スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め

・シャニマス

「私と出会って幸せですか?」背中越しにされた質問に、振り返らずに「勿論」と答えた。きちんと目を見て言いたかったが、仕事の調整をしていて手が離せなかったのだ。しばらくの沈黙の後、にちかは呟く。「嘘つき」思わず顔を上げてにちかに振り向く。彼女は笑顔だった。「あはは、こっち見た!」
(Pとにちか)

「……にちか?にちか、にちか!そこにいたんだな!ああ、にちか、俺、もうお前に会えないと思って、俺……。なあ、にちか。にちか、ああ、裸足じゃないか……そうか、そうだな、もう靴なんて履かなくていい。それでよかったんだ、ずっと、……。今さら気がついたよ、にちか、ごめんな、にちか……」
(Pとにちか)

「にちか、今、笑ったか?」崖の端に立つ私にプロデューサーがそう呟いた。笑ってますよ、笑っちゃ悪いですか?そう返すと、そんなわけないだろと彼はうめくように言う。「久々に、にちかに会えた気がする」「なんです?それ。変なの」「もう会えないと思っていた。だって、…お前は俺が殺した…」
(Pとにちか)

そうだにちか、海に行く前に靴屋に寄ろう。どれでも好きな靴を履いていいんだぞ、どんなのでも俺が買ってやるから。え、どれにすればいいかわからないかもしれない?いいよ、それでもいいよ。買わなくったっていいんだ。ただな、俺はお前に靴を選んでやれない。それだけはもう、したくないんだ。……。
(Pとにちか)

わたがしを持って甘奈さんの元へ帰ると、彼女はスマホを食い入るように見つめていた。長く細い指が画面を数度叩き、少し逡巡したあとまた画面を叩く。その横顔に僕は少しも馴染みがなかった。馴染みがなく、そして、世界一美しいものだと思った。そうか、…そうか。甘奈さん、好きな人がいるんですね。
(モブと甘奈/わたがし)

「プロデューサーさんが目を閉じると……天使さんがやってきます。天使さんの手をにぎって、きらきら光っている川が下に流れている橋を渡ると、お花さんがいっぱいいて……そのさきに、わたしがいます。そうしたらまた、わたしに『すてきなアイドルになろう』って……声をかけてください」
そこには宇宙があり、霧子はその中心で星のように微笑んでいた。何もおそろしいことはない。俺は、俺の愛した日々はどこであろうと続いてゆくのだ。「鳥の声が……しませんか?」「ああ、するよ」聴こえるとも霧子、お前の好きだった朝の鳥だ。お前の好きだった青い空を飛びながら鳥が歌っている。
(Pを看取る霧子)

「……あさひ。あさひ、聴こえる?あんたが小惑星××-○△に着いてもう半年が経ったわ。あんたにとってはきっと、着陸して十数秒っていったところでしょうね。間も無く地球は終わるわ。ふゆ達にも時間は残されていない」
(冬優子+宇宙行ったあさひ)

シャニマス言ってないシリーズ
あさひ「うわ〜〜〜冬優子ちゃんクジラみたいっす!!面白いっす〜〜〜〜〜!!!!!!!!!」

「ふゆはさあ、もっと思ったこと言っていーと思うよ?」だって心配なんだもん、言うじゃん。あたしとふゆって親友なんだし。だよ?ふゆがそう言ったんだもん。ふゆはさ、ちょっといー子すぎるってゆーかさ。ほんとはガマンとかしてるんじゃないかなって。思うじゃん。「えー?なんで? ふゆ、思ったことは全部言ってるよ?」「ほんとー?」「ほんとだよお」「じゃー今は何考えてる?」「ふふっ。○○ちゃん、心配してくれて優しいなーって思ってるよ」ふゆが笑ってる。親友のあたしにそう言って笑っている。じゃあもう、信用するじゃん。だってふゆがそう言ってるんだもん。心から。
決勝を見た。優勝した瞬間、ふゆ、にっこり笑うんだろうなーって思って見てたら、ほんの一瞬だけどにやって笑ってた。視線の先には誰かがいた。たぶん、お世話になってるプロデューサーか誰か。ふゆ、あたし黛冬優子の親友だよ。…たぶん貴女が考えてる以上にそう思ってたんだよ。…おめでとう、ふゆ。
(モブと冬優子)

