あっという間の令和元年。


話題:なんか色々まとめ


早いもので今年も残すところあと僅かとなりました。本年も大変お世話になりました。

いやはや、今年は元号が新しくなったり、平成が終わったり、新元号が決まったり、決まった新元号が発表されたり、令和になったり、昭和が二つも前の元号になってしまったりと世間では実に様々な事がありました。そこで、今回は今年(私個人に)起きた出来事を《トップ3》という形でざっくり紹介したいと思います。


【令和元年個人的ニュースTOP3】


《第B位》―『椎名桔平さんのモノマネを会得した(かも知れない)』。

数人で喋っている時に偶然ゲット。コツは、少しアゴを引いて斜め下を見る感じで喋る事。声はお腹の鳩尾(ミゾオチ)から一気に吐き出すように。更に、アゴを上げて少し上を向き、強めの口調で喋ると仲村トオルさんに似てきます。ちなみに周囲の反応は……

「ああ、言われてみればちょっと似ているような気がしないでもない」

……そのぐらいが丁度良いのです。



《第A位》―『クリスマスイヴにクリスマスツリーではなく蚊取り線香を出した』。

そもそも12月に蚊に刺された事自体恐らく初めて。逆に8月は蚊に刺された記憶がないという。全く、旬も季節感もあったものではありません。蚊はやはり夏の風物詩でしょう。このままだと皆が真冬にTUBEやビーチボーイズを聴き出す時代が遠からず訪れるかも知れません。


《第@位》―『生まれて初めて自らの意思で福神漬けを買った』。

福神漬けは、名前も縁起が良いし、ちょこっと添えられている感じも控えめでキュートだし、ご飯の一部に味が染みて変に甘くなってたりするところもシュールで好きなので、存在自体を認めてはいたのだけれども、必要か必要でないかと云われたら間違いなく「特に必要はない」という存在だったのです、今までは。

それが今年になって急に、「あ、福神漬けをちょっと添えたいな」という気持ちが自然に沸き上がるようになって、ついに人生で初めて自らの意思で福神漬けをスーパーの買い物かごの中に入れたのでした。


以上、「どこがトップ3なんだ!」という向きもあろうかとは思いますが……このぐらいが丁度良いのです。

そのような感じで来年も激動の年となるかも知れませんが、引き続き宜しくお付き合い下さいませm(__)m


明けましたならば、おめでとう御座いましょう。


話題:今年の振り返り☆



はやいもので平成2018年も僅か数日を残すばかりとなりました(×平成―〇西暦)。今年も本当に色々な事がありました。たとえば……と振り返ろうとしたところ、「エスパー伊東さん芸能界引退!」という衝撃的ニュースが飛び込んで来ました。一瞬、頭が真っ白に。いえ、頭ではなく“頭の中”がです。頭がいきなり白くなったのは南斗水鳥拳のレイです。引退の理由は「股関節の限界」との事。特にファンではありませんが、世の無常を感じさせる出来事ではあります。と思っていたら、今度は「エスパー伊東――やっぱり引退しません」なるニュースが。

???。おかげで頭の中が完全に真っ白になり、今年何があったのか、記憶が全て飛んでしまったので振り返るのはやめておきましょう。

となれば来年の話。いえ、1500年後の話でも良いのですが、恐らく誰もピンと来ないと思うので取りあえずは来年の話。記事のアップに関して今年は月1のペースを維持するのに窮々としていましたが、来年はもう少しペースアップ出来れば良いなと考えております。その分、一つ一つの話(記事)を短くすれば可能でしょう♪ただ、読み応えという点ではちょっと(汗)……あ、でも、スワヒリ語で書くとか暗号文にすれば短くても読み応えは生まれるかも♪

そしてもう一つ、来年の記事は何か一つ(1種類)を軸にして回したいとも考えています。野球の投手と同じで、何か軸になるボールがあった方がピッチングが組み立て易いだろうという事です。例えばストレートを軸にしてそこにスライダーやフォークを織り混ぜるとか。

その軸として考えているのが【虚構の日記】。既にある【虚構の週間日記】をバラして一日単位にしたものと考えて頂ければ判り易いと思います。それ(ストレート)を出来れば月2のペースで上げて、それ以外のもの――例えば【ケンちゃんと私】(フォーク)や【ダジャレ千夜一夜】(スライダー)――を混ぜるという形。これなら澱みなく川が流れる(記事をアップし続ける)ような気がします。一つ一つの長さもけっこう短くなりますし♪

ま、いずれも『単なる予定!』ですので、実際どうなるのかは来年になってみないと判りません。もしかしたら、いきなり千手観音に変身し、千本の手を駆使して物凄い勢いで話を量産出来るかも知れません♪ヽ(手が増えたらたくさん記事が書けるだろうという安直さに早くも先が思いやられる)(゜〇゜;)YES !

