空前絶後の焼き肉のタレ。


話題:SS


家で焼き肉をやろうと思った。

肉はある。ホットプレートもある。油もある。

しかし、タレがない。

そこで、近所のひなびたスーパーに焼き肉のタレを買いに行った。

すると、ラッキーな事に「エバラ焼き肉のタレ」が特売品でかなり安く売られていたので、迷わずそれを買う事にした。

買い物を終えた私は、ダットサンに乗り込むと脱兎の如くスーパーを後にしたのだっと…いや…だった。う…心が寒い。

家に着き、肉を焼く。

なかなか良い塩梅に焼けた。

そこに、買って来たばかりの「エバラ焼き肉のタレ」をかける。

前代未聞の香りが部屋の中に漂い始めた。

焼き肉を一枚、口中へと運び、噛みしめる。

空前絶後の味が舌を襲った。

箸を置き、焼き肉のタレをみつめる。

それは、美味しいとか不味いとか云うレベルを超えた、未だかつて人類が経験した事のない味と香りだった。

このタレはどのような原材料で作られているのだろう?

パッケージの裏に記されている原材料表記を見る。

―原材料―

リンゴピューレ。ウスターソース。八丁味噌。ニンニク。唐辛子。生姜。牡蠣エキス。モロヘイヤ。ハバネロ。ココアパウダー。ザクロ果汁。ココナッツオイル。発酵バター。脱脂粉乳。ダッフンだぁ抽出物(天然由来)。イカスミ。タコスミ。カラスミ。クワタマスミ。益子直美。ナオミワッツ。乾燥フラミンゴ粉末。……etc. (その他100品はWebで確認ください)。

……。

何だろう、この節操のなさは。

「エバラ焼き肉のタレ」と云えば、定番中の定番商品。こんなアバンギャルドを求める必要などないはずだ。

もう一度匂いを嗅いでみる。

驚天動地の香りがした。

もう一枚肉を食べてみる。

国士無双の味がした。

こんな画期的な焼き肉のタレは初めてだった。いや、画期的を超え革新的かも知れない。いやいや、もはや革新的すらをも通り越し革命的とさえ云える。

それにしても、まさかあのエバラが、こんな革命的なタレを作るとは…。

私は何とも云えない気持ちで、卓上に置かれた「エバラ焼き肉のタレ」を見つめた。

そして、自分がとんでもない勘違いをしていた事に気づいた。

私がてっきり「エバラ焼き肉のタレ」だと思い込んで買って来た物は、デザインこそソックリだが、よくよく見れば全くの別物だったのだ。

その“革命的”な焼き肉のタレの本当の商品名はこうであった…


「ゲバラ焼き肉のタレ」。


私は思わずこう呟いていた…


「バカタレ」と。



ナゾナゾ短編小説『無口な患者』。


話題:SS
私、こう見えても“医者”なんて云うちょっと偉そうな仕事をやっておるんですがね…

とは云っても…自宅も兼ねた小さな町の病院でして、それも親から譲り受けたものだと云う…まあ、私みたいなのを“典型的な町の開業医”と呼ぶんでしょうね。

っと、そんな話はどうでも良いんです。今日はちょっと別の話をしに来たんですよ…と云うのも、貴方がナゾナゾ好きのナゾナゾ星人だと神林さんのお爺ちゃんに聞いたもんで、それなら、この話はぴったりかも知れないなあ〜なんて思いましてね。…どうします?お聞きになりたいですか?

…あ、いえいえ、カステラは結構です。別にカステラ目当てに訪ねて来た訳じゃあ無いんで。…ま、カステラは大好きですけど。…あっ、いや、本当にそんなつもりじゃ!…ああ、なんか気を使わせてしまったみたいでスミマセン。…因みに珈琲はモカブレンドが一番好きで…うわっ、いやいや、そういうつもりでは決して…あ、ついでと云っては何ですが、お砂糖は二個でミルクは少々…ああ、なんか申し訳ないです…本当に。

で、本題の話…あ、大丈夫です大丈夫です、非常に短いお話なので、お手間は取らせません。私も夕方の診療があるので4時前には病院に戻らなきゃならないし。

おや?この珈琲カップはもしかしてあの有名なマイセンでは?

