スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

主足(P4)

朝起きたら俺はアルパカになっていたが、さて夢の中で眠るにはどうしたらいい?朝特有の体の怠さは残るものの目はばっちりと冴えちまっていたし、あと重大な問題は、どうやって寝転がればいいのかわからないことである。困った。人間のときと同じような体の動きが出来ない。俺は今アルパカだった。心を取り繕う暇もないほど、ただただアルパカだった。
「……足立さん、何ですかその身なりは」
と、背後から声。振り向くと、そこにはクソガキの姿があった。何故俺の部屋にいるのか?そんな大きな疑問すら聞く気にはなれない。驚くことばかりだ、朝から。
「どうしてそんな姿に?」
「いや、知らないけど。起きたらこうだったし」
言ったあと、不法侵入者も俺も驚いた。喋れるのかよ。なんなんだこの粗末な夢は。
「喋れるんですね。ああ、良かった。……でも困りましたね」
「何が」
「喋れるアルパカなんて、この先生きづらいですよ。奇特な存在すぎて」
「……なんでこの姿のまま生きてかなきゃならないわけ。戻るか死ぬかするよ」
「本当ですか?」
「本当だよ」
「ひとりじゃ死ねないくせに?」
クソガキは気の毒そうに微笑んだ。何だ?不愉快だ。何が言いたいのかがまったくわからない。
「結局どんな生命体になったとしても、あなたはいつも生きづらいんでしょうね。でも自分では死ねない。だから俺がいるんです」
「なんなの?君、僕に何を言いたいわけ。ていうか、今更だけど何でうちにいるの」
「あなたを殺しにきました」
そうしてクソガキは可哀想なものでも見る目をしながら刀を引き抜いた。俺は枕元の銃を手に取ろうとする。が、俺は今どうしようもないくらいにアルパカだった。手が上がらないのだ。
おわり。


お題「難しいアルパカ」でした……
た、楽しい

主足(P4)

思い出した。俺はずっとひとりぼっちだった。

足立透というひとがいる。俺は彼を憎んでいた。あのひとは俺に愛情を返してはくれないから。他のひとなら、きちんと俺の愛情に応えてくれたのに。あのひとだけは、俺のことを他人としてしか見てはくれない。そんな彼が、胸を焦がすほどにずっと憎かった。
彼は俺を可哀想だと言った。最初は何を言っているのかわからなかったが、よくよく聞けばどうやら俺は表面上だけで生きていて俺の世界には自分以外は他人しか存在していないらしい。驚いた。そんなことは知らなかった。俺は自分はみんなのことをきちんと家族のように思っているのだとばかり考えていた。そんなことを知っている彼を、すごい、と思った。俺でさえ知らなかった俺のこと、あなたはとてもよくわかってくれているんですね。そう言うと、彼は「気持ち悪い」と吐き捨てた。

思い出した。そういうことだった。俺ってひとりなんだな。そんな俺を、あなたはわかってくれているんだな。

足立さんは犯人だ。それが覆ることはない。けれど、ひとつだけ覆る事実はある。俺はひとりだという事実だ。それはきっと、今に覆るのだと思う。
「ね、足立さん」
「いつもうっるさいなー君は」

主足(P4)

「あなたからの脅迫状、くしゃくしゃになるまで読み返しました」
奴の手に握られている白いものはまるで夜の街灯のようにほの暗く僕を照らそうとしていた。しかし、照らされる筋合いなどない。奴の正義の信憑性など存在し得ないのだから。「足立さん」となぜか僕を縋るように呼ぶクソガキの目に、前のような光はない。ざまあみろと思う反面、つまんねえなと思考した。所詮お前なんかさ、正しくもなんともないんだよ。それなのに僕を悪と決めつけて救おうとする、その姿のなんて滑稽なことか。俺を上手に否定もできないくせにね。……ああなんか集中できない。
「二行ぽっちを?」
「……はい」
クソガキの声が恋する少女よろしくに震えている。そこでふと思い至った。そうか、これはこいつによる純粋な告白か。そういえば顔も耳まで真っ赤だし、表情がとにかくせっぱ詰まっている。またきちがいみたいな口上を述べつくして自分語りをしようとしているだけかと思っていた。気づいたからといってべつにどうするわけでもないのだが。
「君はどうして僕を選ぼうとするわけ」
「わかりません、わからないけれど、これは……俺の、宝物なんです……」
コレイジョウタスケルナ。イレラレテコロサレルヨ。そんな文章のどこをどうしたら宝物になるんだ?やっぱり相変わらず狂っているらしい。でもそれ以上に、こいつはいま疲れている。
「破いてやってもいいよ」
「え?」
「宝物なんだろ」
そう言ってみると、クソガキの濁った目がみるみるうちに輝きを取り戻した。そうすると次にどんどん目に涙がたまっていき、最後にはきったねえ面に成り下がっていた。イケメンなのにね、台無しだ。
「ありがとうございます」
聞き取れるギリギリでそういった彼は、存外幸せそうだった。まるで僕が正しいかのように、僕に向かって笑っているのだ。

主花未完(P4)

