亜双義とジーナ(大逆転)

「お悩みか?"警部"殿」
市街地の階段で座り込むアタシに声をかけてきたのはアソーギ検事だった。ナルホドーの友達の日本人で、昔弁護士を目指してた人。
「ねえ、何で弁護士にならなかったの」
「唐突だな」
「弁護士、カッコいいじゃん。いろんな人のこと助けられるもん」
アタシだって助けられたし、と呟いて膝の間に頭を埋めた。アタシは未だになんにも出来ていない。ボスに報告できるような手柄がまだひとつもなかった。
「なかなか見る目があるようだ。そなたの言葉を借りれば、確かに弁護士、特にあの男は格好良い。オレの誇りだ」
「あの男には正義がある。その上、真実を何よりも大切にしているからな」
遠くを見るみたいな目をしながらアソーギ検事はそう話してる。ふうん、と言うアタシに彼は静かに振り返った。
「オレは一時、己の正義を見誤りかけた。その事実は一生消えることがない。だが逆に言えば、それがあったからこそオレは己の正義についてを再確認することになった。それに、人は簡単に正義を見失えてしまうということも分かったのだ。今は真っ直ぐ己の正義に向かって歩いていると自負しているし、そんな自分を誇りに思っている」
「レストレード刑事。そなたは自分の正義がどこにあるのか、きちんと分かっているのだろう?」
そう言うと、アソーギ検事はアタシに新聞を突きつけた。なに、と呟きながらそれを受け取る。それはなんの変哲もない日刊紙だったけど、そういえばこの号、見覚えがある。一番下だと指し示されて視線を落とすと、心当たりに納得がいった。一ヶ月前、イーストエンドで詐欺を繰り返してた悪いヤツを尾行して、アタシは決定的な証拠を見つけたのだ。上司の命令を完全に無視して動いてたから褒められたのと同じくらい怒られたけど、犯人は無事に捕まってイーストエンドのみんなは救われた。この新聞にはそのときの記事が隅っこに小さく載っていた。
「なんでこんなの持ってるの」
「過去の事件を調べていた時、偶然目に留まってな。ここに小さくそなたの名が書いてある」
「まあ、そうだけど……」
「これがそなたの正義の証だろう」
戸惑うアタシにアソーギ検事は笑った。あ、今の目、ちょっとナルホドーに似てる。
「オレからすれば、貴女もずいぶん"格好良い"と思えるがな」



もし3が出たら亜双義の周りでちょろちょろしてるジーナちゃんが見たい 見たくない?

龍アソ(大逆転)

自分の部屋で今までの事件の資料を読み返していると、不意に玄関から扉を叩く音がした。こんな夜更けにいったい誰だろうかと疑問に思いつつ引き戸を開けると、突如『誰か』がぼくを勢いよく抱きしめ、そのままの勢いで床へと引き倒される。頭を打った痛みと状況を把握できない戸惑いを抱えながら相手を見ると、そこには此処にいるはずのない男の顔があった。亜双義一真、ぼくの親友。今は大英帝国で検事の職を立派に果たしている、はずなのだが。
「あ、亜双義?どうしてここに……」
「一時帰国の許しを得てな。キサマに会う為こうして帰ってきた」
「な……」
何で、と問いかけようとした瞬間、輝きを湛えたその瞳が真っ直ぐにぼくを射貫く。『成歩堂』と呼ぶ声もいつもより少し弾んでいる気がして、いつもとは違う雰囲気を感じたぼくはそのまま口を閉じてしまった。
「ああ、成歩堂。相棒よ、オレはようやく気が付いた」
ぼくの髪の毛をめちゃくちゃにするかのように頭をがしがしと撫でられ、犬か何かにでもなったような気分になる。もしや酔っているのかと密かににおいを嗅いでみたが、特に酒臭いわけでもなかった。よく聞け、ともう一度言われて困惑したまま頷く。上機嫌そうによしと呟いた亜双義は、楽しげにその口を開いた。
「思えば何もかも、キサマである意味があった。弁論大会でオレに勝ってみせたのも、ジェゼール・ブレッドを裁いたあの法廷でキサマがオレの隣に立ったのも、そして大英帝国の大法廷でオレに正面から人差し指を突きつけたのも!すべて、キサマである意味があったのだ。ああ愉快だな、成歩堂。奇しくもオレの起伏の傍にはいつもキサマが立っている」
「そうだ、そうだったな。オレはいつもキサマの目や背中を見つめていた。考えることといえばキサマのことばかりで、ここに来るまででもどれだけオレは……、……そう考えれば笑えるほど単純な話だ。向こうで美味い物を食ったとき、団子を頬張り笑っているキサマの顔が頭に浮かんだ。それが全てだったのかも知れぬ」
フフ、と笑って亜双義はよりいっそう強くぼくを抱きしめた。亜双義が先刻からずっと何を言っているのか、残念ながらぼくにはよく分からない。けれど恐らくとんでもないことを言われているのだろうとは何となく感じている。かすかに香る潮のにおいに何故だか心臓が激しく脈打った。亜双義、とその名前を呼ぶと、親友はしばらくののちぼくをその腕から解放する。体を少しだけ離すと、両手をぼくの頬に添えた。手袋越しでも手のひらの熱さが伝わってくる。ぼくを見つめる瞳は剥き出しの感情をそのままこちらにぶつけてきた。誰が見てもきっと全部を悟るだろうその眼差し、隠せていないのではなくて、きっとわざと隠していないのだと思う。
「成歩堂。いいか、よく聞け」
亜双義はぼくの額に口づけてまた髪をなぜ回すと、にこりと微笑んだ。
「オレはこれからキサマに一世一代の告白をする」

