小ネタ詰め

※TOZのネタバレ有り
-------


TOX2

神様、兄さんのすべては俺が頂きます。あんたが捨てたんだからいいだろ。「ルルの餌、もう残りちょっとだ」「そうだったか。帰り買ってくるよ」幸福に生きようと言ったのは俺だった。返事をしたのは悲しそうに微笑む兄さんだ。手をとれば握り返してくれる。うん、問題ない。
(クルスニク兄弟/スピカ)


今日この時を一生忘れることはないだろうという日が何日も何日も連続して記憶のなかにある。それはまるで来るであろういつかの別れのために兄との思い出をストックしているかのようだった。けれど、いつか、というのを具体的に考えたことはない。目を逸らす幸福を俺は知っている。
(クルスニク兄弟)


「エル〜!サンタさんに頼むクリスマスプレゼント決めたか〜?」「うん!ルドガーの借金代わりに返してくださいって頼む!」「泣いた」
(ルドエル)

ルドガー「にいさ〜ん!ポッキーゲームやろう!」ユリウス「しょうがないな、どれ……お、このポッキーは全体にチョコがかかってるんだな」ルドガー「はは、真っ黒だろ〜。だってこれタイムファクターだからな」

_人人 人人_
> 突然の死 <
 ̄Y^Y^Y^ ̄


TOZ

ライラがシーツを無造作に手繰る。丁寧に生きてる君の焦燥が見える。珍しいね。そう言うと、そうですか?とぶっきらぼうな返事。最高だね。「導師様」「うん」「どうか、私達に御導きを」「うん、わかってる」眉を隠すその前髪をかき分ける。これしかないんです、そう彼女は呟いた。うん、わかってる。
(スレライ)


導師様、あなたが私たちの誇りです。皆あなたを崇拝しています。乙女がそう耳に祝福したあと、世界が突然オレを見た。導師、世界はお前のものだ。お前は世界のものだ。そうみんなが盛り上がる。それが導師なのか、と頷いて世界のほうを振り返った。全員がにっこりと笑う。嵐のようだ。
(どんより導師)


「スレイ!!僕を抱け!!」「え…こう?(ギュッ)」「違う!!けど幸せだからオッケーーーー!!!!」
(スレミク)


「ミクリオ、あれ歌ってくれよ」「あれ?」「ほら、シロンとカイムが昔よく歌ってくれた」「ああ、ねんねんころりよってやつ?」「あれロアーナは近くにいても歌ってくれなかったよな。えっと理由が…」「歌うと自分が先に寝るから、だったっけ?」「そうそう!あれ聞いたとき笑ったなー」「ははは」
(スレミク)


「母さん」なんて寝言を言ってミクリオが泣いているのだが、こういうときどうすればいいのだろう。ジイジに聞いておけばよかった、そう冗談混じりに考える。「ミクリオ」「…う、」「…ミクリオ」「…、スレイ」阻むように名を呼べば、夢現なのに見事にこっちに戻ってきてくれる。お前、ばかだなあ。
(スレミク)


「バレンタイン?あーそういえば下界にはそんな日があるんだったっけ。ミクリオもらえるといいな!(ミクリオが作ったチョコを貪りながら)」「今年も君は清々しいほど気づかないね!!」
(スレミク)


スレイ「昔ミクリオは将来オレの嫁になるんだぞって言ったらミクリオ怒っちゃってさ。それで言い争った結果かけっこで負けたほうがお嫁さんだ!ってことになって。まあ結局オレが勝ってミクリオがお嫁さんってことになったんだけど。そろそろ指輪買わないとなー」ロゼ「もう突っ込みも入れずらいなー」
(スレミク)

夢の中、生存する過去は僕の世界を歪ませる。僕はいつか唯一の失念を犯した。気づこうともしない君の色彩は目に痛い。死は幻か。愛してるって、今さら遅いか。どうして僕たち異なるんだろう。意味があるんだろうけど、無意味でもきっと今と変わらないよ。ああ母さん、お前は親不孝だと泣いていますか。
(スレミク)

隣にいると時折手が触れる。前はあまり気にしていなかったことだけど、最近少し気にするようになった。当たり前みたいに触れるって結構凄いことなのかもしれない、なんて。思うままに手を繋ぐと、ミクリオの体が大きく跳ねた。「な、何」「いや、いいことだなって思って」「…訳がわからないんだが…」
(スレミク)

「ミクリオこれ見て!」「後でね」「いやすごいんだって!新発見なんだよ!」「その文献から新しいものは出ないって言ったろ」「それが出たんだよ!ほら、逆さにすると…」「はいはい、後でね」「…ルズローシヴ=レレイ!」「えっ、あっ、ちょっ!」「よし!見えてる?」「…無駄に神依化させるな!」
(スレミク)

結婚しようぜエドナちゃん。いつもの冗談のつもりで言うと、向こうから返ってきたのはいいわよという了承だった。「おっ、ラッキー!式はいつがいい?」「今すぐ、ここよ」珍しくノリがいい。どういう風の吹き回しかと思いつつ据え膳は頂こうとしゃがんで肩を組んだら先にキスされた。俺の負けらしい。
(ザビエド)


ロゼは綺麗になった。前から凛としていたけど、最近は本当に洗練されている。スレイのせいだ。「君は泣かないな」「泣いてたら商売なんかできないって」「ああ」そうだね、と僕が返す隙間のうちにでも、泣いてくれないだろうか。なぜか盲目的に願ってしまう。けど彼女はもう泣けない。スレイのせいだ。
(ミクリオとロゼ)

