スマホ不調からの脱出へ。



え〜、そろそろお話をUPする頃合いなのですが、現在《絶賛スマホ不調キャンペーン》開催中につき、UPまで少々お待ち下さいませ♪

流行りの言葉で言うなら、「予期せぬフリーズと打った文字の反映の遅さをどげんかせんといかん!」(汗)。

まあ、でも、これはここ数年たま〜にある事で色々いじってれば間もなく回復するであろうと思われるので、どうかご心配無きように♪o(^o^)o

なんか季節の変わり目とか天候不順の時に調子が悪くなりやすいんですよね我がスマルトプホ〜ネ(スマホ)は。もう随分と使い込んでいるので、もしかしたら魂が宿って、もののけ的な生命体と化しているのかも。だとすると、天気で不調になったりするこの症状はさしづめリウマチと言ったところか。

「機械リウマチ」

新しい病名が誕生したところで、本日はこの辺で♪(今回、当初は2、3行が限界かなあと思ったのが、これだけ書けた(動きが少し軽くなった)ので、間もなく復活しそうな気がする)(☆o☆)♪

あなたが竹輪を食べるまで。


話題:突発的文章・物語・詩



『あなたが竹輪を食べるまで』

竹輪の穴に何を詰めるのか、それが問題だ。

暗闇に包まれた深夜の台所。半開きの冷蔵庫から放たれた薄ぼやけた灯りが床にこぼれている。その小さな光溜まりの中、あなたはしゃがみ、片手に持った竹輪の穴を見つめている。

見詰めれば見詰める程その深淵に吸い込まれそうになる。竹輪の穴は心の穴。だとすれば何かで埋めなければいけない。

何事においても素材選びは大切だという事をあなたはよく知っている。だから慎重になる。今現在、竹輪の穴を埋めるに相応しいものは何か。気温、湿度、体調、星座の位置、その全てが素材選びの重要なファクターとなる。

あなたの脳裏に真っ先に浮かんだのはスティック状のチーズだ。やはり、これが一番か。いや――あなたは小さく“かぶり”を振る――それでは当たり前田のクラッカーだ。ならば野菜か。ただし、細長いもの、細長く出来るものがいい。キュウリ、ニンジン、ゴボウ……あなたはイメージを連ねてゆく……細長いもの……エノキ、カイワレ大根、セロリ、山崎まさよし。あなたは俯(うつむ)く。駄目。どれもありきたりで新鮮味がまるでない。

竹輪には穴が開いている。あなたはそれを十分過ぎるぐらい知っている。しかし――冷蔵庫の光に眩しさを覚えたあなたはあなたは薄目になって考える――自分は本当に竹輪の穴の事を知っていると言えるのだろうか、と。

穴があるから竹輪という名がついたのか、それとも逆に竹輪という名前だから穴を開けたのか。ニワトリと卵だ。どちらが先でどちらが後か。あなたはそれを知らない。それでも竹輪には穴がある事をあなたは知っている。だが、それを知った日付をあなたは覚えてはいない。何歳の時の何月何日か。あなたはまるで覚えていない。それどころか初めて竹輪と出会った日の事すら微塵も記憶していない。結局、あなたは竹輪について何ひとつ知りはしない。その事実に愕然としたあなたの目は光り溜まりの中で更に細くなってゆく。闇の中で視る光の眩しさに“竹輪初心者”という真実の放つ眩しさが加われば、もう、ルクスでは計り切れない眩しさとなる。眩しい、眩しい、眩しい……極限まで目を細めたあなたは、ふと何かに気づく。そして、不敵な顔でこう囁く。

――倍返しだッ。そしてニヤリ。

意図せずして堺雅人氏(半沢直樹)の表情モノマネを会得したあなたは幾分気を持ち直して再び竹輪の穴と対峙する。が、思い浮かぶのは月並みなものばかり。夜の寒さが身に沁みる。こんな事ならカーディガンの一枚でも羽織ってくるのだった。

不意にあなたの中に一つのイメージが飛び込んで来る。カーディガンの袖に腕を通すイメージだ。カーディガンの袖は竹輪に似てはいないだろうか?ならば、カーディガンの袖に腕を通すように竹輪の穴に指を通すのもありなのではないか?

