折空(TB)

あああ、独りよがりだ、僕はずっとひとりっきりで泣いている。ぼろぼろと流れる涙をそっと拭って自らを慰め続けているのだ!
僕は神様に恋を、いいや変をしている。天に住む彼が地上に舞い降りた事実を嬉々として受け入れ、そして彼のすべてに地中を思わせるほど薄暗く湿りきった想いを抱き続けてきた。彼の手も足も目も鼻も口も耳も何もかもが好き、本当に全部すべてね?けれどもこれは愛ではないのだ、だって彼に相対するときに用意しなければならない愛はもっと純真で清潔で無償のもの。対する僕のこの想いは完全なるひとりセックス、いわば1Pだ。対戦ゲームをひとりで繰り返しずっとずうっとプレイしている。彼を想っていなくなった白は数知れず、ちいさな命のかけらはその海の中で何匹も死んでいた。否、僕が自主的に殺していた。そうしてその殺生を働いた手でね、彼と握手をするんだ。するとほら、彼の手のひらに擦りついたいのちが幸せそうに笑っているではないか。そのまま彼の体内に侵入して彼の人為的な愛の生産地に辿り着けばいいのに。それかもう孕ませてしまえ、彼という個体に僕の生命を。だなんて言ってもそんなことになるはずもなく彼は笑顔のまま去っていってしまうのだった。つまならない、けれどよかった。矛盾する心が僕をがんじがらめに縛り付けてとんでもなく体が軋んだ。ああすこし気持ちがいいからもっと痛くしてくれてもいいよ。と今度はひとりSMを嗜む始末である。僕は僕が気持ち悪いのだ。こんな不純物が神に触れて許されるはずがあろうか、いやない。握手した手にじっとりべっとりと汗が滲んだ。おそろしい、彼に触れた僕の手はいま浄化されて溶け始めているのではないだろうか。そうあっても仕方がない。だって僕は毎朝毎晩彼を想って宇宙へ旅立ち流星群を眺めては美しいけれどこれだけではつまらないなと呟いて惑星の大爆発を心から望み始めるのだ。美しすぎるものを人間は敬遠する。僕は人間だから、美しすぎる彼を敬遠する。果たしてその思考は理にかなっているか?世界の美しい部分だけが凝縮されたようなあの瞳を真正面から捉えても口にできる台詞か?それが驚いたことに、僕はきっとできる。いとも容易くできてしまうだろう。もう僕の独りよがりはそれぐらいまでの境地に達していた。ああああ、あああ!だめだ、彼は僕と関わってはならない。僕のほうから彼を遠ざけなければならない。でもそんなこと、できると思うか、できるわけがないだろう。もうだめだ彼が僕のもとに現れないことを祈る他ないんだ、お願いです来ないでくださいスカイハイさんお願いだからもう僕のような不純物に関わらないでくださ「やあ折紙くん!」

ジュアル未完(TOX)

鎖骨をちろちろと舐めつつ彼の腰をそうっと撫でる。いやらしいニュアンスを含んでいることがわかるようにゆっくりと。でも頭上から降り積もる声はくすぐってえ、とかそんなものばかり。僕はなんだかすこし腹が立った。確かに僕は経験不足で、アルヴィンを満足させる技術も技量も何もない。けどさ、けど、あれ、けどなんだっていうんだ。わからないけど要するに僕は悔しかったのだった。ふふふと唇の隙間から笑みを零す彼を前にして、僕ばっかりどきどきして、僕ばっかり頑張ってるのかなあと考える。大人の余裕しか今の彼には見出せないのが、子供の僕にはすっごく悲しかった。もっと慌ててよ、焦ってよ、僕が好きだって言って、とじりじり渦巻くこれを人は愛情って言うのかな。もしそうだとすれば愛ってなんて身勝手なものなんだろう。きれいでもなんでもないじゃない。

「ふ、はは、やめろ、って」
「やだ」

小ネタ詰め

「好きだ」終点。耳の奥で弾けたソーダ水は少しばかりの自覚だった。僕は木々が揺れたわけをすぐに知る。落ちる影が纏わりついて逃げてくれない。水の美しさに涙する理由さえ知識でしかわからなかったはずだった。僕はさよならを言いたかったのに、どうして頬が熱くなってしまったの。
(ジュアル/落ちる)