え、違う?ロイヤルコッペパンハゲ?…じゃ無くて、コペンハーゲン?

ああ、そうですか。いや、実は陶器とか全然知らんのです、ハッハッハッ。

…まあ、冗談はこれぐらいにして…

先週の木曜日ですよ。ある女性の患者さんがみえたのです。初めて見る顔だったのですけど、それがまた、インド象に跨がったらさぞかし綺麗だろうなあ、なんて思わず想像してしまうぐらいの美人さんで…あ、いえ、決して患者さんの顔のクオリティで治療のクオリティが変化する事はありませんので、その点は御安心を。例え貴方が患者でも、私は全力投球で治療しますよ。

…アレ?なんか、ちょっと怒ってます?…怒ってない。そうですか。それなら良かった。

で、問題は、その美人の患者さんですよ。さっきもお話したように初診の方なので、まずは基本的な問診から始めようと思って、取り合えず、ありきたりながら『今日はどうされました?』と訊ねてみたのです。まあ、私としては当然、『どうも頭が痛くて』とか『何だか熱っぽくて』なんて答えが返って来るだろうと思ってたんですがね…

彼女、黙って首を横に振るばかりで何も言わないんですわ。これじゃ検査のしようがない。ま、全部の検査をすれば良いのだろうけど、それじゃ効率が悪すぎる。その時、ピンと来たんです。あ、これ…ノドが痛くて声が出ないんだな、って。そこで、『ああ、ノドが痛いんですね?』と改めて訊ねてみたところ…なんと、彼女はそれに対しても首を横に振るじゃありませんか!結局、彼女はその後の私の質問全てに対して、ただ黙って首を振るだけで最後まで何も答えてくれなかった…。

正直、こんな面倒な患者さんは初めてです。私は、完全に途方に暮れていた。

とまあ、これが問題のお話なんですがね…

あ、いえいえ…彼女をそのまま帰したりしていませんよ。ちゃんと、お薬を出してあげました。えっ?『彼女の病名は判ったのか?』…勿論、判りましたよ。まあ、少し考えましたけどね。『黙って首を振るだけで何で判るのか?』…ですか。そりゃ、判りますよ。だって彼女、自分で自分の病名ちゃんと云ってたわけですから…。

どうです?このナゾナゾ、解けましたか?

…さてと、それじゃ私はそろそろお暇させて頂きますかね。あ、珈琲とカステラ、ご馳走さまでした。カステラはもうちょっと厚切りの方が好みなんですけど…とても美味しかったです。

あ、そうだ…
その患者さんが入って来た時、診察室の外の牧草地では牛がモウ♪と鳴いていて、窓から綺麗なチョウが舞い込んで来たんです。

さて、【彼女の病名は?】

☆☆☆☆☆



解答は追記ページに♪(^o^)v


more...

素敵な隠れ家 リストランテ【がっかり屋】。

話題:料理、グルメ全般

素敵な隠れ家リストランテ【がっかり屋】に訪れるのは、とっても素敵な人ばかり。

春の陽気に“おみそ”が桜色に変色してしまった人や…

真夏の直射日光に“おみそ”が半分溶けかかっている人…

秋の夕暮れに“おみそ”の中でコオロギが鳴き続けている人も居れば…

真冬の寒さに“おみそ”が永久凍土のように凍りついてしまった人も居ます…。

そんな素敵すぎる人々の為、【がっかり屋】では当店でしか味わう事の出来ない、とびきり素敵なメニューをたくさん取り揃えておりますので、皆様どうぞ、ごゆるりと優雅な一時をお過ごし下さいませ。

さあ、それではご注文をどうぞ…


☆☆☆☆☆


《ポトフ》


「畏まりました。ご注文はポトフでございますね?」

ギャルソンはそう言うと厨房の奥へと姿を消した。

程なく戻ってきたギャルソンの手には“お麩”が握られている。

そして彼は、にこやかな微笑みを浮かべながら、手に持った“お麩”を私の目の前でポトッと落とした。

「お待たせ致しました。【ポトッ麩】でございます♪」

ポトッ…麩。

エクセレント!!(°□°;)

煌めくオーロラ!
夢見るプリズム!

