらいには。貴方の絵は後世に遺すべきよ。戦火の中で燃えかけた絵を庇いながら強くそう思った。紙の中では女神のように女性がほほえんでいる。…欲を言えば、私も貴方の瞳越しに女神になってみたかったけれど。
(モブとイグナーツ)

この士官学校を卒業してしまえば俺は貴族としての責務を果たさなければならなくて、だからこれが最後の猶予期間で、毎日は退屈ながらそれなりに楽しくて、悪くはないと思えていた。突如即位した皇帝陛下の演説が耳に貼り付く。壇上にエーデルガルト皇女。これは現実か?掌にじわりと汗が滲んだ。
(モブとエーデルガルト)

久々に戦場で見た彼女はまるであの頃とは違っている、ように見えた。相変わらず幼さの残した輪郭や甘さを隠すため尖らせている声などは特別変わっていないのに。きっと彼女の手がもはや血にまみれることを厭ってはいなかったからだろう。リシテアさん、お菓子はいらないか。…遺言にするには間抜けだ。
(モブとリシテア)


・LIS2

「あたし結婚するんだ」「え、マジで?」「うん。式でハッパパーティーする」「はは。両方の意味でめでてえな」「うん。…ほんと、おめでたいよ。ちゃっかり自分の幸せ優先して」「バカ言うな」「ごめんね」「…ダニエルがダスティン・ホフマンぶるかもしれないから気をつけろ」「はは。ねーっての…」
(ショーンとライラ/贖罪エンド)

「抵抗しようなんて考えるなよ。あんたは絶対俺に勝てない」誰よりもよくわかってるはずだ、と言って手首を強く握ってやる。兄は少し諦めたような眼差しで、「しねえよ」と呟いた。「お前は俺に何したっていいんだ」「なんで?」「俺がお前の兄貴だからだよ」…笑える。何にもわかってないじゃないか。
(ダニショ/逃亡エンド)

「…で、俺がクリスに向かって水鉄砲打ったんだよ。そしたらあいつさ」楽しげに思い出を話す弟の顔が火に照らされ、ほの赤く闇に浮かんでいる。星が綺麗で空気は澄んでいた。風景だけがあの日と何も変わらない。それだけで俺は、狂人にも聖人にもなれそうだった。「それでさ、ショーン。…ショーン?」
(ダニショ/贖罪エンド)

「キャシディに手紙返してないのか」「…なんで知ってる」「この前ここに来たから、あの女」「ハハ、お前まだ彼女のこと嫌いなのか」「…別にいいよ。ショーンとあいつがデキても。でも、そのときは俺はショーンを殺すと思う」「ああそう」お好きにどうぞ、と笑っている目の前の男に無性に腹が立った。
(ダニショ/逃亡エンド)

初めて夢精した日、夢に出てきたのは死の直前の兄の姿だった。血の噴き出る喉を押さえ、掠れた声で兄は俺の名を呼ぶ。うつろな眼差しが徐々に光を失って、最後には目の前の俺すら瞳に映してはくれなくなった。その光景を俺は間抜けな白に染めたのだ。…俺に罰を与える裁判官はメキシコには存在しない。
(ダニショ/ダニエルエンド)

小ネタ詰め

・FE風花



目の前の閃光と刹那に気がついてしまった。それは相手の刃が反射した光の姿を取って俺の網膜に刺さる。無意識に足は前に歩む、いや走る。翳らせるなその光は必要だ、誰にとっても、俺にとっても。…なあ、もし、あんたが不死身だったなら。こんな感情になんて一生気がつかなくて良かったのにな。
(レトシル)

いつの間にここまで絆されていたのかももはや分かりはしない。ただ分かるのは、今の自分は確実にあいつらには見せられない顔をしているということだけだった。あんた正気かとこっちが尋ねる前にその手がゆっくりと勲章と名のついた傷をなぞる。「約束通り、選んだ責任は取る」……忘れてろそんな軽口!
(レトシル)

ああ今確実にひどい顔してるな。そう思い枕に顔を埋めようとした瞬間、強い力で腕を掴まれた。目線を横にやると悲しげな顔がそこにある。「隠さないでほしい」「…さすがに涙と涎まみれの顔見られるのは恥ずかしいんだが」呟けばきょうだいの瞳はより悲しげな色をした。…本当に俺の顔好きだなあんた。
(レトクロ)

