スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

創作BL

「抱いてくれないか」

自室。勉強会という名のAV鑑賞会。いま俺はそういった憩いの場で、ものすごく唐突に唯一無二の大親友である男にこう言われてしまった。ウホッ、つってね、即座にそういうネタが頭の中で暴れ回る。しかしそれもこいつの今にも決壊しそうな目の内のダムを見ることによって静まり返りかけた。例によって目の前のこの男はガタイがよくてイケメンというか男前の部類で、つまりいい男だ。つまり、つまりどういうこと?俺は今からこいつに掘られてしまうの?ずっと大親友だと思っていたこいつは俺のことをそういう、くそみそな目で見ていたの?いやしかしこの思考は早計にも程がある。これは冗談だという可能性も十二分にあるのだ。普段こいつこういう冗談だいっきらいだから無闇に本気だと信じ込んでしまったが、こいつもそういうネタに寛容になったのかもしれない。いや、きっとそうだ。そうだよね神様!人生で一番信心深くなった俺は祈りをこめてちらと目前を見やる。その瞬間、俺の神は死んだ。俺の服の裾を控えめに、しかしいやに強く握り、頬を染め目を潤ませ乙女のように身じろいでいる。アウトだ。やけにケツがむずがゆくなってくる。もうだめ、俺のバージンは花とともに散るのね。は、入りましたっつってさ、ああ、次は――

「む、無理な頼みってのはわかってんだ。俺もお前も男だし、お、俺ゴツいし、かわいいとか、全然…。抱いてくれとか、キモいよな、うん、キモい」
「な、中本」
「ごめんな」

いや、聞いてて気がついたのだが、そういやこいつ俺を掘るだとかではなく「抱いてくれ」と言っているのだ。抱く、…抱く?誰が誰を?中本の腕の筋肉が目に入る。俺は実はずっと中本の体を尊敬していたのだ。うわーすげー強そうだな、と。俺もああなりたい、と。それを、俺に抱けと言う。しばらく脳に最大の仕事をさせて、あれとかそれとかを、もうものすごく考えた。長い沈黙が部屋を支配し、その静寂は俺が部屋のドアを開ける音で打ち切られた。トイレに行く。吐いた。そりゃもうゲーゲーと。想像だけで、俺の中の嫌悪という嫌悪が総動員してしまったのだ。中本はまだ部屋で俺を待っている。戻らなければ。けれど俺は便器から離れられない。すこし涙がでた。ごめんな、なんて言う資格さえ俺にはないような気がする。

創作BL未完

「せんせ」


猫撫で声でそう呼ばれた瞬間、私はこの事態の理由や原因、すべてを理解した。夜の体育倉庫は光のひとつも差し込まず、だからカメラのフラッシュが死ぬほど眩しかった。あと、静寂の中にカシャっと響くシャッター音はやけにうるさかった。私はカメラがあるほうに顔を向けて、その後すぐ目の前にいる上半身裸の教え子の瞳を見据えた。彼はにこりとやたらに美しくほほえみ、彼の胸に這わせている私の手をぎゅっと握る。ああ、なるほど、と私がつい口からこぼすと奴は少年らしい笑い声を漏らし、そこからすぐ獲物を狩る動物の目で私を見た。


「これで先生、明日には全校生徒公認の変態ホモ野郎だね」


その語尾には確かにしっかりとハートマークが付属していた。ああ、これは忘れられない夜になったなと、私は心底思うのであった。
思い出が欲しいと懇願されたのはつい先週の話だった。あと3ヶ月程で卒業してしまうから、最後に大好きな先生との思い出が欲しいのだと。とはいえ彼も私も共に男であるし、私は彼のそこまでの想いに応えられそうもなかった。だから一度断りはしたのだが、彼はどうしても先生がいいと泣きわめき、寝てくれないと死ぬとまでのたまう始末だった。さすがに私も心折れ、では一度だけ、と了承してしまったが最後。結果的に私はどうやら生徒を襲う変態教師としての現行写真を撮られてしまった、と、状況からすればそう言えるらしい。つまり、このクソガキにすっかり騙されたというわけだ。まあそんなところだろうとは思っていたが、それにしてもこいつには腹が立つし、あとこの写真をばらまかれれば確実に私の社会的信用は地に落ちる。さすが最近の子供は頭が良いというか、あー、どうしよう。クビかなあ私。


「何が望みだい」
「わかってるくせに」


お金に決まってるじゃない、せんせ、と奴はブリブリした仕草と声色で私を脅迫する。こういう、大人の優位に立つことによって大人なんて自分の足下にも及ばないだとか勝手に思っているガキが私は世の中で1、2を争うほどに嫌いだ。私は大きく嘆息しつつ胸元をまさぐり、流れるような動作で財布を取り出した。


ーーーー


「家庭環境が悪いのか?」
「え?」


私から現ナマ諭吉2枚を奪い去った生徒、吉村は用が済んでもまだ帰ろうとせず、体育倉庫の鍵を閉めている最中の私の横に少しにやけながらつっ立っていた。おそらく私の惨めっぷりをより強いものにしようと、傷を抉るためここにいるのだろう。腹は立つが力ずくで帰そうだなんてしようものならどんな噂を流されるかわかったものではない。それに、こんなことで心が折れるとこいつに思われては非常に癪だ。質問された吉村はクエスチョンマークを頭上に浮かべ、不思議そうにどういうことですかと私に問い返す。


「いや、なんで脅してまで金が欲しいのかと思って。君の家ってそんな貧乏だったの?」
「いえ、そんなことはないです」


ふつうの家ですよ、と吉村は答える。父親はサラリーマンで、母親はスーパーでパートをしているそうだ。確かに特別貧乏というわけでもなければ裕福というわけでもないらしい。ということはやはり自分の力の誇示のために人を脅しているという線が濃厚か。私に対する彼の手口を見る限り脅し慣れているようだし、私のような薄幸な彼の餌食は想像以上にたくさんいるのだろう。と、ここで吉村は突如僕に語りかけた。


「先生、僕ね、男から見ても顔が綺麗じゃないですか」
「…え?ま、まあそうだね」
「女の子からもけっこうモテるんですけど、男にも5:5くらいでモテるんですよ」
「あっ、はい…」
「それでね、ある月に僕おこづかいを月の始めに使い切っちゃいまして。その月は同級生の女の子にも男の子にも大人のお姉さんお兄さんおばさんおじさんにも協力してもらってお昼ご飯代なんかを凌いだんですよ。あ、そのときは脅迫なんてしてませんでしたよ。みんな親切でありがたかったです」
「…君、広範囲にモテるんだねえ」
「それでですね、たくさん奢られてるうちにわかったんですよ僕。やっぱり一番お金持ってて僕なんかに貢いでくれるのはおじさんが圧倒的に多いなって。それでまあ、世の中のおじさんたちに夢を見させつつお金を稼ぐ方法を思いついたんです」
「…まさかそれがさっきのあれだと?」
「一瞬でも夢見れたでしょう、先生」
「…ひっどい話だなほんと」


先生(攻)のことを脅迫対象としてしか見てなかった生徒(受)が先生でシコれるようになるとこが書きたくて書き始めたはずだった

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30