お悩み相談室R部活(学校)さがし編。


話題:おやじギャグとか言ってみたら?



◆◆◆部活さがし編◆◆◆

お悩み相談室に一枚の葉書が届いた。

***

来春、高校生になる中3の男子です。名前は―そうですね、仮にジャスティン・ビーバーエアコンとでもしておきましょうか―で、本題の悩みですが、どこの高校に行くべきか迷っています。中学では部活をやっていなかったので、高校では何かしらやりたいと思っているのですが、メジャーなものではなく出来るだけマイナーな部活に入りたいのです。

宇宙の97%を理解している(という噂の)ムーチョス玉峰さんに相談です。他にはない奇妙珍妙な部活のある高校を教えて頂けないでしょうか。どうか宜しくお願い致します。ムーチョスさんなら当然ご存知ですよね。


◆◆ムーチョスさんの回答◆◆


勿論知ってます。何せ私は、中学高校の6年間で4827回も転校してますからね。中には2秒しか在籍していなかった学校もあるぐらい。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」じゃないけれども、それだけの数をこなしていると風変わりな学校にも当たるわけです。

して、本題の部活。珍妙な部活のある高校と言えば、やっぱり、1506回目の転校で入学した《聖ダッジ・アレイ高等学院》がその筆頭でしょう。

普通、部活の花形と言えば、体育会系ならバスケ、野球、サッカー、ラグビー、陸上部、文化系なら軽音楽、吹奏楽部あたりだと思うけれども、この《聖ダッジ・アレイ高等学院》にはそういう人気のある部活は一つもありませんでした。

と言うより、普通の部活は一切なく、あるのは奇妙奇天烈な部活ばかり。生徒は仕方なくその変な部活の中から選ぶ訳です。勿論、私もその一人。まずは手探りで恐る恐る仮入部から始めるのだけれども、まず最初に覗いた部室は部屋の中から甘辛いような香ばしい匂いが漂って来る部活でした。何部かなと思って聞いたら……

【シシカバ部】でした。部屋の中で鉄串に肉や野菜をグサグサ刺してワイルドにバーベキューをやるのです。悪くない部活でしたが、とにかく煙たくて目が痛くなるし、服に匂いはつくし、毎日シシカバブーばかりで胃もたれがキツくなり、仮入部だけで辞めました。

次に入ったのは【リザー部】。これは色々な店にひたすら予約を入れまくる部活です。で、予約だけ入れて直前にキャンセル、その繰り返し。部費の殆どはキャンセル料に充てられます。何が楽しいのか全く解らない部活でした。

お次は、落下、或いは飛んでくるあらゆる物体を体を回転させながら腕で受け返す【回転レシー部】。主な活動は、例えば、秋から冬などは主に街路樹の下で待ち構えて落ちてくる枯れ葉を回転しながらレシーブで返すとか、そういう感じです。強風の日などは壊れた傘とか看板が飛んでくるので本当に大変でした。中には落雷を回転レシーブで返した猛者もいるとの話。身が持たなそうなのでこれもすぐ辞めました。

そのあと入部したのは【ペッパー警部】という昭和生まれには懐かしい名前の部です。活動内容は主に夕夜の公園でイチャつくカップルの邪魔をして回るというもの。これまた酷い部活でした。

と、ここまで見てきたように《聖ダッジ・アレイ高等学院》の部活は常軌を逸したものばかり。いきなり暗い表情で「どうせ冷やかしでしょ。仮入部だけで辞めるの判ってるんだから」と人のヤル気をなくすような事を言ってきたのは【ネガティ部】で部室の奥の壁には[お先真っ暗]という書が標語のように掲げられていました。

光と陰が一対で存在するように【ネガティ部】の真向かいには【ポジティ部】の部室があって、部員たちの表情は明るいし、これは一見良さそうに見えるのだけれども、部員の平均年齢は驚きの38才。皆ことごとく留年を重ねているそうで、とても高校生の集団とは思えないルックスでした。部長に至っては何と59才との事。それでも、「このつらい経験は必ずや大人になってから活きてくるはず」と前向きな明るさを失う事はない…のはポジティブで良いのだけれども、59才は、もう十分、大人だと思う。