あなたは意を決したように竹輪を握りしめる。そして、婚約指輪を嵌めるように竹輪を薬指に近づけてゆく。「結婚してください」。「はい」。「ヤメルトキモー、スコヤカナルトキモー……」。そう、ここは教会。今日は結婚式なのだ。深夜だから許される一人芝居。牧師まで登場してとても良い雰囲気だ。その刹那……

ヒーックシュン!

ぶるっ。加トちゃんばりのクシャミで正気に返ったあなたは身震いと共に慌てて竹輪を指から遠ざける。竹輪に指を突っ込むなど常識ある大人のやる事ではない。危なかった。ホッと胸を撫で下ろしたあなただったが、結局、事態は何も進展してはいない。振り出しに戻っただけだ。

ここで一度、細長いものという縛りを捨ててみる。マヨネーズやケチャップなどの調味料。昨夜の残りの冷やご飯。福神漬けやしば漬け。鰹節フレッシュパック。候補は無限に存在しそうに思えてくる。頭を使ったせいか、小腹の空き加減が増している。もはや一刻の猶予もない。すぐにでも竹輪を食べなければならない。しかし―あなたは未だ迷っている―いったい何を積めれば良いのだろう。

瞬間、あなたの脳天に閃光が走る。

竹輪だ。竹輪を詰めれば良いのではないか。灯台もと暗しである。あなたは目を閉じてイメージ像を結んでゆく。竹輪Aの穴の中にそれより細い竹輪Bを詰める。竹輪Bにも穴が開いているので何かを埋めなければならない。そこで登場するのが竹輪Bの穴よりも少し細い竹輪Cだ。竹輪Bの中により細い竹輪Cを詰める。更には、竹輪Cにも穴があるのでそこに竹輪Dを詰める。そのような感じで竹輪D→E→F→G……と詰め込んでゆく。どこまで詰めても竹輪には必ず穴があるのでキリがない。つまりは無限に竹輪を詰め込んでゆく事になる。

無限に進む竹輪詰め作業、その穴の中ではアキレスが亀を追い掛け走り続いている。しかし、いつまで経ってもアキレスは亀に追いつけず、あなたが竹輪が詰め終わる事もないのである……。


〜おしまひ〜。


*追記*

一般的な書物で見かける文章はほぼ【一人称】か【三人称】ですが、此所では久しぶりに【二人称】というものを使ってみました。これは、「あなたは……している」のように読んでいる者を主体にするもので、一時期流行ったゲームブックなどで使われていた書き方です。たまには、こういうのも宜しいでしょう。

初夢や。


話題:初夢



『初夢』

明けましておめでとう御座います。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

と、ひとしきり挨拶も済んだところで記念すべき新年一発目のテーマは「初夢」。

俗に初夢において縁起が良いものとして「一富士(ふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」などが挙げられますが、このうち富士と鷹は見た事がありますが茄子はありません。思うに、この中では茄子の夢を見るのが一番難しいような気がしないでもありません。だのに(なのに)順位としては三番目。これが若干納得いかないのですが、どうでも良いと言えばどうでも良い話でもあります。ともあれ、富士も鷹も茄子もピンポイントで狙って夢に登場させるのはかなり難易度が高い。ここは一つ提案です。この際、キャビアの代わりによくランプフィッシュの卵が使われるように、初夢も代用品OKとしてはどうでしょうか。

例えば、【ふじ】の代用として「峰不二子」、「富士そば(立ち食い)」、「藤子不二雄先生」、「富士真奈美さん」等。【たか】の代用は「タカ&トシ」、「館ひろしさん(あぶない刑事のタカ)」、「たかたかしさん(作詞家)」なんかはタカが二つも入ってより縁起が良さそうです。【なす】の代用は電波少年に出ていたタレントの「なすびさん」や「那須サファリパーク」、「株式市場ナスダック」、「ナスカの地上絵」等。これぐらいの当たり判定だとかなりハードルが下がる気がします。

さて、話変わって、新年である2020年、私が見た初夢は『と或る駄菓子屋に行く』というものでした。この“と或る駄菓子屋”はもう三十年近く前から度々夢に出てくる店です。古めかしい細道の四ツ辻の角に軒を構える木造平屋の商店。店の前には昔ながらのノッポの郵便ポストがあり昭和の町並みが広がっている。店内は薄暗くてやや埃っぽいものの、意外と広くて、駄菓子の他にも文房具や雑貨、雑誌や古本などが列べられている。

子供の頃に通いつめた思い入れのある駄菓子屋が何度も夢に出て来るというのであれば理解出来ます。が、この店は全く知らないのです。にも関わらず常に同じ風景をもって度々現れるのがどうにも解せない。果たしてこれはどういったメカニズムによるものなのか?