そこのけ!そこのけ!お馬が通る!

なんて素敵なお店なのでしょう!


☆☆☆☆☆


《牛丼》


「畏まりました。ご注文は牛丼でございますね。それでは、あちらの特別室へお越し下さい」

案内された特別室では、狭い狭い四畳半の室内にビッシリと椅子が並べられていた。

ところが…どうやら、おしくらまんじゅう状態で皆が食べているのは、ただの丼に入った白飯のようだ。


「お待たせ致しました。【ギュウギュウ丼】でございます♪」


ギュウギュウの満員状態で食べる丼飯…ギュウギュウ丼…ギュウ丼。


ゴージャス!!(°□°;)

輝く夜明け!
よろめくOL!

負けるな一茶!これにあり!

なんて素敵なお店なのでしょう!


☆☆☆☆☆

 
more...

新手のオレオレ詐欺か?

話題:ちょっwおまw

ある晩の事…

私がテレビで草刈正雄を見ていると、電話が鳴った。

「もしもし…」
「もしもし…」

聞き覚えのない声…どうやら、電話の相手は見ず知らずの女性であるようだった

「えーと、どちら様ですか」

すると、女性は随分とくたびれた声で答えたのだった。

「…いえ、名乗る程の者ではありません」

うむ。なかなか謙虚な方のようだ。

しかし、私はテレビを見たかったので、よく判らない電話に長々と付き合っている暇はない。

「すいません。今ちょうどテレビで草刈正雄やってるんですがねぇ……」
私は、やんわりと電話を切ろうとしたのだが…

「ちょ、ちょっと、後生ですから、御待ちになっておくんなまし」

女性が哀れを誘う声で懇願してきたので、もう少し付き合ってあげる事にした。

「仕方ありませんね…でも、国広富之か若林豪が始まったら電話切りますよ」

一応、念を押す。

「あ、有難うございます…私も早く、要件を済ませて成田三樹夫を見たいです」

「で、ご要件は何でしょうか」

さっさと用を済まそうと話を進める私に、女性は静かに語り始めた…

「実は私…生活に疲れた哀れな女なのでござんす」

「ほぅ、それで」

「夫は出会うより十年も前に蚊に刺されて亡くなっていて…残された私は十人の幼い子供を抱え、必死で生きているのでありんす』

テレビでは草刈正雄が終わり、蟹江敬三が始まっていた。

「なるへそ。あなたの苦しい状況は良く判りました。で、私にどうしろと」

私は話を詰めていった。すると女性は…

「お金ください」

直入すぎるほど単刀直入に、そう言ってのけたのだった。

「頑張って働けばいいじゃないですか?新聞配達とか」

「もうやってます!新聞配達!…朝は朝刊を配り、夕方には夕刊を配る。それでも足りないので、夜は夜刊、深夜には深夜刊を、昼も昼刊配ってるぐらいです!」

そこまで働いているのならば、これ以上働け、とは言えまい。だが、私とて決して金持ちでは無い。

そんな感じで、しばし困っていると、電話口から赤ん坊の泣き声が聞こえてきた。

「お聞きになっているように…子供の中には、まだ乳飲み子が三人もいるのです!何とか助けておくんしゃい」


あれ、変だぞ?

