スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

カルセドニーとバイロクス・小ネタ(TOH)

エロ本を見せられるカル様「…?その本はなんだ?な、なぜ私の目の前で広げる?いったいどういう……………!!!???ば、バイロクス!!バイロクスーーー!!!」

ウォシュレットに初挑戦するカル様「なんだこのボタンは…?僕の部屋のものにはこんな機能はついていないぞ…。……き、騎士たるもの何事も経験だ、押してみようか…。……………………!!!!????ばっ!バイロクス!!バイロクスーーー!!!!!!!!!!!!!!!!????」

カナブンと対峙するカル様「………いつまでも虫を苦手などとしていてはパライバ様を守れはしない…!結晶騎士の誇りにかけ、今こそ虫嫌いを克服してみせる!貴様を我が手中に収めてみせよう!うおおおおお!!……う、うわああああ!!バイロクス!!バイロクスーーー!!!!!!!!!!!」

メイド喫茶?で働くカル様「何故私がこんな格好で働かなければならない!これは女性用の服ではないか!しかも給仕用の服なのに何故こんなに胸元を開けたデザインなんだ!?意味がわからない!…は?ち、ちっぷ?な、なんだその札束は…っておいどこに突っ込んでいる!ば、バイロクスーーー!!!!!」

ゴキブリと対峙するカル様「ええい何がゴキブリだ!こんなものゼロム憑依兵に比べれば非力にも程が…ふわあッ!?なっ、何故だ!何故突然飛んだ!?く、空中戦というわけか…ならばこちらの圧倒的有利!ゴキブリが此方に来た瞬間!すかさず叩き込……はっ、速…ば、ばっ…バイロクスーーー!!!!!」

戦直後のカル様「バイロクス、無事か?私は大丈夫だ。かすり傷程度しかない。私が殺めた彼らの痛みに比べれば、こんなもの…。…バイロクス、ハンカチを借りてもいいか。…違う、泣いてるんじゃない。顔の血を拭くだけだ。彼らのためにも…僕は今、泣くわけにはいかないんだ。そうだろう、バイロクス」

パジャマのボタンを留めるカル様「何を心配そうにしているんだバイロクス。ボタンくらいもう自分で留められる!そんなに心配なら見ているといい、結晶騎士の誇りにかけて5分以内にはすべてのボタンを留めてみせる!まずは一つ目!ふんッ!……!!!は、弾け飛ん……ば、バイロクスーーー!!!!!」

心配性のカル様「バイロクス、結婚はしないのか?お前はきっといい夫になる。いい父親にもなるだろう。僕にばかり目を向けていてはいけない。幼い頃からお前は僕のことばかりで、心配なんだ。僕はお前がいなくたって不自由はない。もう16だ。僕は僕の道を歩いていく。お前の道はどこだ、バイロクス」

幼少カル様「もうぼくはマリンさまをマリンさまってよんじゃいけないんだ。パライバさまってよばなきゃ、ちちうえがおこるから。でも、ほんとはマリンさまのこと、マリンさまってよびたいんだ。…バイロクス、ぼくはわるいこかな?……わるくない?…よかった、バイロクスはいつもぼくのみかただ」

どうしても袖のボタンが取れるカル様「安らかに眠\バツーン/…!?ま、またボタンが!!バイロクス!至急縫いつけてくれ!!…ふぅ、これでひとまず\バツーン/…!?何故だ!?何故なんだバイロクス!?……す、すまないな、何度も\バツーン/!!!バイロクス!バイロクスーーー!!!!」

幼少のカル様「バイロクス、ぼくはしょうらいバイロクスににあうやさしいおよめさんをみつけてくる!…で、でもバイロクスがけっこんしたらバイロクスはぼくのそばからいなくなっちゃう…?い、いやだあ!どこにもいくなバイロクス!!バイロクスーーーー!!!」
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30