「失礼しまーす!」と勢いよく部室のドアを開けた途端、室内にいる全員が一斉に「シーーーッ」と口に手をあて「ちょっと静かにして下さい!」と怒ってきた部もありました。

【ドントディスタ部】です。

シーーンと静まりかえる室内では誰も一言も口をきかず、物音一つしませんでした。2分で息が苦しくなり、そーっと退室しました。

似たような感じで更にキツかったのが【ドントムー部】です。一歩も動いてはいけないので、部室から出るのにも電話で誰かを呼び出して抱き抱えて運び出して貰わなければならないという、部外者にもはた迷惑な部活でした。

逆にひたすら身体を動かし続けなければならないのが【アクティ部】です。一瞬でも動きが止まれば即退部なので、それはそれで酷しい部活でした。同類のイケイケ系部活として【アグレッシ部】【イニシアチ部】などもありました。

あと、上手く説明出来そうにないのが【
デジャ部】です。どういう活動をしていたかと言うと……あれ、そう言えばこの話前にも何処かでしたような……。

それから、1ヶ月の部費が500万円というとんでもない部活もありました。名前はそのものズバリの【エクスペンシ部】。

その【エクスペンシ部】には姉妹部活があって、兼部している生徒も多いのだけれども、その部だけは建物が別棟、55階建てのヒルズ風マンションになっていました。駐車場にはポルシェにランボルギーニといった高級車がずらり。そこの部員たちはいつ見ても美容院に行きたてのような艶やかな髪で、服装もラフなのに妙に小ざっぱりしていて、何もつけていないのに体からムスクやフローラル、マリーンの香りが漂ってくるような、そんな独特の空気を持っていました。彼らこそは【ヤングエグゼクティ部】なのでした。

【ヤングエグゼクティ部】の駐車場にはスーパーカーたちに混じって、くたびれた古めかしいバイクが十数台ほど並んでいますが、これは【スーパーカ部】の部員たちの物です。

他にも、ひたすら何かを信じ続ける【ビリー部】や、何でも呪文で解決しようとする【ビビデバビデヴ部】、どんなに疲れている時でもシャワーだけで済ますのではなくちゃんと湯船に浸かる事を掟とする【バスタ部】、部室の日めくりカレンダーが常に12月24日を表示している【クリスマスイ部】、思い付きのみで行動する【アドリ部】、ひたすは立方体パズルをガチャガチャ回し続ける【ルービックキュー部】、丸い物に変な回転をかけて喜ぶ【王子サー部】、永遠の愛を追い求める【エンドレスラ部】など、変てこな部活は幾らでもありました。

中でも気味悪かったのは、部室のドアから人の頭が幾つかキノコみたいににょきにょき生え出している部で、「ここ何部ですか」と尋ねたら「見ての通り【ドアノ部】です。入りたい時は誰かの頭をひねって下さい」と。勿論、入りませんでした。

最終的に私が入ったのは、校内でも街角でも、良い仕事や良い働き(道端のゴミを拾ったり、困っている人に手を差しのべたり)をしている人を見かけたら、親指をぐっと突き立てて「よくやった!」と賞賛を贈る【グッ(ド)ジョ部】です。

私が《聖ダッジ・アレイ高等学院》に居たのは僅か2ヶ月足らずでしたが、それでもこれだけの変わった部活を経験する事が出来ました。ジャスティン・ビーバーエアコンさんのご希望に十分添える学校だと思うので願書を取り寄せてみては如何でしょうか。

なお、学院の名前であるダッジ・アレイはダッジアレイ……ダッジァレイ……ダジァレ……ダジャレ!の事で、それで部活が全部駄洒落になっているという事に気が付いたのは、転校して学院を去った後でした。