確か…“夫は出会う前に亡くなっていた”みたいな事を言っていたような…。

すると女性も、私の疑念を察したのか…

「まあ…その辺は、ほら、アレですから…」

と言った。

「なるほど、“アレ”ですかあ」

「ええ、まさしく“アレ”なんですの」

女性の後ろでは、相変わらず赤ん坊の泣く声が、まるで録音テープの様に規則正しく、同じ泣き方を繰り返していた。

その時、女性が深く息を吸い込む音が電話を通して聞こえた。

それはまるで

(さあ、ここからがクライマックスだ!!)

そんな“強い決意”を感じさせるものだった。

と、突如、女性は涙声になった。

「もう、この、いたいけな5人の赤ん坊に飲ませるミルク代も無いのです!!」

 
more...

公園の片隅で残業するOLの伝説。

話題:ちょっwおまw

【おめでトーマスは機関車。厳正なる審査の脚気(かっけ)…いや、結果…当社は貴殿を“仮採用”する事に決定致しました。つきましては、明日の午前9時半に本社人事部の方まで起こし下さいますよう、軽くお願い致します】

そんな通知ハガキの文面を読んで、上谷裕子は喜んだ。

裕子は、先日、とある会社の採用面接を受けていたのだ。

そして、たった今、裕子の元に届いたハガキは、面接の合格通知‥即ち、裕子の採用を告げるものに違いなかった。

フザケた文面に一抹の不安は感じるが…何せ就職氷河期の時代である、贅沢など言ってはいられない。裕子は素直に採用を喜ぶ事にした。

そして、明日は間違っても遅刻などしないよう、この日の夜はいつもより少し早めに‥そう、2分だけ早く寝床に着いたのであった。


コケっと明日━


クリスタルな朝日を浴びてキングに輝く大都会の高層ビル、通称《クリキンヒルズ》を目の前に、裕子は緊張を隠し切れなかった。

(今日から私も、“ああ果てしない夢を追い続ける大都会OL”なんだわ)

裕子は、目前に聳える《クリキンヒルズ》の横を通り抜け、その真裏にある古い4階建ての雑居ビルへと歩いていった。

雑居ビルの入り口には、いい感じで焼けた木製看板が掛けられている。

《もへもへ昭和ビル》

間違いない。

ここが、目的のビルであった。

入り口を抜けた裕子は、通知ハガキに描かれている社内図を頼りに、人事部を探す事にした。

ところが、社内図では人事部となっている部屋は実際に行ってみると【給湯室】であった。

すると、給湯室の奥から50歳ぐらいの男性が出て来て、裕子に向かって声を掛けてきたのである。

男性「あ、もしかして‥上谷裕子さん?」

裕子「はい、そうです。上谷です」

男性「どうも、初めまして‥人事部長の“陣字ブチ夫”です」

どうやら、この男性が人事部長であるらしい。

ブチ夫「さあ、取り敢えず、奥の人事部へ」

促されるまま、部長と一緒に給湯室の奥へ進むと、最奥部は入り口より少し広くなっていて、どうやら、その6畳ぐらいのスペースが【人事部】であるらしかった。

いやはや、給湯室の奥に人事部がある会社も珍しい。

裕子がそんな事を思っていると‥

ブチ夫「いやあ、昔はね‥ビルの全フロアがうち会社だったんだけど、業績の方がなかなか厳しくて‥で、今は飛び飛びで使っている感じで‥あ、取り敢えず座ってチョンマゲ」

何だか業績が上がらないのも頷ける。

だが、背に腹は代えられない。

何社も面接を受けた末に届いた、唯一の採用通知である。

(どんな会社でも、ここで頑張るしかないんだわ!)

裕子は決意も新たに、瞳の奥で炎を燃やした。

と同時に

ビシャッ!!

裕子の顔にコップの水が掛けられた。

ブチ夫「あ、ゴメン。なんか炎が上がってたからさ‥火事はマズいんだ。このビル、古いから」

裕子「ああ、すみません。気がつかなくて‥今後は気をつけます」

 
more...
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