スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

小ネタ詰め

大逆裁(ほぼ龍アソ)


今日知り合った日本人、彼の名はナルホドーというらしい。ボクの推理を耳にしたはずのその表情は感嘆に染まっていない。ホームズさん、とボクを呼び、物言いたげな眼差しをボクに合わせている。なかなかどうしてキレイな一直線じゃあないか、その視線。諸君見たまえ、これは恐らく彼の覚醒の始まりだ!
(お題:カーテンコール)

雷鳴が警笛のように騒がしく外で響いた。一等強力な稲光が成歩堂という男の輪郭を白く照らす。男の目の中に、確かに閃光を見た。まるであの日だ。その場に縫い止められたかのように体の身動きが取れず、ただ男を見上げる。「…雷」凄いな。そう言って強い力でオレの肩を掴む。外がまた、白く染まった。

「うわあ、やっぱり昼の食堂は人が凄いな」「確かにな。パッと見る限りは満席だが……どうだ成歩堂、空きはないか」「あそこなんかそろそろ空きそうだけど……狙ってるのはぼく達だけじゃないな」「獲れそうか?」「獲ってみせるよ。おまえの相棒を名乗るからには」「………今それを言うのか、キサマ」
(お題:不意打ちで言うのはやめていただけますか)

「久しぶりだな。…随分待った」喜ばしい事だと亜双義は笑った。頬に小さな皺がある、ああ目じりにも。組まれた腕が学生服に濃い影を作っていた。手の甲には青白い血管が浮いている。ハチマキが「いつも」よりゆっくりとたなびいていた。ぼくの手と足は震えていた。…何せ老体だ。視界さえ歪み始める。

「寿沙都は」ヤツは面白い男です。ご学友のお話を終えられた一真さまがおっしゃって、わたしから視線をそうっと逸らす。濃い睫毛が思慮の為に伏せられ、瞳に影を落としていた。これは直感でございます。……恋をする皆々様方が持ち得る感覚ではないでしょうか。「……寿沙都は何も知りませんでした」
(お題:なんだって知ってた)

成歩堂の顔を覆っていた影を引かせていく。口を開け間抜けな顔をした相棒は持ち前の丸く大きい瞳でオレを見上げていた。「……人が」「滅多に立ち寄らん場所にわざわざ来たんだ。万が一居たとしても、これで隠していたからな」そう言ってくるりと番傘を回してみせる。その顔は蛸のような赤に染まった。
(お題:傘の下で)

「うわあ、あついなこの部屋。おまえの中みたいだ」直後成歩堂は瞬く間に赤面し、小さな声でゴメンと謝った。「…周囲に人がいれば即刻叩き斬っていたところだが、命拾いしたな」「ゴメンよお……」「……それで、オレの熱さに全身をさらしている気分はどうだ」「…や、…やましい心持ちになってきた」
(岩盤浴の部屋の温度がほぼ亜双義の尻の中と同じ温度でした記念)


その他

「昨日のテストだけど」「今日休みだったね。体調は大丈夫?先生からプリント預かったから、今から持って」「かっちゃんって呼ばれるのが嫌なら今日から爆豪くんって」「最近話してないね」「昔一緒にカブトムシ捕った時の写」「ごめん」「僕の何が君を」「かっちゃん」「いつからこうなったんだろう」
(ヒロアカ/出勝・お題:未送信メール)

ゴツゴツしたその手にがしりと顔を掴まれる。五指には力が込められ、鈍い痛みが額や頬を襲った。「調子乗んじゃねえぞクソナード」「テメェはな、俺が本気出せば、いつだって死ねんだよ」掌の汗腺から放出されるニトロの甘さが脳を溶かす。僕は、ただ眉を顰めた。「…かっちゃん」「喋んなよクソカス」
(ヒロアカ/出勝)

「兄さん、俺子供の頃の記憶が戻ってさ。母さんの顔と名前、思い出したよ。綺麗な人だったんだな、目元とかけっこう俺似てて、優しそうな人だった。あ、あと、兄さん昔はグレてたんだな!知らなかったよ。…母さんを殺すぐらい荒れてたんだ。…なんてな!ぜんぶ嘘だよ!今日はエイプリルフールだろ?」
(TOX2/ユリルド・お題:本当、だったり)


お題メッチャお借りしました
shindanmaker.com/375517

小ネタ詰め

大逆裁(ほぼ龍アソ)

「成歩堂っていいヤツだよな。話しやすいし」そう言ってあの亜双義一真に話しかけてみた。コイツらは学内でも仲が良いと有名なのである。亜双義は俺の言葉を聞くと、暫く無言で俺の目を見た。その目、少し怖い。「…ああ。気持ちの良い男だろう、オレの相棒は」俺は大層驚いた。まさか牽制されるとは。
(お題:とっちゃ、やだ)

「ぼくにもついに恋人が出来たっていうのにさ」会話の流れで唐突にそんな事実を告げられる。一瞬、目の前が赤く光った。細胞が弾けたかのような色だ。気づけばオレは立ち止まっていた。まさかここまで唐突に拐われるとは。心臓のあたりに冷えた風が吹いた。「…あの、亜双義?…ええと、ゴメン、その、
(お題:嘘、だったりして)

親友はずいぶん意固地なようで、数十年が経った今でさえ一度も夢に出てきたことはなかった。今日こそはどうだろう、いや明日こそは。多くは望まない、ただ久々に顔が見たいだけなのだ。すっかり褪せた写真を手に、ぼくは朝を迎える。おまえはどんな顔をして笑うのだったか、絶対に忘れたくはないのに。
(お題:夢であえたら)