〜おしまひ〜。


残暑は小粒でぴりりと辛い。


話題:夏の終わりに思う事

八月も終わろうというのにこの暑さ。正しく「残暑厳しい折り…」でありますが、皆様は如何お過ごしでしょうか。個人的には寒いよりは暑い方が好き、冷蔵庫の中に足を突っ込むよりは炬燵の中に足を入れたいタイプの人間なので、夏はまだまだ続いて欲しい。理想的な四季の振り分けは……

1〜2月…春
3〜11月…夏
12月…秋
X'mas、大晦日、元旦…冬

という感じでしょうか。本当は冬の冷たく澄んだ空気も好きなのですが……。

それはそれとして、今年も夏が過ぎようとしている……それは即ち、平成最後の夏が終わろうとしている訳であります。平成が終わってしまう。これはもう平静ではいられません。

そう言えば少し前にブロ友さんから「今夏は平成最後の夏だけれども、昭和最後の夏はどう過ごしました?」というクエスチョンを受けたのだけれども、これがどうにもはっきりと思い出せない。

ただ、これは仕方ない部分もあって、と言うのは、まさかこれが昭和最後の夏になるとは、その時は知る由も無いので、それまでの夏と同じように特に意識する事もなく過ごしていた訳です。石田あゆみさんの歌ではないですが「今日がとても楽しいと明日もきっと楽しくて、そんな日々が続いていくと思っていたあの頃…」という感じです。

あ、石田あゆみさんではなく浜崎あゆみさんでした。

ただ、その頃は塾の講師をしていたので、恐らくは夏期講習で、横浜・横須賀のヤンキー…もとい、お坊っちゃんお嬢ちゃん達相手に授業(国語)をしていたと思われます。教える側は教わる側の五倍は勉強しないといけないので、日々予習に追われていたような気がします。時として子供は大人が思いもよらないような質問をして来たりするので、それに答えようと思えばどうしてもそれぐらいの勉強が必要になる訳です。夏期の特別講習なので大きな会場を借りて確か1クラス150人ぐらい、マイクも用意されていなかったので夜にはもう声が枯れて“翼の折れたエンジェル”状態だったような記憶も微かに残っています。その時は、まさかそれが昭和最後の夏になろうとは…(ここで10秒間の黙祷)…。

そして今夏は平成最後の夏。

となると(ダック)、「次の元号はいったい何になるのだろう」、何と言っても気になるのはそこでしょう。

次の元号推理クイズ。これがどうして、なかなか難しい。

〈続きは追記からどうぞ〉



more...

誰も知らないプチ都市伝説(投稿お国自慢編)


話題:都市伝説


小腹が空いた時に軽くつまみたい、そんな小さな都市伝説があります。都市伝説と言うには物足りない“妙な噂”程度のお話。そのようなものが読者投稿で届いておりますので、それを都道府県の地域別に分け、その中の一つを、今回、お国自慢編として紹介する事に致します。なお、都市伝説研究家として有名だという噂もある「又聞きのトシちゃん」さんの一言論評付きとなっております。



【茨城】

ニセ黄門さま登場の回(ファッション印籠訪問販売業)さんからの投稿。

――友達の友達が友達の友達の友達から聞いた話なんですけど、茨城県の或る隠れ里で行われている秘祭では、何と神事としてバンジージャンプが行われているんだそうです。しかも、ただのバンジージャンプではなく、とても普通では考えられないような物を紐――いや、紐代わりですかね――として使うらしい。

それは何か?何を使うのか?。

正解は、まさかの納豆!納豆の糸引き、あるじゃないですか?あの、納豆を箸で持ち上げる時にネバ〜ッと伸びる白い糸状のもの。そのネバ〜ッを紐代わりにして崖や吊り橋の上から跳ぶんだそうです。

もちろん、使用する納豆は特殊な製法で作られた、茨城県のごく一部以外、世間一般には知られていない特別な納豆で、それは江戸時代に水戸黄門の名で知られる徳川の水戸光國公が「もしも将来、幕府が亡び、江戸時代が終わるような事になったら、この納豆を使って徳川幕府を再興して欲しい」との言葉と共に製法を残したと伝えられているそうです。その際、「徳川御三家秘伝の納豆の凄さをよく“見とけ”!……“水戸家”だけに」と、言ったとか言わなかったとか。