みんな何も分かっていないよな。こんなに可愛い甜花さんのことを「大崎姉」だなんて!甜花さんは甜花さんだろう。確かに、妹さんのほうが交友関係が広いし顔も知れているのかもしれないけれど。僕だけは分かっている、知っているんだ、甜花さんの魅力を。甜花さんは甜花さんとして充分魅力的なんだ。きっとみんな知らないんだろう。休み時間、甜花さんが携帯ゲームをとても楽しそうにしている姿を。妹さんの話を振られたときの甜花さんの弾けるような笑顔を。誰も知らないんだ。けれど僕は知っているのだ。……気づいているのだ、僕だけが。
テレビに映る女性は確かに大崎甜花さんその人だった。まるで別人のようで、けれどどうしてもそれは僕の見ていた彼女の輝きそのものだった。W.I.N.Gが終わる。彼女の涙が汗が軌跡が煌めいている。今、僕はただの、何の変哲もないただの視聴者でしかなかった。甜花さん。…大崎さん。……おめでとう。
(モブと甜花)


・九龍

それは力強い理不尽を伴って心臓に触れてきた。引き剥がそうにもびくともしない、おそろしい、おそろしい手だ。熱を持ってすべてを焦がす。俺は捕まったのだ、得体の知れないそれに。いつか俺はこれから逃げることをやめてしまうのではないか。そう考えるだけで脳が焼ききれるような感覚をおぼえた。
(主皆)

女の白いブラウスに血が染み込んでいく様を呆然と眺めていることしかできなかった。紫のよく似合う女だった。その胸に赤は映えない。これが愛の色だというのならば、俺はそれを一生美しいとは思えないのではないかと感じた。軽蔑でも嫌悪でもない、ただ、砂漠のような不可解がそこにあった。
(主皆)

目を背けてさえいればそれは無いのと同じだったのだ。伸びてくる無数の手をはたき落として瞼を閉じて笑っていればそこには正気しかなかった、そうだ、それが俺なりの正気だったのだ。だからそこに差し込まれた刃は絶対に拒絶しなければならなかった。俺はこれで構わないのだ、お前に何が分かると。
(主皆)


・その他

「ばあちゃんの知り合いの家、犬を放し飼いにしてるらしいんだ」「すげえな。逃げたりしないのか?」「ちゃんと帰ってくるらしいよ」へえ、と柴くんは呟いて、その後にちらりと僕を見た。なんだろう。「どうかした?」「いや。……俺は首輪があったほうが安心だと思ってな」「ははは。それは確かに」
(十三機兵/鞍柴)

貴女の頬がこんなに白いことを知らなかった。貴女の指がこんなに細いことを知らなかった。貴女の瞳に見上げられたことなどなかった。そうだオレは無知で無力な子供だったのだ。オレの来られなかった『過去』の中で貴女はどんな最期を迎えたのだろう。…最期に呼んだだろう名前しかオレにはわからない。
(ゼルダBoW/シドミファ)

ただ花や雲や偶像や人間の素晴らしさをこの手で描き表したいだけだというのに、血と痛みと現実と人間が僕のその願いを許さないのだった。絵筆の代わりに持てと急かされるのは弓だ。未来を描きたい僕はいつも今日のために矢を引き抜いた。女神様の輪郭がほんの少しずつぼやけていく。
(FE風花/イグナーツ)

くぅ妬ましくて憎らしくて殺してやりたいとさえ思いましたwこれにて支援Bです!
実は、紋章と無縁に生きてきたあんたを見たのが始まりでした
本当は言うつもりなかったのですが←
支援会話を無駄にするわけにはいかないので流行りの殺意で挑んでみた所存ですw
以下、青獅子学級から先生へのメッセジをどぞ
(FE風花/くぅ疲コピペと化したシルヴァン)

小ネタ詰め

・FE風花

イグナーツくんの絵が好きだった。いつもこっそり彼が絵を描いているところを盗み見ていたくらいには。貴方の絵は後世に遺すべきよ。戦火の中で燃えかけた絵を庇いながら強くそう思った。紙の中では女神のように女性がほほえんでいる。…欲を言えば、私も貴方の瞳越しに女神になってみたかったけれど。
(モブとイグナーツ)

