かげらふ日報(虚構)05「未来人の言葉」


話題:短文


本誌遊軍記者のMが、かねてより街の噂となっていた「現在より400年後の日本からやって来た未来人」との接触に成功した。

世界を揺るがすに足る、否、世界をひっくり返すビッグニュース。本来ならば巻頭から大幅に頁を割いてスペシャル大特集を組むべきところが、このように控えめで小さな囲み記事になったのには勿論理由がある。つまり、インタビューには辛うじて応じて貰えたものの、肝心の質問に関してほぼノーコメントを貫かれてしまった、というのがそれである。

質問M「400年後の未来からやって来たそうですが、移動手段はやはりタイムマシンなのでしょうか?」

未来人『……我々の時代のテクノロジー関しては話せない決まりになっていますので、すみませんがノーコメントで』

質問M「貴方が来たのは未来の日本から、という事ですが、400年後の世界の枠組みや情勢についてお聞かせ下さい」

未来人『……残念ですが、未来に影響を及ぼす可能性のあるご質問にはお答え出来ないのです』

質問M「地球外生命体の存在は確認されているのでしょうか?」

未来人『……申し訳ありませんが、それもノーコメントで』

万事そんな具合である。流石にこれでは特集記事として成立させるのは困難だろう。それでも、1つだけ奇跡的に回答を得られた質問があり、そのお陰で辛うじて記事にする事が出来たという訳だ。

400年後の日本からやって来た未来人が、たった1つだけ教えてくれた未来の事、その質問とはこうである。

質問M「400年後の日本で一番人気のあるテレビ番組って何すか?」

何という投げやりな質問だろう。そもそも、そんな未来に今のようなテレビ放送があるという保証は何処にもない。更には口調もそれまでの「でしょうか?」から「すか?」とぞんざいなものに変わってしまっている。まるで部活の先輩―それも、ちょっとナメている先輩―に対する口調である。しかし、まあ、それもやむを得ない側面もある。何故なら、これまでM記者の放った936個の質問は全てノーコメントで返されていたからだ。これでは質問にイマイチ気持ちが入らないのも無理はない。

この質問も当然無回答だろう。M記者は確信していた。ところが、違っていた。未来人は一瞬、天を仰いだ後、キッパリとこう断言したのである。


未来人『ああ、それなら【クイズ脳ベルSHOW】で間違いありません』


ワーオッ!(←司会のますだ氏ふうに)なんと【クイズ脳ベルSHOW】は400年後の未来でも放送されていた!


長寿番組にも程がある。しかし、冷静に考えれば決してそこに不思議はない。役者や歌手、芸人などこの世にタレントが存在する限り、あの番組は続けてゆく事が可能であるからだ。400年後だろうと1万年後だろうとそれは変わらない。

それにしても、まさかの即答。未来の事を教えてしまって大丈夫なのだろうか。これによって歴史が変わったりはしないのだろうか。危惧するM記者。が、どうやらそれは杞憂に過ぎないようであった。

未来人『あ、それなら大丈夫です。知ったところで未来への影響は0だと思います。あの番組は時空の外側のゆる〜い世界に存在している事が証明されていますので』

さすが【クイズ脳ベルSHOW】!ただの番組ではないと薄々感じてはいたが、まさかそこまで凄い(と言うか、“どうでもいい”)番組だったとは。

未来人さんは続けてこう語った。

『優勝した時の賞品が[お米]という時代錯誤感や、「げげっ、この方まだ存命だったのか!」という不老不死感が妙に心地好いんですよね』

どうやら番組の中身もまったく変わっていなさそうだ。願わくばどうか、地球が滅亡するその日まで、そのままの緩さで続けていって欲しいものである。


〜おしまひ〜。


カタカナ言葉の一部を二字熟語に変換してみる。


話題:言葉遊び

テレワーク、ソーシャルディスタンス……年々、カタカナ言葉の存在がますます目立って来ているような気がします。カタカナ言葉は基本的に西欧など外国由来の言葉である訳ですが、今回はその一部を無理やり漢字に変換して遊んでみたいと思います。無造作に漢字にするのも良いのですが、それだと“しっちゃかめっちゃか”になる可能性がありますので、今回は「カタカナの一部を既存の二字熟語に変換する」というルールで行いたいと思います。その他の細かいルールについては以下をご覧下さい。

