[底無し]
設定とか考察 ()
( prof ) ( bkm )


2019.8.18 23:31 Sun [設定とか考察]
細々

店名
古本屋兼彫物師
幻月(げんげつ)
移動式食堂
淡月(あわつき)
配達人
月の客(つきのきゃく)


椿→街名
上の二段→ランク
雪洞(ぼんぼり)→店名

着物屋さんは寝子屋さん



彫物
宵街で彫るやつはガチな護符効果や殺傷効果があるやつ
普通のものならどこででも彫れる。ある程度の歳になるとなにかしら意味だったり願いを込めていれる文化がある設定


鴇羽がたまに作るアクセサリーには小さい護符効果があるけど気まぐれにつくって気まぐれにあげちゃうのであまり知られていない


鈴守を作るための材料を仕入れてきたのは寿々祈
鈴守が鴇羽のとこにいるのは史魚と雪近が出来ているので空気読んで出てきた感じ。でも週一で帰省してる


ぼんぼりの作り
回の字型で三階建て中庭一帯は池。
底の砂利が見えるほどに透明で生き物はいない

一階の廊下部分から足を出すとつけられるし花卯の部屋からだと降りる階段もある
入り口から二階にあがれて、二階が妓娼の部屋、一階の入り口前が指名部屋、三階が売れっ子の部屋
一階の奥は関係者のみ立ち入れる花卯と潮の部屋。男娼の時は三階にいた
中庭の池は冬以外だと月一で野外ショーをやってる(ストリップ)


幻月の作り
一階が古本屋、二階が彫り部屋
奥に長い建物で手前にのみ二階がある感じ
奥の平屋部分が居住区
雰囲気はレトロな感じ


夜が明けない国
二度と会えない人に会いたくてたまらない人、二度と目を覚ましたくないと思うくらい追い詰められる人が行き着く場所
寝てるうちに体ごときちゃって大体帰ってこない
夜でも朝でもない青に染められた時間で止まっていていつも雪が降っているので静か

守番
青(きよ)
ぼんやりと姿がわからない、人によってかわる
優しい、ひたすらに優しく肯定しかしない
花卯から殺意持たれてる


comment:0


2019.8.18 23:02 Sun [設定とか考察]
宵街

宵街通り
通称宵街
椿の鳥居手前にある通り。街というか商店街で夜にのみひらく特殊型
特殊型の理由は人外とか特殊能力もちの人間や一族が営んでいるため
店の名前は月にちなんでいて鬼灯型の提灯に店名が書かれたものが店の前に吊るしてある




鈴守(すずもり)
腰までの黒髪と紫の目
16〜18くらい、球体関節人形
元宵街住人の人形師が作った厄除け身代わり人形
普通の人形だと一回きりだけど修復をほぼ自分でおこなえるため、何度でも身代わり可能
ある程度なら物理的な対応もする
右腰に南天のペイントあり
構造上食事や風呂などは行わない

一人称私


史魚(ふみお)
スキンヘッド、赤錆色の目
30〜35くらい、愛煙家
鈴守の保護者してる古本屋
トライバルデザイン(ハワイアンスタイル)の蠍を左の耳の下から鎖骨まで首を這うように入れてる
苦労性、一人称俺


雪近(ゆきちか)
白灰色の髪(長さはそれなり)と銀と灰のオッドアイ
26〜32くらい、狼
保護者その2で名付け親な彫物師。鈴守の手におえない修復も手伝う
いろんな意味でノリがいい、一人称、おれ


鴇羽(ときわ)
深緑のボブ、黒目、マスク
30くらい、移動式食堂の店主
鈴守の下宿先の人
食堂は神出鬼没でどこにでもいる
一人称私


寿々祈(すずき)
黒灰白の入り交じり髪(比率が6:2:2)、耳にはかからないくらい。血黒の目
26〜32くらい、配達人
人の幸運値とか歪めちゃうので定住出来ない人、平均3〜7日くらいで他に行く
肩甲骨辺りにコウノトリの羽の刺青
首に赤い水引のチョーカーとそこから乳首とへそにつけられたピアスにつながるチェーンがつけられてる
堅物より、負けん気は強い
一人称俺と私

comment:0


2019.8.18 23:02 Sun [設定とか考察]
椿

椿
花街
赤い鳥居が連なった階段で出来てる
段ごとに見世があって上に行くほどランクはあがる




花卯(はなう)
生成りの腰まで波打つ髪と曙色の目
16〜19くらい、男娼兼店主
来るもの拒まず逃がさない系。やり手
潮くん至上主義で潮くんの前も後ろももらっていく人。潮くん囲うためならなんでもやる、店主になったのもそのため。潮くんが自由に笑っていて最終的に自分といてくれたらなんでもいいと思っている
背中一面に水墨画風の梅の木と鎖骨から中指まで絡むみたいな蔦の刺青(両腕)
潮くん以外には一定距離感
一人称僕、ぼく


潮くん
猫八さんからお借りしてる子、19歳
海燕の刺青、傷隠しの飾り物
めっちゃ可愛い。可愛いし優しい
男娼からの囲われもの
椿から出たことない子で鈴守の情緒面の成長を促してくれる良い子、よく巻き込まれてる
花卯に前前前世から来世以降まで一緒にいて死んでこうねって確約されしやべー愛を送られている






紫陽花
文化の街
作家絵描き等の芸術家関係以外にも着物や装飾品関係の店とかもある
研究関連は蒲公英にいる



満悦(まんえつ)さん恐悦(きょうえつ)さん
猫八さんからお借りしている兄弟
30代
着物屋さん、花卯の見世が上得意
寿々祈にご執心。ボディーピアスとチェーンはこの二人がつけたやつ
やり手の実業家兄弟。椿のお姉さまがたにめっちゃモテる。遊び上手。イケ渋
一人称俺、おれ、僕、ぼく、私

comment:0


2019.6.4 00:01 Tue [設定とか考察]
宵街設定

宵街で使いたい設定
何番煎じ?状態




***
comment:0


2019.6.2 21:34 Sun [設定とか考察]
設定

宵街設定

***
comment:0


* ← #




2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月


宵街
二次
花と潮
設定とか考察
雑記
-エムブロ-