魔法使い未満

少し 母のことを書こう。




過去記事を読み返してみたら、
友達限定にしてあった。





一昨年秋、
都内で大手術をした。


わざわざ地方から出向いて行ったのは、
症例の少ない病気だったためだ。




今回は、
地元の病院での手術。




今日、
手術の説明を受けるために病院に行ったのだけれど、


術前の処置だけで、

既に母の体はダメージを受けてぐったりだ。




こんなに弱っちゃって、
長い手術に耐えられるのだろうか?




苦しんでる母を前にして、
為す術もなくて情けなかった。



ふとNさんが言ってたことを思い出し、
母の背中や腰をさすってみた。




『ぷくぷくさんの手は、
あったかくて気持ちいいね。

何だか眠くなる(^^;)』






ちょうど手が温かい。



『どう? お母さん。

少しは楽?』



母が小さく頷いたので、
しばらくそうしていた。



長くさすっていると、

疲れるだろうからもういい…と母が遠慮する。




『大丈夫よ。』




子供の頃のことを思い出していた。



お腹が痛い時、

熱を出した時、


私が覚えてるよりずっとずっとたくさん、
母はこうしてさすってくれたはず。



母の手は、魔法の手だった。





お母さん、ごめんね。

私は、
まだ魔法が使えないみたい。

病院にて

母が入院した。


私は検査待ちで時間を潰していたのだけれど、

偶然同じ病院で、
Nさんのお母さまも今日が診察日だということで、
彼は今日お母さまの運転手。



診察を待つ間、

近くのコンビニの駐車場で少し話をした。




『会えてよかった(^-^)』



ちょっと不謹慎な気もするが…





本当は、
今度また温泉旅行に行こう!

と予定を立てて、
Nさんも休みを取ってくれてたのだけれど、

私の母が手術をすることになったので、
遠出は控えることにした。




Nさんの車でお喋りをしてたら、

彼のスマホが鳴った。




お母さまから、
診察が終わったとの連絡。



私の周りには
ぶっきらぼうな息子さんたちが多いけど、

Nさんはお母さまにも優しく話す。





『ごめん、終わったって。

ん〜……』




『うん、なあに?』




『chu〜しようと思ったけど、
ちょっと人が多いな( ̄∇ ̄)』




『昨日いっぱいしてもらったからいいよ(^-^)』





短いデートは終わった。

常連

先週、

Nさんと二人で通ってるうどん屋さんに、
今年初めてお伺いした。


店に入ると
若い大将たちの元気な声が響く。




『ぃらっしゃいませぇ〜!

今年も宜しくお願いします(^o^)』



もうすっかり顔馴染みになっちゃって、
こんな挨拶をされちゃった。

今年も通わなきゃいけないじゃないの( ̄∇ ̄)



そんなわけで、
今日もうどんを食べに行った。


『いつもありがとうございます!』
と、うどんを盛ってくれる。






やっぱり美味しい。
モチモチの麺がたまらない。


納得のいく『ダシ』が作れなかったと、
臨時休業にしてしまったこともある大将のこだわり。




讃岐うどんの名店と称される店は
掃いて捨てるほどある。

つい最近まで、
二人でうどん屋巡りをしていたけれど、

それも、
そろそろやめようということになった。



好きなうどんにたどり着いたから。


顔も、
覚えられちゃったしね。




大将には言えないけれど、


ここのうどんを食べた後は
必ずラブホに行く。


何故なら通り道だから…




美味しいうどんに
パワーもらってます。笑






今夜は、
スーパームーンだったのね。



キレイなお月様を、
Nさんと二人で見られて良かった。




自称・冷え症

女性は
だいたい冷え症だと思うけど、

私もそれにモレず末端が冷たい。



冬場は、
足先が冷えて眠れないから電気毛布のお世話になる。


仕事中も、
室内にいても手先が冷たいので、
ラッピングなどの作業スピードがダウンする。

手をこすり合わせたり、
ニギニギしたり…
いっこうに温かくならないこともある。





Nさんと付き合い始めた頃に言った。




『私、冷え症なの。』






彼と迎える2度目の冬。




私の手が冷たかったのは、

ほんの2〜3回だ。




デートしてる時、
運転中もいつも手を繋いでるけど、



私の手は肉まんのようにホカホカらしい。





『で?

いつ冷え症になるの?( ̄∇ ̄)』




と、茶化される。




『仕事中は、すっっっごく冷たいの!
ホントなんだから(;・д・)』





『はいはい( ̄∇ ̄)』





だんだん、
嘘つきみたくなってきた。





Nさんと一緒にいる時は、
手が温かい。




そーとーリラックスできてるんだと思う。


全身の血管が開ききってるというか…




冷たかった2〜3回というのは、



極寒の中イルミネーションを見た時や、

化粧室に行って水で手を洗った直後に繋いだとか、
それくらいだ(´-ω-`)




だいたいいつもNさんを上回る温かさ。




彼の手を、
私の両手で挟むと

ホットサンドになると笑う。






先日ホテルで泊まった時も、

すごくポカポカするから布団から足を出してたら、
Nさんは笑ってた。




『冷え症の人がすることじゃないな( ̄∇ ̄)』







ひとりでいる今、

足先キンキンに冷えてるんだけど…







冷え症を証明する方法、
ありますか?

一線

今日は、密室デートだった。


いつものように、
一緒にお風呂に入り
お互いの身体を洗う。


でも、
私の要望で
相変わらず照明を薄暗くして入る。



大抵Nさんが先に上がり、
身体を拭いて部屋に戻る。


その時に必ず、


『いいよ〜!』
と、声をかけてくれる。



オレは脱衣所からいなくなるから
上がってきていいよ〜って意味だ。





一戦交える時も、照明を落とす。


別に
Nさんになら全部さらけ出してもいいんだけれど、
何となく恥ずかしくてそうしてもらってる。



コトが終わった後、

急いでローブを羽織るとか、
布団でスッポリ隠したり…



どうせその前に裸で暴れてるんだから、

今さら…とも思うんだけど。



Nさんには、

着替えるところも見せない。




変なの…


けんちゃんとは、
明るい所でシテたのにね。







Nさんとは、

十数年『友人』の関係だったから、



急に
男と女の関係になっても、


親しき仲にも礼儀あり…というのかな。




あまり
開けっぴろげだといけないんじゃないかと思うんだよね。




それをNさんは、
ちゃんと汲んでくれてる。




越えちゃいけない一線ていうのが、
きっとあるのよね。 





いや、


一線は とっくに越えてるか( ̄∇ ̄)




前の記事へ 次の記事へ