スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め

お題お借りしました(https://shindanmaker.com/375517)

・FE風花

あの人に死が迫ったのを目の当たりにした瞬間、自分ではもうどうしようもないほど内側に踏み込まれていることに気がついてしまった。石のように居座るあの人を追い出すことは今さら不可能だ。「殺したいんじゃなかったのか」言ってくれるな、こんなつもりじゃなかったって今一番思ってるのは俺なんだ。
(レトシル)

先生の驚いた顔って見たことないかも。あー確かにな。そんな会話をクロードくんとしていた矢先、釣り場で先生を見かけた。真剣に水面を見ている。周囲の声なんて聞こえてない様子だ。隣の悪戯っ子が「ヒルダ」と呟く。「好機が転がり込んできたぞ」「…離れて見とくからクロードくん一人で怒られてね」
(ベレトとクロードとヒルダ/お題:言うと思った)

どこに行っても目についた。揺れる三つ編みとはっとするような黄色。今思えば恋だったのだろう。「先生、久しぶりだな」水の都の中で彼はこちらを見て微笑んだ。その手の弓には血がこびりついている。隣のエーデルガルトが眉を顰めた。殺すべき相手なのだ、彼は。剣を静かに構え直す。初恋だったよ。
(レトクロ/お題:最初から最後まで)

「ディミトリが会いに来たよ」「こちらを縋るように見つめてきた」「何もしてやれなかったよ」「抱きしめてやれたらよかった」「……いや、君にこんな話をしても仕方がないんだ。わかっているんだ」「ただ、フェリクスやシルヴァンやイングリットにはとても言えなくて」「でも懺悔がしたかった……」
(レトディミ)

寝台から私を見つめる男は至極普段どおりだったが、その服の中に隠し刀などのひとつも仕込まれていなかった。抵抗も全くされない。「ヒューベルト、良いのか」「何がですか」「ええと、その…何もかもだ」言ったら彼は可笑しそうに顔を歪めた。そこに敵意の少しもないことに、私はまた胸を高鳴らせる。
(フェルヒュー/お題:無条件降伏)


・その他

「ダンデ氏の無敗記録が破られ新たなチャンピオンが誕生しましたね!そちらについて何か感想などありますか?」悔しがってるオレが見たいんだろうさ大衆は。だが本音なんか言ってやらない。これはオレだけの感情だ。誰とも共有しない。いいコメントはしてやるからよ、娯楽にして笑えよ、バカみたいに。
(pkmn剣盾/ダンキバ)

レトクロ(FE風花)

現パロ
------

「キスしてくれよ、先生」
明日から冬休みだと浮かれながら生徒たちが出ていった放課後の教室、夕陽の差す席のひとつに座りながらクロードはそう呟いた。日誌にコメントを書く手がうっかり止まってしまわないよう気をつける。
「冗談言ってないでもう帰りなさい」
「冗談に聞こえたか?なら悪い。本気だ」
「それならより帰さないといけない」
「明日から冬休みだぜ」
取り付く島を海の彼方に流しながら彼はそう言った。文脈がうまく読めない。
「冬休みだからなんだ」
「今俺にキスすれば、あんたは薔薇色の冬休みを送れるよ。毎日俺とどこかに出かけて飯でも食って、ああこれは勿論あんたの奢りだが。それで夜はあんたの家に帰って人目を気にせずにキスができる。さらにその先も可能だ」
「……クロード。先生、仕事中なんだが」
「じゃ今すぐ終わらせてキスしてくれ」
「怒るぞ」
「あんたの怒った顔好きだよ」
外から野球部の楽しげな声が響いた。次いで、カキン、と大きな当たりを思わせる音も。「ナイス」と叫ぶレオニーの声がして、その他の何人かの歓声もちらほらと上がった。
「本気だよ、惚れてる。こんなはずじゃなかったんだが。……卒業までに振り向いてほしい。焦ってる」
キスしてくれ。改めて呟かれた言葉はわざと鼓膜にこびりつくように唱えられたのがよくわかった。結局全部彼の策謀のうちなのは理解している。不必要なほど真剣な眼差しも、冬だというのに首筋に滲んだ汗も。
……自分と同じく教師である父は、よく自分にこう注意をする。ベレト、お前は生徒に甘すぎる、と。地面に転がった赤ペンはしばらく誰にも拾われなかった。