小ネタ詰め

・大逆転

「もういい!ボスのバカ!」アゲモノになっちゃえー、って自分でもよくわからない捨て台詞を言いながら221Bに転がり込むと、アイリスが嬉しそうにアタシにお茶を淹れてくれた。「グレグソンくんとケンカしたの?」「うん。だってボス、いろんなことアタシに秘密にするんだもん」ううん、とアイリスはおデコに指を当てて考え込む。「それは多分、ジーナちゃんの為なんだと思うなー」「そんなワケないじゃん。アタシが子供で、信用できないから秘密にしてるんだよ」「でも、ホームズくんもあたしにいろんなこと秘密にしてるけど、あたしが子供で信用できないからじゃないと思うの。あたしのこと考えたうえで、内緒にしなきゃいけない理由があるんじゃないかなあ」言ってくれないのはやっぱり寂しいけど、と付け足してアイリスは笑う。ボスもアタシのことを考えて、いっぱい秘密を作ってるのだろうか。そう思うとなんだか怒りづらくなってくる。それに、アイリスのハーブティーを飲んでたらいろんなことが許せるような気持ちになってきた。「……ホント大人ってしょうがないね」「ねー!困っちゃうの」
(ジーナちゃん)

「怖がらないでくださいませね。私にすべて任せて頂ければ、あっという間に貴方は蝋へ生まれ変われますわ」そう言ってオレを寝そべらせ何やら道具を点検している横顔にはまだまだ幼さが残っていた。「よくやりますね、こんな仕事。確かあんた方、死体の型を取ったりもするんでしょう」「あら。よくご存知で」「近頃ゴシップに敏感なもんでね。……否定されると思ってましたが」「恐ろしい虚構も恐ろしい真実も、上手く操ればローザイクに箔が付きますわ」「したたかですねえ、その歳で……」オレが呟くと、少女は穏やかにこっちに微笑む。マダム・ローザイク。この歳の少女にはひどく不釣り合いな呼び名だと思っていたが、この笑顔を前にするとなかなか似合う呼び名だと感じる。天使のように、そして魔女のように唇を歪める姿はあまりに印象的だった。「私はこの生き方しか知りませんの」
(ドレッバーとローザイク)

最初に好きだと言ったら、そうか、と全く動じた様子もなく呟いた。二度目に好きだと言うと、分かったと返して腕を組む。三度目に好きだと言うと、もういい伝わっていると言って睨むようにぼくを見た。四度目、ついに目が逸らされる。五度目には顔が赤らんだ。「……キサマ、面白がっているだろう!」
(龍アソ)

「内臓の病気はしてる?」開口一番がそれだったので勿論ぼくは面食らった。彼女の瞳はとても真っ直ぐだ。「していません」と素直に答えると、派手な目がにこりと細められる。「じゃあ、多分すごくキレイだね。アナタの中」早く開きたいと呟きながら手術刀を研ぐ姿を前に、背中では冷たい汗が伝った。
(龍ノ介とロイネちゃん)

