夏を仕舞う日。


話題:写真詩


小さな蜻蛉(とんぼ)が秋を連れてきた、そんな日は

誰を誘うでも、誰に誘われるでもなく、海へとひとり足を向ける

人影もまばらな波打ち際は夏と秋の境界線で、

遠ざかるヨットの帆

手をふる夏のうしろ姿が見えていた。

今年の夏をアルバムの頁に綴じ込めて、

去りゆく季節に小さく一つ

クシャミをする。




秋に燃える魔女の森。


話題:影


魔女の囁きに導かれ
迷いこんだ森の奥

枯れ枝織り成す
摩可不思議な紋様は

秋の日暮をさ迷う人の
心の影の矩形です


★★★★


なんかもう寒すぎて頭が働かないので、何年か前に撮った写真をアップしながら、脳髄液の解凍を待ちたいと思います。ああ、早く夏にならないかな…(/▽\)♪


夕暮れの国境線。


話題:夕日の写真


夕焼けに縁取られた国境線の向こうは夜の王国。


☆☆☆☆☆

右目で日本シリーズのテレビ中継を観ながら、左目で携帯の画面を見て小話を書こうとチャレンジしてみましたが…出来ませんでした♪(/▽\)

やっぱり、左目で日本シリーズを観て右目で小話を書くべきでした(・д・ = ・д・)

放射する夕暮れ。


話題:夕焼け空

夕焼け空に秋が焦がれて放射する。

…などという、判るような判らないような一文を添えてみました。

因みに写真はフランスのリヨンの海岸線です(←産地偽装につき、くれぐれも信用しないようお願い致します)。


はぐれ迷子の日だまりに。

話題:優しい光





はぐれ迷子の日だまりは

どこか自由で

どこか涙のようでした。



【追記あり】


more...
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