「アルヴィン僕のこと好き?」「ん…ああ…好きだよ///」「僕は嫌い///」「泣いてもいいか///」「汚いもの見せないで///」
(ジュアル)

「僕はアルヴィンが大切」「俺はお前が邪魔」「平行線だね、なら聞くよ。邪魔ならなんで僕を助けたの」「平行線だな、なら応える。完璧に仲間のフリをしろって上からの命令だったんだ」「平行線だね。でも僕の生死は任務の範囲外だったんじゃ?」「平行線だな。逆に言えばミラ以外の死は不必要だった」
(ジュアル/ホライズンパロ)

「だって愛してるって言ったらあなた死んでしまうから。27回目ですしさすがに学習しましたよ」
(主足/ループ番長)

「アルヴィンwwwwwww好きだよwwwwwww」「俺も」「え?」「俺も」「…あっなんだそっか嘘ついてるんだね!」「嘘じゃねえよ…」「あれ、あの、アルヴィン、その、なんで泣いて」「うっせえよあっち行けよもう」
(ジュ←アル)

バニー「虎徹さんラブ!!僕ほんと虎徹さんのこと愛しちゃってますから!」虎徹さん「うん」バニー「LOVE!!虎徹さんラブ!!」虎徹さん「あー、うん」バニー「聞いてます!?ねえ聞いてます!?僕怒りますよ?怒っちゃいますよ? 怒らなーい!ざーんねーんでーしたー!!」虎徹さん「うん」
(兎虎/RTネタ)

たとえ冠葉は宇宙に放り出されたとしても素敵なおんなのこを見つけて僕の知らない世界に溶けこむのだろう。冠葉が今まで愛しては捨て置いてきたたくさんのおんなのこたちは宇宙でまで浮気されてしまうのだ。なんて可哀想なのだろう、と僕は瞼を伏せてため息を吐くのであった。
(晶冠)

主足(P4)

番長の名前が月森孝介
-----
「足立さん、好きです」
「僕も」
「足立さん、愛してます」
「うん、僕もだよ」
「足立さん、一緒に死にましょ」
「どこで死のうか」
「足立さん、」
「なに?」
「…足立さん、」
「どうしたの、孝介くん」
「…ごめ、ごめんなさい、ごめんなさい」
「ん?なにがかな」
「無理だ…俺、無理だ、死ねない」
「いきなりどうしたの」
「あなたと、あなたと死ねない、死ねません、」
「…死ねないの?」
「はい、…はい。死ねません…ごめんなさい、ごめんなさい」
「…そう」
「ごめん、なさい…」
「また繰り返しだねぇ」
「え、?」
「じゃ、もう一回がんばってよ。僕もがんばるからさ」
「え…?なんですか…?」
「次の周は僕をモブ扱いしてよ、メインヒロイン役はうんざりだからね」
「あだちさ、」
「じゃ、またね」

キュルキュルキュル。巻き戻っている。巻き戻っている?何が?

気がつけば電車に乗っていた。窓の外を景色が高速で流れていく。さっきまで俺は何をしていたんだったか。誰かと喋っていたような記憶がちらついたが、俺は一人でこの電車に乗ってきたし、この席の周りには誰もいない。記憶違いだろうか、それか夢を見ていたか。ああ、もうすぐ町に着くはずだ。景色の中でビルの姿がどんどん消えていく。果たして自分は新天地の空気に溶け込めるだろうか。緑に囲まれた生活の中に、無事馴染むことができるだろうか。そしてこれから衣食住を共にすることになる叔父さんや娘の菜々子ちゃんとうまくやっていけるだろうか。少々の不安が頭をよぎっていったが、考えても仕方ないと背もたれに体を預けようとした。そうしてまたあの部屋に招かれるのだ。


心中しましょしましょってしきりに足立さんに言ってるけどいざ足立さんに「いいよ(^-^)/」って言われたら尻込みしてごめんなさいできませんって言う番長はなんというか高校生らしくていいな って考えながらかいたらどうしてこうなる
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2012年02月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29