「どうだ先生。美少年の顔見ながらやるってのは最高だろ?」薄い紫を揺らしながら生徒は笑う。夜の闇の中でその唇の紅が艷やかに光った。ユーリスの手は子をあやすように頬を撫でてくる。「しかしあんた、いちいち可愛い反応してくれるな。まさか初めてか?」「そうだ」「ははは!そりゃ幸運だったな」
(レトユリ)

クロード・フォン・リーガン、あの男だ、あの男は俺の女神を嗤ったのだ。忘れもしないあの夏の日、女神への信奉を語った俺にあの男は微笑んだ。しかしただの微笑みではなかった、その中に確かに嘲りの意は含まれていたのだ。妄想などであるものか、俺は見た!あの男は俺と俺の神を嗤ったのだ!
(モブとクロード)

「あれは何だ」「死体だ。首が折れてるだろう」「あれは?」「あれも死体だ。腹が裂かれている」「あれは」「死体だな。後で目を閉じておいてやろう」「お前は?」「うん?」「お前は何だ」「……生きているつもりだが、お前から見れば何なんだろうな」
(レトディミ)


・その他

簓「オカンがな、思い出されへんディビジョンがある言うねん」盧笙「特徴言うてみいや」「まずな、ポップな印象や言うねん」「フリングポッセやがな。あそこはポップな印象が売りなんやから」「でもオカンが言うにはな、みんな倫理観がしっかりしてるらしいねん」「ほなフリングポッセちゃうやないか」
(ヒプマイ/簓と盧笙 ミル●ボーイネタ)

オマエらダンデはどうした、ボールはどうした、Tシャツは捨てたのか、新しいチャンピオンのファンだというオマエの部屋ではどうせダンデのグッズが隅に追いやられている、いい加減変わり映えのしない王の顔にみんな飽き飽きしていたとネットで誰かが呟いていた、……オレだけがまだここにいる。
(pkmn/ダンデとキバナ)

その方は堂路桐子という名だった。堂路博士のご令嬢、歳は私達と同じ頃だ。一目見たその時から私はたちまち恋に落ちた。糸のように繊細で美しい髪、儚く浮かぶ笑み、少し低い声。すべてが私を夢見心地にさせた。ただ眺めていられるだけで幸福だったのだ。あの男、比治山隆俊が現れるまでは。
(十三機兵/モブと比治沖)

帝幻未完(ヒプマイ)

「霊?」
「はい」
出るんですよ、この家。幻太郎は至極真面目ぶった顔でそう言い切った。読んでいたパチスロ雑誌から顔を上げて、真意を探るためその目を覗き込む。書き物用の机の前に正座しながら俺を見下ろす男の表情は、想像したとおりの真剣そうな真顔だった。
「うちはなかなか歴史のある家で、そのぶん歴代の人間の感情がたくさん籠もっているんですよ。中にはそれがはっきりと遺りすぎて、怨霊と化してしまっている人もいるようで」
「おいおい。さすがにそんなうさんくせー話信じるわけ……」
「ほら、いま帝統の後ろにも」
「うおおッ!」
慌てて横にしていた体を起こしその場から飛び退く。息を呑みながらおそるおそる後ろを振り返った、が、そこには何の存在も居はしなかった。
「なんもいねーじゃねえか!」
「ああ、帝統はんは霊感があまり強くないんどすなあ。わちきにははっきり見えますえ」
「え……マジ?」
どっ、と顔に汗が湧き出す俺を見ながら幻太郎はくすくす笑った。いや笑い事じゃねえだろ、お祓いとかしろよ。もし呪われたらどうすんだ。悪霊の呪いのせいでギャンブルに勝てなくなっちまったら、俺はもう生きていけねー。
「まあ、満足すればそのうち出ていくんですがね。くれぐれも気をつけてください。夜は特に」
「よ、夜?」
「夜は霊力が強くなるんですよ。だから、もしかしたら鈍感な帝統にも霊が見えるかもしれません。あまつさえ手を出してくるかも」
さらさらーっと原稿用紙に筆を走らせながら幻太郎はあっけらかんとそう言ってくる。つまり、実害があるかもってことか?それってかなりヤバくねーか。つか、こんな弱そうなのに一人でこんなとこ住んでて大丈夫なのか、こいつ。涼し気な顔で手元に目線を下ろしてる幻太郎の近くに寄って、そこに腰を落としてからあぐらを掻く。ずっと畳の部屋にいるせいなのか幻太郎からはい草っぽい匂いがする。
「お前、住む場所変えたほうがいいんじゃねえか?危ねえだろこんなとこ」
「おや。心配してくれてるんですか?」
紙から離れた目がそのまま俺に向いた。そこそこの距離だから、やたらにバサバサした睫毛と目の中に差す明るい色の光までよく見える。障子から入る太陽の光も差して、幻太郎の目の緑がちょっとばかし薄く見えた。
「そりゃまあ、ダチが呪い殺されたら胸糞悪ぃし。お前弱っちそうだから襲われたら勝てねえだろ」
「……一言多い気もしますが、心配してくれてどうもありがとうございます」