◆ルール◆……@既に二字熟語として存在している物のみを使用する事が出来る。先に挙げたソーシャルディスタンスであれば、「ソーシャルディス箪笥」という具合。箪笥(たんす)は既に存在する熟語なのでOKという訳です。A「ー」長音は母音(あいうえお)に置換出来る―「コード」→「こうど」→「高度、硬度」等。B人名や地名は一般的、有名な場合は可とする。

例――

〇【アスパラ瓦斯】(アスパラガス)は[瓦斯=プロパンガス、ヘリウムガス等のガス]という語句が一般的な熟語として既に存在しているのでOK。

×【アスパラ我酢】(アスパラガス)は[我酢]という熟語は存在せず単漢字を並べただけなのでNG。

つまりは、“仏恥義利”(ぶっちぎり)のようは落書き的当て字は駄目だという事です。

では、それを踏まえた上でカタカナ語の一部を二字熟語に変換してみましょう……。


ーーーーーーーーーーーー

◆【ツアー混濁ター】
(ツアーコンダクター)

極度の方向オンチでホテルの中ですら迷ってしまう全く頼りにならないツアーガイド。ホテルの予約や車、観光施設の手配もすべてうろ覚えなので、すぐにパニクり意識が混濁してしまう。


◇【ラルフ老練】
(ラルフローレン)

老練なる縫製の技と落ち着いたデザイン、確かな素材で違いの判る大人を魅了する老舗のブランド。


◇【メトロ濃霧】
(メトロノーム)

一寸先すら見えない濃い霧の中、カチッ…カチッ…カチッ…とリズムを刻む規則的な音が聴こえてくる。ジェイソンやフレディが出て来そうなちょっとホラーな雰囲気。


◆【腐乱ケンシュタイン】
(フランケンシュタイン)

文字通りゾンビ化したフランケンシュタインの事。人造人間でありながら同時にゾンビでもあるという矛盾が魅力のモンスター。


◆【苦労ゼット】
(クローゼット)

狭いうえ、異様に湿気が溜まりやすく収納に四苦八苦する押し入れ。勿論、扉の立て付けも非常に悪い。


◆【コカ甲羅】
(コカコーラ)

とある南の島で亀の甲羅を器に出てくる黒褐色の炭酸飲料。コカ・コーラの元になったとされ、かすかな生臭さが癖になるとリピーターが後を絶たない。


◇【プライベート会津】
(プライベートアイズ)

ホール&オーツがお忍びで来日、会津地方を旅行した時に作ったといわれる幻の楽曲。民芸品「あかべこ」のカタカタと揺れる首がパーカッションとしてリズムを刻んでいるのが特徴。


◆【殴打ーメイド】
(オーダーメイド)

昭和の体育会系の仕立て屋。色々と細かく注文出来るが、お渡しの時に必ずぶっ飛ばされる。


◇【紀伊ホルダー】
(キーホルダー)

紀伊半島限定で販売しているキーホルダー。形はもちろん紀伊半島で、素材は乾燥させた梅干しと蜜柑の皮。


◆【帰路メートル】
(キロメートル)

帰り道にのみ適用される距離の単位。例えば同じ1qの距離でも、疲れている時や家に帰りたくない時は3qや5qと家路が遠くなり、逆に家で楽しい事が待っている時は2百mなど距離が短縮される。いわゆる心の距離を数値化したものである。


◇【シンクロナイズド睡眠グ】
(シンクロナイズドスイミング)

寝相や寝返りのタイミング、いびき、寝言のシンクロ率をみる採点競技。ペアと団体がある。近々、得点対象項目に「歯ぎしり」が追加されるらしい。


◆【暖炉ップタイヤ】
(ダンロップタイヤ)