子供の頃から馴染みのある数件の駄菓子屋の記憶に、好きな風景やレイアウトといった個人的な嗜好がプラスされた、言わば、記憶とイメージの複合的産物……恐らくはその辺りが妥当な解答でしょう。

しかし、それにしては妙にリアリティを感じさせる夢なのです。店の人間は二人で、七十代ぐらいのお婆ちゃんと(恐らくその娘さんと思われる)五十前後のオバちゃん。これもいつも同じ。現実には知らない人たちです。

もしかしたら……。私は思うのです。もしかしたら、この駄菓子屋は何処かに実在するのではないだろうか、と。その“何処か”とは何処なのか?それは、ズバリ、並行世界(パラレルワールド)です。並行世界の私がその駄菓子屋に通っていたのではあるまいか。そして、その記憶が夢の世界を通じて何らかの理由でこちらの世界の私に流れ込んで来た。或いはこの私の意識が次元、時空間を飛び越えて並行世界の駄菓子屋を訪れた、とか。

こういう感じで登場する場所は他にも幾つかあって、例えば、渋谷駅もその一つ。現実世界の渋谷駅は数え切れないぐらい訪れていますが、夢の中の渋谷駅はそれとは明らかに異なっています。そのくせ、出て来る姿は駅舎も周囲も同じ風景なのです。そして、駄菓子屋同様に妙なリアリティを持っていて、目覚めた後もずっとその内容をおぼえている。もしかしたら、この渋谷駅も並行世界に実在するのではなかろうか。

勿論、確証も何もあったものではありません。ふと、そんな事を思ったというだけの話です。

それにしても、夢というのはなかなか奥が深そうで興味深い存在です。私は毎晩、必ず三本立て以上の夢を見るので、機会があれば、その中で印象に残るもの、客観的に見て(ストーリー的、場面的に可笑しいもの)を簡単に書いてみるのも面白いかなあ、と思っています。という事で2020年も明るく楽しく参りましょう。


〜おしまひ〜。


あっという間の令和元年。


話題:なんか色々まとめ


早いもので今年も残すところあと僅かとなりました。本年も大変お世話になりました。

いやはや、今年は元号が新しくなったり、平成が終わったり、新元号が決まったり、決まった新元号が発表されたり、令和になったり、昭和が二つも前の元号になってしまったりと世間では実に様々な事がありました。そこで、今回は今年(私個人に)起きた出来事を《トップ3》という形でざっくり紹介したいと思います。


【令和元年個人的ニュースTOP3】


《第B位》―『椎名桔平さんのモノマネを会得した(かも知れない)』。

数人で喋っている時に偶然ゲット。コツは、少しアゴを引いて斜め下を見る感じで喋る事。声はお腹の鳩尾(ミゾオチ)から一気に吐き出すように。更に、アゴを上げて少し上を向き、強めの口調で喋ると仲村トオルさんに似てきます。ちなみに周囲の反応は……

「ああ、言われてみればちょっと似ているような気がしないでもない」

……そのぐらいが丁度良いのです。



《第A位》―『クリスマスイヴにクリスマスツリーではなく蚊取り線香を出した』。

そもそも12月に蚊に刺された事自体恐らく初めて。逆に8月は蚊に刺された記憶がないという。全く、旬も季節感もあったものではありません。蚊はやはり夏の風物詩でしょう。このままだと皆が真冬にTUBEやビーチボーイズを聴き出す時代が遠からず訪れるかも知れません。


《第@位》―『生まれて初めて自らの意思で福神漬けを買った』。

福神漬けは、名前も縁起が良いし、ちょこっと添えられている感じも控えめでキュートだし、ご飯の一部に味が染みて変に甘くなってたりするところもシュールで好きなので、存在自体を認めてはいたのだけれども、必要か必要でないかと云われたら間違いなく「特に必要はない」という存在だったのです、今までは。

それが今年になって急に、「あ、福神漬けをちょっと添えたいな」という気持ちが自然に沸き上がるようになって、ついに人生で初めて自らの意思で福神漬けをスーパーの買い物かごの中に入れたのでした。


