苗盾(ロンパ)

6章バッドエンド
ループ設定っぽい
----
「ねぇ、ねぇねぇ!ねぇ苗木!今どんな気持ち?だあいじなお仲間に裏切られて見殺しにされたいまどんな気持ちで生きてるの?絶望した?絶望してくれた?ねぇ苗木ってばぁ!もう答える気力もないくらい絶望してくれたの?やっだ超嬉しい!あ、すごい絶望的な顔してる!わたし苗木クンのその顔だーいすきっ!ずっとその顔してたらいいのに!ああしかしな、言っておくが苗木、私は君のことを愛しているんだぞ。もしかしすると君が誰より特別だと思っているかもしれない。こうしている間にも愛は募っているんだよ。ですから、そんなあなた様の絶望的に美しい死に様をこの目に焼き付けたいのです。こういう風な思考は言わば愛の基本でしょう?愛する人の愛しき死を愛でながら絶望の光景や香りや音を存分に楽しむ、そう、そうなのだ!人間の本当の快楽とは本来ならばそういう風景と同列に並んでいるはずなのだ!つまり快楽とは愛なのだ。愛とは快楽なのだ!わかったか苗木よ。えーっと、まあそんなのはどうでもいいやっ!とにかくオレはさいっこーに絶望的にオメェのことを愛してんだよ。だから、いまこの状況に絶望してるオメェを見てるとちょー幸せな気分になんだよ!あー好き!苗木愛してる!さ、お待ちかねのおしおきタイムだよ!苗木らしくゆっくりかわいくみっともないくらいきれいに死んでね!イエイ!」
「…江ノ島盾子」
「ん?なーに遺言?よし、聞いといたげよう!こんなサービス苗木にしかしないんだからね!つってねつってね?健気なアタシって絶望的にかわいくない?あっでも苗木も超絶望的にかわいいから安心してよ!んで?どんな遺言聞かせてくれるの?」
「いつか絶対に殺してやる」

ここでアタシは故障したポンコツロボのようにぴたっと止まって、その後愛しい愛しい苗木ににこっと笑いかけた。そうなの、アタシも早く殺してほしいの。愛する苗木に。希望とかほざくバカな苗木に!そうしていつかアタシを絶望させてね。ずっとずっと楽しみに待ってるから。愛してるよ苗木!ではこれより苗木誠クンのおしおきを開始しまーす!ぽちっ!

日狛(ロンパ2)

俺の狛枝が死んでしまった。あのよく気がついて優しくてちょっと頼りなくてでも頭が切れて男のくせに変にきれいでいつも俺に笑いかけたり励ましたりしてくれたあの狛枝が、蜃気楼だったかのように忽然と姿を消してしまったのだ。あいつがいたから俺はこの狂った世界でも生きていけると思っていたのに。あいつがいたから目を背けたくなるような陰惨な出来事にも立ち向かっていけたのに。様々なでたらめの中できらめく唯一の良心だったあいつはもういない。もっと話したいことがたくさんあったし、もっとあいつの傍にいたかった。あいつが好きだった。なあ、置いてけぼりを喰らったこの恋心をどうすればいい?やり場のない感情をどう鎮めたらいいんだ?教えてくれ、それかあいつを返してくれ。俺が恋していたあの狛枝に、もう一度会わせてくれよ。

「ねえ」

下から嘲るような声がした。が、聞くだけ無駄だ。だっていま俺が下に組み敷いているこいつは、狛枝の偽物なのだから。俺が話したいのはあの狛枝であって、ただ狛枝の器を借りているだけのこいつと話をするなんてまるで地獄だ。こいつはあの狛枝とは違いすぎて虫唾が走る。そういえばこいつなんで口から血なんか流してるんだろうか。ああ俺が殴ったからか。

「ボクの意見なんか聞きたくないとは思うんだけど、ひとつ言わせてもらってもいいかな」

この状況でなぜか薄気味悪い笑みを浮かべ続けるこいつを見てるとだんだん気分が悪くなってくる。声だって震えてもいないし、どうやら恐怖なんて微塵も感じていないらしい。気色が悪い、やはりこいつは俺の狛枝じゃあない。ただの忌まわしいまがいものだ。狛枝もどきのそいつはその深海のような瞳で俺の目をじいっと見つめ、あは、と笑いながら言った。

「キミの言う狛枝って、いったい誰のことなのかな?」

何言ってるんだよお前。決まってるじゃないか、あの狛枝だよ。俺の想うあの、よく気がついて優しくて、それから、…あれ?そういえばあれって誰だっけ?


1章前半の狛枝に恋したつもりの日向くん

小ネタ詰め

「終わっちゃいましたね」「そうだね」「また始まっちゃいますね」「そうだね」「足立さん」「なに」「ごめんなさい」「べつにいいよ」
(主足/1225)

「なあ狛枝」「*&%}\~」「好きだ」「?-\^&$」「嘘じゃないって」「$##"!,******」「…うん」「************」「また会おうな」
(日狛/ニューゲーム)

「ルドガー、どうした?」「なんでもない」レンズの向こうに据わる瞳は今日も何かを俺の見えないところにひた隠しているようだった。昔から、いつまでも兄さんと一緒にいたいと、どうしてか願いつづけている。願わなくていいはずなのに、なんでだろうな。「夕飯できたよ」
(クルスニク兄弟)

例えばあなたを切り裂いたら中から蝶が出てくるのかって、そういう話を俺はしたいんですよ。やだな、きちがいだなんて強い言葉使わないでください。あなたにそれは似合わない。
(主足)

「君が僕を嫌いでも、僕は君が好きだ、たぶん」「…知ってるよ」「好きなんだよ」「だから知ってるって…」
(貞シンカヲ)

久しぶりに会った彼女が私のこと幽霊だと思いますかと尋ねてきたので、ボクには天使にしか見えないなと言って笑ってみせた。すると世界がすこし錆びた美しさを孕んだので、ボクは一生彼女を忘れることなく生きていけるという素晴らしい確信を抱いたのだ。たぶん死ぬまで好きなんだろうなあ。
(苗舞)

「日向クン、これは■なんだ。わかるよね?本当はずっと、キミはそれを理解していたんだよね?ボクの■の形、それの正体にさ。ボクは深い■■を持っていつもキミに接している。今だってそれは例外じゃない。むしろ今が一番、それが顕著に表れているはずだよ。…なのに、気がつかないわけがないよね?」
(日狛/■昧)

「狛枝、俺さ、お前の左手が食べたいくらい好きだったよ。でももうないなんてな、はは。なあ、お前の手ってまだどこかに残ってるのか?もしそうなら今からでもさ、食べていいかな」「…あは、」
(日狛/リズム)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2012年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31