指先から一筋の光が伝い、離れていく。あの裁判で凛々しく真実を指し示していた亜双義の指はぼくの唾液で濡れていた。てらてらとぬめるそれからどうにも目が離せない。まだ、爪の間の味すら知らないのに。「…何だ」「その、…もう少しだけ」言うと、亜双義は意地悪く微笑んだ。「赤ん坊か、キサマは」
(お題:未練たらしい)

悠仁「君と成歩堂くんは非常に仲が良いのですね」亜双義「ああ…そうですね。友人以上の存在として見ています。気さくな男なのですぐ誰とでも仲良くなるのが少々心配で、奴が女であれば今すぐにでもオレの子を孕ませて永遠に傍においておけるものを、と何度考えたか知れません」悠仁「???????」

透明な空気はいつもぼくらの間に横たわっていて、それは会話などすべて奪うに等しい、耐え難いほど便利でいっそ尊いとさえ定義できるものだった。ぼくはおまえの視線を噛み砕いたし、おまえはぼくの視線を考慮していた。夢のような関係だったな。たまに見える影のことなど、些末な誤差だと考えていた。

「ねえホームズくん、人は死んだらどこへ行くの?」アイリスの眼差しは真っ直ぐにボクを突き刺している。瞳に濁りは一つも見られず、表情は穏やか、動作も緩慢だ。よってこれはただの無邪気。さて、前提として。嘘は絶対につけない。「どこにも行かないさ。死が人に授けるのは無のみだ」「ふうん」
(ホムアイ)


・その他

血と血と血と血と、あと血の匂い。生臭く、けれど腐ったこの世の終わりのような景色の中で、男が荒々しく舞っている。皆見ろ、あれがクラウスだ。神?とんでもない、あんなに楽しそうに拳を振るう神がいてたまるか。化物?……とんでもない!あんなに可愛い化物、世界のどこにも居やしない!
(BBB/ステクラ)

「だいじょーび!」美幸は迫り来るトラックを背に、そう言ってこちらに向かって無邪気に微笑んだ。神社に詣でた帰り道の事だった。もし本当に神がいるのならば、僕は神を殺さなければならない。それができるだろうか、果たして。……出来ないかもしれない。美幸の体を影が覆う。「美幸、頑丈だからあ!」
(ときメモ2/美幸)

マザーファッカー飲んで灰に煙を浴びせ続けてるこの男の姿をもし弟くんが見たら確実に卒倒するだろう。さっきからすれ違う女の香水の臭いに眉をしかめている。「おい室長様、今日は機嫌いいねえ」「死ね」これがコイツの本質なのだ。穏やかに笑みを浮かべる『兄さん』などどこにもいない。俺は笑った。
(TOX2/ユリリド)

龍アソ未完(大逆裁)

文机に乗せるぼくの手に、ぼくより少し大きい亜双義の手が重ねられる。ずいぶん熱い。どちらの熱だろうか。溶けてなくなってしまいそうだと考えている間にも、ぼくの指の隙間に亜双義の骨ばった指たちが差し込まれていく。するすると埋められて、ついにはぴったりと合わさってしまう。思考が箒でも掃かれているみたいに散り散りになっていった。課題が残っているのだけれど。筆を動かさなければならないのだけれど。耳元で吐息がひとつ吹いた。もう何から何まで、熱い。
「成歩堂、龍ノ介」
名字と名前の間に3秒程の間があった。龍ノ介、と呼ぶ声ばかりが鼓膜のあたりで遊び始める。肩に置かれた片手は少しずつ上がっていった。詰め襟を過ぎるとぼくの首筋にたどり着き、そこで軽く爪を立てる。ああ三日月が刻まれた。
「あ、……亜双義」
「うん?」
「課題、終わらせないと」

龍ノ介とホームズ未完(大逆裁)

よしミスター・ナルホドー、ワインを飲もう!
なんて快活に笑いながら言ったホームズさんは、自分から誘ってきたにも関わらず最早ぼくのことなど忘れて浴びるようにワインを飲んでいた。やけ酒、という訳でもなさそうだ。かといって良いことがあったわけでもないように思える。この人のことはきっと何年一緒に暮らしたとしても理解ができるのは頑張って3割といったところではないかな、と少し考えた。というか理解なんてしないほうがいいのかもしれない。ある日突然、その深淵に飲み込まれてしまいそうだ。
がぶがぶとワインを嗜む彼をただ見ているというのも癪になってきて、ぼくはボトルを持つホームズさんに手のひらを向けた。
「ん、なんだい。この名探偵との握手をお求めかな?」
「……ボトルをこっちに渡して欲しいって意味ですよ」
「ああ、そうかい。はいはい」
少々気だるげにボトルが渡される。ぼくはそれを受け取り、グラスに赤を注いだ。彼は自らのそれを傾けながら横目でそれを見つめていた。半分程まで注いで、すぐに口をつける。仄かな芳醇が這うように舌を舐めあげた。
「おいしいですね、これ」
「ははは、キミが酒を飲んでいるところって妙におかしいね」
「……見た目が幼いからじゃないですか」
「あっはっは!一理あるなあ!」
「すみませんね、幼い見た目で」
「いいじゃないか。ボクは嫌いじゃないよ」
今はそう言うが、明日にはまた違うことを言われそうだ。苦笑を浮かべつつ赤を喉に流す。もういくらか飲んでいるはずのホームズさんの顔はあまり赤くなかった。空になったグラスにまたボトルを傾け、たゆたうそれを口に運ぶ。目前の名探偵と他愛も意味もない話をしながら、何度かそれを繰り返した。たぶんぼくの顔は、少し赤くなっている。
「さて、ミスター・ナルホドー」
とん、とホームズさんが音を立てて床にボトルを置く。その瞬間、場の空気が少し変化した、ように思えた。ホームズさんの表情が変わっただとか、そういうことは何一つ起こっていないのに。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年06月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30