秘祭では、特殊な製法で作られた納豆を里の人々が代わる代わる、何と、江戸時代中期から約300年間、1日も休まず不眠不休でかき混ぜ続けており、その糸はスパイダーマンもびっくりの強烈な粘り気を持つと言われているそうです。

なお、この隠れ里の存在場所は不明で、行政に問い合わせても「担当の者がおりませんので……」との常套文句で、はぐらかされてしまうらしい。


◆又聞きトシちゃんの一言論評◆

さすがは納豆の本場、茨城県。ものが違うと感心しました。茨城県は、皆さん御存知のように未だプテランドンが普通に空を飛んでいるような土地柄ですから、今回の話にもかなりのリアリティを感じます。と同時に、納豆の糸に身を任せられるなんて、よほど強くて深い信頼を納豆に対して持っているのだなあ、と胸が熱くなりました。もし太宰治がこの話を知っていたら「走れメロス」の続編として「跳べナットウキナーゼ」を執筆した事でしょう。

水戸と言えば、尾張、紀伊と並ぶ天下の徳川御三家の一つ。このような秘伝の納豆を隠し持っていたとしても不思議ではありません。徳川幕府の再興を目論む水戸家の流れを汲む人々が存在するのでしょうね。もしかしたら行政、官権の一部にも紛れ込んでいて、情報を隠蔽しているのかも知れません。もっとも、どうやったら納豆で幕府を再興出来るのかは皆目見当がつきませんが。

ともあれ、貴重な情報を有り難うございました。ニセ黄門さま登場の回さんのよく判らない交遊関係も素敵です。あと、ファッション印籠の訪問販売という良い意味での胡散臭さにも惹かれました。


〜おしまひ〜。

【次回】(予定)…北海道?、静岡?その他?(←宛にならない)。

不自然なところを直しなさい。


話題:大丈夫



ら抜き言葉、語尾上げ発音、「全然――ある」など、かねてより近年における日本語の乱れを憂いていた[聖ジャポニカ学園中等部国語教師]龍川芥之助(たつたがわあくたのすけ)は、3年β組現代文の授業中、やおら白墨を掴むと黒板に次のような一文を力強く書き込みました。

『――逃げた逃亡犯を追いかけていた青木刑事であったが、逮捕寸前、突然お腹が急な腹痛に襲われたせいで犯人を取り逃がしてしまったのだった――』

そして、ギロリと生徒たちに一瞥をくれた後、厳(おごそか)かに言いました。

「不自然なところを直しなさい」

「ハイッ!」。それにいち早く反応したのは学園のオピニオンリーダーであり生徒会長でもある等々力賢太郎くんでした。等々力くんはツカツカと黒板まで歩くと白墨を掴み、『逃げた逃亡犯』という箇所にアンダーラインを引きました。そして、「逃亡犯というのは既に逃げている訳ですから、その前の“逃げた”という言葉は必要なく、そこが不自然だと思います」

芥之助先生が「ウン」と軽く頷くと、周囲から小さな拍手が上がりました。ところがそこに、「ハイッ」、もう一人、手を挙げる者が現れたのです。学園きっての秀才である綾瀬川秀文くんでした。綾瀬川くんは等々力くん同様、黒板まで行くと、「等々力くんの解答は正しいと思います。しかし、敢えて言わせて貰うなら、逃亡犯は確かに既に逃げてはいるけれども、その“逃亡”は犯行現場とか警察署、拘置署など特定の場所や施設からの逃亡――仮に第一次逃亡とします――を指しており、その前の“逃げた”は、その後、追いかけてきた刑事から逃げた事――つまり第二次逃亡――を表している可能性がほんの若干ではありますが有ると思います。そうなると厳密には間違いとは言えず、それよりも、その後に続く、“腹が腹痛に襲われた”という部分と“突然お腹が急な”の二箇所の方が明らかに意味が重複しており不自然だと思われます」と、敢えて現在修得中であるブルックリン訛りの英語で言いました。

