話題記事つながり - SS(480)

小説にしては短いお話。SS(ショート・ストーリー)。

作成日:02-06 00:43

更新日:03-23 19:50

全421件
突き刺さるはセミの鳴き声7
GPSが指し示した場所は、俺たちが通っている高校の、旧校舎だった。 不自然に開かれた扉を、順番に潜っていくと、極僅...
By 黒巣真音さん
12/07/31 01:29
突き刺さるはセミの鳴き声6
声の主は、ゆっくりと、私に近付いてきた。 「こないで!!!」 「そんなこと言わないで下さいよ。いつもは“センセー...
By 黒巣真音さん
12/07/31 01:12
突き刺さるはセミの鳴き声5
部活動を終えて、部室には、俺とマコト、ナナミが残っていた。 「なんとか、チカコのこと、探せないかな…」 言...
By 黒巣真音さん
12/07/31 00:41
突き刺さるはセミの鳴き声4
次の日。吹奏楽部の部室は、どんよりとした空気が漂っていた。そんな中、一年生のナナミが、ぽつりと呟いた。 「チカちゃ...
By 黒巣真音さん
12/07/30 23:49
突き刺さるはセミの鳴き声3
目覚めたのは、薄暗い部屋だった。後頭部が、ズキンズキンと痛む。ずっと、同じ体勢だったようで、からだの節々も、後頭部と同様...
By 黒巣真音さん
12/07/30 23:32
突き刺さるはセミの鳴き声2
夕飯を食べ終わった後だった。電話が掛かってきた。 「はい、大宮です」 『もしもし、ユウキくん?』 「あ、はい。...
By 黒巣真音さん
12/07/30 19:45
突き刺さるはセミの鳴き声
セミの声が五月蝿い日々が続いている。一人、また一人と、人が消えていた。まるで、セミが死に逝くように。 《突き刺さる...
By 黒巣真音さん
12/07/30 16:50
愛してほしかった
なんだろう。たぶん、自分を切り売りにする感覚、とでも言えば、伝わるんだろうか。 初めてきちんと付き合った人は、優し...
By 黒巣真音さん
12/07/27 18:09
壊れた理由
彼女が壊れたのは、彼女が俺を愛したからか、それとも、俺が彼女を愛したからか。あるいは、元々彼女が壊れていたからか。 ...
By 黒巣真音さん
12/07/27 11:57
夏の大三角形
「 やっぱり、夏は天の川だよねー。ゆんた、天の川の真ん中にあるのが、夏の大三角形! こと座のベガとわし座のアルタイル、は...
By 黒巣真音さん
12/07/23 23:38
罪の果実
身体が鉛のように重い。目蓋は接着剤で、とめられたかのように開かない。喉はかさついていて、声も出ない。 それでも、無...
By 黒巣真音さん
12/07/23 21:42
光と闇のレーナ
この世界には、光と闇、814対の魔法がある。それらの魔法は、起こる事象を、正確に想像することにより、具現化する。正確に想...
By 黒巣真音さん
12/07/21 22:48
ひぐらし
ひぐらしが鳴いていた。なぜこんなにも、ひぐらしの声は、寂しくなるんだろう。 《ひぐらし》 酷く、暑い日だった...
By 黒巣真音さん
12/07/21 16:17
七夕
「ゆんたは、今年の短冊、何てお願いするの?」 「今年は勿論、元気な赤ちゃんが生まれますように、でしょ」 《七夕》...
By 黒巣真音さん
12/07/07 20:25
提灯明かりに照らされて
何だか今日は街中が騒がしい。何か、良いことでもあったんだろうか。 因みに私は、良いことがあった。今日でテストが終わ...
By 黒巣真音さん
12/07/07 01:06
阿修羅ゲーム
「汝、我に何を望む?」 「宵の神よ、私の望みはーーー」 これは神に踊らされた、愚か者の物語である。 《阿修...
By 黒巣真音さん
12/07/06 02:16
スクランブル
すっかり酔ってしまって、覚束無い足取りで辿り着いたのは、交差点の真ん中だった。あたしは、そこで、しゃがみこむ。歩くのも億...
By 黒巣真音さん
12/07/05 01:38
ツキアカリ
気が付いたのは、真夜中だと思う。月が自棄に明るかったから、正確な時間は解らなかった。 《ツキアカリ》 何時も...
By 黒巣真音さん
12/07/04 01:27
ほたる
「ねー、ぽん。ほたる見に行こー?」 私が言うと、ぽんは、一瞬、不思議そうな顔をした。 《ほたる》 「ほ...
By 黒巣真音さん
12/06/30 00:15
釣った魚
「たった一人の人を、永遠に愛することって、できると思う?」 彼女の問いかけは、ただの好奇心から来るものだろうか、そ...
By 黒巣真音さん
12/06/27 01:22

話題書き検索