モブ霊未完(MP100)

「シゲオ、面倒なことになった!すぐに来てくれ!」
六時間目が終わってすぐに慌てて飛んできたエクボは詳しい説明をしてくれないまま僕を相談所に引っ張ってきた。今日は肉改部もないし本屋にでも行ってみようかと思ってたんだけど、エクボがこんなに慌てているってことはけっこう大変なことなんだろうから仕方がない。早く入れ、と言われて急いで扉を開けると、そこにはソファに寝転がっている師匠がいた。いや、正確には『悪霊によってソファに寝転がされている師匠がいた』と言うべきだろうか。
「おいエクボ、呼んでこなくていいっつったのに!」
「低級なら俺様が食ってやれるが、こいつはこう見えて上級だ!しょうがねーんだよ!」
悪霊は師匠の体をずるずると這っている。師匠の顔は真っ赤になっていて、息がかなり上がっていた。服もやけに乱れている。かなりの時間悪霊と格闘していたんだろうか。珍しいな、いつもならすぐ僕を呼ぶのに。
「すぐ除霊しますね」
「シゲオ、こいつ妙にすばしっこいから気をつけろよ」
エクボの忠告に頷きながら師匠と悪霊のほうへ近づく。悪霊は僕に気がつくと、しゅる、とその触手のような体を師匠の服の中へと滑り込ませ身を隠した。それと同時に師匠がうめき声をあげる。
「あっ、師匠。大丈夫ですか」
「だっ、大丈夫だ、心配すんな」



やっぱ霊幻新隆にはエッチな霊障にあってほしいよ

モブ霊未完(MP100)

久しぶりに霊幻師匠に会った。しばらく旅に出ていたからこの街に帰ってくるのは久々だったけど、街も師匠もあまり変わっていなくて安心した。「モブ、元気か」と僕の肩を軽く叩く師匠を見上げて微笑みを返す。あ、身長は少し近づいたな。耳のかたちや笑ったときにできる目尻のかすかなしわがよく見えるようになった。
「大きくなったなあ」と彼はしきりに僕に言った。でも師匠よりは小さいですよ、と返したらそういう意味じゃないと笑われる。じゃあどういう意味なんだろう。久々にラーメンでも食うかと誘われたけど家族との食事の予定があったので悪いと思いつつ断った。
「そうか。まあ、家族孝行はできるうちにしておいたほうがいいしな」
そのとき、師匠の瞳がすこしだけ揺れた。あれ、と思った。師匠の感情がこうして外側に現れるようすにあまり馴染みがなかったからだ。珍しいな。いや、僕の背が伸びたからこういうことが見えるようになっただけなんだろうか?わからないまましばらく師匠の目を見つめていたけれど、どうした、と尋ねられて慌てて会話に意識を戻した。
師匠はとりとめのない話をいくつか僕に話した。エクボには早く成仏してほしいだとか芹沢さんに彼女ができたとかたまに街で偶然律や花沢くんに会うだとか、他愛もない話は止まらない。みんなの近況が聞けるのは純粋に嬉しかったけれど、やっぱり師匠の仕草や言動の中にたびたび現れる何かが気になってあまり集中できなかった。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