綾瀬川くんの発言に投げやりな拍手が起こります。英語なので意味はさっぱり解らないけれども、あの綾瀬川が言うのだからどうせ当たっているのだろう、というある種の諦感がこもった拍手でした。

何はともあれ、これにて問題は解決、誰もがそう思いました。それは芥之助先生も同様でした。ところが、そこに、「は〜〜い」やや間延びした声が響いたのです。

声の主は学園きってのモテ男、ニヒルで風来坊の九条隼汰くんでした。九条くんは額にハラリとかかる前髪を軽くかき上げながら「むしろ……」と椅子に座ったままハンサムな声で言いました。

「むしろ、僕が気になったのはその時の状況なのさ。普通、刑事というのは最低でも二人一組で動くものでしょ?だから、青木刑事が腹痛で離脱したとしても相棒の刑事が犯人を追いかけるはず。ところが、それには全く触れていない。不自然と言えばそれが最も不自然に僕には思えたんだけど、どうですかね?」

言葉ではなく状況の問題。これは盲点です。さすが九条くん。感心したような拍手が上がります。が、当の九条くんは何事もなかったかのように、指の上で器用にペンを回しながら、何事もなかったかのように、窓ガラス越しに流れる雲を見つめています。その端正な横顔にクラス全員の胸が男女問わずキュンとなりました。それは芥之助先生も同様でした。

さすがにこれ以上の答えはないだろう。う思われた時、「ハイ♪」よく澄んだ美しい女性の声が上がりました。

そのオペラの歌姫のような美声の持ち主は、学園のマドンナであり日本を代表する財閥のお嬢様でもある西園寺百合絵さんでした。

クラス全員の視線が集まる中、マドモアゼル百合絵は傍らの学友たちにいちいち「ご機嫌よう」といちいち声を掛けながらゆっくりと黒板まで歩を進めます。なんとも優雅な光景です。それにしても、百合絵お嬢様はいったい何を語るつもりなのでしょう。先の三人により答えは出尽くしたように思えます。クラス全員が固唾を飲んで見守る中、百合絵お嬢様は黒板の前に立つと、突然くるりと振り向き、芥之助先生の頭に手を伸ばしました。

むんず。

そして、その頭髪をむんずと掴み上げると、水平方向で左に約15°ほど回転させたのち、再び頭髪を頭皮に着地させました。それを上から押さえつけるようにポンポンと軽く叩くと、涼しげな眼差しを湛えて言いました。

「この方が自然に見えますわ」

これは盲点中の盲点でした。なんと、事件は会議室(黒板の上)で起こっていたのではなく、現場(頭皮の上)で起こっていたのです。

確かに、教室にある中で“不自然なもの”と言えば、芥之助先生の髪の毛の生え際の浮き上がり方や色つや形が最も“不自然なもの”です。「フッ、こいつは一本取られましたね先生」九条くんが声を掛けると、石像のように固まっていた龍川芥之助先生の頬に赤みが差して来ました。そして、

「四人とも正解です」

その瞬間、嵐のような拍手喝采が教室内に巻き起こりました。しかし、それが誰に対する何の拍手なのかは拍手している本人たちにも判らないのでした。


〜おしまひ〜。

【解答UP済み】夏服と虫歯(エッセイと謎なぞの融合)

話題:エッセイ



エッセイ(実話‐現実)と謎なぞ(創作‐虚構)の融合を試みる。&軽い駄洒落など。


◆エッセイパート◆

まだ五月だと言うのにこの暑さ、しかも湿度が高いので蒸し暑い。冷めかけた小籠包の中にいるような気分だ。もっとも小籠包の中に入った事は無いが。そこで、少し早い気もするが夏服を出す事にした。

ところが、衣装戸棚の建てつけが固くてなかなか開かない。しかし、これは当然の話でもある。衣装戸棚というものは元来そう簡単には開かないよう作られているのである。故に、我々はこれを【クロー(苦労)ゼット】と呼ぶ。