この士官学校を卒業してしまえば俺は貴族としての責務を果たさなければならなくて、だからこれが最後の猶予期間で、毎日は退屈ながらそれなりに楽しくて、悪くはないと思えていた。突如即位した皇帝陛下の演説が耳に貼り付く。壇上にエーデルガルト皇女。これは現実か?掌にじわりと汗が滲んだ。
(モブとエーデルガルト)

久々に戦場で見た彼女はまるであの頃とは違っている、ように見えた。相変わらず幼さの残した輪郭や甘さを隠すため尖らせている声などは特別変わっていないのに。きっと彼女の手がもはや血にまみれることを厭ってはいなかったからだろう。リシテアさん、お菓子はいらないか。…遺言にするには間抜けだ。
(モブとリシテア)


・LIS2

「あたし結婚するんだ」「え、マジで?」「うん。式でハッパパーティーする」「はは。両方の意味でめでてえな」「うん。…ほんと、おめでたいよ。ちゃっかり自分の幸せ優先して」「バカ言うな」「ごめんね」「…ダニエルがダスティン・ホフマンぶるかもしれないから気をつけろ」「はは。ねーっての…」
(ショーンとライラ/贖罪エンド)

「抵抗しようなんて考えるなよ。あんたは絶対俺に勝てない」誰よりもよくわかってるはずだ、と言って手首を強く握ってやる。兄は少し諦めたような眼差しで、「しねえよ」と呟いた。「お前は俺に何したっていいんだ」「なんで?」「俺がお前の兄貴だからだよ」…笑える。何にもわかってないじゃないか。
(ダニショ/逃亡エンド)

「…で、俺がクリスに向かって水鉄砲打ったんだよ。そしたらあいつさ」楽しげに思い出を話す弟の顔が火に照らされ、ほの赤く闇に浮かんでいる。星が綺麗で空気は澄んでいた。風景だけがあの日と何も変わらない。それだけで俺は、狂人にも聖人にもなれそうだった。「それでさ、ショーン。…ショーン?」
(ダニショ/贖罪エンド)

「キャシディに手紙返してないのか」「…なんで知ってる」「この前ここに来たから、あの女」「ハハ、お前まだ彼女のこと嫌いなのか」「…別にいいよ。ショーンとあいつがデキても。でも、そのときは俺はショーンを殺すと思う」「ああそう」お好きにどうぞ、と笑っている目の前の男に無性に腹が立った。
(ダニショ/逃亡エンド)

初めて夢精した日、夢に出てきたのは死の直前の兄の姿だった。血の噴き出る喉を押さえ、掠れた声で兄は俺の名を呼ぶ。うつろな眼差しが徐々に光を失って、最後には目の前の俺すら瞳に映してはくれなくなった。その光景を俺は間抜けな白に染めたのだ。…俺に罰を与える裁判官はメキシコには存在しない。
(ダニショ/ダニエルエンド)

小ネタ詰め

・FE風花



目の前の閃光と刹那に気がついてしまった。それは相手の刃が反射した光の姿を取って俺の網膜に刺さる。無意識に足は前に歩む、いや走る。翳らせるなその光は必要だ、誰にとっても、俺にとっても。…なあ、もし、あんたが不死身だったなら。こんな感情になんて一生気がつかなくて良かったのにな。
(レトシル)

いつの間にここまで絆されていたのかももはや分かりはしない。ただ分かるのは、今の自分は確実にあいつらには見せられない顔をしているということだけだった。あんた正気かとこっちが尋ねる前にその手がゆっくりと勲章と名のついた傷をなぞる。「約束通り、選んだ責任は取る」……忘れてろそんな軽口!
(レトシル)

ああ今確実にひどい顔してるな。そう思い枕に顔を埋めようとした瞬間、強い力で腕を掴まれた。目線を横にやると悲しげな顔がそこにある。「隠さないでほしい」「…さすがに涙と涎まみれの顔見られるのは恥ずかしいんだが」呟けばきょうだいの瞳はより悲しげな色をした。…本当に俺の顔好きだなあんた。
(レトクロ)