「陽介」
聞き慣れた低音が耳をくすぐる。真っ直ぐにこっちを見てくる目のおかげで俺はどうも居心地が悪くて、しかし逃げ場なんてひとつもないから困った。追いやられた先の壁に背はぴったりくっついてしまってるし、さらに顔の横に手なんてつかれちゃ、もう。視線を逸らせど繰り出される「こっちを見ろ」という強要。というか、命令。これが今時のオトメに人気のオラオラ系イケメンてやつ?ホントにこれこそ、女の子にしろってやつなのだが。つうかここ学校だよ、そんでベタに体育館裏だよ。いくら人はあんまり来ないっつっても、この状況、言い訳もなにもすぐにできるのか。…いや、いかがわしいことしてるなんて事実はまったくないけども。俺とこいつは純粋な友人関係、ただそれのみの事実しかない。
「昨日、告白されてたのか?」
と、脳内でぐるぐると回っていた俺の思考回路を相棒はぶち切ってきた。何の話だ、いきなり?この流れで突然それか?まず告白って、そんなことされた覚えは微塵もないし、もしされていたら覚えてるに決まっている。俺はこいつほど頻繁に女子に呼び出されることはないんでね!なんて僻みながらも本気で心当たりが存在しないので、なんだそれ、と正面をきって訊いてみる。すると相棒は眉間に皺をきつく寄せて俺を強めに見つめた。
「女子に話しかけられてただろう」
「え」
女子に話しかけられてた?俺が?すぐに思い当たる出来事が浮かばなかったので、とりあえず昨日の記憶を詳細に辿っていく。確か昨日は午前中はいつも通りで、午後は……。
と、そこで心当たりを拾いあげた。そういえば昨日の昼飯の前、教室前の廊下で俺は確かに女子に話しかけられた。ピンときた俺の顔を見て、目前の顔にさらなる凄みが走る。こええよ。取り調べ中の堂島さんってこんな顔してんだろうな。
「思い出したか」
「ああ、うん、思い出したけどさ……」
「で、どうなんだ」
どうって、何が。とも聞き返せない雰囲気だった。威圧感がびりびりと全身に駆け巡る。誰か来てくれ、いや来られても困るけど。
「えっと、あのさ、なんで告られてるって思った?」
ほとほと困り果てた末にそう問うと、相棒はまたもやじっと俺を見つめてから、やがて目線を下に移動させた。突然うつむいたそいつに首を傾げていると、ぼそりと小さな声で一言。
「……聞こえてきた」
「な、何が」
「好きなの、って声が」

主足(P4)

「君みたいな奴が一番嫌いだよ。なんでもひょいひょいできるようになっちまってさ、ほかの奴らの羨望とか素知らぬ顔でスルーして、どんどん高いとこに登っていきやがる。僕が100億倍かけてやった血のにじむような努力なんて、お前からしたら一晩でできる趣味みたいなもんなんだろ?八つ裂きにしてやりたいよ、そのスカした顔。無駄に整ったツラしやがってさ。女もよりどりみどりって感じ?あ、でも君男にも興味あるんだっけ。河原のやつ見たよー。お友達の人生狂わせちゃってどうすんのさ。ははは、最低だね。しかも今だって、男の僕のこと必死に追いかけてきてさ。もうあなたしかいないんです!とか、何それキッモ。バカじゃないの?頭大丈夫?最後の最後でよりにもよって僕を選んじゃうって、本当になんにも考えてない証拠だよね。あーあ。もっと楽しいこといっぱいできたよ、君のスペックなら。顔は小奇麗だし、勉強もできるんだよね?あとみんなに好かれてモテモテみたいだし。全部棒に振るなんてもったいないなあ。なんなら僕に君の持ってるもの全部譲ってよ。……いや、やっぱいいや。君の顔なんて譲ってもらった日には気色悪くて発狂しちまう。鏡見るたびに吐くことは間違いないよね。さて、君はいま一人だ。もう僕しかいないって、確かにそう言ったもんなあ、君。うーん、どうしようか。今ここで殺してやってもいいけど、ねえ?そんなことしたらゲームが醒める。そうだよ、ゲームが醒めちまうのさ。だったら、ねえ、何すればいいかさ。わかるよね?」
そう言って足立さんは俺に銃を手渡した。撃てというのだ。この俺に、足立さんを、撃てというのだ!
「一人になれよ」
「自分で選んで、一人になれ」
「そうすれば僕は君のことを愛してやる」
「大丈夫だよ、昔に戻るだけなんだから」
足立さんは俺に持たせた銃を撫でる。優しさを取り繕うような手つきだ。怖い。どうしたらいいのかわからない。撃ちたくない。
「無理です」
「あ?」
「俺には撃てません」
「……へえ」
そうなんだ。つまらなさそうに吐き捨てられる。ああ、飽きてきているんだ。このままなら逃げきれるかもしれない。足立さんの興味を俺から失わせれば、この怖ろしい余興は中断されて俺は人殺しなんかにならなくてもよくなる。でも、飽きられてしまうだなんて、見捨てられてしまうだなんて、いやだ!そんなこと耐えられない!だって俺は一人なのに、足立さんがいなければ誰も傍にいてくれはしないのに。そうだ、足立さんが俺を記憶にとどめて死んでくれるというなら、結果が同じでもよっぽどマシだ。
「足立さん」
「お、やる気になった」
「足立さん!」
「うんうん、いいね。その調子」
足立さんのほうに銃を向ける。俺はずっと一人だった。やっとできた仲間も、失ってしまった。けれどあなたさえいてくれれば一人ではない。あなたは俺のすべてだ。
「愛してるんです」
「ふうん」
「本当です」
「いいって、そういうの」
「……はい」
冷えた汗が俺の背中を流れる中、足立さんは死んだ。俺はまた一人になってしまったが、足立さんの記憶の中に俺は残り続けたはずだから、その中の俺は一人じゃない。俺は一人じゃない。けど、でも、あれ、周りに誰もいないではないか。
「……どうしよう」
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30