…………。

いや、違うのだ。その昔私は、悪い魔法使いにより「定期的に駄洒落を言わないと髪の毛がマロニーちゃんになってしまう魔法」をかけられており、そこで仕方なく駄洒落を言っているのである。

さて、誤解が解けたところで本題へと戻ろう。苦労して開けたクローゼットの奥より取り出した夏服の山。サマーシャッツ、サマースウェター、サマージャケット、サマーダッフルコート、サマーダウンジャケット、サマースキーウェア、サマー鎧兜、サマー宇宙服……etc 。

それら夏物衣類を部屋の〈鬼・衣紋掛けラック〉に掛け直していると、コロコロコロ、シャッツの胸ポケットから何やら円い物が転がり落ちてきた。

百円玉である。ラッキー。儲かった。

幸運は更に続く。今度はサマージャケットから千円札が出て来たのだ。一度ある事は二度ある、二度ある事は……。今度は一万円札が出て来るかも知れない。いや、今の勢いなら一万円どころか一億円ぐらい出て来ても不思議ではない。ビットコインだかピット星人だかの仮想通貨が出て来る可能性だってある。かくして私は全ての夏物衣類をひっくり返してポケット類を調べに調べたのである。

結果、出て来たのは――

顔がちょっと怖い招き猫のキーホルダー、パンシロン分包(胃薬)、合計金額が777円のレシート、鈴木徹くんの変更後のメアドと電話番号が書かれたメモ、以上の四点のみ。残念、一億円は入っていなかった。

それにしても、まさか、此れだけの物が出て来るとは思わなかった。収納する時に服の中を確認した筈なのだが……と言うか、ジャケットなんかはクリーニングに出したとばかり思っていたのだが、この状況を見る限り、出していなかった事になる。むしろ、そっちの方がショックだ。まったく、去年の夏の私――いや、仕舞う時だから秋の私か――は、どれだけボゥ〜っとしていたのだろう。

それでも、一千百円の思わぬ収入は、嬉しいか悲しいかで言えば、間違いなくこれは嬉しい。と言う事で、今年は夏服に三万円ぐらい入れたまま仕舞おうかなと思っている。どうせまた、来年の私は今年と同じく、一年前の事など忘れてしまっていると思うから……。

◆謎なぞパート◆

それにしても、徹(トオル)くんの新しいメアドを書いたメモがこんなところに入っていたとは。メアドの下には新しい電話番号も書かれている。思えば彼とはもう何年も連絡を取っていない。七年、八年、いや、もう十年以上だ。という事で久し振りに電話を掛けてみたのである。

いや、十年ー昔とはよくいったもので、取り巻く環境は、お互い、十年前とはがらりと変わっていた。特に徹くんが結婚していたのには驚かされた。何でも三年程前にお見合いをして婿入りする形で結婚したのだという。

そしてもう一つ。徹くんは昔から歯質が弱く、一年365日、常に歯医者に通い続けている事で有名だったのだが、何と、驚くべき事に、今は歯医者に通っていないと言うのである。聞けば、三年前に結婚してから急に虫歯にならなくなったそうだ。

結婚して婿入りすると虫歯になりにくくなる――そんな馬鹿な話は聞いた事がない。新手(あらて)のジョークだろうか。歯医者に住み込んでいるので“通ってはいない”とか。

ところが、ふと、ある事に思い至り、彼に訊ねてみた。「トール君、婿入りしたって事は名字が変わったという事だよね?」「うん」「なあ、もしかしてその新しい名字って〇〇〇〇じゃないか?」。すると彼は驚いたような声で言った「そうだよ。よく判ったなあ」。

なるほど。それなら納得出来る。ここに至り、私は全てを理解していた……。

さて、ここで謎なぞである。

Q「私が推察した徹くんの新しい名字は果たして何か?」

この段階で判ればかなり冴えていると言えるでしょう。先ずはノーヒントで少し考えたのち、追記に候補となる10個の名字を書いておきますので10択でお考えになってみて下さい。

正解は明後日となる5/31、追記欄の末尾に掲載いたします。


more...
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31