「どうだ先生。美少年の顔見ながらやるってのは最高だろ?」薄い紫を揺らしながら生徒は笑う。夜の闇の中でその唇の紅が艷やかに光った。ユーリスの手は子をあやすように頬を撫でてくる。「しかしあんた、いちいち可愛い反応してくれるな。まさか初めてか?」「そうだ」「ははは!そりゃ幸運だったな」
(レトユリ)

クロード・フォン・リーガン、あの男だ、あの男は俺の女神を嗤ったのだ。忘れもしないあの夏の日、女神への信奉を語った俺にあの男は微笑んだ。しかしただの微笑みではなかった、その中に確かに嘲りの意は含まれていたのだ。妄想などであるものか、俺は見た!あの男は俺と俺の神を嗤ったのだ!
(モブとクロード)

「あれは何だ」「死体だ。首が折れてるだろう」「あれは?」「あれも死体だ。腹が裂かれている」「あれは」「死体だな。後で目を閉じておいてやろう」「お前は?」「うん?」「お前は何だ」「……生きているつもりだが、お前から見れば何なんだろうな」
(レトディミ)


・その他

簓「オカンがな、思い出されへんディビジョンがある言うねん」盧笙「特徴言うてみいや」「まずな、ポップな印象や言うねん」「フリングポッセやがな。あそこはポップな印象が売りなんやから」「でもオカンが言うにはな、みんな倫理観がしっかりしてるらしいねん」「ほなフリングポッセちゃうやないか」
(ヒプマイ/簓と盧笙 ミル●ボーイネタ)

オマエらダンデはどうした、ボールはどうした、Tシャツは捨てたのか、新しいチャンピオンのファンだというオマエの部屋ではどうせダンデのグッズが隅に追いやられている、いい加減変わり映えのしない王の顔にみんな飽き飽きしていたとネットで誰かが呟いていた、……オレだけがまだここにいる。
(pkmn/ダンデとキバナ)

その方は堂路桐子という名だった。堂路博士のご令嬢、歳は私達と同じ頃だ。一目見たその時から私はたちまち恋に落ちた。糸のように繊細で美しい髪、儚く浮かぶ笑み、少し低い声。すべてが私を夢見心地にさせた。ただ眺めていられるだけで幸福だったのだ。あの男、比治山隆俊が現れるまでは。
(十三機兵/モブと比治沖)

小ネタ詰め

お題お借りしました(https://shindanmaker.com/375517)

・FE風花

あの人に死が迫ったのを目の当たりにした瞬間、自分ではもうどうしようもないほど内側に踏み込まれていることに気がついてしまった。石のように居座るあの人を追い出すことは今さら不可能だ。「殺したいんじゃなかったのか」言ってくれるな、こんなつもりじゃなかったって今一番思ってるのは俺なんだ。
(レトシル)

先生の驚いた顔って見たことないかも。あー確かにな。そんな会話をクロードくんとしていた矢先、釣り場で先生を見かけた。真剣に水面を見ている。周囲の声なんて聞こえてない様子だ。隣の悪戯っ子が「ヒルダ」と呟く。「好機が転がり込んできたぞ」「…離れて見とくからクロードくん一人で怒られてね」
(ベレトとクロードとヒルダ/お題:言うと思った)

どこに行っても目についた。揺れる三つ編みとはっとするような黄色。今思えば恋だったのだろう。「先生、久しぶりだな」水の都の中で彼はこちらを見て微笑んだ。その手の弓には血がこびりついている。隣のエーデルガルトが眉を顰めた。殺すべき相手なのだ、彼は。剣を静かに構え直す。初恋だったよ。
(レトクロ/お題:最初から最後まで)

「ディミトリが会いに来たよ」「こちらを縋るように見つめてきた」「何もしてやれなかったよ」「抱きしめてやれたらよかった」「……いや、君にこんな話をしても仕方がないんだ。わかっているんだ」「ただ、フェリクスやシルヴァンやイングリットにはとても言えなくて」「でも懺悔がしたかった……」
(レトディミ)

寝台から私を見つめる男は至極普段どおりだったが、その服の中に隠し刀などのひとつも仕込まれていなかった。抵抗も全くされない。「ヒューベルト、良いのか」「何がですか」「ええと、その…何もかもだ」言ったら彼は可笑しそうに顔を歪めた。そこに敵意の少しもないことに、私はまた胸を高鳴らせる。
(フェルヒュー/お題:無条件降伏)