「キミたち相棒だとか言ってるようだが……相棒としてどこまで親交を深めているんだい?ボクとミコトバはもうキスぐらいならとっくに済ませてるよ。ベロベロに酔ったときに触り合いもしたことがある。キミたちも当然そこまでくらいは済ませているんだろ?」「え??いやそれはちょっと……」/「ミコトバ!ボクたちゲイなんだって!」「なんですかキミ!?」
(苺ましまろパロ)

いつだかに買ったワケの分からない独逸の歌が部屋に響いている。タイトルは何だったかな。キミ、分かるかい?「ホームズ」ボクの問いかけに答えず彼は静かに笑っていた。この世の終わりのような顔をして、大袈裟だね。そう思いながら鏡を見ると自分もなかなか似たような顔をしていた。「今まで有難う」
(ホームズとミコトバ)

「これが父の見た景色か」カズマ・アソーギは静かにそう呟く。深手を追った左手からは絶え間なく血が噴き出しており、彼が私の頬を撫でるたび不快な生ぬるさがこちらに伝わってきた。背中にも傷を負っているはずだ。何故こうなるまで私を庇った。そう口にしようとした瞬間、彼は「悪くない」と笑った。
(アソバロ)

赦す赦さないで話が出来るのならずいぶん楽になるのだろうが、生憎とどちらも其処まで単純ではないようだ。あの男――成歩堂であれば、もう少し明朗に感情を整理したのかもしれないが。皆が皆法を神として崇めていれば、そうも過ごしやすい社会は存在しないだろうに。「オレを赦すか」そう告げると、《死神》の燃えかすはかすかに顔を曇らせた。分からない、とその表情が存外雄弁に語っている。
(アソバロ)


・その他

最初はリップとかグロスだけだったレイアの化粧がどんどん付け足されていって、今やあいつは大人の女のような顔をして笑うようになった。酒を飲む姿にも違和感はない。「なあ、なんか浮いた話とかねえの?」「ええ?まあ、うーん。……実はこの前ね」俺は何を焦ってんだろうな?なあ、誰か教えてくれ。
(TOX2/アルレイ)

今まで僕はどれだけマリベルを傷つけ、失望させていたのだろう。そんなことを初めて考えた。「退屈な男なんてずっと嫌いだったわよ。ねえ、このあたしが平穏なんて望んでると思ってた?」「…ここまで言っても連れ去らないんだ。あーあ」あたし、あんたと結婚しなくてよかったあ。幼馴染はそう言った。
(DQ7/主人公とマリベル)

龍アソ未完(大逆転)

「あっ」
大英帝国から持ち帰った荷物の中にあった物を見て、思わずそう声を上げてしまった。分厚い一冊の使い古された本、その表紙には『法律全書』と物々しい字体が印字されている。これにはずいぶん助けられたし愛着もあるけれど、慣れ親しみすぎてこれの本来の出処をすっかり忘れてしまっていた。
「成歩堂さま、どうかなさいましたか?」
ぼくの荷物の整理を手伝ってくれていた寿沙都さんが不思議そうにこちらに視線を向けている。その目はぼくの手元を一瞥すると穏やかに綻んだ。
「法律全書でございますね。よく読み込まれていることが一目でわかりますとも」
「ですよね。これ、実は亜双義の物なんですよ」
「……ああ、そうでございましたね!」
合点がいった、という顔をして寿沙都さんは手のひらをぽんと叩く。アラクレイ号の事件の後、枕の下にあったこれを拝借してぼくは弁護士の勉強に勤しんでいた。あらゆるところにある細かい書き込みや何度も指で擦ったことが分かる頁端の丸まりなんかを見るたびに最初は辛くなっていたけれど、この中の知識には数え切れないほどの窮地を救ってもらったと思う。だから狩魔や腕章に抱くのと同じような気持ちで事務所でもずっと手元に置いていた。……置いていた結果がこれだ。
「またしばらく借りておくしかなさそうですね」
そうでございますね、と寿沙都さんは眉を下げる。果たしていつ返せるのやらとぼくも苦笑したが、同時に返す宛てがあることを少し嬉しく思った。そうだ、隣にいなくとも亜双義は海の向こうで生きているのだ。


法律全書ないけど亜双義ちゃんと枕の高さ合わせられてるかなって龍ノ介が心配する話だったんすけど(?)挫折した
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31