何もしなくても熱を持っている暖かなタイヤ。冬場は猫の溜まり場となる。熱を持ち軟らかいのでグリップは良いが、その分タレやすく消耗は早い。


◇【嘔吐マチック】
(オートマチック)

明らかに飲み過ぎの宇多田ヒ〇ルさん。残念ながら、抱き締めてもパラダイスにいるみたいにはならない。


◆鈍器ホーテ
(ドンキホーテ)

広大な床面積と膨大な商品数を誇る大規模量販店。が、売られているのは「鈍器」のみである。


◇【椅子タンブール】
(イスタンブール)

腰掛けるとイスタンブール(トルコ)にワープする椅子。便利は便利たがイスタンブールの何処に転送されるかは不定の上、帰りは自力となる。ビザやパスポートを忘れると不法入国で逮捕されるので注意が必要。


◆【譲二ア・オン・マイ・マインド】(ジョージア・オン・マイ・マインド=我が心のジョージア。スタンダード曲)

いつまでも心に残り続ける譲二さんの勇姿。その譲二さんが山本譲二さんなのか安部譲二さんなのかは、あなた次第です。


◇【法務ベース】
(ホームベース)

一塁と二塁と三塁は普通に野球で使用するベースを使っているが、本塁だけはベース代わりに[六法全書]が埋め込まれている。


◆【暴飲グ747】
(ボーイング747)

大酒呑みばかりが乗るジャンボ旅客機。あっという間に機内のお酒がなくなってしまうので航空会社は頭を悩ませている。プロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントがリアルにそんな感じだったらしい。


◇【エヴァン下痢オン】
(エヴァンゲリオン)

……あまり説明したくないが、兎に角お腹が弱いエヴァ。いついかなる時でも正露丸は手離せない。


◆【マサチュー摂津】
(マサチューセッツ)

……今まさにチューしようとしている摂津くん(さん)。ただ、それだけ。温かく見守ってあげましょう。

◇【トレンディ銅羅マ】
(トレンディドラマ)

……大事な場面になると必ず銅鑼がゴーーンと鳴り響き、すべての雰囲気を台無しにする残念なドラマ。


◆【トー苦笑】
(トークショー)

……何を言っても全くウケない。焦れば焦るほど更にスベリまくってしまう。そして、会場のあちこちから苦笑が……という楽しいショー。

◇【ビーチボー伊豆】(ビーチボーイズ)

……伊豆の海でしか遊ばない男子たち。伊豆半島では生き生きとした輝きを放つが、その他の海、沖縄や湘南、房総などでは急に背丈が縮こまる。カリフォルニア・ガールズに憧れている。

◆【マー苦痛】
(マークII)

……ハンドルはやたらと重く、サスペンションは最初からガタガタ。ブレーキは非常に硬く、アクセルは逆にユルユルなので危険極まりない。車内空間も不自然なほど狭く、シートの座り心地は史上最悪で、これなら剣山の上に座った方がまだマシとまで言われる。更にシートは常にムレムレで悪臭を放っており、乗り物酔いする人は2分と持たずにアウトとなる。まぁ苦痛しかない乗用車である。


◇【六萬アトキンソン】
(ローワン・アトキンソン)

……麻雀で、異常な迄に[六萬](ローワン)の牌にこだわる続けるローワン・アトキンソン。[六萬]でしか上がらないので自力でツモるしか勝ち目はない。不自然極まりない打牌だが、そう感じさせないのは、はなから彼の立ち振舞いが挙動不審だから。それもその筈、彼こそ、かのMr.ビーンなのである。


ーーーーーーーーーー


今回はこの辺でお開きという事で。
ボツにした候補がけっこうありますので、そちらは新ネタが書き上がりそうにない時の為のストックとして保存しておく事に致しましょう。(/▽\)♪