・その他

「ダンデ氏の無敗記録が破られ新たなチャンピオンが誕生しましたね!そちらについて何か感想などありますか?」悔しがってるオレが見たいんだろうさ大衆は。だが本音なんか言ってやらない。これはオレだけの感情だ。誰とも共有しない。いいコメントはしてやるからよ、娯楽にして笑えよ、バカみたいに。
(pkmn剣盾/ダンキバ)

小ネタ詰め

・ヒプマイ


人の金で上海蟹を食らう男の、何の後ろめたさも感じられない瞳を羨ましいと思った。「どこに行きます?それを食べ終わったら」彼は賭場の人間、小生は編集者に追われている。持ち金は少ないので行ける所など限られている。「幻太郎の行きてーとこ行こうぜ」なぜこの男はこんなにも楽しそうなのか謎だ。
(帝幻)

「お前セックスしたことねえだろ」何杯目かの酒をグラスに注ぎながら左馬刻さんがそう呟いた。氷も溶けきってぬるいだろうそれは濡れたグラスの中で不味そうに泳ぐ。「なんすか急に」「顔と態度が童貞丸出しなんだよ。女の一人ぐらいさっさと抱いとけ」「……べつに今そういうの興味ねえんで」「ハ!スカしてんじゃねえぞガキんちょ」笑いながらタバコの煙を吹きかけてくる左馬刻さんはいやに機嫌がいい。マジで興味ないんすよ、と返すとその目は楽しげに細められた。伏せられた睫毛はあんまりにも長い。
(一左馬)


・TOX2

「クラウディア?」朝日を受ける俺を彼女と見間違えたんだろうか、兄さんはずいぶん怯えた目をして俺を見た。直後すぐ、すまないすまないと謝りだす。「俺を殺しに来たのか。そうなんだな。ああ、そうだな、それだけのことを俺はした。だが、待ってくれ、まだ死ねないんだ。俺にはあの子がいるんだ」「兄さん、違うよ」「あの子はまだ小さいんだ、お前も知ってるとおり。俺が守らないといけない。償いならいくらでもする、だから俺に時間をくれ。どうか今だけ俺を許してくれ」壊れた機械のように兄は許しを欲し続ける。ああ、なんか赤ん坊みたいだな、ここ最近の兄さん。……ちょっと可愛い。
(ユリルド)

兄さんあの星いつ落ちるのかな、と弟が指さした先に赤い胎児が浮いている。朝が来る頃にはきっと落ちてるさ、と言ったら安心したように目元を和らげた。可愛い俺のルドガー。星が怖いのだ、きっと。ならば俺が落としてやろう。見たくないものは見なくてもいいんだ。世界はお前のものなのだから。
(ユリルド)

ジュード・マティスという同僚がいけ好かない。いきなりオリジン開発に加わった思えばどんどん結果を出していき、周囲からの期待や信頼をいつの間にか手にしていた。「〇〇さんの説明、すごくわかりやすいです」しかもこうして先輩に媚まで売りやがる。……さらに、顔が可愛い。そんな目で俺を見るな。
(モブとジュード)


・LiS

まただ。俺の目の前に俺の知らないマックスがいる。今の君も素敵だけど、その目を見ると不安でたまらなくなる。君は俺のことを見ているのか?ここにいる俺は、本当に君にとっての俺でいられているのか。訳のわからないことばかり考えるのは昨日観返した映画のせいだろう。……最後二人は他人になった。
(ウォーマク)

「……つまりあの懐中時計はそれこそ時計仕掛けの神だったんだと思う。神にしては結末を悲惨にしていったけどね。信徒を地獄に落とす神だ、祈り甲斐も充分」泣けるなんて言うわりに映画のメタ部分をしっかり皮肉るところはなかなかのオタク気質だと思う。そういう話は嫌いじゃないけど。
(ウォーマク)

マクシーン・Cの眼窩に嵌っている球体の名は"可能性"だ。彼女の写真は日常という数式を感情に変換していて、そこでは現実と空想の融合が淡く可視化されている。「マックスの写真って凄くいいよな」「お世辞はいいよ」「お世辞じゃないって。何かこう、日常なのにSFっぽい。多次元を感じる」「何それ」
(ウォーマク)

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2021年09月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