以上、「どこがトップ3なんだ!」という向きもあろうかとは思いますが……このぐらいが丁度良いのです。

そのような感じで来年も激動の年となるかも知れませんが、引き続き宜しくお付き合い下さいませm(__)m


2019かげらふ日記(虚構)#14「ムー的有給休暇の事」


話題:妄想を語ろう



◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆


〇〇月××日

【水曜日】

(曇り、時々、メリーポピンズ)

『ムー的有給休暇の事』

今日は有給を取り自宅から車で小一時間ほどの場所にある里山へ。目的は、ライフワークと言っても過言ではない「UMAの探索」である。因みにUMAといのは未確認生物の意味だ。ウマではない。よって読み方もユーマが正解。

私の勤める会社は、以前紹介したように世界有数のグローバル企業である。福利厚生の充実ぶりも半端ではない。いわゆるホワイト企業だ。そのホワイトの一つが有給制度で、そこには実に様々な種類の有給休暇が存在する。今回、私が取得したのはその内の一つである[ムー休暇]。これは乃ち、雑誌ムーに載りそうな事柄(UFOや秘密結社などミステリアスかつオカルティックな事象全般)に関して取得出来る有給休暇だ。当然、其処にはUMAも含まれている。

可能ならばネッシーや雪男、モケーレ・ムベンベ、電撃の南部さんなど世界的に有名なUMAの探索に出掛けたいところだが、流石にそれは時間的にも金銭的にも難しい。が、悲観する必要は全くない。日本国内、私達の身近な場所にも意外とUMAは存在するのである。今回、私が探索するUMA【シロ黒猫】もその一つ。

【シロ黒猫】またの名を【ホワイト黒猫】。読んで字の如く、黒猫であるにも関わらず全身の毛が真っ白という実に奇妙な生き物である。

朝7時、集合場所である里山大公園の入り口広場には平日にも関わらずかなりの人数が集まっていた。ざっと数えるに5人〜300人ぐらい。これだけでもUMAという存在の普及度と人気が見て取れる。

この里山は都市圏の近くではあるが面積がかなり広い上、木々も相当に深い。ちょっとしたジャングルだ。そこで私達はゾウさんチーム、キリンさんチーム、カバさんチームの3班に分かれて探索を開始する事にした。班同士の連絡は各班のリーダーが持つトランシーバーで行う。どうしてスマルトプホーネ(スマホ)を使わないのか。それは、トランシーバーの方が探険の雰囲気が出るからである。

そんなこんなの探索開始から一時間、私のトランシーバーにゾウさんチームのリーダーから連絡が入った。

「何やらカラフルな松茸がぎょうさんあるんじゃがのう〜。採ってもよかろうもん?」

UMAとはまるで関係のない報告だ。此処は一般開放されてはいるが一応は国有地である。勝手に採集するのは流石にまずいだろう。それに、恐らくそれは松茸ではない。「ゾウさんリーダー、残念ですけど採るのは止めておきましょう」。

以降もたびたび報告が入るが、いずれも単なる白猫の見間違いであった。

ところが、誰もが諦めかけた探索終了時刻ギリギリの午後4時半、まさかの「シロ黒猫発見!」の一報がカバさんリーダーから入ったのである。ゾウさんチーム、キリンさんチームの全員が慌ただしく現場に駆け付ける。一気に高まる期待と緊張。幻のシロ黒猫、ついに発見か!皆の視線が一点に釘付けになる。果たして、そこに居たのは幻のUMA【シロ黒猫】……


……ではなく、単なる【野良パンダ】であった。

確かにパンダは猫科の動物で白黒なので【白黒猫】と言えなくもない。しかし、それは【白黒の猫】であって、私たちの探す【白の黒猫】ではない。如何にも、そそっかしいカバさんリーダーらしい間違いだ。だが、それを責める者は誰もいない。これぞワンチームである。

結局、今回の探索で幻のUMA【シロ黒猫】を見つける事は出来なかった。だが、私たちは諦めない。いつの日か必ず【シロ黒猫】を発見し、日本のUMA史の一頁を飾るのだ。


〜おしまひ〜。

[付記]今回の探索で遭遇した動物一覧。

◆普通の白猫5匹
◆その他の猫7匹
◆刑事犬カール1頭
◆ジャイアントパンダ8頭
◆マンモス6頭
◆サーベルタイガー3頭
◆ダンゴ虫2万9786匹
◆若人あき ら(我修院達 也)さん1人――記憶を失くしているようなのでちゃんと保護しました。


<<prev next>>
カレンダー
<< 2020年02月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