かげらふ日報(虚構)04「俺たち表記ん族」


話題:短文



『俺たち表記ん族』

文部科学省はこのたび『【かいきにっしょく】の漢字表記を従来の【皆既日食】から【怪奇日食】へと改める事を仮決定した』と発表した。

確かに、初めて【かいきにっしょく】という言葉を耳にした際、マトモな人間であれば(えっ!怪奇日食!?)と思うのが当然であるし、“皆既”日食が正しい表記だと知った後も、(いや、誰がどう考えても“怪奇”でしょ)とか(“怪奇”日食の方が百倍良いのに)などと、心の中では【怪奇】を採用している事は火を見るより明らかである。

今回の変更は、そのような国民の本音を汲み上げた結果とみられているが、これが本当に民意を反映してのものなのか、それとも大衆迎合の安易なポピュリズムによるもなのか、その判断は難しいところである。或いはそのどちらでもなく単なるアホだとの声もある。

更に、今回の変更に伴って【にっしょく】の漢字表記も【日食】に一本化し、公の場で【日蝕】の方を使用した人間に対しては、100万円以下の罰金もしくは100日のボランティア活動を義務付ける方針である事も合わせて発表された。

この変更について、言語表記の権威であり文科省の特別アドバイザーも務める柿方学(かきかたまなぶ)教授は次のように語っている。

『わざわざ難しい方の“蝕”の字を使いたがる人ってのは、つまりはアレですな、難しい方の字を使えばカッコ良く見えて、さぞや異性にモテるだろうと。どう考えてもこれ以外に理由はあらないのです。もう動機不純もいいとこ。よって、表記はもう簡単簡潔な【日食】のみで十分。ただし、虫が好きで好きで大好きで、文字の中であっても“虫”を使いたい、そんなファーブルな人たちについては特例を認める事も視野に入れて考えた方が良いかも知れませんな。まあ、正直、そこはどうでもよござんす』

なるほど、流石は柿方教授、多くの示唆に富んだ言葉である。

なお、同時に議題に上がっていた『【たいふういっか】の漢字表記を従来の【台風一過】から【台風一家】に変更する案件』に関しては、時期尚早の意見が出た事から今回は見送られる運びとなった。


〜おしまひ〜。

渡る世間は再放送ばかり。


話題:再放送

いやあ、最近のテレビは再放送が多いですね。

『そんな事言ったってしょうがないじゃないか』byEなりKずき。


新型コロナ感染拡大の影響により、新たなロケやスタジオ収録が行えず、従って最近のテレビは過去放送回の特別編集版や再放送が多い。

そこで、どうせ再放送をするのであれば、なかなかお目にかかれないレアな作品を流すのも面白いのでは?、などと考えるのは恐らく私だけではないだろう。

レアな作品というのは大雑把に考えて三つに分けられると思う。まず一つめは本放送からかなり月日の経過した大昔の作品。二つめは本放送がローカル限定だったり深夜だったり、或いは人気がなく打ち切られたり等、視聴者数がもともと少なかったマイナーな番組。そして最後の三つめは、何らかの理由でお蔵入りし、現在も放送不可となっているタブー的存在の番組。

この中で一番レア度が高いのは、やはり三つめの[お蔵入り作品群]ではないだろうか。この機会に出来れば観てみたいところではあるけれども、コンプライアンス的に無理なものや原版が失われているものは事実上放送不可能。となれば、それ以外で探すしかないのであるが、実はそれらの中に「もしかしたら、これは放送可能なのでは?」と思えるお蔵入り作品が存在する。それは何か?

ズバリ!幻のアニメ【日テレ版ドラえもん】!