何はともあれ、今年は…いえ、今年も大変お世話になりました♪引き続き、来年もまた宜しくお付き合い下さいませ♪m(__)m有り難う御座います♪

それでは、少し早いですけれども、どうぞ皆様よいお年をお過ごし下さいませ♪♪(*^▽^)/★*☆♪



あだもすておめでとうござります♪


話題:あけましておめでとうございます

2019でも2020でもなく順当に2017年の次に2018年がやって来てほっとした方も多いのではないでしょうか♪(*^▽^)/★*☆♪

すまるとぷほ〜ね(スマホ)が相変わらず激ヤバぷんぷん丸でマジ卍、早くも先が思いやられますが(笑)(汗)どうぞ本年も宜しくお願い致します♪(*^▽^)/★*☆♪明けましておめでとうございます♪



しばしお待ちを♪


話題:お知らせ



はい、こんばんわ。いやあ、毎日毎日暑いですねー♪(⌒‐⌒)

あ、いえ、今のはパプアニューギニアの人達に向けての挨拶です。

さて、また例によってクダラない話を書いていまして、何とか今日中にアップ出来るかなあ〜などと思っていた矢先、ちょいと別バージョンを思い付いてしまいまして(汗)……f(^_^;

そこで、今、8割ぐらい書き終わっているものを【こってり味】、新たに思い付いた短いバージョンを【さっぱり味】として2個パックでアップする事に決めました。ちなみにオチは同じです(笑)

という事で、アップまでもう2、3日お待ち下さいませ♪m(__)m

※この告知は本編アップと同時に消す予定ですのでコメント等はどうぞお気遣いなく♪o(^o^)o

凱旋門をリンボーダンスでくぐる巨人。


話題:競馬



さあ、今年もいよいよ、全世界の競馬ファン並びに帽子ファンが待ちにまった【凱旋門賞】‐芝2400m 仏シャンティイ競馬場‐の季節がやって参りました。

もはや日本のホースマン(馬面の人も含む)の永年の悲願と言っても過言ではない【凱旋門賞】。1969年にスピードシンボリが日本調教馬として初出走(結果は着順がつかない“着外”の大敗)してから48年、今年出走する日本馬は二頭、果たして日本馬の初優勝はなるのでしょうか。

その二頭と言うのがこちら、

☆サトノダイヤモンド(牡4歳)
★サトノノブレス(牡7歳)

とは言うものの、実質的にはサトノダイヤモンド一頭。サトノノブレスの方は帯同馬、要は付き添いです。馬というのは(まあ、性格にもよりますけど)けっこう環境の変化に敏感な生き物なので、初めて訪れる異国の地で寂しい思いをしないよう仲間(顔見知りの馬)を連れて行くという寸法です。現地での調教も当然必要で、その際の調教相手にもなりますし(現地で相手馬―ボクシングでいう所のスパーリングパートナーみたいなもの―を探す手間が省ける)。それで、折角行くんだからノブレス君の方も出させてよ、と頼んだら、フランスのタモリさんみたいな人が「いいともーー!」と言ってくれたので、めでたく二頭出られる事になったと(一部フィクションあり)。

ちなみに、この二頭は冠名[サトノ]の一致で判るように同じ馬主さんの馬で所属も同じ【池江厩舎】なので、今話もすぐまとまる訳です。

さて、今年の日本代表とも言えるサトノダイヤモンドは昨年の菊花賞と有馬記念を制したかなり強い馬で、北島三郎さんの馬キタサンブラックと並んで現役馬の中では最強、両横綱の片方(中長距離部門)と考えて良いでしょう。当然、期待は膨らむところですが……正直、今年は、と言うか今年もかなり厳しそう。

まず、相手にかなり強い馬が揃いました。恐らく一番人気になるであろうイギリスの三歳牝馬エネイブルはキングジョージ、ヨークシャーオークス含み現在G14連勝中ですし、更にはアイルランドのオブライエン厩舎が気合い入りまくりで送り込んできた、ハイランドリール、オーダーオブセントジョージ、カプリ、ウィンターの4頭はどれが勝っても不思議ではない強豪馬揃い。他にも、地の利がある地元フランス馬や実績十分のドイツ馬、イギリス馬が出走します。

そして、もう一つ不安材料が。凱旋門賞のステップレースであるフォア賞(G2=出走6頭)に出走したサトノダイヤモンドとサトノノブレスがそれぞれ4着、6着(ビリ)に負けている事です。ただこれは、雨でぬかるんだ馬場が敗因である可能性が高いので、さほどこの結果は悲観しなくて良いかも知れません。

さてさて、若干、ネガティブな方向で話が進んで来ましたが、何が起こるか分からないのが競馬、サトノ2頭の健闘を祈りたいと思います。

ちなみに、個人的には、サトノはサトノでも付き添いの方のサトノノブレスが優勝したら面白いなあ、と。ノブレスが1着でゴールインした瞬間、シャンティイ競馬場に詰めかけた世界の競馬ファン全員が吉本新喜劇のように同時にヅッコケるに違いありません。

出走は日本時間の10月1日、23時5分頃(予定)。


〜おしまひ〜。




<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年01月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