シルイン未完(FE風花)

よし、今の状況を説明しよう。起きたら布団の中にイングリットがいた、というか俺がイングリットを押し倒していた、しかも思いっきり胸を掴んでいた。以上。氷を通り越した名状しがたい冷ややかさの視線が俺を容赦なく刺す。普段槍扱ってるから突き刺すの上手いなあ、お前。
「シルヴァン。殺されたくないなら今すぐここを退いて」
「はい退きます、退くんですけど、ごめんなさい説明だけしていただいてよろしいでしょうか」
「やっぱり寝ぼけてたの?そんなことだろうと思った」
はあ、と大きなため息をついたイングリットさんは俺に解説を始めてくれる。
「あなたがなかなか教室に来ないから起こしに来たのよ。そしたらここで呑気に寝てるあなたを見つけるでしょう?仕方なく起きなさいと声をかけながら体を何度か叩いたら、寝ぼけたあなたが私を引っ張って寝床に押し倒したというわけ。わかってくれたかしら」
「はい、よおくわかりました……」
「誰と間違えたのかは知らないけれど、私で残念だったわね」
ふ、と嘲笑をそのままこっちにぶつけてくる幼馴染。少し腹が立つが今回は全面的にこっちが悪いので何も言い返すことはできない。

シルイン(FE風花)

ふーん、そう、縁談!そりゃあ願ったり叶ったりな話じゃないか、お前みたいなはねっかえり貰ってくれようなんて男そうはいないはずなんだから。お相手は名家のご貴族様で、身なりも性格も良し。なんてこったイングリット、お前それは運命ってやつだよ。今すぐしつらえた花嫁衣装着て「不束者ですがどうぞよろしくお願いいたします」って言って頭下げてくりゃいい。お前のとこの家族もそれを何より望んでるはずだ、よかったなあ。婚姻はいつ発表するんだ?婚姻の儀には俺も参列するよ、そんで関係者の輪の中で涙ぐんでやる。食い意地張ったお転婆娘がこんなに立派に成長して、ああ幼馴染冥利につきますよって全員の前で話してやるよ。今から楽しみだな、はは。想像しただけで笑えるやら泣けるやら……。
「……それはいい想像図ね。わかったから手を離してくれるかしら」
イングリットの冷水じみた声が俺の頬をぴしゃりと叩いた。顔を上げれば呆れの感情を表情全体であらわした、見慣れた顔が目の前にある。いつもならこういうときすぐ話打ち切ってどこかに行くのに珍しいな、と思っていたらどうやら俺が引き止めていたらしい。自分でも気が付かないまま、この指はイングリットの手を取り強く握りしめていた。
「痛いからせめて力を緩めてくれる?というか何がしたいのかわからなくて不気味よ、シルヴァン」
冷ややかな視線が心臓に氷柱となって刺さる。不気味とはなんだ、けっこうな言い草だなあおい。……さて困った。手なんてすぐに離してしまえばいいしさっさとその背中を押してしまえばいい。幸せになれという言葉を何重もの軽口で包んで、いつもみたいに面白おかしく話を終わらせてしまえばいいんだ。それなのにどうしても自分から離すことができない。言外の感情は毎秒俺にとどめを差した。まさか、そんなことあるわけないのに。
「シルヴァン?もう、なんなの。返事ぐらいして」
うるせえな、いま口なんて開いたら大惨事だ。お前、この状況で引き止めるようなこと言われたいか?絶対嫌だろ、俺だって言いたいわけがない。なのにもう脳みその中にはその言葉しか浮かんでこない。今まで何人もの女を言葉で手玉に取ってきたというのに、こんなのはもう見るに耐えない醜態だ。なあイングリット、お前絶対に笑うぜ、今から俺が言うこと聞いたら。