だ。

このアニメ、今でこそ、ネットの普及により、検索すれば多くの情報を手に入れる事が出来るが、一昔前までは殆ど情報がなく正に幻と呼べる作品だった。否、と言うよりも明らかに情報がシャットアウトされた“わけあり作品”と言った方がより正確かも知れない。

実際、ネット普及以前に組まれたテレビ放送や雑誌における[ドラえもん特集]の年表では『ドラえもんのアニメ化は1979年のテレビ朝日が最初』とされていて、日テレ版ドラえもんの姿は影も形もなかった記憶がある。あまりにも情報がないので、もしかしたら全ては私の妄想で、[日テレ版ドラえもん等]というものは存在しなかったのではないか、と真剣に悩んでしまった程だ。同年代の友人や知り合いに訊いても「ああ、なんか、在ったような無かったような……」とまるでアテにならない。ニワトリではあるまいし、一人くらい記憶のしゃんとしてる人間が居てもよさそうなものだが。

まあ、それはそれとして、確証が得られない以上、やはりここは妄想と考えるべきだろうか。しかし、だとすると、主題歌まではっきり覚えているというのは明らかにおかしい。

――♪だけどドラえもん、いい男〜♪困った時のドラ頼み♪頼んだよ♪任せたよ♪ヤッショ〜マカショッ♪ホイキタサッサのドラえ〜もん〜♪

――妄想の一言で片付けるにはあまりにもディテールまで記憶され過ぎている。もしも、妄想でこの歌詞を私自身がこさえたのだとしたら、この先、自分のセンスに自信が持てなくなってしまう。大問題だ。そんな事は決してあってはならない。

ところが、そうこうする内にネットが普及、私の葛藤も終わる事となる。結果、『幻のアニメ・日テレ版ドラえもんは間違いなく存在していた!』

ところが、そうなったらそうなったで、また新たな疑問が浮かび上がる。国民的漫画であるドラえもんの記念碑的な初アニメ化作品を、民放やメジャーな雑誌が寄ってたかってその存在をひた隠しにし、“何もなかった事”にしようとするのは何故か、という事だ。ここは是非とも理由を知りたい。

という事で、種々の情報を総合的に判断した結果、お蔵入りの理由として幾つかのポイントが浮かび上がった……。

@肝いりでの放映にも関わらず視聴率がまるで伸びず、局にとって忘れてしまいたい負の記憶となった。

A番組制作会社がその後倒産、代表も〇銃不法所持で逮捕されるなど暗い影がつきまとい、社会通念上の問題でお蔵入りとなった。

B制作サイドが勝手に内容に手を加えた事で、原作者である藤子F先生のひんしゅくを買い、「これは僕のドラえもんじゃない」と言わせてしまった(らしい)。

以上、三つともそれなりの理由ではあるが、その中で最も大きかったのは、どうやらBのようだ。思い出すのは、森進一さんの曲[おふくろさん]での騒動だ。勝手に歌詞を変えて唄った森さんに作詞家の川内康範先生が激怒――いや、月光(ゲッコウ)仮面の作者らしく激昂(ゲキコウ)したと言うべきか――以降、森さんに[おふくろさん]の歌唱を禁じた、というのが騒動の内容。作者を怒らせてお蔵入りになるケースだ。では、日テレ版ドラえもんの場合、いったい何が作者を怒らせてしまったのか?

どうやらこういう事らしい……。

アニメ化にあたり原作を読んだスタッフが「のび太くんがあまりにもドラえもんを頼りすぎる」のが“教育上よろしくない”のではないかと考えて話し合った結果、『のび太くんを視聴者の子供たちの模範となるような自立した大人の少年として描く』方向でまとまった。

ドラえもんの根幹を揺るがす大胆不敵なアレンジである。藤子F先生が『これは僕のドラえもんじゃない』と言った(らしい)のも頷ける。ただ、私個人の朧気な記憶ではそこまでの違いはなかったような気がする。

ともあれ、これはあくまでも原作者と制作サイドの方向性の違いであって、社会的倫理的には特に問題ないと思われる。であるならば再放送も可能ではないだろうか。

あとはテレビ局の肚一つ。どこぞの気骨のあるプロデューサーの方、何とかスポンサーを見つけて[幻のアニメ・日テレ版ドラえもん]再放送を実現して欲しい。デジタルリマスター等の処理を施すにしても新たな制作費は掛からないので予算的にもイケるはず。健闘を祈る。