スレイが俺を庇って怪我なんかするもんだから、回復しながらなんで庇ったのかと訊けば奴はさらっとこう言った。「そりゃ仲間だし、守るよ」その一点の曇りもない目で見られると、なんだかなーと思っちまうもんである。こいつのこういう所が末恐ろしい。「たらし込むねぇ、導師殿」「は?」
(スレザビ)

見識を広めるという旅の目標上、オレも出発時よりは物を知ったつもりだ。けれど今は何の言葉も浮かばない。彼女はオレの言葉を生かしも殺しもできるのだとこの時ついにわかった。怖いなあ、胸中で呟く。横目で彼女を見ると、いつもどおりに笑っていた。言葉が幽閉されていく。
(スレロゼ/徒花ちゃん)


妖ウォ

人の影が俺の前に現れると途端に引き結ばれるあの紫がもし他人と笑う俺を咎めたら。俺と他人との接触に対し拒否を示したら。最高だと思う。俺に近付く人間が気に食わないなら噛み千切れ。俺を独占したいなら地獄に引き摺り下ろせ。すべて俺にぶつけてみせろ。それくらいなら、いくらでも受けてやれる。
(ケーウィス/高校生ぐらいのケータくんとウィスパー)

AZコピペパロ

ぼちぼち増えると思います
--------

伊奈帆「揚げずに唐揚げを英語で言えた方が先に唐揚げを食べられるんだ」ユキ姉「ちょwww待ってwww何で英語www」伊奈帆「fry without coating without deep-frying」ユキ姉「な、ナオ君まってよ!」伊奈帆「fry without coating without deep-frying」ユキ姉「ナオ君ってば!」伊奈帆「fry without coating without deep-frying」ユキ姉「グスン…」伊奈帆「ひきわけ」ユキ姉「な、ナオ君//」

ザーツバルム:スレインと話をしていたら突然スレインが泣き出し、どうしたのかと聞いてみたら「今朝バルサンを焚いたんですが、部屋にクルーテオ卿がいたかもしれません」という一言が返ってきて一時周りが騒然とした。


スレイン「タルシスにアンパンマン号って書いた人ちょっと来てください!!!あなたのことですよオレンジ色!!!」


スレイン「今日暇ですか?と、送信」〜1週間後〜伊奈帆「ごめん寝てた」


韻子:時計の電池が切れたときの、伊奈帆とユキさんの会話 ユキさん「ナオ君!電池切れた!」伊奈帆「何三?」ユキさん「単!」 滞りなく電池は交換されたけど、なんかモヤモヤした


リッゾ「まったく!どうして地球人はすぐ自分のことを棚…棚に…棚によいしょと…」伊奈帆「棚に上げて?」リッゾ「それです!」


伊奈帆さん「撃たれたときになぜか脳内で「イェーイ!めっちゃホリデー」が流れたんだけど」ユキ姉「ノリノリで来い死体とか言わないでね」


鞠戸大尉「あんまり青空が綺麗で泣いてたら職質された」


伊奈帆「コウモリにぶつかり稽古してからゲロが止まらない」


伊奈帆「コウモリが珍しくベッドの上で「滅茶苦茶にしてください!」とか言ってきたからそのままシーツに包んで洗濯機に放り込んで強洗いにしておいた」


スレイン:信じてもらえないでしょうけどさっき脱衣所で姫と「キャッ」「あ、すみません!」というイベントが発生しました。本当に。でも、その時裸だったのは僕なんです。姫じゃなくて僕。つまり「キャッ」って言ったのは僕です。僕が「キャッ」って言ったんです、全裸で。


スレイン:伊奈帆さんがご飯を作ってくれている時、野菜か何かを炒めているフライパンから火が出て伊奈帆さんは別に慌てもしなかったからそういうものなのかと思ってあとで食べている最中に「本格的なんですね」と言ったら普通に「あれは事故だ」と返された。


伊奈帆「セックス中にコウモリが「外に出してください!」って言うから地球から放り出した」


伊奈帆「アメリカ人はアメリカン、じゃあイギリス人は何と言うでしょう」スレイン「は?知りませんよ…」伊奈帆「いいから」スレイン「…イギリ…シアン…ですか?」伊奈帆「違う」スレイン「えっ…じゃあイギリスン…?」伊奈帆「ヒント。スペインはスパニッシュ、ポーランドはポーリッシュ」スレイン「…い、い…いぎりしゅ?」「(ちょっとかわいい)」


スレイン:ジェットコースターの順番待ちをしているときに真面目な顔で「混んでいるから座れぬやもしれぬな」と言っていたザーツバルム伯爵を見習ってほしい。


伊奈帆さん「はい、コウモリ、今の顔反則。ペナルティキス…いくよ(吐き気)」スレイン「(吐き気)」


スレイン「ザーツバルム伯爵がルンバに餌をあげていた。ちぎって与えれば食らうのだぞって。」


スレイン「一人で廊下でクルーテオ卿のモノマネしてたら後ろに本人がいた」

ユキ姉「ちっちゃいとき、握り締めてクシャクシャになった100円で大量に飴玉買ったな〜」伊奈帆さん「そのときからゴリラだったんだね」

「スレイン、くらーげん?とはぷるぷるするのですか?」「しますよ」「くらげもぷるぷるだと聞きますものね!」「えっ」「えっ」「…コラーゲンはくらげじゃありませんよ?」「こらーげん…」「コラーゲン」「…こらげはどこにいるのですか?」

スレイン:今朝起きて、台所にいたハークライトに「おはよう」と言ったら、ハークライトがちょっと悲しそうに笑って「スレイン様、霊感おありなんですね」

スレイン:キモイを気持ちいいの略と勘違いしているザーツバルム伯爵「うむ、キモイ!やはり風呂は格別にキモイな!スレイン、お前も入っていけばよかろう。キモイぞ〜!」

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31