小ネタ詰め(FE風花)

「あんた正気ですか?」服の釦を全て外した頃にシルヴァンはそう呟いた。正気だと答えると嘆息が返ってくる。「なら尚更問題ですよ。なんで俺なんですかねえ…」そう言って呆れたように笑う男はしかし大した抵抗を見せなかった。「逃げないのか」「逃げてほしいんです?」「いや、居てほしい」「はは」
(レトシル)

「どんな風にあんたに殺されるんだろうなあってこの数節ずっと考えてたんですが、想像よりはマシで良かったですよ」俺の言葉を聞いた男はこの喉元に突きつけた槍の先を少しだけ揺らした、ように見えた。空色の両目がじっと俺を刺す。「シルヴァン、地獄で待っていろ」「おうさ。了解しましたよ、殿下」
(ディミトリとシルヴァン)

悪逆皇帝、ほとんどの人が彼女のことをそう語る。私の歌劇を肯定する者は誰もいない。「エーデルガルト、そなたの仮面は取れぬまま!真実は鎧に頑丈に仕舞われている!」ある日一人の老人が私に言ったの。「皇帝に善良性を見出す歌劇なんて珍しい」ですって。だってこんな現実ってあんまりなんだもの。
(青獅子ルートで生き残った敵側ドロテア)

「先生が俺の学級にいてくれたら、とこの九節で何度も思った」舞踏会を抜け出した先で偶然出会ったディミトリがこちらに向かってそう呟いた。「まあ、ただの夢の話だ。…俺達の歩む道はきっと違っている」緩く微笑むと、男はこちらに手を伸ばす。「先生、一曲だけ踊ってくれないか。俺への餞別として」
(レトディミ)

「ホントに来ちゃいましたねぇ」ああ、と隣の先生は小さく頷いた。水の都デアドラ。諸々が終わったその時は一緒に行かないか、なんて言われた時は完璧に冗談だと思っていたのだが。透明に流れる芸術の中でこの人の姿は妙に映える。「乗り気じゃなかったか」「…いや、嬉しいですよ。あんたと来られて」
(レトシル)

「たまに寝床の近くに立っているんだ」「誰が?」「エーデルガルトが」言って男は左肩の辺りに手をやった。その目は地を見ている。「だが何も言わない。赦さないとも言わず、俺の名を呼ぶこともない。ただ俺を見ている。…俺も彼女の名は呼ばない」そうかと返し空を仰ぐ。夕陽は赤く全てを覆っていた。
(ディミトリとエーデルガルトとベレト)

見ろ、火が燃えている。あれが燃えつづけるかぎり俺は進みつづけるんだ、あの方角に。あああちらでも燃えている、そこでもあそこでも。先生、お前は火ではなかったな。お前だけは光だった。一筋のおそろしいほどの、力強い閃光だった。先生、お前が火で在らないことが俺にとってどんなに、……。
(レトディミ)

「抱きしめても構わないか」夜明け前の無人の大聖堂でディミトリはそう言った。頷いて両手を広げると柔らかく抱きしめられる。「本当はずっとこうして触れたかった。軽蔑するか」「しない」「先生は優しいな」男はじっと沈黙を語った。言葉ほど不要なものも今はなかった。明日ディミトリは妻を持つ。
(レトディミ)

朝、欠伸の後に隣の男へ視線を向ける。大きな体を丸め子供のような顔をして眠っている男の頭を撫でてから立ち上がり、陽を浴びるため窓を開けると後ろから「先生」と声がした。「眩しかったか、すまない」「いや、いいんだ。…朝、お前が窓を開ける瞬間が好きだ。俺も今日を生きてもいいんだと思える」
(レトディミ)

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年02月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