〜おしまひ〜。


かげらふ日報(虚構)03『新雑誌創刊!』

話題:くだらない話

何かと大変な時ではありますが、引き締めるべきところは引き締め、尚且つ、精神的な疲弊を避ける為に、緩められる時にはしっかりと緩め、なんとか乗り切って参りましょう。戦々恐々と過ごす息の詰まる日々の中で、当場所が一服の清涼剤、一休の止まり木となれば幸いに思います。

あ、あと、ぷほ〜ね(すまるとぷほ〜ね=スマートフォン)がまたまた不調に(汗)……どうかこちらも早く元に戻りますように(・ω・`=)ゞ

と言う事で、本編をどうぞ♪









★☆★☆★☆★☆★☆★☆


「こういう雑誌をずっと待っていたような気がする」―男性(39)ホチキスの針を入れる箱製造業。

「今まで無かったのがおかしいくらいだわ」―女性(47)ボウリングのピン専門デザイナー。

「ワーオッ!」―女性(21)ワオキツネザル飼育員。

「人生観が変わりそうです」―男性(96)読者モデル。

反響続々!日本全国1億人が待っていた!


【月刊もみあげダイジェスト】!


空前のもみあげブームを受けて
ついに創刊!

……気になる創刊号の内容は?

◆コンテンツ紹介◆

◇【総・力・特・集】!!

――徹底検証『次元大介はどこからがモミアゲでどこからがアゴ髭なのか?』


◇【もみあげプレイバック】映画・ドラマの中の名モミアゲたち。

――ドラマ西遊記(マチャアキ版)の中で圧倒的な暑苦しさを誇った孫悟空のモミアゲをクローズアップ。

◇【もみあげ懐古録】あのモミアゲにもう一度逢いたい。

――歌手・尾崎紀世彦さん。レコードジャケットに見るモミアゲの変遷。

◇【もみあげメイクアップ講座】お洒落の決め手は実はモミアゲにあった!

――尖らせたモミアゲの先端をクルンと巻いてダリの髭のようにしてみる。

◇【徹底討論】モミアゲをもっとよく知るために。

――@モミアゲとカリアゲは両立するのか?Aスキンヘッドにモミアゲだけフサフサはアリか?

◇【予防と対策】われらモミアゲ防衛隊。

――もしも散髪中に居眠りをして、誤ってモミアゲを剃り落とされてしまったら?

◇【もみあげ系名作シネマ紹介】

――時代劇「もみあげ忠臣蔵」〜四十七人のモミアゲ〜。宿敵・吉良上野之介のモミアゲを永久脱毛するという悲願を成し遂げた四十七人の義士たちが揃ってモミアゲを剃り落とすラストシーンは感涙必至!(切腹ではないので命に別状はないが)。

◇【街角もみあげ図鑑】あなたのモミアゲ見せてくれませんか?

――巣鴨とげぬき地蔵で見つけたシルバー世代の素敵なモミアゲさん達。

◇【もみあげ経済論】これからの世界経済はモミアゲの存在抜きには語れない。

――再来年施行予定の「モミアゲ税」に待った!

◇【もみあげ最新トピックス】

――@もみあげ認証機能つきスマホがついに登場!Aもみあげ省発足へ、初代もみあげ担当大臣はまさかのアノ人!B喜・もみあげの植毛が保健適用に!Cトルコの超古代遺跡で発掘の毛髪化石に地球外モミアゲの可能性!Dブレイク寸前・謎の覆面芸人「もみあゲッツ」の正体はやはりアノ人物か?


◇【連載小説】「もみあげアウトレイジ」

――登場人物全員もみあげ!


◇【創刊号特別付録】今すぐ装着できる実物大レプリカもみあげ。

――質感抜群!J・B(ジェームズ・ブラウン)のアメリカン・ソウルもみあげ。


*******

お求めは“モミアゲおじさんのマーク”がある書店で♪



<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